スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

潮岬望楼の芝キャンプ場(潮岬キャンプ場)レビュー

潮岬望楼の芝キャンプ場レビューです、私が知りえるキャンプ場とその周辺の情報、そしてキャンプ場で気付いたことや、良かった点、がんばってほしい点等々書き綴っていきます、ここを訪れようとしている方の参考になれば幸いです(^^)



【キャンプ場概要】
shionomisaki.jpg

○キャンプ場ホームページ
潮岬キャンプ場
潮岬望楼の芝キャンプ場

細かい情報は上記リンクより確認して頂くとして、ここのキャンプ場の最大の特徴は一部時期を除いて無料で利用できるという点。
無料故に多少不自由なことがあっても仕方ないと思うのだが電源こそないもののトイレや洗い場があり、なに不自由なく過ごせるキャンプ場。
また街に近く、人造物もそれなりにあるが、住宅街ではなく高台にある点、そして南側には海が見える環境で自然の雰囲気もあり個人的にはいいキャンプ場だと思う。

今回(2015年3月27日~29日)週末利用でファミリーキャンパー4~5組、それ以外にソロキャンパーやソロのグループキャンパーのテントが合わせて20張り程度張られていた、しかしソロキャンパーは朝早くに撤収していかれるので窮屈感は全くなかった。
(季節的なものか、うちも含めてほとんどのキャンパーはテントのみ、あるいはスクリーンタープのみの設営でした。)

ただ、ここは車横付けが出来るオートキャンプ場ではないので、駐車場に車を止めて機材を運び込まなければならない。
道路に近いところにテントを張る場合は一時的に道路に車を止めて歩道上に荷物を仮置きし、その後車を駐車場に移動した方が楽だと思われる。



【フィールドについて】
IMG_7385_b.jpg
(道路側から松林側(有料期間キャンプ場側)に向けて撮影した写真)

地面=芝(雑草)で比較的平坦。
水捌け=悪いというレベルではないが、2~3時間の普通の雨で所々水溜まりが出来始めた。
ペグの刺さり=比較的柔らかいが、固いものに当たり苦戦することもある。
使用ペグ=ネイルペグ。

一番上の写真で分かるように無料期間キャンプ場のスペースは全体のスペースと比較すると10分の1くらいのスペースしかない、もし無料期間キャンプ場にファミリーテント(タープなし)をそこそこのプライバシーを確保しつつ張ると10張り~12張りくらいが限界と思う。
但し後ほど説明する松林から海側にあるスペースにもある程度のスペースがあるので、そこにもファミリーテントが5~7張りは張れる。
(いずれの場合もソロ用テントならもっと張れます。)

IMG_7386_b.jpg
(無料キャンプ場の北東側から南西方向に撮影)

IMG_7389_b.jpg
(同じく無料キャンプ場の北東側から南西方向に撮影)

これは自分の為の覚書だが、上の写真の一番奥に張られているテントのあたりがベストポジションではないかと思っている。
理由は水道とトイレに近いこと、その反面駐車場には遠いが荷物を降ろす時は一時的に路上に駐車して歩道に荷物を降ろし、その後車を駐車場に止めれば駐車場から遠いことが問題とは思わない。

IMG_7392_b.jpg
(無料キャンプ場の南西側から北東方向に撮影)

IMG_7393_b.jpg
(松林から海側(有料期間キャンプ場側)にわずかに設けられた無料スペース)

先ほど書いたように松林から海側に少しだけ無料スペースが設けられていて、ファミリーテント(タープなし)なら5~7張りのテントが張れそうなスペースがある。

IMG_7394_b.jpg
(看板(虎ロープ)より海側は有料期間キャンプ場)

IMG_7395_b.jpg
(有料期間キャンプ場)

写真の様に有料期間キャンプ場はかなり広くファミリーテント(タープなし)なら、あくまでも推測だが100張りくらいは行けそう。
ただし、仮にここの奥の方(海側)に張ってしまうと、トイレや水場がとてつもなく遠く、目測では水場が100mくらい、トイレは130mくらい歩かされることになりそううなので、有料期間のキャンプ場が混んでいる時には不便なキャンプ場になることが予測される。



【キャンプ場の装備】
IMG_7387_b.jpg

写真のようなテーブルとイスが無料スペースに6~7組!?(数えるのを忘れました)あり、その近くにテントを設営すると利用でき便利。

IMG_7388_b.jpg

これは松の木で装備ではないが、写真の様にハンギングネットをかけたりできるので便利。

IMG_7390_b.jpg

水道設備は無料キャンプ場にあり、普通の蛇口の水栓が4つ有り、そのうちのひとつはバーベキューコンロを洗う時に便利な地べたの水道となっている。

IMG_7391_b.jpg

前述の水道施設に連なるように入浴施設とかでよく使われている自動停止するプッシュ式の手洗い用水栓!?が4つある、キャンプ場でプッシュ式は珍しく、混んでいる時にはここで洗い物をすることになるので個人的には不便だと思う。

【ゴミについて】
分別することによりにゴミを捨てることが出来ます。
無料なのに本当にありがたいです。




【トイレについて】
IMG_7439_b.jpg

キャンプ場から道路を隔ててトイレが設置されている。
無料キャンプ場の一番遠いところからは目測で70m~80mくらい離れている。

IMG_7356_b.jpg

男子トイレの小便用が3つ並んでいる。
まあ無料ということを考えると綺麗といっていいと思う。

IMG_7353_b.jpg
IMG_7354_b.jpg

大便用は様式トイレがひとつ、和式トイレがひとつで、ご覧の様に洋式トイレにはウォシュレットが装備されている。
私はウォシュレット派なので個人的にうれしい。
ただし2015年3月29日現在で洋式トイレを新装したばかりなのか、肝心の扉が付いておらず利用することが出来なかった。

IMG_7355_b.jpg

和式トイレには当たり前だが扉は付いていた、ちなみにトイレットペーパーも装備されている。



【周辺施設について】
IMG_7440_b.jpg
IMG_7442_b.jpg

キャンプ場から200m~300mくらい離れたところにある潮岬観光タワー
今回チェックするのを忘れてしまいました(涙)
なので詳細はリンクから飛んでご確認下さい。

IMG_7441_b.jpg

こちらは潮風の休憩所という建物、残念ながらここも今回訪れなかったので写真掲載のみです。
詳細を知りたい方はグーグル検索のリンクを下記に貼っておきますので、そちらからご覧下さい。

潮風の休憩所(グーグル検索)



【その他の情報】
○近くのスーパー
AコープVASEO
キャンプ場から車で約10分の所にあるスーパーで都会のスーパーと遜色ないので、基本的な食材なら何でも揃う。

オークワ串本店
こちらはキャンプ場から12~3分程度のところにあるスーパー、こちらのスーパーも都会のスーパーと同じく基本的な食材なら何でも揃う。
また、ここはダイソー(百均)が併設されているのでちょっとしたものを忘れたりしても、あるいはシャボン玉とか砂浜で遊ぶ用のシャベルやバケツなど子供の遊び道具を調達する際に最低限の出費で済むのがうれしい。


○ホームセンター
キャンプで忘れ物をした際に役立てればということでホームセンターの情報を載せておきます。
コーナン ホームストック 串本店
コメリハード&グリーン 串本店(グーグル検索)


○入浴施設
浦島ハーバーホテル温泉
キャンプ場から車で15分程度のところにあるホテルで日帰り入浴が可能、こちらは温泉で内湯と露天があり私のお気に入り。
料金もリーズナブルで大人800円、3歳以上300円、ホテルのお風呂なので当然シャンプー、ボディーソープは常備されている、また脱衣所に無料の貴重品ロッカーがある。

サンゴの湯
KIMG0268_b.jpg

キャンプ場から車で15分程度のところにある銭湯、銭湯ゆえに低料金で入浴が可能、シャンプー、ボディーソープ、石鹸が常備されており、バスタオルやタオル、髭剃りを持参すればOK、またタオルや髭剃りの販売もある。
こちらも脱衣所に無料の貴重品ロッカーがある。

浴槽(湯船)は3m×5mくらい、洗い場(シャワー)が11か所で大きくはないが必要にして十分な大きさ。

串本ロイヤルホテル温泉
スキューバーダイビングで串本に通っていたころに1度だけ行ったことがあるが、昔の事なので詳細は覚えていない。
今回、私のお勧めの浦島ハーバーホテルが入浴できなかった時に選択肢に入れたが、料金が高くて断念した。
料金=大人¥1,200 小人¥600(4歳以上) 3歳以下は無料

ダイビングで使っていた民宿のお母さんに「串本の温泉どこが良いですか?」と質問すると「串本ロイヤルホテル」と言われたことが今でも印象に残っている。


○近隣の観光地
串本海中公園
キャンプ場から車で20分ほど走ったところにある施設、ダイビングをしていた時にはパーク内のダイビングパークは頻繁に利用していたが、ここの目玉であろう海中展望塔や水族館は利用したことがない。

橋杭岩
IMG_7297_b.jpg

キャンプ場から車で15分ほど走ったところにある景勝地。
今回はここでヤドカリ捕りをして遊んだ、潮だまりで遊べば子供でも全く危険を感じなかった。またここは景勝地として有名なので大人でも一見の価値ありだ。

橋杭岩海水浴場

子供と一緒に行く夏キャンプでは必須となるであろう海水浴場、ここ以外にも海水浴場はあるのだろうが橋杭岩と隣接しているということで挙げておきます、今回視察したが写真撮り忘れました(涙)



【総合評価】

○良かったこ点
1、正直無料なので、そこを考慮すると空いている時期なら文句のつけようがない。(有料期間あり)
2、車で15分以内の近隣にスーパー、ホームセンター、薬局、コンビニ、百均、入浴施設と何でも揃いファミリーキャンパーには至れり尽くせりの環境。
3、街は近いがそれなりに雰囲気があり、「キャンプに来ました感」を十分味わえる。
4、松葉や松ぼっくりが落ちているので焚き付けの材料に困らない。
5、チェックイン、チェックアウトフリーなので迷惑な時間帯以外なら自由気ままに設営、撤収が出来る。


○悪かった点
1、無料なので我慢できる範囲だがトイレが少し遠い、またこれは今後改善されるだろうが2015年3月29日現在で洋式トイレのドアがついてなかった。
2、水道とトイレが一か所しかないので混んでいる時は順番待ち必至だと思われる。
3、有料期間中に奥の方にテントを設営を迫られると、100m以上の荷物の持ち運びが必要、そしてトイレや洗い物の際にも100m以上の移動を要求される。
4、無料なので住んでいると思われる方がいた。私の見立てではテント3張り、駐車場で車中泊1台の方がそれに該当すると思われた、空いている時はいいのだが、混雑時期や有料期間はどのような状況なのだろう?



<潮岬望楼の芝キャンプ場(潮岬キャンプ場)のキャンプ日記>
春キャンプ 潮岬望楼の芝キャンプ場 その1@2015/3/27~29(2015/04/01)
春キャンプ 潮岬望楼の芝キャンプ場 その2@2015/3/27~29(2015/04/04)
春キャンプ 潮岬望楼の芝キャンプ場 その3@2015/3/27~29(2015/04/07)
春キャンプ 潮岬望楼の芝キャンプ場 その4@2015/3/27~29(2015/04/10)


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
スポンサーサイト
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:和歌山県  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
11位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。