スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

慶野松原キャンプ場で海キャンプ1@2016/07/29~30

夏休みの始まり!まずはキャンプ場選びから!


160729-171403.jpg
今年も約40日間の長い夏休みがやって参りました。
子供たちにとってはまさに至福の時、そしてオヤジにとってもいつでもキャンプに連れ出せる楽しみな時間が始まりました。

というわけで息子に「海」「川」「湖」どれ行きたい??というと「プール」という返答・・・
息子はキャンプではなく近所のプールに行きたいとの主張・・・

「いやいや、プールは置いといて夏休みやから行くことが出来る(平日の)キャンプの話やねん・・・」と再度問いかけると「あ~、じゃあ海でええわ・・・」と超適当な返事。

海キャンプとなると近場でまず候補に上がる場所といえば和歌山か淡路島。

ただ和歌山は意外と海水浴場に隣接しているキャンプ場が少ない・・・

それに対して淡路島は結構な数のキャンプ場がります。
そして大阪からのアクセスがとてもよく、それでいて何か遠くに来たようなリゾート感を味わうことができ大好きです。
ただ、淡路島のキャンプ場全体に言えることですがチェックイン、チェックアウトの時間がとてもシビアでゆっくりしたい派の私はどうしても他の緩い感じのキャンプ場に行ってしまいます。
ましてや平日に休みがある私にとってキャンプ場は選び放題ですから尚更です。

だが、今回は海限定ということでなんとか淡路島内のキャンプ場から選ばなければなりません・・・そこで今回、以前にウェルネスパーク五色オートキャンプ場に行った際に訪れてリサーチしたことがある淡路島のキャンプ場にしては珍しく緩~~い感じの慶野松原海水浴場にあるキャンプ場に行ってみることにしました。

ってなわけで前置きが大変長くなりましたが7月29日から1泊で慶野松原キャンプ場に行って参りました。
今回は金曜からのキャンプですので私と息子だけの父子キャンプと相成りました!

それではその模様をどうぞ!



淡路島に向けて出発!


160729-102328.jpg
ファミキャンだとラゲッジルームはいつも一杯で天井まで荷物を積み重ねているが、今回は父子キャンプということで少しばかり少な目、それでも若い頃にジムニーでキャンプに出かけていた頃と比べると倍以上の荷物、便利なキャンプに慣れてしまった今はこれが限界か・・・

だが本音を言うと今回、もう少しスリム化したいという思いがある・・・
というのも、慶野松原キャンプ場はオートキャンプ場ではないので荷物を自力で運ばなければならないから・・・
まあ、そんなことを言っても仕方ないので「何とかなるさっ!」と自分に言い聞かせ出発!

160729-123336.jpg
朝10時半ごろ堺を出発!
阪神高速、堺線から環状線、そして神戸線経由で車を走らせましたが阪神高速神戸線で大渋滞・・・

今回、平日で混んでる可能性も否定でいないものの「まあ大丈夫でしょ!ラッシュになる時間でもないし」と高を括っての出発でしたがあまかったようで普通に事故渋滞でした(涙)

いつもなら必ず立ち寄りブラブラする淡路SAも今回はトイレ休憩だけに留めて先を急ぎます。

160729-131324.jpg
ということで出発から3時間ほど要し13時過ぎにキャンプ場にほど近いスーパーに到着。

160729-134603.jpg
その後、そそくさと食材を買い、14時前にやっとキャンプ場に到着、その後サクッと受付。

料金をロクに調べずに行ったが、
持込みテント料 1,500円×1日=1,500円
施設利用料 300円×2人×2日=1,200円
駐車料 700円×2日=1,400円
で合計4,100円でした。

う~ん微妙な料金・・・
多くのキャンプ場がパッケージの料金設定で4,000~5,000円ってのが相場、ここの4,100円って料金自体は特に高くはないが、ここは持込みテント料、施設利用料、駐車料の合算で計算するシステム、もし4人家族なら1泊5,300円になる計算・・・

たとえ5,300円でもオートキャンプ場としては騒ぎ立てるほどの値段ではないが、なんか高く感じる・・・
その原因はここが正真正銘の低規格キャンプ場であること、そして何よりも車が乗り入れできるオートキャンプ場ではないということから高く感じてしまう。

でも考えてみればチェックイン、チェックアウト時間が厳しい淡路島内のキャンプ場で、ここはそういうルールが特になく2日間ゆっくりできるということを考えると納得の価格か?
ましてや次々とリピート利用するわけでもないし、年に1度くらいなら、まあ、いいかっ!
という印象を持ちながらのキャンプスタートとなりました。



設営、昼食、海遊び


160729-141549.jpg
さてさて、設営前のひと仕事ということで一輪車にてサイトまで荷物を運ばなければなりません。

160729-140930.jpg
大体、この一輪車で5~6往復したでしょうか?

160729-151711.jpg
【オルディナヘキサタープ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る
【ワンアクションテーブル(小) ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

とりあえず設営完了。
時間はもう既に3時、お腹が空いたのでレイアウトは後回しに食事の準備をしなければなりません。

160729-152753.jpg
食事の準備といってもスーパーで買った寿司とそばを出すだけですが・・・

160729-154219.jpg
しょーたは早く遊びたくて仕方ないのでいらないと言っていましたが、私のが食べているのを見て、「やっぱり食べる」と言い出して高速でそばをすすっていましたね(笑)

でもこのそばはあまり美味しくなく失敗でした・・・
コンビニのそばはまずまずの味なのにスーパーのそばは総じてダメな気がするのは私だけでしょうか!?
もう、スーパーのそばは買わないぞ!!と誓うのでありました。

160729-154236.jpg
「もう待ちきれん」とばかりの表情のしょーた、既に時間は3時半を過ぎているので無理はありません・・・
予定では2時頃には海で遊んでいるはずだったんですけどね~~、マジで阪神高速の渋滞が痛かった・・・
それと父子キャンプの時は思ったよりテントの設営やその他の準備に手間取るので昼食は車内で済ませておくべきですね・・・反省です。

160730-075847.jpg
しょーたにとってこの海は2回目、前回来たのは5年前。
あの時はハンドル付きの足を入れるタイプの幼児用の浮き輪で海岸べり30mほど先の浮島まで行き上陸、そして私が浮島から海に落ちた振りをするとキャッキャキャッキャと可愛く喜んでいたことを昨日のように思い出します。

ここに来る前に、そのことを覚えているかとしょーたに聞くと全く覚えていないようでした。
でも、しょーたは「そこ行きたぁ~~い」と一気にテンションが上がっていました。
実はここをチョイスした理由はしょーたのそのひと言だったんですよ。

浮島に上陸すると小学生から大人までほとんどの人がやることは飛び込み!
しょーたにも「飛び込んだら」と勧めましたがちょっとビビっている様子で中々飛び込みませんでした。

1回でも飛び込めばその後は怖くなくなるんでしょうが、その1回目が大変です。
結局、この日は浮き輪を付けて1回だけ飛び込み「今日はこれくらいにしといたろか!!」(←こんなことは言っていませんが・・・汗)
ということで終わりにしました。

160729-171202.jpg
その後、海に入るのが寒くなりましたので上がることに。

160729-171318.jpg
上がった後も浜辺で遊びます。
初めは「しょーちゃん砂遊びする」と言って砂遊びをしていましたが、海から人が居なくなったので恒例の石投げ!!
超お約束の何段跳ぶか?ってやつですね。

160729-171027.jpg
まだまだ遊び足りませんが到着が遅かったのであっという間に日が傾き始めました・・・寂しいですが今日の海での遊びは終了です。



シャワーの営業終了が早すぎる・・・


160729-171219.jpg
海の家も5時で終了です。
というか4時半でシャワーが終了となります・・・

このキャンプ場、シャワー施設が基本、海の家のシャワーを利用することになっています、このことが何を意味するかというとすでに私たちは既にシャワーを浴びることができません(涙)
裏ワザとして隣接する国民宿舎・慶野松原荘のシャワーを利用することもできますがこちらも5時前には終了してしまいます。(たしか4時45分だったと記憶しています。)

う~~ん、こあたりは残念ながら民間とお役所の違いですかね・・・
4時半とか4時45分で時間を切ってしまうのは5時には確実に終わり「残業名無しよ!」という魂胆が見え見えって感じですね。
これまでたくさんのキャンプ場を利用ししてきましたがこんなに早くシャワーの利用時間が終わるキャンプ場は初めてです・・・
というかキャンパーの為のシャワーではなく海水浴客のみターゲットにしたシャワーということですかね!?
一応、キャンプ場の受付時にシャワーは海の家のシャワーを利用して下さいと言われたんですけど・・・

それと国民宿舎・慶野松原荘ですが夏場は日帰り入浴を受け付けないそうです・・・

160729-185451.jpg
その情報はキャンプの受付時にキャッチしていたのですがこの日は金曜で国民宿舎の駐車場がガラガラだったので、もしやと思い電話してみましたがやはり「この時期は日帰り入浴していません」という返答でした。

逆にたくさんのお客さんを見込める夏(シーズン)だからこそ受入れればいいのにと思うのは私だけでしょうか・・・
昨今、公共の宿は衰退の一途を辿っていますが、このような状況を目にするとそんな現状もうなずけます・・・残念・・・というか勿体ない。
結局、既に飲んでいるので車で近くの風呂にも行けず仕舞いでした・・・
(これは自業自得だが・・・)

と言いつつ、これも想定の範囲内で今回はホース持参しておりましたので、この時期だからできる技ですがキャンプ場の洗い場で子供と水を浴びました・・・
若い頃はこんなの平気でしたが、キャンプの目的のひとつに風呂(温泉)を楽しむことも含まれる今となっては残念です。

おしいな~、海が目の前でロケーション抜群なので、このあたりを改善すると良いキャンプ場になるんですがね~~。

ってことで今日はおしまい!
次回は夕食前のポケモン探しの旅!?からです。


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
スポンサーサイト
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:慶野松原キャンプ場  Trackback:0 comment:0 

シルバーウイーク!岬町の海岸で磯遊びのはずが・・・@2015/9/23

【プロローグ】
私の仕事はローテーション制で世間はシルバーウイークだというのに期間中一度も連休がなく、長男しょーたのフラストレーションが溜まり気味・・・
そんなシルバーウイークの前半

息子=「パァ~パ~、カエル捕りに行きたい!」

私=「そうなんや~、行こか」

内心めんどくさい私はごまかそうと「でもカエル居るかな~?」

息子=「居るって!」

私=「じゃー行ってみよか!」

ということで重い腰を上げ車で15分程のところの田んぼに行ってみると、ちょうど水が抜かれ始めており危ないところでしたが、なんとかかんとか、オタマジャクシとカエルに会えることが出来ました!

息子は「あっ!カエルや!」
「「パパ!!捕って~」

私=「自分で捕ってみ~」

息子=「分かった~」

まだまだカエル捕りが不慣れな息子は逃げられたり、上手く捕えても力を入れ過ぎて圧死させてしまったりとですが、奮闘しつつなんとか数匹のカエルとオタマジャクシをゲットできたようです。

ただ、喜びつつも物足りなさを感じている様子です・・・

そんな息子の姿を見ていると、反省させられ「シルバーウイーク最終日、ヤドカリとか捕りに海行くか??」(←愚問)と問いかけると、

「うん、行く行く!!」と即答



【岬町の磯場に行ってみたが・・・】
ということで、私の頭の中には自宅から1時間ちょっとで行くことが出来る超お手軽な磯遊びスポットの

IMG_7748_b.jpg

↑この場所!!

ここはやはりぶつ切りの休みだったゴールデンウイークに訪れた大阪の南端の町、岬町にある穴場の磯です!

当日の朝、しょーたは水着を着てスタンバイOK!
「早く行こうや~」と言ったり、「パパ~、行きしなローソン寄ってや~」
と言ってみたり、朝から遊びに行くときはコンビニに寄って朝ごはんを調達するのが我が家の定番で息子はコンビニを楽しみにしています。

最近息子はからあげくんにハマっており、「パパもからあげくんにする??」と私にも買わそうとします、私はからあげくんのレッド(辛口)を買うのでそれをつまみ食いするのがしょーたの目的です(笑)

そんなこんなでいつものように遊びに行く前のワクワク感満載で出発しましたが、この時はこの後に起こるアクシデントを知る由もありません・・・←大袈裟か(笑)

<ゴールデンウイークの記事>
大阪岬町の穴場の海岸で磯遊び その1@2015/5/6
大阪岬町の穴場の海岸で磯遊び その2@2015/5/6

IMG_9456_b.jpg

ゴールデンウイークに行った時は次男のそらが生後数日ということで、しょーたと2人で遊びに行きましたが、今日は家族4人なので目的地手前数百メートルにある公衆トイレでトイレ休憩・・・

IMG_9457_b.jpg

ちなみにこの公衆トイレはそんなにきれいではありませんので、女性の方はあらかじめコンビニ等で済ませてくることをお勧めします。

こんな感じで男性なら全然OKですが、私としょーただけなら草むらで・・・あっ、失礼(汗)

それはさておき、トイレ休憩後すぐに目的地の磯場に到着です・・・

だが・・・

あれれれっ・・・

IMG_9459_b.jpg

マジですか???
わずかに岩場が見えていますが、ゴールデンウイーク(一番上の写真)に行った時のように陸地がありません・・・(悲)

IMG_9460_b.jpg

しょーたはそんなことも関係なく楽しんでいます。

IMG_9461_b.jpg

私の計画では前回のようにここでランチを楽しむつもりだったのですが、この状態では断念せざろうえません。

IMG_9462_b.jpg

とりあえずしょーたは楽しくやっているので、しばらくはここに滞在ですが私の脳内の半分はランチの事なので私は腰を据えて遊ぶことが出来ません(汗)

他を探さなければ・・・

IMG_9464_b.jpg

と言いつつも、「もしかしたらこれから潮が引いて、前回のように遊べるかも!?」という希望を捨てたわけではなかったので、とりあえず、竿を出してみました。

IMG_9465_b.jpg

おっ!!ビギナーズラック!!
釣りをしたのは和歌山の加太以来ですがビギナーの神様はまだ私たちを見放していなかったようです(^^)V

IMG_9467_b.jpg

これは多分クサフグ君、恐らく釣りを本格的にする方にとっては外道と言われる魚でしょうが子供にとってはこれで充分!私にとっても昔スキューバダイビングをしていた時によく見かけたなじみ深い魚です。

IMG_9468_b.jpg

その後も釣りを続けましたが、小魚が多いのかエサを捕られるばかりでこの日の釣果はクサフグ君1匹でした!
写真を撮っていませんが針を外す際にぷくっと膨れた姿を披露してくれてありがとね、クサフグ君!!

IMG_9471_b.jpg

いつまで経っても潮が引いていく様子がないのでこの後、ここに見切りをつけて移動することに!

その前にここを訪れる時にまた潮が満ちていて遊べね~よ、なんてことにならないようにここにほど近い淡輪の情報を気象庁のサイトで調べたのでメモをしておきます。
(ちなみにここは「長浜自然海浜」という地区のようです。)

ゴールデンウイークに遊びに行った時の
満潮は7時30分(潮位144cm)で干潮は14時10分(潮位10cm)で午前中から午後にかけて潮が引くタイミング、

そして今回のシルバーウイークは
満潮は16時15分(潮位145cm)で干潮は8時52分(潮位64cm)で、ゴールデンウイークの正反対で午前中から午後にかけて潮が満ちるタイミングでした。


次回行く時は潮の干満をしっかりチェックしなければ!それと満潮時の潮位はそれほど変わりませんが、干潮時の潮位が50cm以上前回の方が低かったことも付け加えておきます。



【深日漁港近辺、そして淡輪の防波堤に移動】
IMG_9472_b.jpg

さて、更なる遊び場を求めて和歌山方面に車を走らせます、途中磯場がありましたがやはり潮位が高く満足に遊べるところが無くて、やってきたのは深日港手前の自然海岸っぽいエリアがわずかに残る場所に行ってみました。
写真の左側はテトラポット地帯ですが右側は数十メートルのゴロタ石の海岸が残っていました。

う~ん、ここには子供の目を引くような生物はおらず、しょーたは釣りをしたいと言い始めました。

ですが、私の様な釣りの素人にとっては難しく、投げれば根がかりしてしまい、この場所の滞在時間は1時間もいなかったと思います。

IMG_9475_b.jpg

しょーたの思考がヤドカリ捕りから釣りにシフトしたので、それではってことで今度は大阪方面に戻り淡輪の防波堤で釣りをすることにしました。

IMG_9474_b.jpg

実は今回、釣り道具は持ってきたもののしょーたがどこまで釣りに興味を示すかが分からなかったのでエサは持ってきてなかったんです(爆)
何をエサをしていたかというと、その辺に居るヤドカリとかマツバガイを針に付けていたんです。
この日の釣果は既に書いたようにクサフグ君だけだったのですが、エサが良く取られていたので全然使えると思います。

IMG_9477_b.jpg

そうそう、ランチです!
もう既に3時前、お腹が空いてきました。
風が強いのでテーブルを横にして風防代わりに使います。

IMG_9483_b.jpg
【スノーピーク フィールドクッカー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

本日のランチはお湯を沸かすだけで出来る絶品ランチです!

IMG_9484_b.jpg
【ビジョンピークス アルミ焚き火テーブル ★楽天で探す★

はい、お察しの通りインスタントラーメン、いやインスタント焼きそばです(笑)
ママは母乳に影響するのでわかめスープとおにぎりです。

IMG_9485_b.jpg

しょーたは近頃このジャンクフードの味を覚えてしまいカップ麺の虜になって、ご覧のようにガッツいています・・・
子供の頃からこんなもんを食べさせて良いものなのかと考えさせられますが、しょーたにとってはキャンプや外遊びの時だけの特別メニューなんです・・・と言い訳をしておきますね(汗)

IMG_9488_b.jpg

私が食べているのはサッポロラーメン、みそラーメンの焼きそばバージョン、サッポロラーメンのみそラーメン好きにはたまらん同じ味でしたよ!


サッポロ一番 みそラーメン味 焼そばbyアマゾン

IMG_9489_b.jpg

ランチが終了ししょーたはいっぱしのアングラーちっくな表情です!←スゲ~

IMG_9496_b.jpg

おいおい、なんかおかしい体勢・・・

IMG_9499_b.jpg

魚釣りから、クラゲ釣りに変わっていました(汗)

IMG_9502_b.jpg

今度は真下に魚をいるのを見つけ「いっぱい魚おるっ!」

IMG_9500_b.jpg

「しょーちゃん、これ釣る!」と意気込みます、「見えてる魚って釣れないんですよね~~~」っていうことはこれまでの人生経験上知っていましたがこれも勉強です、トライさせてみます。

結果は・・・ち~~~ん♪♪

もう既に4時、親が疲れてきたのでそろそろお開き・・・
すると60歳前後のお父さんが釣り道具一式持って現れ、「兄ちゃん、あと1時間粘ったらアジ入れ食いやで」とのお言葉。

入れ食いになればしょーたは大喜びするのは容易に想像できるので一瞬もう少し粘ろうかと思いましたが、昼間暑かったし疲れました・・・オヤジはもう限界、あ~、あと5歳、いや10歳若ければ~(爆)

ごめんな~、しょ~た・・・

IMG_9492_b.jpg
【プリムス 2243バーナー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そうそう、キャンプではいつも大荷物ですが、今回の外遊びではかなりのシンプル装備!
テーブルとクッカー、そしてカップとプリムスの2243バーナー。

IMG_9478_b.jpg

それと簡易イスだけ!
シンプル装備は楽ですね~~~!キャンプの時もシンプル装備にしなければ・・・

ということで、お~~し~~まいっ!!

IMG_9511_b.jpg

って、パァパ~、僕も一緒だったんだよ~~~、なんで出てこなかったの~??
そらくんだよ~~  次は僕を主役にしてや~~ (^^)VV


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:アウトドア日記  Trackback:0 comment:0 

大阪岬町、穴場の海岸で磯遊び その2@2015/5/6

前回記事からの続きです、よろしければ
大阪岬町、穴場の海岸で磯遊び その1@2015/5/6
もご覧下さい。

IMG_7770_b.jpg

さて、昼食も終了して第2ラウンドの始まりです!
潮が引いて、いつの間にかさっきまで行けなかった岩場に行けるようになっています。
しょーたにそれを説明しても「しょーちゃん、さっきから行ってたで!!」と言って、潮が引いたことを認識してくれません。
何度説明しても海の水が減るはずがないという理解になってしまいます。

まあ、しゃーないか、引力の話をしても焼石に水でしょうし、私も小学校1年の時にそんなことを言われても理解できなかったでしょうから・・・

IMG_7773_b.jpg

昼からはなぜか亀の手に興味を持ったようで、亀の手を採取していました。
貝の仲間である亀の手は食べれるらしいのですが私的にはまったくそそりませんので、放置です(汗)

IMG_7785_b.jpg

それはさておき、今の大阪の小学生はすっかり自然がなくなった都会育ちで、自然に触れ合う機会が少なく、臭いものに蓋をするかのように、公園からは危ない遊具が取り去られ、冒険心をくすぐるような遊具は少なくなり、昔ザリガニ釣りに行った貯め池には柵が張られ、森だった場所は住宅街に姿を変え、結果として現代の子供たちは危ない物や自然から遠ざけられています。

ここは、まんま自然ですので、公園の遊具の様に登り易くしていたり、怪我しないように面取りしていないし、海藻を踏むと滑り、膝をついてしまうと怪我をします、しょーたは足を滑らして、すりむき、血が出ています。

その見返りとして潮の香りを感じたり、生きたカニを捕まえたり、マツバガイを捕ったり、亀の手を捕ったりできる自然の学校に感謝です。

キャンプや釣り、磯遊びをする度に感じるのですが、子供はその度に成長した姿を見せてくれます、今回は足に血をにじませながら何事もないように遊び、たくましさをのぞかせます。

IMG_7793_b.jpg

そして、やがては友達を現地調達して同じ喜びを分かち合います。

IMG_7797_b.jpg

今回の彼らの接着剤はズバリ!カニさんです!

IMG_7796_b.jpg

2人の会話を耳をすませながら聞いていると「ニコちゃんマークのカニがおる!」というような会話をしています。
ホンマかいな!?という思いがありますが、時どき背中が白いカニがいて、どうやらそれの背中に模様があり、それの事を言っているようでしたが真相は不明でわかりません。

会話の内容も面白くてかわいいですが、2人が交流している姿がとても愛らしく、元気をもらえ、和やかな気分にさせてくれ癒されます。
子供っていいですね!自然っていいですね!

IMG_7806_b.jpg
【プリムス PRIMUS IP-2243PA ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

息子たちをみて、心が洗われると、まったりしたくなってきました!
ここでスープタイムです!
インスタントですが自然の中で味わうわかめスープは美味い!

IMG_7783_b.jpg

ここは、子供にとっては自然とふれあえる最高の遊び場ですが、地元の方にとっては生活の為の恵みの海なのかも知れません。
ウェットスーツを着たおばちゃんやおっちゃんが何やらワカメのようなものを採っています、潮が引いた時に地面をみると緑色したワカメだと思われる海藻がたくさん現れるのですが、どうやらそれはいらないらしく海中にある茶色いワカメの様な海藻だけを採取しているようです。

それと、多分寒天の原料になるテングサだと思うのですが、引き潮になるとやはり手で拾える状態ですが、それだけ拾っているおばあちゃんもいました。

IMG_7810_b.jpg

時間は3時前、さあ、そろそろお開きです。
マツバカイは今晩のおかずななりますが、カニさんや亀の手とはお別れです。
いつもながら、子供にとってこの瞬間はせつないものです。
このあと息子から「パァパ~、今度来た時は1人(1匹)だけ持って帰ってもいい??」と聞かれてしまい、あまりの愛らしさに「ええよ」と言ってしまいました。

子供の頃持って帰ったことがあるんですけど、カニってすぐに死んでしまい、しかも臭いんですよね~。
まあ、そういうことを知ることも勉強なんで仕方ないですね!

IMG_7816_b.jpg

さあ、岬町の海ともお別れです。
息子は「また夏休みに行こな~」と気に入った様子でした!そして車に乗って数分で沈没です。
子供らしくてかわいいですね!
そして、私も元気を貰い、いい休日を過ごさせてもらいました、ありがとう!



今回遊んだ場所について
IMG_7815_b.jpg

この場所は以前にたまたま通りかかって見つけた磯場で、もしかしたら使えるのでは?という思いがあり、来てみたのですが大正解でした。

ご覧の通り、ここは砂浜ではなく磯になっています、遊泳禁止とかの看板は見かけませんでしたが海水浴には不向きです。
なので真夏ではなく、春秋の季節のいい時期の磯遊びがお勧めです。

また、私達が訪れた時、海の状況はべた凪ですごく穏やかで危険は感じませんでしたが、岩場なのである程度運動能力がついてくる5才以上のお子様でないと楽しめないかと思います。

生物はカニやヤドカリがいます。
そして大人向けには、何と言ってもマツバガイ!持って帰って家族で美味しくいただきました。

misaki_umi.jpg

肝心の場所なんですが、明確な目印がないのでハッキリ、ココです!とは言えませんが、だいたい地図に示したあたりです。
私は大阪方面から来ましたので、左側に陸、右側に海を見て進んできましたが、左手に岬公園のイルカショーが出てきます、そしてそこを超えたあたりから右手は磯場になりますので、海岸へ降りられる場所を選んで遊べば宜しいかと思います。

ただ車が止められる場所は限られているので、そのあたりは迷惑のかからない場所を選んで自己責任でお願いします。



おまけ!マツバガイ食べました
IMG_7818_b.jpg

磯で見つけた全長4cmくらいのマツバガイは採取して私は夜のつまみに、息子とママは夜のおかずにしました。
人によっては見た目がグロテスクで嫌かも知れませんが、味、食感はアワビと同じような感じです。
ちなみに私は高級なアワビは食べたことがないので、そこら辺との比較は出来ません、あくまでも回転ずしとか居酒屋レベルのアワビとの比較です(汗)

IMG_7824_b.jpg

作り方、食べ方はネットで調べましたが、我が家の場合は内臓を取り、そして口をとります、口を取ると糸みたいなやつが一緒に取れるのでとっています、口を取る理由は、その糸みたいなやつが喉に引っかかり食べにくいというような趣旨の記事を読んだからです。

あと、内臓が美味いという記事も目にしたので、1つくらいは内臓を取らなければ良かったかなとも思っています。
マツバガイ 食べ方(google検索)

私は軽く塩ゆでにしたマツバガイをわさび醤油でいただきました。

IMG_7827_b.jpg

そして息子とママは塩ゆでしたマツバガイをバター醤油で食べました。
私はあっさりしたわさび醤油が好みですが、バター醤油も美味しかったです。

あと、ポン酢や生姜醤油で食べても美味しいかと思います。

なによりマツバガイの調理は簡単ですのでキャンプでも活用できますね!
グループキャンプなんかでみんなでマツバガイをゲットして、炭で焼き、醤油と酒を垂らして食べたら雰囲気も最高で盛り上がりそうです!
あ~、よだれが(汗)

ということで、磯遊びの記事は終わりにします。
読んでいただいた方、ありがとうございました。


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:アウトドア日記  Trackback:0 comment:0 

大阪岬町、穴場の海岸で磯遊び その1@2015/5/6

5月5日、ゴールデンウイークも明日を残すだけとなりました・・・次男が生まれたばかりで今年はキャンプには行けません。
しょーたは特に何も言ってきませんが、退屈なのか、「パパ、今日なんかするん??」と聞いてきます。
私が「今日はタマネギ抜いて、トマト植えるわ」と答えると、「しょーちゃんも手伝う~」といつになく積極的に手伝いをすると言ってきます。

まあ、小さな庭ですが草むしりとかもありますので子供といえども十分戦力になるので助かります。
ということで、しょーたと作業開始ですが、10数本のタマネギを抜いた時点でダンゴムシやらヤスデとかに心を奪われ、あえなく手伝い終了(爆)
すでに庭に、しょーたの姿はなく、「ぱぁ~ぱ~、こんなところに貝おる~」と叫んでいます。

我が家の裏手に少しばかり水がある側溝があります、昔ながらの言い方をするとドブってやつです。
そこにはサカマキガイやモノアラガイが生息しています、こんな固有名詞を書いてもどんな貝やねんって感じですが、小型のタニシみたいなやつで、よほどの都会育ちでない限り誰もが一度は目にしたことがある小さな貝です。

そんなドブにいる貝に心を奪われている我が息子をみて、「やっぱりどっか連れて行かなあかんな~」と反省させられます。

ということで、5月6日ゴールデンウイーク最終日は息子と二人で海で磯遊びをしようと前々から目を着けていた、岬町にある某海岸に磯遊びをしに行くことにしました。

「さあ、いこか~」ということで自宅を出発したのは9時40分ごろ、しょーたはいつも出発して数分経つと「パパ、もう着く??」と聞いてきます。
「まだまだやで」というと「あと何分??」という会話がいつもの会話です、そしてまた数分経つと「パパ、もう着く??」と聞いてきてその後同じ会話を繰り返すことになります。

IMG_7735_b.jpg

しかし今回は違います、「パパ、タブレット見といていい??」と息子が言うので「何見るん?」と聞くと「ドラゴンボールの画像」と返ってきます、私が「いいよ」というとせっせとグーグルで調べ始めます。
息子は塗り絵をする時に、キャラクターがどんな色か分からない場合、タブレットで画像を見て確認しているのでタブレットの扱いはお手の物なんです。

そしてしばらくすると、タブレットから声が聞こえてきます、どうやら画像ではなくYouTubeでドラゴンボールを見始めたようです、それが幸いし、いつもしつこいくらい聞いてくる「もう着く??」「あと何分??」という声は聞こえず、到着まで退屈することなく過ごしてくれました。

今まで気が付かなかったこの作戦、今後は大いに活用させていただきます!

IMG_7800_b.jpg
IMG_7799_b.jpg

ということで11時過ぎに到着です。
ここは中々の穴場です、道はすれ違うのがきつい細さで時折、道が広がっているところがあり、そこに車を止めて海岸に降りていきます。

IMG_7738_b.jpg

ただ、大人ならまだしも、子供はどこからでも降りられるわけではなく、この様な階段があるところの近くに車を止めて、トコトコ歩ていて行かなければなりません。

IMG_7739_b.jpg
IMG_7744_b.jpg
IMG_7740_b.jpg

ゴールデンウイークだというのに、そんなに人がいないマズマズの穴場です。
ここで楽しめる年齢層は5才~小学生くらいでしょうか、うちの息子は潮岬での春キャンプでヤドカリ捕りを経験して以来、磯遊びに魅了され、テンションが上がります。

海岸に降り、そこらへんを適当に探すと容易にヤドカリ君を発見出来ます。
私が「しょ~、ヤドカリ捕る??」と聞くと「いらん」と言います!?

IMG_7743_b.jpg
IMG_7742_b.jpg

「はぁ~!?」って感じですが
どうやら、春キャンプで捕ったマツバガイを見つけたらしく、ヤドカリはいらないようです。

IMG_7741_b.jpg

マツバガイは岩にへばりついており、マイナスドライバーや貝起こし用の道具を使わなければならず、それが子供にとっては楽しいようです。
まあ、そうはいうもののマツバガイはかなりの吸引力で、道具があっても上手くやらないと取れないので、結局は「ぱぁぱ~、捕って~」となるのですが(汗)

IMG_7747_b.jpg

この磯はよくみるとカニがたくさんいます、早速しょーたに教えると、はじめは怖がって「パパ捕って~!」と言ってきましたが小さなカニなので捕まえても挟まれたりしないということを教えてあげると自分で捕まえ始めました。

IMG_7748_b.jpg
【キャプテンスタッグ コンパクトチェア ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

息子がカニとりをマスターし、自分の世界に入り独りでカニを捕り始めたので私は昼食の準備です・・・昼食の準備といっても弁当なのでテーブルとイスの配置だけです。
イスは折り畳み式で運動会なんかに持って行くのに便利なコンパクトなタイプを持ってきました。
このタイプのイスは小さくて背もたれが短いので長く座ると疲れますが、デイキャンプや今回の様なピクニック的な遊びでは長時間座ることがないので座り心地よりも、持ち運び重視で非常に重宝します。

あっ・・・でも・・・テーブルが・・・ない。
玄関先まで出しておいたのに持ってくるのを忘れてしまいました。

IMG_7801_b.jpg

ってことで、テーブルは出来るだけフラットな石で代用します。
うん、かなりいい感じです!!←自画自賛

IMG_7752_b.jpg

昼食会場も出来たので「しょーた~、そろそろご飯食べよや~・・・」と、
息子を呼ぶこと数十回、やっとカニ捕りを切り上げて昼食にありつけます。

IMG_7753_b.jpg

車を運転しなければならないので、仕方なくコレ・・・
キャンプなら飲めるのですが、今日は日帰りなのでノンアルコールビールで我慢です。

IMG_7751_b.jpg

しょーたは何故か分かりませんが勝手に一人でしゃべって思い出し笑いをしています・・・
危ない人に見えますが、ここ最近よく見る光景です(汗)

時にはテレビで見たことを思い出し、時には保育園での面白かったことを思い出し絵に描いた様に、手を叩いて笑う姿は生粋の大阪人!
見ているこちらが笑ってしまいます。

子供っていいですよね~!!

この後もカニ捕りを堪能するのですが、長くなりそうなので次のお話ということで!!
大阪岬町、穴場の海岸で磯遊び その2@2015/5/6


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:アウトドア日記  Trackback:0 comment:0 

春キャンプ 潮岬望楼の芝キャンプ場 その4@2015/3/27~29

春キャンプ 潮岬望楼の芝キャンプ場 その3からの続きです。

2日目午後の出雲ビーチでの磯遊び~就寝まで
先ほどまで雨が降っていたと思えない天気の回復で再び海に遊びに来ました。

IMG_7407_b.jpg

今度は午前中遊んだ磯から更に車で2分ほど行ったところの出雲ビーチトというところを見つけました、期間限定のダイビングポイントのようです、私は10年ほど前までダイビングに嵌っていて串本の海はずいぶん潜りましたが、串本ダイビングパーク前(串本海中公園)以外はボートで行くポイントばかり潜っていたのでここの存在はまったく知りませんでした。

IMG_7406_b.jpg

ここは本当にきれいな海で午前中に行ったところからから車で2~3分の距離なのですが明らかに透明度が違います、なんだか期待が持てる雰囲気を感じます。

IMG_7400_b.jpg

上から覗くとソフトコーラルがあったり、

IMG_7404_b.jpg

イソギンチャクがあったり、さながら自然の水族館で、カメラでは捕えきれませんが小魚(稚魚)は群れをなして泳いでいます。

IMG_7398_b.jpg

そうこうしていると待望のマツバガイです~~!
これは明らかに岩にへばりついており生きてるというのが一目で分かります!
私もこれが初めてのマツバガイ採りなので大きいのか小さいのかよく分かりませんが大きさは4~5cmでなんとか食べられるというのは分かります。

IMG_7518-b.jpg

ネットで知らべるとマイナスドライバーなどで採ると良いと書かれていたが、ダイソーでこのように貝を採る道具が売られていたのでゲットしておきました。
この道具を使い貝を剥がすようにこそげ捕りますが、中にはかなりの吸引力で手強い個体も存在します。

IMG_7397_b.jpg

でもいるところにはたくさんおり簡単に見つけることができるので、剥がしやすい個体だけ採っていてもそれなりの収穫になります、子供でも簡単に見つけることができますが、見つけた後は「ぱぁ~ぱ~、いっぱいおる~」といってイチイチ呼び出されます(汗)

IMG_7408_b.jpg

持ってきたバケツにはヤドカリ君が入っていたので、箱メガネをバケツ代わりに使っているとマツバガイがひっついてしまいとるのに難儀しました、次からは注意します。

IMG_7409_b.jpg

ご覧の様に1時間ちょっとで大体20~30匹ゲットでき親子2人が食べるだけの量は十分確保出来ました、調理経験もないので風呂に入ってサイトに帰ってからネットで調べて調理ですが、ちょっと心が折れるかも・・・

ということで風呂にします、昨日行きそびれた浦島ハーバーホテルに「今日日帰り入浴できますか??」と聞いてみると「満室ですので5時までとなります」との返事、すでに4時50分、「でもここからなら10分かからないはず」ということで速やかに移動して5分前に受付が出来て無事入ることが出来ました。

やっぱり浦島ハーバーホテルの風呂は露天もあって良いですね~、ホテルの風呂なのでシャンプーやボディーソープは置いてあり料金は大人500円、3歳以上300円で昨日のサンゴの湯よりは高いですがそれでも十分リーズナブルです!

入浴後、やはり今からマツバガイの調理方法を調べて調理する気にならずAコープVASEOで夕食の買い出し、息子は家から持参しているハンバーグがあるので、私用に鶏もも肉を買いました。

IMG_7411_b.jpg
【GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラーEX-777XP ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

早速、昨日発見した使い方を活用!ジェントスエクスプローラーの横倒しで使いチキンステーキの調理開始、以前ダッチオーブンでのチキンステーキとハンバーグの作り方をアップしましたが今日はダッチオーブンを持って行ってないのでフライパンで調理です。
果たしてダッチオーブンとフライパンの違いはあるのでしょうか??

IMG_7412_b.jpg

まず見た目ですが、ハンバーグもチキンも少し焦げ目が多くなり過ぎました・・・
よって、焦げた部分が苦いです、そんなに火力を上げたつもりはないんですが分厚いダッチオーブンと薄いフライパンの違いでしょうか??
ハンバーグに関してはおいしいと言ってモリモリ食べていましたが、鶏に関してはもしかしたら肉そのものの問題かもしれませんが、なんかパサついていると感じました。
まあ、それでも十分美味しかったですが。

IMG_7417_b.jpg

そうそう、ご飯を炊くのが面倒でパンにしました、昼間遊び過ぎて、オヤジは疲れ果てどうしても簡単なほうに走ってしまいます(涙)

ということでこの後は疲れて早々と寝てしまいました。



3日目朝食~チェックアウトまで
最終日の朝です!
昨晩から今朝にかけても特に寒さを感じることなくぐっすりと眠ることが出来ました、串本は温暖で良いですね!
ただ、今日は降水確率80%の雨予報、朝食後すぐに撤収して雨に濡れなければいいのですが・・・

IMG_7421_b.jpg

最終日の朝食ですが息子は白ご飯と目玉焼きとコーンスープ・・・レトルトカレーを持ってきてましたが「しょうちゃん、(ご飯と目玉焼きを)一緒に食べたらおいしいから目玉焼きとごはんだけでいい」と渋いことをいっておりました。
私は100均で買っておいたレトルトのマーボナス丼と目玉焼き、そして昨日の残りのスープにしました、マーボーナスといっても特に辛くもなく朝にはぴったりのお味です!気に入りました!

IMG_7419_b.jpg

あ~、願いむなしく朝7時過ぎには雨の洗礼を受けました(涙)
とてもじゃないけど撤収なんて出来ません。
昨日の晩時点のyahoo天気では曇り一時雨だったのですが止んでくれるのでしょうか??

IMG_7430_b.jpg

小雨になった時に洗い物をしたり30m離れた駐車場の車に寝袋やバッグ等小物を運んだり、テントや最低限の道具以外の撤収は完了しましたが、テントを撤収する前にお昼を迎えてしまいました、お腹が空いたので非常食のカップラーメン投入です。
息子は一昨日の人生初のカップラーメンに続き今日は人生初のカップ焼きそばです、相変わらず「うま~」とか言いながら食べていました(笑)
この後、帰宅してもカップ麺系のものをせがまれないように「カップラーメンはキャンプの時だけやで!!」と言い聞かせておきました。

IMG_7434_b.jpg

その後、いくら待っても雨がやまないので小雨の時を狙ってなんとか撤収完了、キャンプ場を後にしました!
雨に濡れたテントは当然ビニール袋にほり込んで持ち帰り、家で乾燥が必要です(涙)



春キャンプの総括
我が家のキャンプスタイルは風呂や買い出しの時以外、ほぼキャンプ場で過ごすというスタイルです、例えば琵琶湖なら湖畔のキャンプサイトなのでそこで水遊びが出来ますし、天川村ならやはりキャンプ場隣接の云わばプライベートリバーのような川で移動なしで遊べるという遊びに便利なキャンプ場ばかり選んでいます。

今回のキャンプのテーマは「磯遊びと波止釣り」でした、そして日本海ではなく、太平洋側のある程度温暖な地に行きたかったので選択肢は和歌山県南部か淡路島しかありませんでした。
そしてキャンプ場の敷地内、もしくは徒歩圏内で「磯遊びと波止釣り」の両方出来るキャンプ場を探しましたが見つけることが出来ませんでした。

そして「無料」「スーパーや風呂が近い」「磯遊びできる海岸が多そう」という理由で串本を選びましたが、結果的には大正解だったと思います。

私は前述の通りキャンプ場で遊びまで完結するキャンプ場ばかり選んでいたので、こんなにあちこち飛び回りキャンプ場をベースキャンプ的な使い方をした経験はそれほど多くなかったので、スーパーや風呂、海岸と私の望むものの全てが近い潮岬望楼の芝キャンプ場が小さな子供連れのファミリーキャンパーにとってポテンシャルの高さを感じました。

また、キャンプ場から10分も走れば街なのでスーパーや風呂の他に病院や薬局もありますし、その気になればファミレスや食事処といったお店がいたるところにあるので、どうしても面倒くさい時は外食も出来ます(爆)←もはやキャンプじゃない(汗)

それと4年前にここを訪れた時は息子がまだ2才だったので望楼の芝だけで十分事が足りていたのですが、6才になった息子があれから大きく成長して、初日の海へ下りる為のプチ登山、そして2日目3日目の海では滑りそうでゴツゴツした自分の身長よりも高い磯場を登ったり渡ったりと大いに成長を感じさせてくれるキャンプでもありました。

ただし親はあちこち飛び回り、帰ったら食事作りと時間がタイトで疲れました~~~(爆)
遊びもそのキャンプ場で出来る完結型のキャンプ場がいい~~(笑)
でも、無料でここまで良いキャンプ場はなかなかないと思うので、将来的に今月生まれる次男を連れて、またここに来ると思います!
その時は長男のしょうたがさらに成長して戦力になってくれるでしょう!



おまけ
IMG_7446_b.jpg

↑雨家族の我が家ではキャンプの後、2回に1回くらいの割合でこんなことになります(汗)

IMG_7445_b.jpg

↑そうそう、ゲットしたマツバガイは半分以上リリースして少しだけ持ち帰り、家で頂きました。
塩ゆで&醤油バター焼きで頂きましたが、食感はアワビと同じような感じでコリコリして美味しかったです(写真撮り忘れ・・・)磯場に遊びに行った時はマイナスドライバー片手に探してみて下さい、個人的には大好きな味&食感です(^^)/

今回のキャンプ日記、相変わらず長くなりましたが読んで下さった方ありがとうございました。

<こんな記事もあります>
潮岬望楼の芝キャンプ場(潮岬キャンプ場)レビュー


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:潮岬望楼の芝キャンプ場  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
6位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。