スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

【ニセコグランヒラフ・2016】とうとう最終日!帰りたくな~い!

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】アクシデント発生・・・トホホの続きです。

今シーズン、最後の滑りを楽しみます!


201603IMG_1368_20160426093846985.jpg

楽しい時間ってのは、いつもあっと言う間に過ぎるものですが、3泊4日の北海道のスキー旅行が早くも最終日となりました。

20160327002b.jpg

最終日も変わらず朝風呂に入り、朝食ビュッフェを美味しく、そしてお腹いっぱい頂き、

201603IMG_1349.jpg

チェックアウトの準備をママに託して、一足先にしょーたとゲレンデへ!
まずは昨日と同様、足慣らしの為にファミリーゲレンデにてひと滑り、この4日間晴天続きで雪が日に日に悪くなっており、一番下にある、ここのコンディション最悪状態。

201603IMG_1346.jpg

なので、クワッド乗って上の方にエスケープ。

201603IMG_1355.jpg

しかし、中腹のこの辺りも昨日なんかと比べると悪化してきています。
春スキーといえども北海度でこれほどコンディションが悪化するとは想定外でした、やはり暖冬の影響は大きいようです。

中腹で2本ほど滑ったところでママたちと合流。
今日は最終日なので2時には空港に向け出発しなければなりません。

というわけで、それほど時間はありませんがコンディションを求めて、昨日午後から行こうと思っていたが、板が無くなり行けなかった花園ゲレンデに向かいます。
あっ、もちろん今日の板はレンタルです(涙)

201603IMG_1364.jpg

花園ゲレンデ、正直それほど期待していなかったのですが、メインゲレンデと比べやや北側斜面になっているのでこちらの方がコンディション的に良く、下山のことを考えると後1時間程しかこのエリアを滑ることが出来ませんがここで楽しむことにしました。

ただ初めて行くコースなので、コースの難易度等の状況が分からずコブコブの上級者コースに迷い込んでしまいました・・・

201603IMG_1376.jpg

ここは流石にしょーたのボーゲンでは全く通用せず、大転倒・・・
そら君を抱っこしながら滑っている私にもまったく余裕が無く、助けることも出来ず、ただただ豪快な転倒を見守るのみとなりました。

その転倒は本当に激しく、こけた後、軽く10m、いや15mは滑り落ちていたかと思います。

でも強くなったはしょーた!!
傍から見ていると大怪我してもおかしくないほどの大転倒劇・・・
幸い怪我はありませんでしたが、恐怖のあまり涙を流すかな!?と思いましたが大丈夫でした。

今までのしょーたはこーいうコブコブ斜面を見ると「あそこ行ってみたぁ~い」と興味を示していましたが、この大転倒後、リフトからコブコブ急斜面を見ると「あそこ滑れへんやんな~!?」という風に拒否感を示しておりました。
やはりよっぽど怖かったんでしょう、可愛そうなことをしてしまいました。

201603IMG_1377.jpg

そんな感じで花園ゲレンデを滑っていましたが、そろそろ下山の時間です。
ホテルの前までみんなで下りてきて、そら君をママに託し、再びしょーたと時間ギリギリまでファミリーゲレンデで遊びます。

201603IMG_1378.jpg

しょーたのお目当てはスクール後半に滑ってからお気に入りになったファミリーゲレンデにある林間コース、ここの林間コースは普通に想像する迂回コース的な林間コースでなく、林の中の1人しか滑ることが出来ない、リアル林間コースです。

しょーたは涼しい顔で滑っていますが、大人の長い板では全く取り回しが効かず非常に厄介なコースでした。

あまりにも滑りにくいので「パパ普通のコース滑っとくから、しょーちゃん林間コース滑っときや~」というと、
「え~、嫌や~、もし、しょうちゃんになんかあったらどうするん??」

まあ、そりゃそうやけど、そんな大袈裟な(笑)

ってな感じ強制的に大人にとっての難コースを3本ほど滑らされたところでタイムアップ!
あ~しんどかった(汗)

スキー終了、惜しみつつヒラフとお別れ


201603IMG_1187.jpg

スキーを時間ギリギリまで滑り、最後に温泉で汗を流しました!
ここのホテルは非常にありがたく、チェックアウト後の入浴も無料でさせて頂けます。

そうそう、その他にも子連れにとって嬉しいサービスが!
本来、11時チェックアウトなんですが、1時間につき2,000円でマックス13時までのレイトチェックアウトが可能なんですよ、もちろん我が家は13時まで部屋を使わせていただきました。

20160329004b.jpg

14時にここを出発すればいいので、まだ少しだけ時間に余裕がります!

「パパ~、ソフトクリームの券使ったん??」
しょーたは目ざとく覚えていましたが、宿泊プランについていたソフトクリーム券のことを忘れておりました。

201603IMG_0969.jpg

初日に既にママのソフトクリーム券で食べていたしょーた。
よほどその味が気に入ったのでしょう、美味しそうに食べています。

201603IMG_0976.jpg

私も少しいただきましたが、うん納得!
おいし~~~い!!

201603IMG_0982.jpg

そら君にも少し食べさしましたが、もっとちょうだぁ~い的な素振りを見せていましたよ。

201603IMG_0988.jpg

さて、ギリギリまで余韻に浸りましたが、そろそろヒラフの町とお別れです。

帰りたくないよ~~~・・・
さよなら、ヒラフ、さよなら羊蹄山・・・(涙)

昼食はきのこ王国



きのこ王国

帰りはきのこ王国にて昼休憩。
このお店、レンタカー派の我が家には重要なお店!
何が重要かというとニセコ~千歳間の大体中間にあるお店なので空港までの時間の計算が容易、そして何よりもまずまずリーズナブルで素早く食事を摂れるお店なんです!

201603IMG_0990.jpg

ということで、帰りの飛行機は18時前、ホテルを出発したのが13時半ごろ、ニセコからレンタカー屋まで2時間、レンタカー屋から新千歳空港まで手続き等のロスタイムまで込みで20~30分ということを考えると、ゆっくり休憩という訳にはいきませんが、まあ十分食事をとれる計算ですので計画通りココで食事にします。

201603IMG_1005.jpg

このお店、イメージ的には高速のサービスエリアのようなフードコートと、

201603IMG_1004.jpg

お土産売り場が併設された気楽に入れるお店です。

201603IMG_0992.jpg

上の写真はメニューの一部です、その他に定食系や単品系もありました。

201603IMG_0994.jpg

私はきのこそば、

201603IMG_1001_2016050114384840f.jpg

そして、生メンチカツたるものを注文。

201603IMG_0998.jpg

きのこそばは普通に美味しく、気になるのは生メンチカツ・・・
こちらも味は普通に美味!

生というネーミングですが、もちろん火は通っています。
何が「生」なのか店員さんに聞きましたが、残念ながら説明を理解できませんでした。

201603IMG_0996.jpg

ママはここの名物的メニューのきのこ汁。(不覚にも写真を撮り忘れ・・・)
そしてしょーたはイモモチというお餅。

私は味見をしていませんが息子はもうひとつ頼んでいたので、子供的には美味しかったんでしょうね!

201603IMG_1002.jpg

食事を終えてトイレの方に進むと、ホロホロの恵という湧水を発見!
無料ということでしたので500ccのペットボトル1杯分ありがたく頂戴しました!

201603IMG_1003.jpg

水についての知識が無くよく分かりませんが、成分表がありましたのでパシャリ!

お味の方はスッキリして美味しかったですよ!そうそう、ホテルの水があまり美味しくなかったので余計に美味しく感じました!
スッキリしているということは軟水なのかな!?

新千歳空港に到着、大阪へ


201603IMG_1010.jpg

きのこ王国にて食事を終え、渋滞に遭うこともなくレンタカー屋経由で無事新千歳空港に到着!
フライトまで時間がるのでお土産屋さんを物色!

私はどこの観光地に行ってもご当地ラーメンを探してしまいますが、発見したのが「札幌ラーメン そら」というラーメン屋のラーメン!
そら君と同じ名前なので、じいじへのお土産として買っておきました。
そう言えば感想をまだ聞いていませんが美味しかったのかな・・・??

201603IMG_1030.jpg

ママはこれに興味があったようですが、グッと堪えて我慢をしていました。
私にはよく分かりませんが、何やら六花亭とのコラボ商品だとか・・・

201603IMG_1011.jpg

そしてしょーた!
「これほしい~~」

まず興味を持ったのが北海道名物の
ま・り・も

いや、いらんでしょ・・・ということで却下。

201603IMG_1025.jpg

次に目を付けたのが、怪しげなキーホルダー!

201603IMG_1027.jpg

しょーた=「パァパ~、これほしい~~」
私=「なんやねん、それ!?」
しょーた=「鹿の角~~」
私=「そんなんなにすんねん??」
しょーた=「ランドセルに付ける~」

なんて会話が続き、値段を見てみると・・・
おい、おい、結構ええ値段やん・・・

これは却下ですな・・・
「まあ、旅行の時くらいお土産と思って買ってあげたらええやん」なんて突っ込みがきそうですが、

201603IMG_1201.jpg

そう思って、特別にホテルでガチャを2回ほどさせていましたので、お土産は却下したんですよね~。

さあ、そろそろ時間やから搭乗口に行くで~!!

201603IMG_1035.jpg

帰りしなもそら君が居るので優先搭乗となり一番乗り!

201603IMG_1046.jpg

約2時間のフライトで大阪に到着。
あ~、帰ってきてしまった~・・・
北海道に戻りたい~・・・

201603IMG_1050.jpg

幼い頃からそうなんですが、遠方に遊びに行った後の阪神高速って帰ってきた感が漂い切ないんですよね~。

明日からは現実に引き戻される訳ですが、来年!?いや再来年!?には必ず戻って来ると誓い私たち家族の旅は終わりました。

201603IMG_0769.jpg

ありがとう!ニセコ!
ありがとう!羊蹄山!

スキー旅行を終え数日後に朗報が!


ニセコから大阪に帰ってきて、いつもと変わらぬ日常を過ごしていると、携帯に一本の電話が・・・

「あの~、こちら北海道、ニセコにあるひらふ亭と申します」

一瞬頭の中は???
なんでひらふ亭から電話??

と思いましたが、話を聞いてみると、
「実はうちのお客さんがレンタルしていた板と間違え、見覚えのないある板を返却に来ました。」
というお話しで、更に詳しく聞くと、
ひらふ亭さんから、その板についてグランヒラフの.BASE(ドットベース)に問い合わせると、私の板の特徴と合致した為に連絡をくれたとのことでした。

それは紛れもなく私の板・・・
板が見つかったという嬉しさ半分、間違えて持って行かれたことについての腹立たしさ半分と複雑な心境でした!

送り返してもらうには送料が必要!
せめて私の板を間違えて持って帰った人に送料を持ってもらおうとホテルに聞いてみると、その人は既にチェックアウトされており、しかも外国人とのこ・・・悔しいけど追跡するのも面倒なので、着払いにて送り返してもらいました。

まあ、安い板といえども無くなったままよりはマシなんでヨシとしましょう!

それはさておき、連絡をくれたひらふ亭さんには感謝です!
今回ニセコアルペンホテルに宿泊しましたが、ひらふ亭は行く前から気になっていたホテル。
なんか縁を感じますね~、次はひらふ亭にしようかな~~??

お~し~まいっ!!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

【ニセコグランヒラフ・2016】アクシデント発生・・・トホホ

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】思いがけぬプレゼント!の続きです。

家族でスキーを満喫


201603IMG_1258.jpg

あ~、もう北海道旅行3日目かぁ~~。
やっぱり3泊4日なんてあっという間ですね~、と少しナーバスな気分のオヤジですが、息子はそんなことどこ吹く風。

朝から「早くスキー行こ~~」の連呼です!!

201603IMG_1259.jpg

滑りたい気持ちは私も同じなので、そら君のお世話をママに任せて、しょーたと一足先にゲレンデに繰り出しました。

201603IMG_1365.jpg

1本目は足慣らしの為に一番下のファミリーゲレンデにてひと滑りましたが、下のゲレンデは非常にコンディションが悪いのでその後、エース第2クワッド、キング第3トリプルと乗り継いで上のゲレンデにて楽しみます。

201603IMG_1256.jpg

ここまでくると昨日よりは悪くはなっているものの、まだまだ北海道らしい良い雪質で滑ることが出来ます。
2本ほどしょーたと二人で滑り終えると、ママとそら君も上がってきました。

私はブログをしているし、ママはスマホで時々撮影をしているので我が家は写真をよく撮っている方だと思うのですが、考えてみると家族写真と言うものがほとんどありません。

ということで、今回の旅のテーマの一つに年賀状とかに使える家族写真を撮ろうということがありました。
滑り込んでから写真撮影となると面倒くさくなる可能性があるので、早めに済ませておこうと、しょーたに「写真撮るから止まって~」と声をかけるのですが、滑るのが楽しいのか全然止まってくれずグイグイ進んで行く始末。

201603IMG_1260.jpg

でも、一家の長である私の言うことを聞かなかったので神様が罰を与えておりました(笑)

しかも、ブログ的になかなか見栄えがするナイスな転び方!

そして、このこけた辺りが撮影にはちょうど良い感じの場所だったので、ここを撮影地としました!
バックには羊蹄山があるし、そこそこフラットやし、良いところで転んでくれましたね(笑)

201603IMG_1266.jpg

とりあえず、セルフタイマーで数枚の家族写真を撮影!!
これで来年の年賀状の写真は賄えるでしょ!

201603IMG_1273.jpg

その後は、微笑ましい子供たちの写真を撮ろうと奮闘するオヤジ!
だが兄弟の写真って難しい・・・

1人が良く撮れると、もう1人が残念な表情だったり。

201603IMG_1280.jpg

ましてやそら君なんぞは、途中で止まってられず動き出す始末です(汗)
まっ、しゃーないですね・・・

でも、こういう写真こそ自然な姿なので良しとしましょう!

201603IMG_1287.jpg

あと、しょーたのスキー場での写真はたくさんたくさんあるのですが、そら君はだいたい抱っこヒモに入っているのでほとんど写真がありません。

なのでこの時ばかりと、パシャパシャと撮影しておきました。
雪の上をハイハイってなんか、いい感じ!!

201603IMG_1288.jpg

時々、こんな風にカメラ目線をくれ、良い写真を撮ることができました。
うん、満足!満足!

201603IMG_1307.jpg

そして、親のエゴでサングラスの写真も!!

IMG_1311.jpg

お~!!ダンディー過ぎるぜ我が息子!!

このサングラス、前向き抱っこで滑った際の紫外線予防で用意していたものですが、滑っている時はほとんど寝ているそら君にとって無用の長物だったのですが、ここで役に立ちました!

201603IMG_1318.jpg

リフトに乗っている時の写真もパシャッ!!
相変わらずしょーたは無関心・・・

201603IMG_1325.jpg

無関心なしょーたに、何かポーズを付けさせてと、こんな写真も撮りましたが手の上げ方が中途半端・・・涙

201603IMG_1327.jpg

こんな美しい景色をバックに写真を撮れる機会なんてなかなかないのにしょーたってやつは・・・

201603IMG_1340.jpg

でも、黙って写真を撮ると良い表情を見せてくれるので、しばらくは構えて撮らない方がいいのかな~~・・・
なんて思ったりしています。

201603IMG_1337.jpg

そんなこんなで、スキーを楽しんでいると、そろそろお昼時!
今日もホテルに帰っての昼食なのでひとまず下山!

201603IMG_1343.jpg

ただ、中腹から山麓に降りるのが至難の業・・・
傾斜的には中級~中上級といったところですが、雪質が悪い悪い。
べちゃべちゃの雪で本当に滑り辛く、ボーゲンのしょーたにはホント酷ですね・・・

でも、しょーたは「しょーちゃん、お尻で滑って行く~~」なんて言いながら滑って行ってましたね(笑)

微笑ましい昼のひと時・・・しかし・・・


201603IMG_0892.jpg

昼食を摂る為に部屋に帰って来ると、「あっ、しょーちゃん宿題してない~!!」
と言って徐(おもむろ)に宿題をやりだすとても我が息子とは思えないしょーた。

201603IMG_0893.jpg

そして、「パパビール飲んでるから、しょーちゃんもビール飲むわ」と言ってサイダーを開けるしょーた!
このあたりは私に似たのかも(汗)

そして、そら君はしょーたのサイダーに興味津々、っていうかペットボトルに興味津々。
実はそら君、この旅行中にペットボトルを開けることが出来るようになり、2回ほど畳をビチャビチャにしてしまいました(笑)

201603IMG_0901.jpg

0歳のそら君は日々成長状態。
そして、そんなそら君が可愛くて仕方ないしょーた。

しょーたにとって、可愛がっているつもりですが、時にはこんな風にヘッドロックを決めてしまい、にぃにの元から去っていくそら君・・・

201603IMG_0902.jpg

なんか、後ろで大人しくなっているそら君・・・
にぃにのヘッドロックでいじけてしまったのか??

いやいや、こういう時の相場は何か良からぬことをしている可能性が高いはず・・・

201603IMG_0903.jpg

あ~~、やっぱり~~!!パパのカップラーメンで遊んでる~~(爆)
危ない、危ない、もう少し発見が遅れていたら中身をぶちまけられていたに違いありません(汗)

201603IMG_0914.jpg

そら君を野放しにすると危険なので、とっととラーメンを平らげます。
しょーたは相変わらず「うま~」と絶賛しておりました。

201603IMG_0932.jpg

そら君も離乳食を平らげ満足げ!

201603IMG_0924.jpg
(↑得意の変顔)
201603IMG_0908.jpg

昼食後はこの後に待ち受ける悲劇のことなど知る由もなく、一家団欒笑顔で過ごし昼休憩を終えました。

悲劇、スキー板がない・・・


昼休憩を終え、しょーたと私が再びゲレンデへ!
あれれっ??休憩前にゲレンデに設置されている板置き場に立て掛けておいた私の板が見当たりません!?

えっ、マジで!!
一瞬、板を置いた場所を間違えたのか!?と思いましたがママとしょーたの板があるので間違いありません。

こうなると答えは2つ。
盗られたか、間違えて持って行かれたか。

私の板、安い板ですが今年新調したばかりで、使ったのは鷲ヶ岳に行った時と今回の2回だけでまだまだキレイな状態・・・

楽しいスキー旅行が一転、悲し過ぎる・・・
そして、痛すぎる・・・

買ったばかりという事もそうですが、明日も滑る予定なので板をレンタルしなければなりません(涙)
レンタル代を節約する為、せっかく大阪から持って来たのにこんなことになるなんて・・・

もし盗られたのなら無駄ですが、間違えて持って行かれたのなら見つかるかもしれない・・・
と思いスキー場にアナウンスをお願いし、しばらく様子を見ましたがやはり見つからず(悲)
ですよね~、滑っていると場内放送なんか聞こえませんよね。

まして盗られた可能性も否定できないですから。

まだまだ滑りたいのでレンタルも考えましたが、この時既に2時を回っており、滑ることができる時間はあと2時間程・・・
今から2時間の為にレンタルなんてもったいなく不本意ながらしょーたをママに任せて私は強制終了となりました。

ホンマ腹立つ~(怒)
盗ったか、間違えたか知らんけどいったい誰やねん!!!

201603IMG_1344.jpg
★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★ お客様の声を見る

間違えて持って行かれたのなら、もしかしてスキー終了後に気が付き交換に来るかもと思い、この後営業終了時と明朝にゲレンデに見に行きましたが、残念ながらありませんでした。

ガッカリ(>_<)

盛り下がりムードで3日目終了


スキー板が無くなりましたので私はフテ酒、ママとしょーたは4時頃までスキーを滑り、その後はそら君を連れて昨日同様プールへ。

その後、ホテルで食事をとって、
(板が無くなったショックで写真がない・・・)

201603IMG_0944.jpg

2人供相当疲れていたのか、しょーたも、

201603IMG_0945.jpg

そらも即効沈没・・・
特にそらはあぐらをかいて座っている私にすり寄ってきて足を枕にしたと思ったら瞬眠(-.-)Zzz・・・・
可愛すぎます(^o^)/

20160327015b.jpg

そしてなぜか私が寝ているシングルの布団に息子たちが・・・
せ~~まぁ~~~(^_^;)

つづく
【ニセコグランヒラフ・2016】とうとう最終日!帰りたくな~い!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

【ニセコグランヒラフ・2016】思いがけぬプレゼント!

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】スキー、そしてプール!の続きです。

しょーただけが知っていた秘密


201603IMG_0855.jpg

突然ですが、これは何でしょう??

はいっ!!下手くそな写真!!

正解~~!!
・・・じゃなくて・・・

201603IMG_0853.jpg

ピンボケの写真・・・
あっ、ぶれた写真・・・

ある意味正解ですが・・・ブ~~~♪

201603IMG_0852.jpg

いかがわしいネオン街の写真・・・
ブ~~~♪

201603IMG_0854.jpg

はい、正解は花火でした~~!!

201603IMG_0836.jpg

なんと、なんと私たちが滞在中にニセコで花火が上がるという情報が・・・
ネタ元はしょーた・・・

う~~ん、実に怪しい・・・

「今日、花火あんねんて~~~」
ホテル側から何も聞かされていない私たちは、しょーたに「誰に聞いたん??」と聞くと、「(スクールの)コーチ!」との返答。
「えっ!?どこで上がるん??」
「知ら~~ん・・・」と何ともええ加減な情報で、私たち夫婦は「どこで上がるんやろうな??ここから見えるんかな~??」
という半信半疑の状態でした。

201603IMG_0859.jpg

そうこうしている内に「バァ~~~ン♪バァ~~~ン♪」という音が聞こえてきました。
「えっ、これけっこう近いんちゃう??」

ってことで外に出てみると・・・

201603IMG_0865.jpg

なんと、まあ~~、ホテルの目の前で上がっているじゃあ~~~りませんか!!

201603IMG_0866.jpg

お~~~、ブラボ~~!!
うれしいですね~~、花火が上がるなんて全く知らなかった私たちには超サプライズでした。

ホテルのスタッフも人が悪いですね~~、こんなイベントがあるなんてひと言云っといて下さいよ~~。
でも、知らなかったからこそサプライズなんですよね~~!!

時間は15分ほどでしたが、ホテル滞在客だけにくれたプレゼント、良い思い出になりました、ありがとうございました~~!!

花火の後はホテルディナー


201603IMG_0868.jpg

昨晩はホテルから離れ、ジンギスカンを食べに行きましたが、基本ホテルで食べたい我が家は今晩、そして明日はホテルでの夕食です。

会場は朝食会場と同じですが、残念ながら私が大好きなビュッフェスタイルではありません。

201603IMG_0870.jpg

まあ、たまにはいいかっ!と言うことでカンパ~~~イ!!

プランについている夕食券で大人4,000円分、子供2,500円分を単品もしくはセットメニューで注文するのですが、私はお酒を飲みながらですので、一度で全品揃うセットメニューを注文するのは嫌だったので単品にてオーダー!
ママとしょーたはセットメニューにてオーダーをしました。

201603IMG_0871.jpg

ママが注文したセットメニューの海鮮サラダが初めに出てきました!
ホテルのディナーらしく、上品ではありますが、年甲斐もなくリゾートに来るとお腹いっぱい食べたい私には少ない・・・(だから好きな物をたくさん食べることが出来るビュッフェは好き)

この中ではお魚のお造りが美味で、スタッフに聞いてみるとさんまのお刺身と言うことでした、さんまと言えば塩焼きが定番ですがお刺身は甘くておいしかったなあ~~、また食べたいな~~~。

201603IMG_0872.jpg

私が単品で注文した「鮭とばのなんちゃら・・・??」
鮭とばってのは鮭の切り身を干して作った乾物でお酒のつまみのような食材、

201603IMG_0873.jpg

そして「甘エビの塩辛」を注文!
もちろん両方とも不味くはなく庶民的なオヤジにとって上品な感じはしましたが味は普通でしたね~~(爆)

201603IMG_0874.jpg

しょーたはお子様ランチ的なメニューをオーダー。

全く見栄えがしないまるでファミレスのお子様セット・・・
これが2,000円か2,500円だったか、ホテルだから仕方ないけど高いですね(爆)

201603IMG_0877.jpg

自分で注文した料理、そしてママの料理やしょーたの料理をつまみつつ、「おすすめメニュー」になっていたステーキをメインディッシュとして注文するオヤジ!

201603IMG_0878.jpg

脂っこい肉は受け付けなくなっているオヤジにとって、このステーキは脂身が少なく、そしてソースの味付けがほどよく美味しかったです!!
これに関してはまた食べたいな~~!!

201603IMG_0880.jpg

そしてママのメインディッシュはこれ!!
うん!おっしゃれ~~♪味は普通に美味しかったそうです・・・

でも・・・オヤジの評価は明らかに量が少ない・・・爆

201603IMG_0881.jpg

ねえ、ねえ~、僕こんなの食べてないよ~~!?

(ごめんな~~、そら・・・)
(また市販の離乳食やったなぁ・・・)

でもコーンスープは飲んでたよ~。

3月28日の朝を迎えました


201603IMG_0886.jpg

旅行3日目の朝も2人の怪獣さんのおかげで5時台の起床です・・・
もっと寝たいが、一旦目が覚めると若い頃のように寝れないオヤジは朝の散歩に行くことに。

ホテルアルペンからゴンドラ乗り場の方に歩いて5分かかるか、かからない距離に居酒屋発見!
ニセコ・ヒラフ地区は思ったよりも賑やかな街でおしゃれなお店が多い中、ひときわ目を引く下町のコテコテ感漂う、かかしという居酒屋!

201603IMG_0885.jpg

おしゃれなお店もいいですが、庶民派ぽくてなんとなく愛着が湧くお店、観光地にあることを考えると、決してお高くない普通のお値段も魅力、次回来た時の覚書として記録しておきます。

201603IMG_0889.jpg
201603IMG_0890.jpg
201603IMG_0891.jpg
★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★ お客様の声を見る

散歩の後はホテルに帰って朝風呂入って、相も変わらず朝食ビュッフェの爆食い!!
そうそう、昨日の朝食でも気になっていたのですが、朝からカレーを食べている方たちが目につきました。
中には朝だというのにお皿にてんこ盛りの方もチラホラ・・・

これは頂かない訳にはいかないと私も茶碗一杯だけと思い食べてみました!(写真を撮り忘れてしまいました・・・)
うん!なるほど!!

辛くないんですが、ほどよくスパイスが効いて子供でも食べられるが大人も満足なお味!ホテルニセコアルペンの朝食ビュッフェのカレーかなりおすすめです。
美味しい~~~、ってことで茶碗一杯のはずが気がつけば三杯食べてしまっていました(^^;

この分だと、またお昼はコンビニですね・・・
【ニセコグランヒラフ・2016】アクシデント発生・・・トホホ


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

【ニセコグランヒラフ・2016】スキー、そしてプール!

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】羊蹄山・ジンギスカン・朝食ビュッフェ!の続きです。

ホテルとゲレンデの距離感はこんな感じです


201603IMG_1211.jpg

朝食を済ませ、いよいよスキーです!
その前にホテルとゲレンデの位置関係について少し・・・
ここニセコアルペンはヒラフスキー場のオフィシャルホテルですがゲレンデの中にあり滑って帰って来られるという立地ではなく、ホテルの前に駐車場があり、そしてその駐車場を隔てたところにゲレンデがあります。

といってもホテルから出て15mくらいでゲレンデですので全く不自由は感じません。
また、リフトやリフト券売り場、レンタル、スクールの受付といった施設も目の前なので非常に便利です。

201603IMG_1206.jpg

ホテルから見て左側にエース第2センターフォー(クワッドリフト)。
このリフトは楽天トラベルのコース情報によると1,719mの長さを誇り、1,878mあるヒラフゴンドラに迫る長さで一気に中腹まで運んでくれ非常に快適です。
逆にゴンドラはアルペンホテルからだと遠いのと、旅行中にアクシデントがあったこともあり、もったいない話なんですが滞在中一度も利用することはありませんでした。
(アクシデントにつきましてはまたのお話しで・・・)

201603IMG_1212.jpg

真ん中には「SNOW SCHOOL」の看板を掲げたプレハブのような建物がありますが、ここはスキースクールの受付ではなくよく見ると「SNOW SCHOOL .BASE1F→」となっており、ただの案内看板でした。
非常に紛らわしく私も息子のスクールの受付にドアをノックしてしまいました・・・

ただスクール受付後の集合場所がこの建物の横ですので、変に分かり難いよりもいいのかも知れませんね。

201603IMG_1210.jpg

そして右側には.BASE(ドットベース)という建物があり、1階にはリフト券売り場、レンタル受付、スクールの受付があります。
2階には今回利用しませんでしたがカフェがありました。

201603IMG_1207.jpg

これらの写真はスキー場のオープン前に撮った写真ですが、数台の雪上車でゲレンデ整備をしていました。

私たちはスキー、しょーたはスクール


201603IMG_1213.jpg

それではいよいよスキー!!
今日、しょーたは一日コースでスクールの予定ですが、スクールの受付後多少時間がったのでしょーたと2人で1本滑ってみることにしました。

201603IMG_1220.jpg

流石に兵庫県辺りのスキー場では味わうことのできない1,700m以上あるリフトなので乗り応えがあり、リフトを降りるといきなり山頂に来たと錯覚するような風景を目にすることが出来ます、さすが北海道!実に雄大な景色です。

な~~んて悠長なことは言っていられません・・・
もう、スクールの集合時間まで20分を切っています・・・
リフト一本乗っただけとは言え、けっこうな距離を降りて行かなければなりません。

map_grand-hirafu2.jpg
(↑拡大画像

私たちが乗ってきたのがマップ上のIと記載があるエース第2センターフォー。
本来、13番(中級コース)、15番(初級コース)、9番(初級コース)と降りてこなければならなかったのですが、始めて滑るのでコースがよく分からず9番(初級コース)のところをスクールの集合場所に真っ直ぐ行くことが出来る23番(中級コース)を行ってしまい、これがもう大変で、大変で!

一応、中級となっていますが、けっこうな傾斜で十分上級者コースと言えるコース、しかもコースを降りてくるに順って雪質の悪化が酷く足が取られる、取られる・・・

ホント、ヒラフの1本目は最悪のコンディションでした。
それでもしょーたは悪戦苦闘しつつこの長いコース、かつ自身の実力では遥かに困難であろうコースを1回転んだだけで降りて来ましたね。

降りてきて「大丈夫やったか??」と聞いてみると愛想なく「うん・・・」と言っていました。
まさにこれまでの練習の成果が出ていたと思います。

201603IMG_1233.jpg

何とか集合場所に間に合い、スクール開始!
今回スクールに入った目的はずばり「ボーゲンからの脱却」です!

というのも、しょーたは初級コースでは長続きせず、すぐに実力以上のコースを滑りたがるのですが、斜面が急になるとボーゲンではスピードを上手く制御できず苦戦してしまいます。
そんな現状を打破すべく、いつも2時間のスクールですが、今回は4時間コースを申し込んだ次第です!

201603IMG_1238.jpg

ただ、私たちの期待を余所にクラス分けがかなり怪しい・・・
本来、一度全員で滑ってみてクラス分けをするのが普通だと思いますが、ここのスクール、完全な初心者ば別として、その他は年齢で分けている印象があり、しょーたは小さい子たちと同じクラスになってしまいました。

しばらく様子を見ていましたが、初級コースで行われるスクールはしょーたにとっては退屈な内容でボーゲンでボーっと着いて行くだけの様子でした・・・

今回スクールに抱いたイメージと私と現実はちょっとギャップがあったので、昼からのスクールを申し込むかどうか悩みましたがスクール側に「次のステップに進めるような指導をしてほしい」という旨を伝え受けることにしました。

201603IMG_1242.jpg

話は前後しますがしょーたをスクールに入れしばらく見守り、その後スキーを楽しむことに!
朝の一発目で感じましたが、ホテル目の前のクワッドリフト(エース第2センターフォー)で滑ることが出来る範囲はコースこそ長いですが最悪と言っていいコンディション、流石に土が見えている箇所や写真のように茶色くなっている箇所はあまりありませんが、雪が解けて非常に重たく足が取られる状態・・・

正直、この時点の印象は「北海道と言えども今年の暖冬には勝てないのか??ちょっとがっかり・・・」とまで思っていました。

201603IMG_1225.jpg

下部のコースは足が取られ疲れるし時には危険を感じる状況なのでもう1段上に上がることに!!

201603IMG_1246.jpg

スキー場のボトムとクワッドリフトを降りた辺りの気温が明らかに違うので、雪質を期待しクワッドリフト(エース第2センターフォー)を降りた先にあるエース第3ペアに乗り1本滑走!

えっ、なんでと思うほどの雪質の違いで、ところによるとキュッキュ、キュッキュとなる状態!!
お~、遥々北海道まで来た甲斐があるってものです!

ただ、残念ながらこのリフトはペアでスピードが遅く、更に長さも881mと物足りない感じ・・・

201603IMG_1247.jpg

そこでクワッドリフトを降りて、そのまま少し下ったところにあるキング第3トリプル・フード付きリフトに乗り滑ってみると、先ほどのペアリフトから滑ることが出来るコースをカバーしつつ、さらに上からの滑走になるので雪質もよく大満足!!

楽天トラベルのコース情報によると、リフトの長さが1,186m、コース的には初級者、中級者コースをチョイスすると結構な距離を滑ることができるので、しばらくこのリフト、このコースをホームコースとしたことは言うまでもありません。

201603IMG_1248.jpg

キング第3トリプル・フード付きリフトを降り、眼下に広がる風景がすばらしく、もう最高!!

201603IMG_1252.jpg

前後左右どこを見ても美しく、360度の大パノラマとはまさにこのこと!
やっぱ、北海道いいわ!!来て良かった~~!!

昼食はカップラーメン(汗)


201603IMG_0822.jpg

12時にスクール午前の部が終わりましたので、昼食です!!
と言っても朝食ビュッフェを腹がはち切れんばかりに食べているのであまりお腹が空いていません・・・

ってことで部屋に帰ってホテルのコンビニで買ったカップラーメンです!

201603IMG_0825.jpg

おいおい、そら君!!それはパパのおにぎりやで~~!
そら君は市販の離乳食をいただきます。

201603IMG_0826.jpg

お腹が空いていないと言いつつ、気がつけば私はカップラーメンとおにぎりとパンを手にしておりました・・・
見ていると欲しくなるんですよね~~・・・
でも、結局パンまでは食べられませんでした。

201603IMG_0827.jpg

そして、しょーたは大好物のカップ焼きそば(爆)
「しょーちゃん、明日もカップラーメンがいい~~」と言うてました(汗)

部屋に帰ればゲレンデのレストランと違いブーツも脱げるし、食後はゴロゴロ出来るし、快適、快適♪♪
若い頃はコスト優先で宿を選んでいましたが、今は立地優先、こういう時、ゲレンデサイドの宿のありがたみが分かります。

ニセコヒラフのスクールは期待外れだった・・・


201603IMG_1241.jpg

さて、食事を済ませしょーたは午後もスクールに!
先ほど、ざっと書きましたがしょーたと似たり寄ったりの年の子たちは初めにスキルチェックも何もなく「完全に初めての組」と「それ以外の組」に分かれている雰囲気がありありで、午前のクラスが終わった時にコーチに聞いてみるとやはりそんな感じだということ・・・

私がスクールに入れる目的は「スクールに入れている時間、親がスキーを満喫しよう」という子守的な意味合いではなく、しょーたのスキルアップが目的なので「午後からはクラスはそのままとしても次のステップに進めるような事を教えてあげて下さい」とお願いし再度スクールに入れました。

スクール終了後、しょーたに確認すると「パラレル教えてもらった」って言ってましたので私の意向は伝わっているみたいですが、私が「どれくらいパラレルしたん??」と聞くと「う~~ん、最後の方だけ・・・」と言う返答、残念ながらちょっとスクール側のやっつけ仕事感が伝わってきました。

それ以外に期待外れだったのは、めちゃくちゃ雪質が悪いファミリーコースで指導していたこと・・・
私たちはしょーたをスクールに入れている間は雪質が良い白樺コース(初級コース)を滑っていましたが、そこでスクールをされている小さい子たちを見かけましたのでこっちの方が良いなとつくづく思いましたね。

しょーたが申し込んだスクールはスキー場が運営しているスクールですが、ニセコには他にもたくさんのスクールがあることを後になって知りました。
今回は不勉強でしたが、次回、ニセコでスクールに入れる時はしっかりと選びたいと思います。

アフタースキーはプール!


201603IMG_0829.jpg

スクールを3時半に終え、しょーたに「パパと2人で上(白樺コース)行く??滑りやすいで!!」と聞くと「しょーちゃんスキー止めたい・・・」という返答。
「えっ、なんで??疲れたん??」
「しょーちゃん、プール行きたいねん!」
と言うことでしょーたはスキーは切り上げプールに行くことに!!

私はずっとそら君を抱っこヒモに入れたまま滑っており、慎重に慎重にと満足な滑りをしていなかったので、ここぞとばかりにリフト終了までの1時間1人の時間を楽しみました!!
下の方のコンディションが最悪の中、上の方はまだまだ最高!!キュッキュ状態です!
短い時間でしたが満足、満足!体力が落ちたオヤジにはちょうど良かったかも知れません(汗)

201603IMG_0832.jpg

そして宿に帰ると「パァ~パッ!プールいこよ~~!!」の連呼・・・
そして「そら君もプール連れて行く~~」と主張!!

「いやいや、しょーた一人でも大変やのにそらはママにプールではなくお風呂入れてもらお」と言うことでそら君にはご遠慮頂きました(ほっ・・・)

201603IMG_1190.jpg
★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★ お客様の声を見る

そして、しょーたがうるさいのでプールに行ってみることに!
私が撮ったプールの写真はこれしかありませんが、普通の25mプールと幼児用の小さなプール、そしてジャグジーがありました。
楽天トラベル(プールの写真)

私はジャグジーでぼ~っとしときたかったのですが、そんな思いが叶うはずもなく、
「パァパ~、泳いで~~」
「パァパ~、しょうちゃんのこと投げて~~」
と色々働かされて業務終了(爆)

201603IMG_1188.jpg

プールとお風呂は繋がってはいませんが、体を拭き水が滴らない状態なら専用通路で水着のまま風呂に行くことができ便利です。

ここはニセコ地区で唯一プールがあるホテルと言うことですが、3月とは言え北海度では冬のこの時期流石にお客さんはまばらでほぼ貸し切り状態でした。
ちなみに、小学生以下無料で大人は300円(スイミングキャップ無料レンタル付き)と超リーズナブルでした。

スキーで疲れた体を癒すのに軽く泳ぐのもいいもんですよ!!
【ニセコグランヒラフ・2016】思いがけぬプレゼント!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

【ニセコグランヒラフ・2016】羊蹄山・ジンギスカン・朝食ビュッフェ!

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】北海道上陸!ラーメン食べてホテルへ!の続きです。

神様からのプレゼント(^-^)/


201603IMG_1255.jpg
【★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★】

ニセコ・アルペンホテルにチェックイン、部屋がお任せのプランだったのでどんな部屋になるのか楽しみにしておりました。

とは言え、お安いプランだし、そもそも定員2名だし一番ゴージャスに見えるラージツインなんて可能性は限りなくゼロに近く、予想では和洋室和室になる可能性が高いと思っており、希望としてはラージツインの次にゴージャス感がある和洋室がいいと思っていました。

で・・・
カギを貰い、
部屋に行き、
ドアを開けると・・・

201603IMG_0756.jpg

はい、残念・・・(涙)
わ・し・つ

201603IMG_0757.jpg

でもでも!!
イメージより全然良いぞ!!

15畳の部屋だから滅茶苦茶広い!!
うん、この大きな部屋にテーブル2つとテレビとささやかな応接セット(2名用)、ハンガーラック、小型冷蔵庫、タオル掛けがあるだけなので実にだだっ広く感じる!

この部屋、元は2部屋をぶち抜活き1部屋にしたのか?広さにものすごく違和感を感じました。

でも、慣れてくるとこの広さが心地よくなる、狭い部屋だと持ってきた荷物を広げるとたちまち狭く感じるが、この部屋なら荷物エリア大体この辺りと決めさえすれば、そんな思いをすることなく快適に使える!

201603IMG_0811.jpg

そして何よりハイハイ盛りのそら君にとってこの部屋はまさに楽園、縦横無尽に這いずり回ることができます。

201603IMG_0758.jpg

しょーたはしょーたで鷲ヶ岳の時と同じく押し入れに入りドラえもんごっこ!(←ドラえもんは押し入れで寝ているから)
我が家は和室が無い家なので、こういう時しか出来ませんね。

このホテルはグランヒラフスキー場のオフィシャルホテル!!なので当然ゲレンデフロントの一等地なのですが、残念ながら私たちの部屋からゲレンデを望むことは出来ません・・・

しかし、神様は私たち家族に最高のプレゼントをくれました!!

201603IMG_0769.jpg

なんということでしょうか!!部屋から羊蹄山が望めてしまうのです!(←ビフォーアフター風に)
滞在中、毎日毎日羊蹄山の表情を覗っていましたが、初日の羊蹄山が山頂付近にまるで天使の輪の様な雲がかかりもっとも私たちの目を楽しませてくれました。

私が良いなと思っていた和洋室は全部で36室ありますが、和室は全部で5室しかありません。
結果論ですが、その数少ない和室に泊まることができ、しかも羊蹄山ビューというプレゼントまで頂きホテルにはホント感謝です!!

考えてみればホテルでうちの様な赤ちゃんをあまり見ることなかったので、ホテルサイドが赤ちゃんがいる我が家への配慮で数少ない和室を提供してくれたのかも知れません。

ニセコ・ヒラフに滞在していると驚かされるのが外国人の多さ、日本人と外国人の比率で言うと5対5くらいは居るんではないかという印象、外国人にしてみれば和室は憧れのはずなのに、我が家が泊まることが出来たのは本当にラッキーだったのかも知れません。

今夜はジンギスカン


201603IMG_0775.jpg

我が家は北海道旅行の際に札幌や小樽の様な街ではなく、リゾート地、温泉地に泊まるので基本、1泊2食付きで宿を取りますが、ニセコのヒラフ地区は比較的お店が多いという情報を掴んでいましたので、スキーをしない初日は外で食べようということで夕食付にはしませんでした。

何を隠そう密かに北海道出身である妻から子供の頃よく食べていたジンギスカンを食べたいとのリクエストがありましたので大阪に居る時に軽く下調べをしていたLoft倶楽部というお店に行くことにしました。



ここはヒラフではなくアンヌプリの近くでホテルから8kmとそれなりの距離はありますが、広い幹線道路なので車で15分程度でお店に到着。

201603IMG_0779.jpg

外観からも雰囲気の良さが伝わるお店ですが、店内もイメージ通りのいい感じのお店で外食大好きなしょーたもご満悦の表情!
言うとくけどお子様ランチはないで~~~(笑)

201603IMG_0781.jpg

お店に入りテーブルに案内され、おや??
私の中ではジンギスカンと言えば逆お椀型の鉄板で焼くもの・・・

それなのに七輪と網が・・・


【鉄鋳物ジンギスカン鍋(日本製) ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

(↑こんなやつね!!)

201603IMG_0786.jpg

そして出てきたのはまるで焼肉屋さんの様な感じのお肉が出てきました!
少々パニック気味の頭を何とか整理して、「このお店では焼肉スタイルなんだ」と理解しました。

ジンギスカンを鉄板ではなく、炭火で食べるなんて初めてなので楽しみですね。

201603IMG_0787.jpg

お店のスタッフの方曰く「ミディアムレアで召し上がって下さいね」というアドバイスだったのですが、若干保守的なオヤジは最初の内はしっかり焼いて食べていました・・・
まあ、少し癖があるお馴染みのラム肉の味ですね!

20160326004b.jpg

ところがほどよく酔いが回り、大胆になったオヤジはミディアムレアでの実食!

201603IMG_0788.jpg

あら不思議!?しっかり焼いた肉よりも独特の臭みが和らぎいい感じ!!

焼肉のタレで食べるので、元々、ラム肉の臭みにそれほど抵抗感が無い私にとって、また年齢と共に脂っこい物が辛くなってきている私にとっては牛肉よりもたくさん食べることが出来るので美味しくいただくことが出来ました。

201603IMG_0791.jpg

サイドメニューもいくつかあり、しょーたの大好きな生ハムをオーダーしました!!
写真を撮るのを忘れ、食べかけで申し訳ありません(涙)

201603IMG_0799.jpg

流石にそら君はラム肉を食べるわけにもいかず家から持参した市販の離乳食でした・・・
ごめんなそら~・・・

201603IMG_0792.jpg

ジンギスカンを美味しくいただきましたのでそろそろお愛想!

201603IMG_0801.jpg

そうそう、今はスキーバカですが、一応キャンパーの端くれでもあるオヤジは店のあそこにも、

20160326002b.jpg

ここにも積まれている薪が気になってしょうがなく、お店の人に「薪ストーブか暖炉使っているんですか??」と質問してみました。

20160326003b.jpg

すると、
「そうなんですよ~、以前はあそこの薪ストーブを使っていたのですが後ろに穴が開いちゃって・・・」
「ってなわけで、今は飾りです・・・」
と言うことでした。

ご覧の通り、雰囲気も味も良くていいお店でした!またニセコに訪れた時は是非リピートしたいと思います。

2日目の朝に!


201603IMG_0802.jpg

さて、いきなりですが2日目の朝!!
相も変わらず5時台に2人の怪獣が起きだして、なぜだか分かりませんが巻き添えを喰らってしまうオヤジです・・・

起きたついでに、本日の羊蹄山をパシャッ!
起きたらすぐこんな景色を見られるなんてホント贅沢なお部屋です!!

201603IMG_0807.jpg

そして部屋は羊蹄山の方からどことなく神秘的な朝日が差しこみ、そのパワーに肖るかの如くそら君に後光が差しています!!
お~~、そらすげ~~~(笑)

201603IMG_0812.jpg

パワーを貰ったそら君は精力的に朝から部屋を徘徊!!

201603IMG_0809.jpg

しょーたはというと、保育園の年中の時から毎日百ます計算とかをさせており、「しょーちゃん、勉強する~」と言って今では日課のように勝手に勉強をし始めます。
私の子供の頃なら旅行に来ているこの状況、この時ばかりにさぼっていましたが、ホント私の子供とは思えないですね・・・
がんばっていい大学に行ってや~!!国公立の・・・(爆)

朝食ビュッフェ


201603IMG_0815.jpg
ホテルニセコアルペンの口コミを見る

相変わらず早起きさせられているので、朝風呂に入り、朝食です。
このホテル、楽天の口コミが4点台ととても高く、多くの方が食事について良い評価をしているのでビュッフェ好きの私はとても楽しみにしていました。

レストランに入りお盆や食器等一式を手に取り、まず向かったのが、ガラス越しにシェフが玉子料理を作ってくれるコーナー。
たかが玉子料理、しかも数人並んでいますが、目の前でシェフが作ってくれるとあらば並ばない訳には参りません(笑)
しょーたはハムとチーズのオムレツ、私と妻はハムとトマトのオムレツをオーダーしました。
と言っても、味に限界があろうオムレツですので「お~!サイコー!」とまではいきませんが雰囲気がよく満足です。

201603IMG_0816.jpg

私がゲットした料理、第1陣はこんな感じ、皿に空きスペースがあり、あれれって感じですが、美味しい料理ばかりでこの後、何度も取りに行きました。
何気にナポリタンスパゲッティーが美味、私の中ではだいたいビュッフェに出てくるナポリタンなんておまけ程度のイメージですが仮に単品で昼食に出てきても満足できる味だと思いました。

201603IMG_0817.jpg
201603IMG_0818.jpg

しょーたとそらはこんな感じ、あれっ!?パン多くね??
ママも食べたんか?

201603IMG_0820.jpg

そして、ママは和食中心の組み立て。
しっかりイクラ丼も頂いておりました。

ここの朝食ビュッフェの目玉は朝から刺身やイクラが食べられること、無論私もイクラ丼頂きました。
美味かったな~、戻りたいよ~、ニセコアルペンの朝食会場に(^_^;)

201603IMG_0819.jpg

しょーたはイクラ、マグロ、サーモン丼を食べてましたね、えーよ、えーよ!家ではふんだんにイクラがかかった海鮮丼なんて食べさせてあげられへんからお腹いっぱい食べてや~!
【ニセコグランヒラフ・2016】スキー、そしてプール!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
6位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。