スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

【浦谷オートキャンプ場】プールとビーチバレー!天使たちはハンモック!

【浦谷オートキャンプ場】夕食から朝食までの続きです。

朝食後のしばしのマッタリタイム

160718-094942.jpg
朝食を終え、しばしゆったりまったりの時間を味わいます。
そうそう、酔っぱらっていたこともありしっかり確認していなかったのですが、昨晩テントに何か虫らしき物が登ってきているなと思っておりました。

朝になって確認すると、なんと蝉(せみ)の幼虫が土から出てきて成虫になったようで脱け殻がテントに。
公園なんかに行くとセミの抜け殻なんて珍しくもありませんがテントで見つけるのは非常にレアではないでしょうか!?
こんな風に自然の瞬間に立ち会えるのもキャンプの醍醐味ですね。

160718-095013.jpg
それはさておき、日が昇ってくると一気に暑くなってきます、こうなるとヘキサタープやレクタタープなんかに比べて風通しが悪い2ルームテントは暑いです。

少しでも日除けと風通しをと思いキャノピーを斜めに張りました。
本当はポールを使いキャノピーを張り出せば風通しがもっと良くなるのですがサイトスペースの関係でペグダウンが出来なかったので諦めました。

160718-095028.jpg
そして逆側は風邪で幕が靡(なび)いていましたので、まあ、これでいいかとほおっておきました(汗)

こちらは車を移動させればキャノピーを張ることが出来たんですけど,その少しの手間が面倒に思え行動に移しませんでした・・・(笑)

でもこれだけでも思いの外、快適になりましたね。


いざプールへ、そしてビーチバレー

160718-105745.jpg
さてさて、今日は超プール日和!
キャンプ場の客だけでこの25mのプールを使うので十分な広さです。

昨日は曇り空で寒そうだったので私はプールに入りませんでしたが、今日は下の子と入ってみることに!

160718-102900.jpg
入水後、とりあえず記念撮影!オヤジ達&それぞれの下の子との微笑ましい4ショット(笑)

んで、プールですが時にお湯のように温かくなる都会のプールと違い、ここのプールは川の水を利用しており、常時水が供給されているかけ流し状態ですので結構冷たいです、しかし水の冷たさは天川村の比ではなく、この日くらいのお日さんが照っていれば体はすぐに慣れて2~30分なら入っていられます。
(この日の気温はyahooのピンポイント予報によると32℃くらいだったと思います、日当たりのいい所を温度計で計ったら恐らく34~5度くらいかな!?)

160718-102624.jpg
そう言えばうちのそら君、保育園の小さなプールには入っていますが本格的なプールに入るのはこれが初めて。
最初はビビっていましたがすぐに慣れ気持ちよさそうに入っていましたね。

1469491547259.jpg
そして何やらKちゃんとコンタクトを取っている様子です。
もちろん1歳のそら君はまだ会話は出来ませんが・・・

160718-104049.jpg
プールの横にはビーチバレーが楽しめるコートがあります。
プールも手作りですが、コートも手作り。
細かい砂を敷き詰めてあり裸足でも平気です、ちなみに履物は禁止だそうです。

1469491531087.jpg
上の子たちは小学2年生になり、出来ることが多くなってきてバレーも何回かのラリーは出来ます、ただ残念なのはビーチボールなので風の影響を大きく受け、それ以上のラリーが続かないこと・・・

なんかいいボールは無いもんですかね!?


下の子たちに癒される

160718-104011.jpg
下の子たちはバレーが出来ないので二人で遊んでいたようです。
それにしてもプールで遊んでいる時からずっとおもちゃの釣り竿を握りしめているそら君・・・可愛すぎる。

160718-105727.jpg
そのしばらく後、ママと下の子たちはキャンプ場の中心にある屋根付きのウッドデッキに移動して何やらしている様子。

160718-104159.jpg
様子を伺うと・・・
お~、ハンモックに入った2人の天使たち、これまたかわいすぎますよ(^^)

160718-104504.jpg
足だけでもめちゃくちゃかわいい・・・

160718-104338.jpg
ただ、当の本人はなんでこんなところに入れられているのか理解不能だと思います(笑)

しかし寝心地どうだったんだろうか??
オヤジは生まれて此の方ハンモックに寝たことがなく、ここで経験しておくべきでした。
次回への宿題にしましょう。


場内を軽く散歩

160718-105838.jpg
下の子たちのかわいい姿に癒された後は施設紹介用の写真を撮る為に場内を散歩することに!
まずウッドデッキにはハンモックの他にこんなブランコも、なんかおしゃれでいい感じ。

そしてブランコの後ろに写っているのはこのキャンプ場自慢の五右衛門風呂。

160718-110040_20160801102423480.jpg
私が物心をついた頃にはお風呂といえば普通にガスで沸かすのが常識で薪で沸かすお風呂は未だに経験したことがありません。

予約時に五右衛門風呂について問い合わせたところひと家族2時間ほどの貸し切りになるそうで、今回は時間の都合で諦めました。
連泊する機会があれば一度利用してみたいな~~!!

160718-110247.jpg
キャンプ場には人口の川と自然の川があり、自然の川には「いかにも手作りです~」と言わんばかりの橋がかけられています。
その名は「ホタルのぞき橋」、ベタベタな名前で分かるようにホタルシーズンにはここの橋からホタルを観察するのでしょう。

160718-110344.jpg
ちなみにこれが人口の川、見ての通り浅くて流れも緩く小さな子供でも危険は感じません。

160718-110353.jpg
人口の川ですがキャンプサイトにしっかり溶け込んでおり違和感はなくキャンプ場のシンボルのような存在に感じられます。


お兄ちゃん達は再びプール、天使たちは鶏と戯れる!?

160718-110924.jpg
ビーチバレーを楽しんだ後は再びプールで遊びます。
やっぱりいいですよね、場内に川やプールがあると飽きずに遊べます、子供たちにとってまさにパラダイス!

160718-111553.jpg
一方、下の子たちはキャンプ場で飼育されている鶏と戯れます、と言いたいところですがうちのそら君はイマイチ分かっていないご様子でボーッと見てました・・・
で、Kちゃんは「怖~い」と言ってやや引きぎみ(笑)
女子やなー。

160718-125449.jpg
そろそろ昼時ですがしょーたは、よほどシャチが気に入ったようで人気が無くなったプールで最後までシャチ君にしがみついておりました。

ちなみにこのシャチ君はキャンプ場の物で自由に使っていいようです、でも、誰かが持って帰るのかしばしば無くなるとも言ってました。

さあ、そろそろ昼飯やからシャワー浴びるでぇー。


昼食食べて撤収

160718-111919.jpg
ここは14時インの13時アウト。
ですが前にお客さんが居なければアーリーOK、後に居なければレイトもOKというのんびりしたい派の我が家にとってうれしいルール、本当にありがたいです。

ありがたいと言えばここのシャワー、お客さんは無料で何度でも使えるとのこと。

160718-111925.jpg
無料だからといって水シャワーというオチではありません。
もちろんちゃんとお湯のシャワーでご覧の通り綺麗です。
息子と2人で入っても十分な広さで快適でした。

160718-132734.jpg
さあ、めしめし!

帰る日の昼御飯は片付けの関係から出来るだけ簡単な物ということで本日の昼御飯はハンバーガー!

パンはコストコでゲットし、ハンバーグは湯煎するだけのイシイのハンバーグ。
我が家にとってキャンプでのハンバーガーは初の試み。
イシイのハンバーグですがホットサンドどの相性はマズマズと思っているのですがハンバーガーとしてはイマイチだったかも・・・

ソースが付いていないハンバーグにマヨネーズとケチャップやテリヤキハンバーグにマヨネーズとかの方が良かったかも知れません。
次の課題ですかね~。

と文句を言いつつオヤジはしっかり2個食べましたが(汗)

160718-111134.jpg
【コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

さあ、楽しかったキャンプも終わりの時が近づいて参りました、昼食の後は撤収です。

今回、2ルームテントは2回目。
いつも撤収に時間がかかる我が家ですが2ルームテントはやはり設営も撤収も楽ですね。

1464082756682.jpg
子供たちは最後までキャンプを堪能していますがそろそろ帰りますかっ!
最後は昨日のお風呂にある売店でクワガタを購入し現地解散となりました。
M君ファミリー今回もご一緒いただきありがとう!楽しかった!

次のキャンプは8月のグルキャン、もちろんM君ファミリーと一緒!
次回も楽しみやな~!


<キャンプ場レビュー>
浦谷オートキャンプ場レビュー(サイト&プール編)
浦谷オートキャンプ場レビュー(設備&周辺施設編)



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
スポンサーサイト

Tag:浦谷オートキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

【浦谷オートキャンプ場】初訪問!!

160718-110353.jpg
7月18日~19日の1泊2日でしょーたの保育園時代のお友達のM君一家と三重の大台町にある浦谷オートキャンプ場に行って参りました。

ここのキャンプ場は以前より気になっていたのですが、高速メインでも下道メインでも我が家から3時間はかかるであろう立地が邪魔をして今まで行けていなかったのですが、私たちが予定したこの日程は3連休の後半ということで天川村を始め色々なキャンプ場に問い合わせたのですがどこも予約で一杯だったので、この機会にとばかりにこちらに連絡すると空いていたので行ってみることにしました。

それにしても私が色々なキャンプ場に連絡したのは5月の後半、皆さん予約が早いですね(汗)

昼食は針テラスで!

160717-111132.jpg
大阪・堺を10時に出発!!
いつもならキャンプ場で昼食をするパターンですが、ここは3時間かかるので着いてから食事の準備をして云々なんてことをやっていると遅くなりそうなので名阪国道針インター降りてすぐの針テラスで昼食を摂ることにしました。

トイレ休憩で針テラスを利用したことはあるのですが食事目的での利用は初めて。
どんなお店があるのかな??

160717-115409.jpg
お~、天理ラーメンがありました!!
私にとって天理ラーメンとは彩華ラーメンなんですが針テラスにあるお店は天理スタミナラーメンというお店。
さて、どんなお店なんでしょうか!?

160717-111756.jpg
ここのお店のメインであろう天理スタミナラーメンの他にもとんこつ、みそ、しょうゆラーメンもあるようですが私は当然天理スタミナラーメンを注文!もち大盛り!
お味の方ですが個人的には彩華の方が好きかな・・・ちょっと辛過ぎると感じました。

160717-113019.jpg
ママ2人はそれぞれ下の子たちに分けるのでヘルシーっぽい塩ラーメンを注文していました。
天理ラーメンのお店に塩ラーメンがあるなんて知りませんでした。

160717-111553.jpg
そうそう、露天で色々な乾物が売られていて、その中にはめかぶがありました。
50cc程のお湯にめかぶを1つ入れ、めかぶ茶にして試飲をさせて頂くと美味しいこと美味しいこと、小2の子供たちも「美味しい~~」との評価。
その味はお茶というより出汁が効いた和風のスープ、100gゲットしておきました(^^)V


キャンプ場到着!大人は設営!子供はプール!

160717-141204.jpg
食事休憩を挟み2時前にキャンプ場に到着!キャンプ場に入場するとすぐに目につくのが25mのプール、子供たちは居ても立っても居られず早々にプールに突撃!

160717-142637.jpg
【コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

鬼の居ぬ間にテントを設営!!
このテント、青柳浜キャンプ場以来2回目の設営なので難なく完了!!
ってかシワシワですが・・・(汗)

160717-154141.jpg
ほんでもって数分後には生活感丸出しのサイトに変貌!!

今日のサイトコンセプトですが簡単タープの下はキッチンと濡れたままの子供たちが寛ぐ場所!

160717-154152.jpg
そして2ルームの前室部が優雅に寛ぐ大人の場所・・・
のはずですが、前回の琵琶湖キャンプでは砂だらけに・・・
今回は最後まで寛げるエリアとして保つのが目標です!!

160717-142159.jpg
一方子供たちは元気に遊んでいるのかと思いきや、寒くてプールから上がるとのこと・・・
この日、3連休の中日は生憎の曇り空・・・っていうか予報的にはお昼から雨・・・

160718-125607.jpg
そして、ここのプールどうやら川から常時水を供給しているようで、云わば「かけ流し状態」なので水は冷たく、さすがの子供たち音を上げたようですね。

160717-151453.jpg
「え~っ!!兄ぃにたち寒いの!?僕汗だくだよ~」
ってなもんで、この日の最高気温は29度と気温はそれほど高くないものの湿気が高く不快指数200%状態。
明日は晴れ予報なんで期待しましょう!!


少しだけマッタリタイム、そしてお風呂へ

160718-111210.jpg
大人たちは基本休憩、プールから上がった子供たちはサイトからすぐの小川に繰り出しました。

160718-111331.jpg
この小川見ての通りの浅い川で子供にとっても全然危なくありません。

160718-111325.jpg
この時の水位は足首にも満たない量でした。

160717-155553.jpg
そんな浅い川で遊んだはずですが、なぜか全身びしょびしょのしょーた・・・
なんでやねん!!
しかもカメラを向けると絶対に目を開けないところがむかつく・・・

160718-110040.jpg
びしょ濡れついでに風呂にしますか!!
ここのキャンプ場、場内には前述の25mプール、無料の温水シャワーと有料の五右衛門風呂がある隠れ高規格キャンプ場なんです。

ってことで五右衛門風呂と言いたいところですが、いかんせん薪で風呂を沸かすところからなので所要時間2時間とのこと・・・

160717-164633.jpg
なので今回はキャンプ場から車で15分のところにある奥伊勢宮川温泉に行ってきました。
お風呂の規模は15~20人くらいまでが快適に使用できる大きさで今回3連休の中日の利用でしたが利用者も少なくゆっくり入ることが出来ました。

160717-185916.jpg
【焚火台Mスターターセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

入浴を終え再びキャンプ場に戻り、夕食の支度ですがそれは次のお話しということで!!
【浦谷オートキャンプ場】夕食から朝食まで


<キャンプ場レビュー>
浦谷オートキャンプ場レビュー(サイト&プール編)
浦谷オートキャンプ場レビュー(設備&周辺施設編)



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事

Tag:浦谷オートキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その3@2015/7/21~22

プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その2からの続きです。



【花火終了~就寝まで】
IMG_8647_b.jpg

さて、ご飯の後は花火です!
子供たちはM君パパが花火を準備するのを今や遅しと待ち構えています。

うちの息子は刀をずっと持っていますが、そんなもん持ってたら花火でけへんぞ~!!
なんて思っておりましたが、どうするでしょう??

DSCN0224_b.jpg

とりあえず、刀はどこかに置いたらしく持っていませんね!
良かった。。。

DSCN0235_b.jpg

あらら、よく見ると背中に刀を携えています(汗)

「息子にニンニンジャー(戦隊もの)のマネか??」と聞いてみると「違う」と答えます。

そして「ナルトか??」と聞いても「違う」答えます。
「なんで背中に刺すこと知ってるん??」と聞いても「分からん」と言い、自分でも知らず知らずにやっているようです。

一体何からこのようなことを学んだのでしょうか??
ホント、アホな姿ですが、親から見れば微笑ましくて愛くるしい姿です。
出来ることならこの様にかわいいままの姿でいてほしいですが、この子達も着々と成長していくんですよね。

しっかりと成長を見守らなければならないなとつくづく思う今日この頃です。

IMG_8642_b.jpg

30分ほどで花火も終わり、そろそろお休みの時間なのですが子供たちはまだまだ元気!
そしてM君パパはというと再び知恵の輪に心を奪われたご様子です。←分かる分かる(笑)

IMG_8634_b.jpg

もう今日のイベントごとはすべて終了、時間はなんと11時過ぎ!小学校1年生の子供たちが起きている時間ではありません。
「早く寝ろよ~!!」と言いたいところですが、仕方ないですね~。

私も子供のころ普段は9時には眠たくなるのに、盆、正月は従兄弟たちと夜遅くまで遊んでいたことを思い出します。
その頃の思い出は自分にとって本当に良い思い出ですので、子供たちもこの共に過ごした時間を忘れないでいてほしいですね。

IMG_8654_b.jpg
DSCN0239_b.jpg

とは言うものの、子供は子供、「そろそろテントに入りや~」とテントに入ることを促すと自然にこんな状態になりました!

なんか、マンガみたいな寝相ですがもちろん演出は無しですよ!
こんな姿で寝るなんて相変わらずかわいすぎます(微笑)

IMG_8651_b.jpg
【スノーピーク フィールドクッカー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

さて、子供たちが寝ました、最低限の動きしかしていないですが、これでもオヤジ達は一応気を遣って疲れています・・・
っていうか小腹が減っています。

ってことでこれよりオヤジタイ~~ムです!!
既に酒は十二分に入っていますので、締めのカップラーメンです!

本来、明日の昼食にと用意していたものですが、オヤジ達、欲求には勝てませんでした・・・(汗)

IMG_8652_b.jpg

私は豚骨の大盛り系・・・

IMG_8653_b.jpg

あらっ、奇遇ですな、M君パパも豚骨系。

夜食のラーメンはお互いの好みがあるので、各自で買ってきたのですが結局同じような物になるんだなと認識させられました(笑)

そうそう、翌朝、目ざとい子供たちにラーメンの食べカスが見つかって怒られたのは言うまでもありません・・・(笑)



【起床~またプール遊び~そして家路】
IMG_8655_b.jpg

翌朝の6時過ぎです、私がトイレに起きたのでしょーたを起こしてしまいました。
息子はキャンプに来ると早起きになりますので「しょーちゃんもトイレ行く~」と言って私に着いてトイレに行きましたが、二度寝してやろうと目論む私の意図に反し、なかなかテントに戻ろうとしてくれません。

何やらお腹が大きく膨れています!?

IMG_8656_b.jpg

お腹の中身、実は松ぼっくりなんです。
私は息子が焚き付けの小枝や松ぼっくりを拾ってくると、それをいつも歓迎し「ありがとう~、助かるわ~」と言ってあげるので息子は積極的に松ぼっくりを集めてくれるんですよ。

昨日の炭の着火の時や花火の着火用に松ぼっくりを依頼した時もたくさん集めてくれたので、やはりいつものようにそれを歓迎したのですが、今朝は少し調子に乗りすぎたようです(笑)

まぁ、しゃーないですね、私の息子ですから(爆)
たくさん集めてくれた松ぼっくりを無駄にするのはもったいないので、ありがたく持ち帰りました。

IMG_8605_b.jpg

さて、そうこうしているうちにM君とRちゃんが起きてきて、誰の口からか「なあ、なあ、プール行ってもええ??」という質問が

「そりゃええけどまだ開いてないやろ??」
と答えると「さっき誰かおった~」と言ってきます。

「行ってもええけど、ご飯の用意できたらすぐ帰ってこなあかんで~」

「はーい!」

IMG_8606_b.jpg

「じゃあ、行ってきたら!」ということで朝の7時半からプールです。
子供たちを送りだした後、勝手に入るのもアレなんで受付に支払いに行きましたが、管理棟は開いているもののスタッフさんが居られません。

まぁ、いっか!と思い遊ばしていましたが、どうやらスタッフの方から「プールは9時から」と言われたようで帰って来ました。

施設の方、ルールを守らずすいませんでした(汗)
次回から気をつけます。

DSCN0240_b.jpg

どっちにしても間もなく朝食の準備ができるので、呼びに行く手間が省けて助かりました。
水着のままは寒いので子供たちは着替えて待機中!

保育園時代と違い最近は会話も弾むようで楽しそう!
何をしゃべってるんでしょう!?

DSCN0244_b.jpg

何やら、シールのカスを眼鏡のように覗いています。
まぁ、お約束ってとこでしょうか(笑)

おいおい、早く食べや~。

IMG_8676_b.jpg

今日の朝食はレトルトのカレーです、我が家のファミリーキャンプではご飯さえ炊けば、後は湯煎をするだけの朝カレーは定番です!
朝からカレーなんて重たそうですが全然オーケー、キャンプでは食べられるんですよ、しかもウマー\(^_^)/
キャンプ時の朝カレー、簡単ですし強くオススメしておきます!

朝食を食べたら子供たちは予想通り↓これです。

IMG_8612_b.jpg

一体、昨日から何度スライダーを滑ったんでしょうか?

きゃーきゃー言いながら3人連結で滑り台楽しんでいます、相変わらずかわいいですね←超親バカ(爆)
しかし、楽しい時間は終わろうとしています、昨日の天気予報では2日間共に晴れだったんですが、いつの間にか予報が変わっており雨がちらついてきました。

キャンプ場にはレイトチェックアウトをお願いしているので、計画では昼食まで食べる予定でしたが撤収することにしました。

DSCN0245_b.jpg

撤収を終え「さあ、帰ろかぁ」となったんですが、うちのしょーたが海見たいと言い出したので記念撮影がてら軽く海を見ることに!

このキャンプ場ではプール遊びばかりしましたが、実は徒歩ですぐの所に海水浴場もあるんです、海ガメが産卵にやって来る砂浜で恐らく水質は綺麗なんでしょうが黒っぽい砂のせいでイマイチ綺麗に見えないので遊ばなかったんです。
あとオヤジが楽したかったという事情もありましたし(笑)

ただ、ここでも子供たちは何やら楽しそうに話していますので、見に来て良かったと思います。
子供たち良い思い出できたかな?

それでは写真撮影です。

DSCN0246_b.jpg

私=「じゃー、記念撮影いくでー」「1+1=」
子供たち=「にぃ↘」←無視に近いテンションの低さで

IMG_8679_b.jpg

私=「こらぁー、ちゃんと記念撮影せな、もう連れてけーへんぞ!」←パワハラ気味に(^o^)

私=「もう1回いくでー、1+1=」
子供たち=「にぃ~↗」

無理やりテンション上げた感は否めませんがOKです。

私=「さぁ、帰るでー」
ってこことでキャンプ場を後にしました!
お世話になりました!

IMG_8682_b.jpg

帰りは高速に乗って一つ目の安濃SAにて昼食をとりました。

DSCN0250_b.jpg

↑お腹が膨らむと、当然これもんです(-_-)/~~~
マジで漫画みたいでしょ、この子たち(笑)

帰りの道中、相変わらずM君パパは知恵の輪にハマりっぱなし、何回か外れた様ですが、まだ完全には修得出来ず。
私は横で見ていてなんとなくヒントをつかんだので、M君パパに「帰って1時間で外して証拠写真送ります」と告げ自宅に送り別れました。

KIMG0523_b.jpg

はい、コレが証拠写真です!

子供たちはプールに始まり、プールで終わり
オヤジたちは知恵の輪で始まり、知恵の輪で終わるキャンプとなりました!

あ~、楽しかった!
暑いキャンプ場だけどまた来年も行きたいな~!

ってことでムーンビーチキャンプ場の日記はこれにて終了、次回はキャンプ場レビューをアップします。
お楽しみに!



<こんな記事もあります>
ムーンビーチキャンプ場レビュー


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ムーンビーチキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その2@2015/7/21~22

プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その1からの続きです!



【プール遊び終了~風呂、夕食準備】
DSCN0171_b.jpg

昼食後も相変わらずプールで遊びまくって、ここのキャンプ場の良さを堪能しまくっている子供たちですが、残念ながら時間というものは過ぎ去っていくものです、悲しいですね。

DSCN0205_b.jpg
【コールマン タフワイドドーム ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

なぁ~んてことは勝手な大人の妄想で、子供たちは無邪気にテントに潜伏中!楽しそうですね!

そうそう、今回のテントはM君一家所有のコールマンのタフワイドドームです。
うちのファミリー用テントはスノピのアメニティドームなんですが、タフワイドドームの方が高さがあり、そして床面積も広いので、大人2人、小学1年生3人でも快適に過ごすことが出来ました。

アメニティドームも良いテントですが、タフワイドドームも定番テントらしくすごくいいテントでしたね!
ペグダウンの数は忘れましたが、明らかにアメニティドームよりも少ないので設営が楽に感じました。

IMG_8616_b.jpg

そうそう、プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その1でここのキャンプ場の弱点は「暑さだけ!」ということをお話ししましたが、マジでそうなんですよ!
キャンプサイトの区画は滅茶苦茶広いわけではありませんが、まあテントとタープは工夫することもなく設営できますし、全サイトではありませんが別途1,000円支払えば電源も選ぶことが出来ます。

私はここの暑さを知っていたので今回は迷わず電源サイトをチョイスし扇風機は2台持ってきました。

それとトイレは私が重視するウォシュレットですし、チェックイン、チェックアウトは融通が利くし、子供用のプールはあるしとファミリーキャンパーにとってはうれしい条件が揃っているキャンプ場だと思います。

それとそれとオヤジにとってうれしいのが、場内に風呂があることです!!!
場内にあるってことは車を運転しなくてもいいので昼間っから飲んでも大丈夫なのです!!
あっ、風呂はそれほど広くないですが、今回私たちが入浴した時間帯は貸し切り状態だったので十分な広さでした!
料金はたしか大人一人300円、子供一人200円だったかな?!←間違えていたらスイマセン(汗)

DSCN0206_b.jpg
【キャプテンスタッグ オルディナヘキサタープ ★アマゾンで探す★ ★アマゾンで探す★

さてと、風呂も入ったし夕食の準備に取り掛かります。
と言っても今回のキャンプはオヤジキャンプなので、バーベキューとダッチオーブンでちょちょっとするだけですので、炭起こしくらいですけど・・・

今回、タープは我が家のキャプテンスタッグのオルディナヘキサタープですが、レクタ風に6本のポールで立ち上げています。

タープそのものは4m×4mくらいの平均的なサイズです、ヘキサゴンタープってのは様々なバリエーションが利き、簡単に美しく張ることが可能なのですが、そのスタイルと引き換えに、レクタングラータープに比べると意外と日よけ面積が少ないし、どうしても傾斜がきつくなり狭く感じるとことがウイークポイントなんですがポールを4本追加することにより、高くて大きな屋根の出来上がりです、このくらいの人数なら十分な大きさになります。

IMG_8618_b.jpg
【キャプテンスタッグ イージーファイヤーベース ★アマゾンで探す★

話は脱線しましたが、今回のキャンプは大人がオヤジ2名だけなので撤収が楽なように出来るだけコンパクトな装備で臨んでいます。

まず焚き火台としては私がソロや父子キャンプに使うスライドバーベキュー(廃番)を用意、この道具はさっと広げることができ、小さいので洗うのも楽々です、私は炭に着火する際にまずは焚き火を熾しますが、今回薪を持参していないのでそこら辺に落ちている松ぼっくりや小枝を利用します。
幸いこのキャンプ場は松ぼっくりが豊富なので、このコンパクトな焚き火台に使う程度の松ぼっくりはすぐに集めることが出来ます・・・助かる~~(笑)

<こんな記事もあります>
スライドバーベキューとタフ五徳1



【夕食です・・・まさか、こんなに食べるとは!】
IMG_8619_b.jpg
【コールマン クールステージテーブルトップグリル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

バーベキューコンロもコンパクトな卓上タイプのものを使います。
コンパクトですが、どうせ子供は遊びに夢中で、あまり食べないはずなので充分な大きさです!!

っと、高を括っておりましたが、食べる食べる(爆)
っていうか肉が全然足りません・・・

今日に限ってはすごい食欲の子供たち!やっぱりあれだけプールで遊んだからお腹が空いていたのでしょうか??

DSCN0209_b.jpg

肉は速攻でなくなり、慌ててダッチオーブンでウインナーやピザを作るのですが、それまでのつなぎが必要です。

DSCN0215_b.jpg

大人用にと思いカット野菜をたくさん買っていて正解でした・・・
あっ、でもドレッシングがない・・・
大人はポンズとコショーとオリーブオイルでドレッシングを作ればいいと思っていたので大丈夫なのですが、子供用のドレッシングの用意をすっかり忘れておりました。

苦肉の策でキャベツの千切りにマヨネーズと麺つゆをかけて食べさせてみるとこれが大うけ!!
子供たちは何度もお代わりを要求してきました!

マヨネーズと麺つゆのコラボってそんなに美味いのか??

私の経験上、マヨネーズとステーキソースとかマヨネーズと焼肉のタレは相性が良く、「うんまぁ~」ですが、麺つゆはどうなんでしょう?
麺つゆには甘味があるのでもしかしたらマヨネーズと相性がいいのかな??
という思いで一度食べてみましたが・・・

あれれっ??
マヨネーズとステーキソースとかマヨネーズと焼肉のタレのような感動はありません・・・
正直言うと、おいしいとは感じませんでした(爆)

アレですかね~??
子供たちもキャンプに来てお腹が空いているし、自然のスパイスが利いて美味しく感じてくれたんですかね!?

まぁ、結果オーライっていうやつですね!

IMG_8625_b.jpg

はい!ダッチオーブンで作ったピザとウインナーです!
って、おい!!

ピザはこの写真しかなくて、ウインナーに至っては一瞬で子供たちの胃袋に入り写真すらありません・・・

IMG_8643_b.jpg

子供たちはピザやウインナーを一瞬にして平らげると、「お腹空いたぁ~~~、なんか無いん~~~??」

そりゃ、明日の朝飯や昼食の買い出しも済ませてあるので無いってことはないけど~~
明日の分がなくなりますから~~~(汗)

ってことでクーラーBOXをあさると、「あった~~~!!ブドウ出すのん忘れてた~~」

このブドウ、煩わしい皮を剥かなくてもいいコストコのブドウなんですが、これもハイエナの如く一瞬でなくなりました!!
もうさすがに今日食べてもいい食材は打ち止めです!!

IMG_8646_b.jpg

子供たちはまだまだ食べられる口ぶりですが、いくらなんでもこれだけ食べれば大丈夫なはずです。

ってことで「そろそろ花火しよか~」と問いかけると、

まるで打てば響く太鼓のように「うん!するする~~~」という子供たち、あまりにも単純すぎて素直すごてかわいいですね~~。

IMG_8647_b.jpg

どうでもいいけど、うちの息子、夕食から花火までずぅ~と刀を持っています(笑)
おいおい、そんなもん持ってたら花火でけへんぞ~~(爆)
(親バカですがかわいすぎますよ)

ということで今回の記事はおしまいです。

私の親は子供をキャンプにつれていくというタイプではなく、夏休みや冬休みの一大イベントは田舎に帰ることでした、田舎に行くと従兄弟たちが集結しており、それはもう楽しくて楽しくて仕方なかったことを思い出します。

うちのしょーたは従兄弟が少なく、しかも私も妻も大阪なので田舎はなく、そのような経験をさせてあげられないので、家族よりも長い時間を共にした保育園時代の同級生とこれからも長く付き合っていってほしいものです。

そして私が子供の頃に経験したような楽しい思い出をゆっくりじっくり、そして大切に築き上げていってほしいと願うばかりです。
やっぱりキャンプっていいなぁ~!!

次回の記事は花火のシーンからとなります!お楽しみに!!
プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その3



<こんな記事もあります>
ムーンビーチキャンプ場レビュー


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ムーンビーチキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その1@2015/7/21~22

【大淀西海岸ムーンビーチキャンプ場に決めた理由】
DSCN0140_b.jpg

海の日の3連休の直後となる7月21日から1泊2日でプールに行ってきました・・・ではなく、松坂牛で有名な三重県の松坂市にほど近い三重県多気郡明和町にある大淀西海岸ムーンビーチキャンプ場に行ってまいりました!

このキャンプ、私にとって初めてのオヤジ&子供のコラボキャンプとなりました、つまりママ抜きのコラボははじめてってことです。

メンバーは子供たちが保育園時代の同級生!私と我が息子のしょ~たとM君とM君パパ、そしてRちゃんのオヤジ×2、小学1年生×3=5人でのキャンプとなりました!

M君一家とは昨年の夏に琵琶湖の青柳浜キャンプ場や秋のハイマート佐仲を含めて2回のキャンプと数回のデイキャンプを共にしており、Rちゃんとはお泊りキャンプは初めてですがデイキャンプは2回ほど共にした仲なのです!

私は男のくせに保育園のパパやママたちと積極的に話をするお調子者・・・ではなく社交的なタイプの男です。
ある日、保育園関係のメンバーで食事をしたんですが、その時にM君パパとキャンプ話をしていて、「またキャンプ一緒に行きたいですね」的な話になり「じゃー、前に行った琵琶湖に行きましょう」となったんですが、その目当ての青柳浜キャンプ場がこの日程が休みになっており、そこで白羽の矢を立てたキャンプ場が一度お世話になったことがあるここだったんです。

M君パパは去年一緒に行った青柳浜キャンプ場を気に入っていました。
青柳浜キャンプ場は9時インの17時アウトなのでゆっくりできる点、そして目の前が湖水浴可能な琵琶湖だという点が気に入っている様子だったので、出来るだけそのような条件のところをチョイスしました。

ここムーンビーチキャンプ場は本来チェックイン14時、チェックアウト13時なんですが、空いている時は融通してくれるし、琵琶湖の様に自然の中での水遊びではありませんが、敷地内にうちの子供のような年代にはぴったりなプールがあるということで、ここをチョイスするのには時間は掛かりませんでした。

まあ、私がここをチョイスした最大の理由は!

子供向けプールがあるってことは・・・
子供たちが勝手に遊んでくれてオヤジは楽を出来るはず!!

ってことですが(爆)



【出発から設営まで】
さて、今回は堺を10時半ごろ出発、ムーンビーチキャンプ場までは2時間半~3時間の道のりを予定していますが、子供たちは待ちきれない様子で「何時間くらいかかる??」とか「何時ごろ着く??」なんていう質問が車内を飛び交っていました。

その質問に対して私達は「1時か1時半ごろには着くよ」と返すと、次に来る質問は大して時間が経っていないのに「今何時??もう着く??」というかわいい質問をされ、その都度「まだ○○時やで~」という感じで答えていました。

DSCN0127_b.jpg

まあ、それでもやはりまだ6歳の子供です、1時間ほど走ると気持ちよくなったのか、こんな状態でした。
かわいすぎます!!

DSCN0129_b.jpg

子供たちが寝て静かになった車内で、オヤジ2人が取った行動は・・・
知恵の輪です・・・

実はこの知恵の輪、100均で購入したのですが私にとっては難しく、まぐれで2回ほど外れたもののまだ克服したと言える状態ではなかったのでキャンプの夜にでもしようかと持ってきたものなんです。

まあ、私は運転しているので出来ませんが、M君パパは見事に嵌っていましたね。
レベルは私と似たり寄ったりでした(笑)

DSCN0139_b.jpg

そんなこんなで大体予定通りの時間に到着、子供たちはプールを見るや否や「プール行っていい??」と逸る気持ちを抑えきれない様子です。

うんうん、良い展開だ!

子供たちに邪魔をされずにタープやテントを設営できるのはオヤジ達にとっても好都合なので、「ええよ~」と2つ返事です!

子供たちを水着に着替えさせ、子供たちは大喜びでプール遊び、テント設営時もそうなんですが、その他の時間もオヤジ達は大幅に楽が出来ます(爆)
思惑通りでホントいい感じです(爆)

そうそう、ちなみにこのプール1日出入り自由で1人500円です。
この日は海の日の3連休明けの平日ということもあり、ほとんどゲストがおらずうちの子供たちと他4~5人くらいで貸し切り状態でしたので、500円はかなりお得感がありました!

DSCN0131_b.jpg
【キャプテンスタッグ オルディナヘキサタープセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

元気に遊ぶ子供たちを尻目にオヤジ達はテント&タープの設営なんですが、あまりの暑さにバテバテです・・・
とりあえず暑さを凌ぐ為にタープだけは張りましたが・・・



【素麺多すぎた!?】
IMG_8578_b.jpg

はい、ご察しの通り休憩でございます(汗)
まあ、もう2時半だし昼食の用意をしなければということで、素麺の用意を少しは進めたのですが、アルコールを補給しなければやっていられない状況でした。

このキャンプ場の弱点はズバリ暑さです!!山ではなくて平地だし、過去に来たことがあるので分かってはいましたがそれでもオヤジの体にはきつい暑さです。
やっぱ真夏のキャンプは標高のある山が良いな~とつくづく思いましたね。

IMG_8577_b.jpg

まあ、そうは言ってられないので老体に鞭を打ちつつ、簡単なキッチンを作ります。
いつもの引き出しの横に焚き火テーブル、そしてEPIのアルパインストーブ+ユニのタフ五徳で完成ですが、この日は風が強かったのでウインドスクリーンは必須でしたね。

あっ、風と言っても生ぬるい風ね・・・

DSCN0130_b.jpg
【ユニフレーム fan5DX ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

さて、素麺ですが一体何輪湯がけばいいのか??
オヤジ分が3輪×2で6輪、子供が1輪×3で3輪、合わせて9輪ですな!

9輪なんで中途半端な鍋では賄えません、久しぶりにユニのFan5の一番デカい鍋の登場です。
この鍋は4L~5Lの水が入るので、素麺9輪くらいなら十分対応可能です。
しかも付属のネットが付いているので、茹で上がったらネットごと持ち上げて水で洗ってそのまま出せる優れものです!

まあ、見栄えは良くないですが。

IMG_8589_b.jpg

あっ、しまった!!イスの色が違う・・・
私が子供の頃は赤なんて女の子の色でしたが、最近の子供は赤色が主役である戦隊もんの影響なのか男の子でも赤色を好む子が多いです、うちの息子も赤色に抵抗がなく、赤い靴を買ったりしていますので、子供同士でややこしいことにならなければいいのですが・・・

DSCN0138_b.jpg
IMG_8586_b.jpg

あ~、良かった。
私の心配はどうやら杞憂に終わったようです、みんな機嫌よくそれぞれ思い思いのイスに座って食べてくれています。

IMG_8579_b.jpg

そうそう、素麺9輪ですが「やってもうた~」的な量になってしまいました。
オヤジが3輪ずつってのが失敗だったかも知れません・・・

IMG_8587_b.jpg

しかも素麺だけだと寂しいので唐揚げを持ってきています、食べきれるかな・・・

と思ったのも束の間、子供たちが食べる食べる、オヤジ達も素麺はつるっと入ってくるので結局完食しました!!
今後の参考にできそうです!

DSCN0171_b.jpg

昼食が終わったら、子供たちの口からは「プールいっていい??」
はいはい、もちろんですとも!!どうぞ遠慮なく遊んでくださいな!!

子供たちはスライダーに夢中で浮き輪に乗って滑る技を習得したようです。
私もやらされましたがコースアウトしてしまうのではと思うほどスピードが出てオヤジ的には危険を感じました!

でも、子供たちはずっ~と、スライダーで遊んでました。

う~ん、暑いのは玉に瑕だがやっぱここをチョイスして良かった~

つづく・・・
プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その2



<こんな記事もあります>
ムーンビーチキャンプ場レビュー


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ムーンビーチキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
5位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。