スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

慶野松原キャンプ場で海キャンプ1@2016/07/29~30

夏休みの始まり!まずはキャンプ場選びから!


160729-171403.jpg
今年も約40日間の長い夏休みがやって参りました。
子供たちにとってはまさに至福の時、そしてオヤジにとってもいつでもキャンプに連れ出せる楽しみな時間が始まりました。

というわけで息子に「海」「川」「湖」どれ行きたい??というと「プール」という返答・・・
息子はキャンプではなく近所のプールに行きたいとの主張・・・

「いやいや、プールは置いといて夏休みやから行くことが出来る(平日の)キャンプの話やねん・・・」と再度問いかけると「あ~、じゃあ海でええわ・・・」と超適当な返事。

海キャンプとなると近場でまず候補に上がる場所といえば和歌山か淡路島。

ただ和歌山は意外と海水浴場に隣接しているキャンプ場が少ない・・・

それに対して淡路島は結構な数のキャンプ場がります。
そして大阪からのアクセスがとてもよく、それでいて何か遠くに来たようなリゾート感を味わうことができ大好きです。
ただ、淡路島のキャンプ場全体に言えることですがチェックイン、チェックアウトの時間がとてもシビアでゆっくりしたい派の私はどうしても他の緩い感じのキャンプ場に行ってしまいます。
ましてや平日に休みがある私にとってキャンプ場は選び放題ですから尚更です。

だが、今回は海限定ということでなんとか淡路島内のキャンプ場から選ばなければなりません・・・そこで今回、以前にウェルネスパーク五色オートキャンプ場に行った際に訪れてリサーチしたことがある淡路島のキャンプ場にしては珍しく緩~~い感じの慶野松原海水浴場にあるキャンプ場に行ってみることにしました。

ってなわけで前置きが大変長くなりましたが7月29日から1泊で慶野松原キャンプ場に行って参りました。
今回は金曜からのキャンプですので私と息子だけの父子キャンプと相成りました!

それではその模様をどうぞ!



淡路島に向けて出発!


160729-102328.jpg
ファミキャンだとラゲッジルームはいつも一杯で天井まで荷物を積み重ねているが、今回は父子キャンプということで少しばかり少な目、それでも若い頃にジムニーでキャンプに出かけていた頃と比べると倍以上の荷物、便利なキャンプに慣れてしまった今はこれが限界か・・・

だが本音を言うと今回、もう少しスリム化したいという思いがある・・・
というのも、慶野松原キャンプ場はオートキャンプ場ではないので荷物を自力で運ばなければならないから・・・
まあ、そんなことを言っても仕方ないので「何とかなるさっ!」と自分に言い聞かせ出発!

160729-123336.jpg
朝10時半ごろ堺を出発!
阪神高速、堺線から環状線、そして神戸線経由で車を走らせましたが阪神高速神戸線で大渋滞・・・

今回、平日で混んでる可能性も否定でいないものの「まあ大丈夫でしょ!ラッシュになる時間でもないし」と高を括っての出発でしたがあまかったようで普通に事故渋滞でした(涙)

いつもなら必ず立ち寄りブラブラする淡路SAも今回はトイレ休憩だけに留めて先を急ぎます。

160729-131324.jpg
ということで出発から3時間ほど要し13時過ぎにキャンプ場にほど近いスーパーに到着。

160729-134603.jpg
その後、そそくさと食材を買い、14時前にやっとキャンプ場に到着、その後サクッと受付。

料金をロクに調べずに行ったが、
持込みテント料 1,500円×1日=1,500円
施設利用料 300円×2人×2日=1,200円
駐車料 700円×2日=1,400円
で合計4,100円でした。

う~ん微妙な料金・・・
多くのキャンプ場がパッケージの料金設定で4,000~5,000円ってのが相場、ここの4,100円って料金自体は特に高くはないが、ここは持込みテント料、施設利用料、駐車料の合算で計算するシステム、もし4人家族なら1泊5,300円になる計算・・・

たとえ5,300円でもオートキャンプ場としては騒ぎ立てるほどの値段ではないが、なんか高く感じる・・・
その原因はここが正真正銘の低規格キャンプ場であること、そして何よりも車が乗り入れできるオートキャンプ場ではないということから高く感じてしまう。

でも考えてみればチェックイン、チェックアウト時間が厳しい淡路島内のキャンプ場で、ここはそういうルールが特になく2日間ゆっくりできるということを考えると納得の価格か?
ましてや次々とリピート利用するわけでもないし、年に1度くらいなら、まあ、いいかっ!
という印象を持ちながらのキャンプスタートとなりました。



設営、昼食、海遊び


160729-141549.jpg
さてさて、設営前のひと仕事ということで一輪車にてサイトまで荷物を運ばなければなりません。

160729-140930.jpg
大体、この一輪車で5~6往復したでしょうか?

160729-151711.jpg
【オルディナヘキサタープ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る
【ワンアクションテーブル(小) ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

とりあえず設営完了。
時間はもう既に3時、お腹が空いたのでレイアウトは後回しに食事の準備をしなければなりません。

160729-152753.jpg
食事の準備といってもスーパーで買った寿司とそばを出すだけですが・・・

160729-154219.jpg
しょーたは早く遊びたくて仕方ないのでいらないと言っていましたが、私のが食べているのを見て、「やっぱり食べる」と言い出して高速でそばをすすっていましたね(笑)

でもこのそばはあまり美味しくなく失敗でした・・・
コンビニのそばはまずまずの味なのにスーパーのそばは総じてダメな気がするのは私だけでしょうか!?
もう、スーパーのそばは買わないぞ!!と誓うのでありました。

160729-154236.jpg
「もう待ちきれん」とばかりの表情のしょーた、既に時間は3時半を過ぎているので無理はありません・・・
予定では2時頃には海で遊んでいるはずだったんですけどね~~、マジで阪神高速の渋滞が痛かった・・・
それと父子キャンプの時は思ったよりテントの設営やその他の準備に手間取るので昼食は車内で済ませておくべきですね・・・反省です。

160730-075847.jpg
しょーたにとってこの海は2回目、前回来たのは5年前。
あの時はハンドル付きの足を入れるタイプの幼児用の浮き輪で海岸べり30mほど先の浮島まで行き上陸、そして私が浮島から海に落ちた振りをするとキャッキャキャッキャと可愛く喜んでいたことを昨日のように思い出します。

ここに来る前に、そのことを覚えているかとしょーたに聞くと全く覚えていないようでした。
でも、しょーたは「そこ行きたぁ~~い」と一気にテンションが上がっていました。
実はここをチョイスした理由はしょーたのそのひと言だったんですよ。

浮島に上陸すると小学生から大人までほとんどの人がやることは飛び込み!
しょーたにも「飛び込んだら」と勧めましたがちょっとビビっている様子で中々飛び込みませんでした。

1回でも飛び込めばその後は怖くなくなるんでしょうが、その1回目が大変です。
結局、この日は浮き輪を付けて1回だけ飛び込み「今日はこれくらいにしといたろか!!」(←こんなことは言っていませんが・・・汗)
ということで終わりにしました。

160729-171202.jpg
その後、海に入るのが寒くなりましたので上がることに。

160729-171318.jpg
上がった後も浜辺で遊びます。
初めは「しょーちゃん砂遊びする」と言って砂遊びをしていましたが、海から人が居なくなったので恒例の石投げ!!
超お約束の何段跳ぶか?ってやつですね。

160729-171027.jpg
まだまだ遊び足りませんが到着が遅かったのであっという間に日が傾き始めました・・・寂しいですが今日の海での遊びは終了です。



シャワーの営業終了が早すぎる・・・


160729-171219.jpg
海の家も5時で終了です。
というか4時半でシャワーが終了となります・・・

このキャンプ場、シャワー施設が基本、海の家のシャワーを利用することになっています、このことが何を意味するかというとすでに私たちは既にシャワーを浴びることができません(涙)
裏ワザとして隣接する国民宿舎・慶野松原荘のシャワーを利用することもできますがこちらも5時前には終了してしまいます。(たしか4時45分だったと記憶しています。)

う~~ん、こあたりは残念ながら民間とお役所の違いですかね・・・
4時半とか4時45分で時間を切ってしまうのは5時には確実に終わり「残業名無しよ!」という魂胆が見え見えって感じですね。
これまでたくさんのキャンプ場を利用ししてきましたがこんなに早くシャワーの利用時間が終わるキャンプ場は初めてです・・・
というかキャンパーの為のシャワーではなく海水浴客のみターゲットにしたシャワーということですかね!?
一応、キャンプ場の受付時にシャワーは海の家のシャワーを利用して下さいと言われたんですけど・・・

それと国民宿舎・慶野松原荘ですが夏場は日帰り入浴を受け付けないそうです・・・

160729-185451.jpg
その情報はキャンプの受付時にキャッチしていたのですがこの日は金曜で国民宿舎の駐車場がガラガラだったので、もしやと思い電話してみましたがやはり「この時期は日帰り入浴していません」という返答でした。

逆にたくさんのお客さんを見込める夏(シーズン)だからこそ受入れればいいのにと思うのは私だけでしょうか・・・
昨今、公共の宿は衰退の一途を辿っていますが、このような状況を目にするとそんな現状もうなずけます・・・残念・・・というか勿体ない。
結局、既に飲んでいるので車で近くの風呂にも行けず仕舞いでした・・・
(これは自業自得だが・・・)

と言いつつ、これも想定の範囲内で今回はホース持参しておりましたので、この時期だからできる技ですがキャンプ場の洗い場で子供と水を浴びました・・・
若い頃はこんなの平気でしたが、キャンプの目的のひとつに風呂(温泉)を楽しむことも含まれる今となっては残念です。

おしいな~、海が目の前でロケーション抜群なので、このあたりを改善すると良いキャンプ場になるんですがね~~。

ってことで今日はおしまい!
次回は夕食前のポケモン探しの旅!?からです。


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
スポンサーサイト
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:慶野松原キャンプ場  Trackback:0 comment:0 

青柳浜キャンプ場レビュー

青柳浜キャンプ場のレビューです、私が知りえるキャンプ場とその周辺の情報、そしてキャンプ場で気付いたことや、良かった点、がんばってほしい点等々書き綴っていきます、ここを訪れようとしている方の参考になれば幸いです(^^)

○キャンプ場ホームページ 青柳浜キャンプ場

キャンプ場の概要


160521-160703.jpg

ここは滋賀県大津市にある琵琶湖湖畔のフリーサイトのキャンプ場。
名神高速、京都東IC経由で湖西道路に乗り志賀IC降りて5分という好立地で大阪の堺から2時間で行くことができ我が家のお気に入りのキャンプ場です。

1464082645267.jpg

そんな我が家のお気に入りの地ですが、ここを紹介するにあたり、一番初めにお伝えしたいのはキャンプサイトから琵琶湖まで歩いて10秒という絶好のロケーション!
そしてチェックイン9時、チェックアウト17時という「ゆっくりしたい派」の我が家にとって有難いゆるゆるの時間設定!

子供たちは朝かは晩まで琵琶湖を楽しみ、都会の生活に疲れた大人はこの景色で心を癒すことが出来ます。
というもっともらしい表現も出来ますが、大人たちも人の子、子守りを琵琶湖に任せて朝から晩まで飲んだくれることが出来ます(^o^)/

160521-155816.jpg

えーと、この写真を撮影したのは5月ですので、琵琶湖は静かな雰囲気ですが夏場は大勢の子供たちが湖水浴を楽しんでいます。

160521-155513.jpg

青柳浜キャンプ場は湖西のやや南に位置し、一般的に水質が綺麗なことで知られているのは湖北方面ですが、なかなかどうして5月時点ならこの美しさ。
さすがに湖水浴シーズンは砂が舞い上がるので濁って見えますが、この時期なら十分綺麗な水質だと思います。

160521-155622.jpg

また、この時期は泳ぐことは出来ませんが、少し琵琶湖にちゃぷちゃぷ入ると網で魚を捕ることもでき、子供には少しハードルが高いですが大人なら、ちょっとコツを掴むと何匹でも捕まえることができるので、ここぞとばかりにオヤジの威厳を見せつけることも可能です(笑)

ちなみに釣りは禁止のようです。

あと、お伝えしなければいけないのは、ここが昭和の雰囲気漂う素朴なキャンプ場、つまり今風に表現すると低規格なキャンプ場っていうこと。
あっ、大丈夫ですよ、ちゃんとトイレもあるし洗い場もありますから(笑)

ということで青柳浜キャンプ場を紹介して参りたいと思います。

キャンプサイトの様子


aoyagimap.jpg
拡大画像

キャンプ場全体図はこんな感じ。
Googleマップの航空写真で分かるように、琵琶湖湖畔の南北に伸びる細長いキャンプ場です。
湖畔の長さは300mないし350mくらいでしょうか!?

サイト内にはトイレや炊事場、古めかしいバンガロー等、最低限の人造物がありますが、とにかく素朴なキャンプ場です。

160522-102549.jpg

キャンプ場の北側のサイトです、上の航空写真でも分かるように北側半分は松林の密度が高く、南側半分は密度が薄いてす。

自然の木陰を重要視したい方もそうですが、水洗トイレを重要視したい方は北側のサイトを選んだ方が良いかと思います。
後程説明しますが、ここは炊事場、トイレとも北側、南側に一つづつしかなく南側のトイレは水洗ではありません。

160522-101019.jpg

私の個人的な意見は真ん中より南側の松の木が少ない開けた雰囲気のサイトが好みです。
あと、ど真ん中辺りは、ほぼキャンプ場の北端及び南端にあるトイレ、炊事場がどちらも遠くなるので覚悟が必要です。

160522-101312.jpg

あと、地面はフラットに見えますが、自然の地形のままなので意外と傾斜しているのでテントの場所選びの際に頭の片隅に入れておくと良いかと思います。
まあ、このあたりは自然そのままのフリーサイトのキャンプ場共通の課題ですかね。

160522-102921.jpg

この辺りが今回、私達が張った場所でサイトの最南端少し手前。
たまたま空いていた場所ですが、サイトから炊事場まで20~30m、トイレまで30~40mほどで南側ですので視界が開けているし、個人的に一番のグッドロケーションと考えているエリアに張ることが出来ました。

ただ、トイレは昭和臭漂う男女共用の非水洗なのが 玉に傷となります・・・

160522-101014.jpg

そして私達のサイトよりさらに南側、つまり最南端のエリアが正面の木の向こう側。
この辺りは当然南側には誰も居ません。
接近OKのグルキャンなら3~4家族くらいは晴れそうなスペースで南隣に誰も居ないとあればプライベート感を味わうことができますのでグルキャンにはベストポジションかも知れません。

ただ、ここも南側エリアなので「昭和のトイレ」という条件がついて回ります・・・(爆)

160522-102624.jpg

「キャンプサイトの様子」トピックの最後は湖畔をキャンプ場北側から南側に向けて撮影した写真です、このグッドロケーションをイメージできれば幸いです。

施設の様子(北側)


お次は施設の様子です。
施設といってもここは昔ながらのキャンプ場なので、失礼ながら大した設備はありません(汗)

管理棟


160522-102321.jpg

まず、管理棟。
我々がここを利用するのはチェックインの際、受付をする程度のことで個人的にそれ以外の用事で一度も入ったことはなく、ほぼスタッフの控室と化しているのではないでしょうか。

あと、売店の役割もあるようです。
ちなみに青柳浜キャンプ場のHPによると「浮輪やビール、ジュース、アイスクリーム程度は置いています。」と記載されています。

炊事場、ゴミ捨て場


160522-101553.jpg

ここは管理棟のすぐそばにある炊事場、ゴミ捨て場です。
ご覧のように屋根はなく、雨の日はパラソルで凌ぐことになると思います。

このキャンプ場のキャパは少なくとも50~60張りくらいは張れると思います、それに対して洗い場やトイレは前述の通り北側と南側の2か所のみ。
いつも思うのですが、キャパに対して洗い場やトイレが明らかに少ないのですが、多少待つことはあるものの、なぜか不自由することなく使えています。

160522-101602.jpg

洗い場のアップの写真です、シンクは2つ、まあ、いつもそれなりの綺麗さは保っています。
ただ、混雑時は排水が詰まっていたり、3角コーナーにゴミがてんこ盛りになっていたりしていたこともありました。
まあ、しばらくすると掃除されているので、一部のマナーが悪い客の問題でキャンプ場の落ち度というレベルの話ではないと思います。

あと、シンクの他にBBQコンロを洗う際に便利な地べたの水道が1か所あります。
それと昔懐かしい手動ポンプの井戸もあります、ちゃんと汲み上げ出来ますよ!

トイレ


160522-101609.jpg

え~、次はトイレですが右側が男子トイレ、左側が女子トイレとなります。

160522-101628.jpg
160522-101640.jpg

小便器、大便器ともに水準レベルの清潔度は保っていますので気持ちよく使うことが出来ます。
北側のトイレは水洗トイレです、残念なながらウシュレットではありません。

水シャワー


160522-150231.jpg

無料で使える水シャワーです。
水シャワーなので主な用途は夏場の湖水浴の後にサッと砂を落としたりする様な使い方になると思います。

160522-150213.jpg

なんたってシャワー室とかではなく、カーテンのみで仕切られているスペースですから大人がここですっぽんぽんになり本格的に全身を洗うのは勇気がいりますから(笑)

施設の様子(南側)


炊事場、ゴミ捨て場


160522-101114.jpg

南側の洗い場にはシンクが3つ、地べたの水道が2つあります。
地べたの水道はBBQコンロを洗うのはもちろんのこと、南側にはシャワー設備がありませんので夏場はシャワー代わりに使うことを想定しているのかも知れません。

トイレ


160522-101147.jpg

男女共同のトイレです。

160522-101156.jpg

北側のトイレは水洗ですが、こちらは水洗トイレではありません。

160522-101205.jpg

昔ながらのポットン便所っていうやつですが、簡易水洗仕様なので、お釣りが帰って来ることはありませんのでご安心下さい。

こちらは管理棟から遠いせいか、北側のトイレに比べると汚れているように感じました、なので私は個室を利用する際は北側のトイレを利用しています。
っていうか女性の方はほぼ100%北側を利用しているのではないでしょうか!?

あと、水洗便所ではないのでハエが飛んでいるのをしばしば目にしました、これは致し方ないですね。

バンガロー


160522-101428.jpg

あえてバンガローと書きましたが、基本、宿泊用ではなくエスケープゾーン的な建物です。
なのでホームページの料金案内ページにもバンガローのことは案内されていません。

昔はバンガローとして開放していたのかも知れませんが、かなり老朽化しているので廃止になったのでしょうか??

そうそう、なぜエスケープゾーンと書いたかと言いますと、お客さんが少ない時にこのキャンプ場を利用するとスタッフの方から「鍵開けとくので、何かあったら使って下さい」と言われるからです。
2011年の5月に利用した時はお客さんが我が家を含め2組だったので、キャンプ場のご好意でここで泊まらせてもたったこともありました。
外見はアレですが、中は大丈夫でしたよ!

近隣の入浴施設



160521-180805.jpg

比良とぴあ
キャンプ場より車で10分のところに比良とぴあという温泉施設があります。

内湯が15人規模、露天風呂がその半分くらいのキャパ、そして洗い場は10個前後あったと記憶しています。
お湯は普通ですが、個人的に露天があるのはポイントが高いです。

あと、シーズン中は非常に混雑し入場制限ということも過去にありましたので、時間帯を選んだ方が無難だと思います。

KIMG0090.jpg
KIMG0094.jpg

この施設で食事を摂ることも可能です。

先日、ダブル父子キャンプで訪れた時、「父子キャンプの場合、料理をするのが面倒なので、お風呂に入った後、ここで夕飯を済ませ、キャンプ場に帰ったら飲むだけにするってのもありですよね~!!」なんてことを話していました。

近隣のスーパー




車で15分程度のところに滋賀県で最も有名な平和堂というスーパーがあります。
都会のスーパーと比べて遜色なく、普通のスーパーにある物なら何でも手に入ります。

ちなみに庶民の味方100均もありますよ!

近隣のコンビニ




車で5分のところにローソンがあります。
ローソンについては説明不要ですよね!

総合評価


良かった点


1、チェックイン9時、チェックアウト17時なので長時間滞在できる。
2、フリーサイトなのでサイトをゆったり使える。(混雑時は管理人様より張り方の指導があります)
3、ロケーションが抜群に良い。
4、大阪・堺の我が家から車で2時間と立地条件がよい。

がんばってほしい点


1、男女共同トイレを男女別にして、さらに水洗トイレにして欲しい。
2、炊事場とトイレをもう1か所真ん中あたりに作ってほしい。
3、いざという時の為に温水シャワーの設備がほしい。

まとめ


上記のように、がんばってほしい点を綴りましたが、あくまでも理想論であり、設備が充実すると一気に人気キャンプ場になってしまう恐れがり、そうなると予約が取りずらくなる可能性があるので、そうなるくらいならこのままでもいいかなというのが本音です。

ちなみに現在の設備でも夏場等のキャンプシーズンはけっこうな盛況ぶりで到着が遅くなると張る場所の確保に苦労させられます。

以上


<キャンプ日記はこちら>
【青柳浜キャンプ場2016】久々のお気に入りキャンプ場
【青柳浜キャンプ場2016】バーベキューの後は花火でしょ!
【青柳浜キャンプ場2016】2日目も琵琶湖を満喫!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:滋賀県  Trackback:0 comment:0 

【青柳浜キャンプ場2016】2日目も琵琶湖を満喫!

5月21日(土)~22日(日)の1泊2日で滋賀県にある青柳浜キャンプ場に行って参りました!

【青柳浜キャンプ場2016】バーベキューの後は花火でしょ!の続きです。

朝イチから琵琶湖を堪能!


160522-051408.jpg

おはようございます、相変わらず5時過ぎに自然と目が覚めてしまうオヤジです。
気持ち的にはまだまだ寝るつもりなので、とりあえずトイレを済ませ、一枚だけ写真を撮って再び寝袋に潜り込みます・・・

160522-062651.jpg

が、いつもの通り息子が目を覚まし、そしてM君も起きてしまいました。
その後、テント内に聞き慣れたメロディーが流れます、はい!朝から妖怪ウォッチぷにぷにです(爆)

2人ともどう見ても眠たそうな表情なんですがね~~

こうなるとオヤジの2度寝は夢物語、まあ、いつものことだからしゃーないか(笑)

160522-101007.jpg

しばらくするとすっかり夜が明け、外に出ると気持ちのいい景色が眼下に飛び込んで参ります。

160522-073958.jpg

子供たち=「なあ、なあ、遊んで来ていい?」
私=「もちろん!」(その為にここを選んだんやから!)

160522-080710.jpg

子供たちは居ても立っても居られず水着に着替えて朝琵琶湖を堪能です。
マジ、最高!自然が勝手に子守りをしてくれます!

やっぱ、青柳浜は大人にとっても、子供にとっても最高のロケーションで、最高に気持ちのいいキャンプ場ですね!

160522-082218.jpg
【スノーピーク フィールドクッカー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
【ユニフレーム テーブルトップバーナー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

さて、子供たちが遊んでいる間に大人は朝食作りつつ、昨晩の後片付け。

160522-073914.jpg
【ユニフレーム ユニセラTG−III ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

昨晩は面倒臭くなって食器やスキレット、焚き火台にBBQコンロとすべて放置で寝ましたから(汗)

160522-082428.jpg
【焚火台Mスターターセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

それでも、ものの30分ほどでオヤジ2人で片付け完了!

160522-082703.jpg
【キャプテンスタッグ 3層鋼ライスクッカー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そして、その頃に朝食作りも完了です!
まあ、朝食作りと言っても、ご飯を炊くのが一番の仕事で手間はかかりませんから・・・

160522-083304.jpg

はい、私達かグループキャンプする際の定番メニュー!
湯煎するだけで超美味しい日本の優秀なレトルト食品たちです。

M君とM君パパはハヤシライス。

私は初めての試み中華丼。

160522-084903.jpg

そしてしょーたは、日本が誇るファーストフード、TKG。

なーんて書きましたが、実は子供たち朝飯前に妖怪ウォッチパンを平らげており、しょーたはそれだけで十分と思いレトルトなかったんですよ。
んで、苦肉の策の卵かけご飯でした、でもコレも全然アリでしたね(^o^)/

160522-083330.jpg

あと、こちらも私達にとってのド定番、カット野菜です。
はじめから切ってくれてるやつね!ホント便利!そして美味い!

160522-090331.jpg

子供たちは食後、妖怪メダルで遊んだり、トランプしたりと寛いでおりました。

160522-083321.jpg

そうそう、今回初めて食べた中華丼、普通に美味しく子供にもウケそうな味でした。
ただ歴史の違いか、味のレベルの高さで言えばレトルトカレーの方が上かな!?
今のレトルトカレー、レトルトとは思えないほど味の深みもありますもんね!

以上、しがないオヤジの食レポでした(汗)

私は散歩、子供たちは相撲!?


160522-102500.jpg

さて朝食を終え、子供たちは再び水着に着替え水遊び、M君パパは子供の様子を眺めつつマッタリタイム、そして私はブログ用の写真撮影を兼ねて腹ごなしの散歩に出かけます。

う~~ん、相変わらず琵琶湖も綺麗だし、

160522-102745.jpg

天気も良く、寒くもなく、暑くもなく、絶好のキャンプ日和です(^O^)/

160522-102512.jpg

また、別の記事でここのレビューをアップするつもりですが、湖畔の様子だけ軽く紹介してみます。
管理棟がある青柳浜キャンプ場の北側から私たちが張っている南側にカメラを向けた写真です。

キャンプ場の端から端までは恐らく350mくらいでしょうか??
砂浜が広がっています。

このキャンプ場、トイレ2か所中の1か所は昔ながらの非水洗トイレ、そしてシャワーは水シャワーのみ、はっきり言って超がつく低規格のキャンプ場ですが、このロケーションが全て帳消しにしてくれます!

160522-102854.jpg

そのまま、南に進み右側に見えるバーガンディカラーのテントが私たちのテントです。
さらにその奥に見えるサンドカラーのテント(アメド)がある辺りがこのキャンプ場の最南端となります。

過去に4回ほどここに来ていますが、南側のサイトは特に見晴らしがよく、いつも先客が居り張ったことがありませんでした。

昨日、私たちが来た時は、デイキャンパーの方もたくさん居られたので、ほとんど場所が空いていない中、なぜか一番南側と私たちが張った場所辺りのみ空いており、本当にラッキーでした。
この辺りはトイレが男女共同の非水洗なので、もしかしたらそのあたりが敬遠された理由かもしれません。

160522-102921.jpg
【コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

さらによった写真ですが、南側のサイトは松の木の密度も薄くなり、ちょうど良い感じに開けているので使いやすいんですよね~。
ちなみに隣のバーガンディカラーのタープはお隣さんです、今は撤収されていますがバーガンディのタフワイドドームも張られていました。

不思議ですよね、キャンプ場に2組しかいないバーガンディが隣り合わせになるなんて・・・(汗)
うちが後から張ったので申し訳なかったです・・・

160522-103229.jpg

サイトに帰って来ると、M君パパから「なんか(子供たち)相撲取るらしいですわ・・・」という情報を・・・

どれどれ、と見物してみると・・・??
相撲というよりレスリング!?

1464082693149.jpg

しばらくすると、一応相撲の様な状態になりました(笑)

1464082714339.jpg

と思ったら、今度は足を使った水の掛け合い・・・
おいっ、おいっ(大汗)

もし彼らが力士だったら、日本の国技である相撲を著しく貶めたってことで角界追放は確実でしょうね(笑)
でも、なんか朝青龍とかが態度悪い時代にやってそう・・・いや、そりゃないか(笑)

1464082678086.jpg

まあ、とにかく楽しそうにやってましたよ!!

昼食食べたら、撤収ですな


1464082664376.jpg

ここはロケーションも最高ですが、チェックイン9時、チェックアウト17時と1泊でも長時間滞在出来る点も魅力!
なので、昼ご飯も食べて帰ることが可能です。

といってもダブル父子キャンプなので、手の込んだものは一切なく、しょーたはローソンのかつ丼をチョイス、朝から「M君パパが昨日食べてたアレほしい~~!!」としきりに訴えてましたから・・・

そしてM君がサンドイッチ、M君パパがヘルシーにスパゲティーサラダを食べていました。

160522-115027.jpg

そして私はカップヌードルカレーのビッグ&相変わらずのサラダです!!
そろそろ市販のドレッシングに飽きてきたので、ポン酢とオリーブオイルとコショウで簡単にドレッシングを作りましたがあっさりして美味しかったです。

あと、サンドイッチも食べたかな!?うん、そうそう、確かハムサンド食べた!!
もちろん美味かったです。

1464082657504.jpg

昼ご飯を終え、「ちょっとマッタリしてから撤収しましょか~」ということでマッタリタイム!!

160522-103841.jpg

そんな時間を過ごしているとパラセーリングが・・・
なんかリゾートっぽくていい雰囲気!!

1464082645267.jpg

子供たちのマッタリタイムは短く、最後の琵琶湖へ繰り出していき、私たちは撤収作業。

最終、汗を流す為に昨日も行った比良とぴあに寄って、琵琶湖との別れを惜しみつつ、一路大阪へ!

160522-185212.jpg

比良とぴあを出発したのが16時過ぎ、途中湖西道路で渋滞にはまりつつ、大阪に到着したのが18時40分ころ。
子供たちはすっかり夢の中。

1464082652829.jpg

こんな夢とか、

1464082691585.jpg

あんな夢とか見てるのかな~~??

160521-160703.jpg

あ~、楽しかった琵琶湖キャンプが終わり、明日から現実の世界か~~(涙)
でもM君ファミリーと7月と8月のキャンプの約束を交わしたので、それまでがんばるぞ~~~!!

しょーたは家に帰るなり「今度M君といつキャンプ行くん??」と早速次のキャンプのお伺いを立てていましたよ。
さすが私の子ですな!!

お~し~まいっ!!


<キャンプ場レビュー>
青柳浜キャンプ場レビュー


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:青柳浜キャンプ場  Trackback:0 comment:0 

【青柳浜キャンプ場2016】バーベキューの後は花火でしょ!

5月21日(土)~22日(日)の1泊2日で滋賀県にある青柳浜キャンプ場に行って参りました!

【青柳浜キャンプ場2016】久々のお気に入りキャンプ場の続きです。

さあ、晩飯はBBQ!!


1464082754787.jpg

さて、これは何をしている写真でしょうか??

虫取り??
ブ~♪♪

正解は松ぼっくり集めです・・・(汗)

このキャンプ場、適当に場内を歩けば松ぼっくりがコロコロと落ちています。
その松ぼっくりを拾ってもらおうと子供たちに「2人で松ぼっくり集めて~~」という風にお願いしました。

子供たち=「うん、分かった~~!!」
私=「おい、おい、松ぼっくりやで・・・!?」
子供たち=「うん、今やってる」
私=「????」

私は地面に落ちている松ぼっくりを集めると思っていたのですが、彼等は木に付いている、もうすぐ落ちそうな茶色い松ぼっくりを落とし始めたのです・・・
すごいですね、子供たちの発想力は!

この発想力で将来の日本を支えておくれよ!!
・・・と、そこまでは求めませんが、大人になっても忘れないでいてほしいですね、この自由な発想!

160521-183306.jpg

父子キャンプなので夕ご飯は出来るだけ簡単にということで焼くだけのBBQ。
唯一の面倒なのは火熾しですが、その火熾しさえも出来るだけ手間をかけないようにと、ユニセラの灰受けにダイソーの着火剤を仕込み、

160521-183633.jpg

そして子供たちが集めた松ぼっくりをブースター代わりに炭と一緒に仕込んでおきます。
空気の通りが悪いのか、初めはこんな風に煙を出しながら燻ぶるように燃えていましたが、

160521-190927.jpg

そのままほったらかしで夕食の準備をしていると、こんな風に炭が使える状態に熾ってくれます!

ユニセラを導入以降、着火剤のみでトライしてみたり、炭の上に薪を置いて焚き火をしてみたりしてきましたが、今後ユニセラにおいての炭の着火は、松ぼっくりを集める手間はありますが、超お手軽なこの方法で決まりです!

160521-185638.jpg
【ロッジスキレット 9インチ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
【ロッジスキレット 9インチスキレットカバー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

その火熾しの最中に作ったのが塩焼きそば!
普通、バーベキューの〆的な存在の焼きそばですが子供たちが「お腹空いた~、焼きそば食べたい~」というので先に作ることにしました。

まあ、子供たちのお腹を先に満たしておけば、オヤジたちはゆっくり飲めますからね!

160521-195420.jpg
【ユニフレーム ユニセラTG−III ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

お肉の方は定番の牛焼肉やウインナーですが、今回、ホルモン系のお肉も焼きました。

160521-194441.jpg

私は幼い頃からセンマイが好きで、今回久々に食べましたがやっぱり美味しいですね!
むしろオヤジになると脂っこくないホルモン系の肉の方に箸が進みます。

160521-190251.jpg

そうそう、野菜系は切って焼くのが面倒なのでトマトスライスとなすびのホイル焼きだけにしておきました、男だけなのでこれで十分です(汗)
誰にも怒られないしね(^_-)

花火の大盛り!


160521-201832.jpg

焼きそばを先に食べさせて、子供たちの食欲を満たさせ、それを良いことにオヤジは肉をつまみながらチビチビやる作戦でしたが、そうは問屋が卸しません・・・

まあ、予想通りと言えば予想通りですが子供たちから「早く花火しよ~」と執拗な催促が・・・

面倒くさいので適当にあしらおうと、「ええよ~、子供だけでやっときや~」というと、「子供だけでは危ないやろ~」と逆に怒られてしまいます(大汗)

私は花火をするのにローソクやライターでチビチビ点火するのは嫌いです・・・
なのでいつも焚き火をします。

160521-201821.jpg
【焚火台Mスターターセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

男は火遊びが大好きです!私も子供の頃、火遊びが大好きでしたが、小学生になった彼等も例に漏れず勝手に火遊びを楽しんだり、花火の点火に使ったりして焚火を活用してくれるので親は断然楽をできます。

160521-203100.jpg

ということでオートマチックに子供たちが花火をしてくれるので私たち親は「花火上向けたらあかんで~」などの最低限の注意喚起をするだけでほぼ見とくだけ。

160521-203114.jpg

うん、作戦通り!

160521-203633.jpg

ただ、今回用意した花火、子供2人でするには明らかに多過ぎる量・・・恐らく手持ち花火が100本くらいはあったはず・・・
子供たちも最初は普通に花火を楽しんでいましたが、

160521-203826.jpg

段々と遊び方が変わってきます・・・
花火を次々と点火させて、

160521-203811.jpg

あろうことか地面に刺していくというやっつけ仕事です・・・
あ~、もったいない・・・

そもそも、花火を購入する時、もう少し少ないパッケージを選びたかったのですが、しょーたが「たくさんあった方が楽しい~」なんて尤もらしいことをいうのでまんまと買ってしまったのですがやはり多すぎたようです・・・(爆)

160521-204318.jpg

まあ、そんなこんなで最後は花火の無駄遣い状態でしたが、これもまた子供たちにとっては良い思い出いなったことでしょう。


よく遊んだし寝ますか!


160521-212521.jpg

ってことで、さあ、歯磨いて寝るぞ~~!!

彼等にとってグループキャンプは楽しい楽しいイベントなので、そんなわけないですよねー!

昼間は琵琶湖を満喫、夜は花火、そして就寝前はテントに入って「妖怪ウォッチぷにぷに」というゲームです。
何やらこの「ぷにぷに」というゲーム、巷では大流行のようで、例に漏れずうちの子たちもハマっているようですね。

160521-222446.jpg

ゲームをソコソコにして、子供たちは寝袋に。
さすがに一瞬で眠ってしまいました、2人供よー遊んだもんなー(^o^)/

160521-203518.jpg

この日は雲一つ無い空に浮かび上がる満月と月明かりに照される琵琶湖が印象的でした。
明日も良い天気になりそうです。

では!
おやすみ~ Zzz~~♪♪

【おまけ】最低気温14度での就寝時の装備


160521-221927.jpg
【モンベル ファミリーバッグ#1 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
【ロゴス エルゴドライシュラフ・2 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

さて、今回の就寝の際の装備ですが天気予報でこの辺りの最低気温を調べると14度となっていた。
う~ん、まあまあ寒いやん・・・

とりあえずしょーたが長袖ジャージと薄手パジャマ上下にロゴスの2度対応シュラフに寝ていたので、より暖かいモンベルの♯1にチェインジさせて、寒がりの私はヒートテック長袖と半袖のTシャツにスウェットパンツを着用、やり過ぎかな?とも思いましたがモンベル♯1にロゴスをインして寝てみました。

そして、夜中に目が覚めるとしょーたはすっかり寝袋から脱出しており、私は汗ばんでいました。
今回ちょっと過剰な装備のようでした(*^^);

その後、しょーたは寝袋を掛けるだけにし、私はモンベルの♯1だけにしてちょうど良い感じで眠ることが出来ました。

最低温度が14度まで下がったとしても、4人寝ているテントの中はもっと暖かかったんでしょうね、結果論ですが、このくらいの温度だと神経質になる必要なかったようですね。

160522-094216.jpg
【アメニティドームマットシートセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

もちろん、クッション性の確保と背中からの冷えを防ぐ為にテントマットは必須ですけどね!

つづく・・・
【青柳浜キャンプ場2016】2日目も琵琶湖を満喫!


<キャンプ場レビュー>
青柳浜キャンプ場レビュー


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:青柳浜キャンプ場  Trackback:0 comment:0 

【青柳浜キャンプ場2016】久々のお気に入りキャンプ場

5月21日(土)~22日(日)の1泊2日で滋賀県にある青柳浜キャンプ場に行って参りました!

到着、設営、昼ご飯


160521-150208.jpg

いや~、冬場はすっかり冬眠・・・ではなく、
スキー三昧でしたので久々のキャンプです。

キャンプ自体は正月以来ですから約5ヵ月ぶり、そして、ここ青柳浜キャンプ場は約2年ぶりの訪問となりました。

このキャンプ場、とっても低規格の昔ながらのキャンプ場ですが、琵琶湖湖畔にありロケーションが最高!そしてチェックイン9時、チェックアウト17時という「ゆっくりしたい派」の我が家にとってはうってつけで超お気に入りのキャンプ場なんです!

去年はまだそら君が生まれたばかりで流石にテントキャンプはマズいってことで敬遠していたので、ここに来れなかったんですよね~!!
そんでもって、今回は保育園時代のM君とM君パパ、そして私としょーたの父子×2の4人でやって参りました。

思い起こせば、2年前にここに訪れた時もM君ファミリーとグルキャンで「また行きましょうね~」と約束を交わしたものの、行きそびれてきたという経緯もあったのでやっと念願叶っての青柳浜キャンプ場となりました。

160521-160640.jpg

今回4人ということで、ムーンビーチのダブル父子キャンプの時と同じく車1台で行くことに!
朝の10時にM君宅に迎えに行き、近所で買い出しをして10時30分に堺を出発、近畿道、名神、湖西道路経由で13時頃の到着。

通常は堺から2時間あれば行くのですが、湖西道路で渋滞にハマってしまいました・・・
夏の琵琶湖シーズンならまだしも、5月のこの時期でしたので湖西道路が混むなんて完全に想定外でした(汗)

160521-162145.jpg

子供たちは道中で「あと何分で着く~~~??」との問いかけばかりで逸る気持ちを抑えることが出来ない様子でしたので、到着後はすぐに琵琶湖ではじけていましたね!

そうそう、湖西道路渋滞もそうですが、キャンプ場もほどよくサイトが埋まっており、設営場所を確保するのに思いの外、苦労してしまいました。
ゴールデンウイークが過ぎ去った5月後半を完全に舐めておりました・・・

160521-161705.jpg
【コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

でもなんとかテントとテントの隙間を狙い、概ね良い場所が確保できました。
そうそう、今回新幕のデビューです!

そら君が生まれてからテントとタープを建てるのが億劫に思え、俄然欲しくなってしまった2ルームテントを買ってしまいました!


【小川キャンパル シュナーベル5 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

初めは、シュナーベルが欲しかったが、その後、シュナーベルを含む多くのテントが申し合わせたたの如く値上がりし、シュナーベルの愛情が薄れた頃、新たなテントを模索中に発見した限定発売のバーガンディカラーのこのテント!
ポールがアルミでないことが大いに引っかかりましたが「限定」ということに心を奪われ、またシュナーベルの約半額ということで速攻でポチッてしまいました。

さあ、これからはこの限定カラーのテントで他人と被ることなくキャンプが出来るぞ~~!!
と、ちょっと優越感に浸っていました・・・

160521-155530.jpg

が・・・
なんと、なんとテントの種類は違えど、お隣さんもバーガンディカラーのテントでした・・・

普通、ありえへんでしょ!
たくさんのテントが張られている中、このキャンプ場で2組しかいないバーガンディカラーのテントがなんでこんなピンポイントで被るんですか??

まあ、向こうも同じことを考えているでしょうけどね!

160521-144239.jpg
【ユニフレーム テーブルトップバーナー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る
【スノーピーク フィールドクッカー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

初テント、予行練習無しでしたが、まあ馴染みがある構造、かつオヤジ2人での設営でしたので苦労することなく設営完了!

本日の昼ご飯の予定は各自思い思いに買ったコンビニの弁当やらカップラーメンやら、はたまた妖怪ウォッチパンだったりでした。

160521-145811.jpg

しかし子供たちは昼ご飯用の妖怪ウォッチパンをおまけのシール見たさに既に車の中で完食・・・
なので2人とも、カップラーメン(汗)
しょーたはブタメン、M君はカップヌードルビッグ。
カップヌードルビッグは大人でも食べ応えがあるボリュームですがM君はそれを完食していました(汗)

しかし2人供ジャンキーだな、まあ、いっかっ!親が楽だし(爆)

160521-142355.jpg

私の昼食はあっさりとざるそば!

160521-142624.jpg

そしてM君パパはカツ丼!
だったんですが、カツが子供たちのハートを掴み、こんな状態に・・・
まるでハイエナでしたよ(笑)

琵琶湖三昧


160521-155513.jpg

さて、昼食を終え、再び琵琶湖で遊びます!
水遊びという前提において青柳浜のベストシーズンは当然夏だと思いますが、水の綺麗さは湖水浴していないこの時期のほうが断然綺麗です。

160521-155941.jpg

子供たちの一番の目的はズバリ魚捕り!
2年前に来た時はたくさんの小魚をゲットさせられましたが、今回は静観です。

160521-155622.jpg

おっ!!子供たちが自力で2匹ゲットしていました・・・
と、思ったのですがM君パパがゲットしたようです。

今回、M君パパ自分用に網を持参してきてましたから!!

160521-155631.jpg

魚捕りの後は個人個人自分の世界に浸っていました。
しょーたは何をそんなにじっと見つめているのでしょうか??

160521-155421.jpg

なんかよく分からんが、その辺に落ちている枝で遊んでいました・・・意味不明(笑)

1464082782445.jpg

そうかと思うと、また2人で波打ち際を走り回ったり、

1464082773247.jpg
1464082778623.jpg

琵琶湖に入ったり、お約束の石投げをしてみたりと2年ぶりに訪れる琵琶湖を満喫しておりました。
そうそう、この時期はまだ湖開きしていないので湖水浴は出来ません。

うちの子達は「水冷たい~!」と言って足を浸けている程度でしたが、琵琶湖にガッツリ浸かっている子達は「泳がないで下さーい」と放送で注意されていました。

ここは5メートルも進めば大人でも足が着かないドン深な地形です、湖水浴シーズンになるとブイ付きのロープが張られるのですが、この時期はロープがないので絶対に泳がない方が良いですよ。

160521-180733.jpg

この後、車で10分の所にある比良とぴあという温泉に行ってきました。

ここはスーパー銭湯には遠く及びませんが、まあ、ソコソコ広く15人くらい入れる内湯と8人くらいの露天風呂、あと小さなサウナと水風呂もあってもあってなかなかお勧めのお風呂です。

また、まずまずリーズナブルな料金で食事を摂ることも可能です。

ただ、この辺りに入浴施設が無いせいか夏休み等の繁忙期は入場制限になるほど込み合いますので注意が必要です。

さて、風呂の後は夕食ですがそれは次のお話しということで!
【青柳浜キャンプ場2016】バーベキューの後は花火でしょ!


<キャンプ場レビュー>
青柳浜キャンプ場レビュー


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:青柳浜キャンプ場  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
4位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。