スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

ヘビーロストルは本当に強い!?楽しみながらテスト!?

ヘビーロストルの強度が気になる

20151031 (1)_b
【ユニフレーム ヘビーロストル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

ユニフレーム・ファイヤグリル持ってないのにヘビーロストルの記事を書いてから既に8カ月ほど経過している。
実はこの記事を書いた直後に「ヘビーロストルの強さはどんなものなのか??」という疑問から耐久テストを試みていたのだが、リアルタイムなキャンプ記事やらスキーの記事を優先したあまり機を逃してしまいこの事を書くことなく今日まで放置状態となっていた。

今は逆にキャンプネタに困っており、この時ばかりにと放置されていたこのネタを書く事にする。
ヘビーロストルといえばファイヤーグリルのオプションだが私はファイヤグリルを持っておらず、手持ちのBBQグリルでのテストとなることをまず最初に断っておく。

IMG_5236b.jpg
それではなぜわざわざヘビーロストルの強さを調べるのかというと理由はこうだ!
ヘビーロストルを手に入れるまで私のダッチオーブンの運用方法は上の写真のようにBBQコンロにキャプテンスタッグのセカンドグリルを橋渡しさせその上にダッチオーブンを載せて使っていた。

セカンドグリル自体そこそこ太いワイヤー状のグリルなのだが、この様にダッチオーブンを載せ長時間炭火にかけていると段々とダッチオーブンの重みに負けて反ってきてしまうのである。

20151031 (15)_b
【キャプテンスタッグ ワイドセカンドグリル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

まあ、重みに負けて反るのはまだ理解できるのだが、ご覧のように重量の負荷がかからない水平方向にもワイヤーが歪んできてしまうありさま。

我が家はファミリーキャンプに行くとかなり高い確率でダッチオーブンが登場する。
そしてオーブン料理をすると少なくとも2時間、長ければお持ち帰り用の焼き芋をたくさん作るので3~4時間ダッチオーブンを炭火にかけっぱなしにすることもあるのでこんなことになってしまうのは理解できなくもない。

そこで疑問となるのがヘビーロストルは強度的に大丈夫なのか??ということ。

2015IMG_0375.jpg
ということで今回、使い心地の検証も兼ねて楽しみながらヘビーロストルの耐久テストをすることにした。

7時間ほどぶっ通しで炭火にかけてみた

まずは野菜のオーブン焼き

2015IMG_0387.jpg
まずは炭を熾さなければということで、BBQコンロに炭を敷き、その上に薪(廃材)を井の字に組んで焚火の力で炭を熾すのが私のいつもの炭熾しスタイル。

2015IMG_0390.jpg
薪が燃え尽きる頃、いい感じに炭が仕上がる。

2015IMG_0391.jpg
まずは、炭を上火用と下火用に分ける。
左が下火用の炭、右が上火用の炭。
ダッチオーブンの上火には炭を7~9個くらい並べ、下は少し弱めにするのが私にとっての黄金比。今回下火が少し多いように見えるが炭はあまりなく、熾火になった廃材の燃えカスが多いだけなので大丈夫なはずだ。

2015IMG_0394.jpg
ヘビーロストルのはコンロの左一杯にセットし、右側は炭を取ることが出来るようにした。

2015IMG_0399.jpg
片方にヘビーロストルを寄せていると、火力が弱くなったリッドの炭と高火力を維持している下の炭を入れ替えるのに役立ち便利だ。
ただ、奥の方の炭は取ることが出来ないので結局ダッチオーブンとヘビーロストルを除けて取ることになるが構造的に仕方ない。

2015IMG_0398.jpg
【ユニフレーム ダッチオーブン10インチ スーパーディープ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

ダッチオーブンを載せた後、計画通り右側の炭をダッチオーブンのリッドに配した。
ダッチオーブンで長時間調理するには長持ちするオガ炭が最適と思っているが、今回岩手切炭も少し混ぜてみた。

その理由はオガ炭はダッチオーブンのリッドの上に載せていると時間が経つにつれ火力が弱くなり立ち消えしそうになるが、岩手切炭も同様に火力が弱くなるのか検証したかったからだ。
結論から言うとオガ炭も岩手切炭もやはり時間が経つにつれ火力が弱くなるのは同じだった、炭はおしくらまんじゅうのようにひしめき合って密着していると決して火力が弱まることはないが、点在しているとどうしても弱くなってしまうようだ。

2015IMG_0393.jpg
まず、子供たちを口封じする為、焼き芋を中心とする野菜のオーブン焼きをする。
まず1階部分にはたまたま家にあったインカのめざめ(ジャガイモ)を投入。

2015IMG_0392.jpg
【ダッチオーブン底網10インチ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
【ダッチオーブン底上げネット10インチ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そして、2階部分には子供たちの為にサツマイモと私の為にニンニクを投入。

ちなみに1階に底網を敷き、2階部分に底上げ網を敷き2階層にするのは私がよく使う手法で1回のローストでより多くの食材をローストすることが出来るテクニックだ。

2015IMG_0422.jpg
30~40分後、とりあえず完成!!

2015IMG_0429.jpg 
まずはサツマイモのロースト、平たく言うと焼き芋。
おっ~!バッチリ蜜が回り最高のでき!

2015IMG_0431.jpg
そしてこれがインカのめざめ!
ジャガイモにしては非常に強い甘みがありジャガイモとサツマイモの中間的な味で美味。

2015IMG_0432.jpg
【サンタフェステーキスパイス ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そんなインカのめざめの味をサンタフェスパイスがより引き立てます。
子供たちはサツマイモに夢中でインカのめざめには見向きもせず私が全て平らげました(笑)
大人にとっては断然インカのめざめが美味しく感じると思います。

初めての手作りピザ

2015IMG_0377.jpg
【パナソニック ホームベーカリー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

ただ単にヘビーロストルに炭火を当て続けるなんて面白くないので記事のタイトル通り楽しみながら耐久テストをする。
お次はピザ!
我が家がピザをするときはいつも冷凍ピザとか冷蔵ピザをベースにトッピングをするというやり方だが、今回は生地から作ることにした。

2015IMG_0404.jpg
と、言っても生地そのものを作るのはパン焼き器の仕事。

2015IMG_0413.jpg
そして、生地を伸ばして具をトッピングするのは子供たちの仕事。
この日は保育園時代のお友達の何でも良く出来るH子ちゃんが遊びに来ていたので頼もしい!

2015IMG_0415.jpg
さすが女の子、うちのしょーたは食い意地が張って大好きなウインナーをトッピングしまくっていたが、ちゃんとデザインを考えている。
でも、これでは具が少なすぎるので、

2015IMG_0418.jpg
結局のところこうなってしまうのは致し方あるまい。
うん、でも焼く前から美味そうだ!

2015IMG_0423.jpg
これはしょーた作だったかな??数か月前の記憶を辿りながら記事を書いているのではっきり覚えていないが最初の頃はチーズが少なめなので、

2015IMG_0433.jpg
出来上がりがなにか物足りなさを感じてしまうが、それでも焼きたてのピザは美味だった。

2015IMG_0425.jpg
全部でピザが6~7枚出来たと記憶している。

2015IMG_0426.jpg
何でもそうだが経験は大きな武器となる。
最後の方はトッピングの量や焼き加減が上手くなってくるので、味も比例して美味くなった。

最後はローストチキンと玉ねぎと安納芋のロースト

2015IMG_0436.jpg
昼前からやっているが、そろそろあたりが暗くなってきたので最終のメニューを作ることに。
トリを飾るのは鶏・・・(汗)
失礼、そんなつもりはなかったのだが、思ったことをタイピングしているとくだらないオヤジギャグが炸裂してしまった。

オヤジギャグは喰えないが、ローストチキンは美味かった、ただビジュアル的には最初に焼き目を付けるべきだったと反省している。

耐久テストの結果とメンテナンス

2015IMG_0438.jpg
さて、時間にして約7時間程、ダッチオーブンは10回前後回転したはず、ずっとそばに着いていたわけではないが結構な長丁場だった。
さすがユニフレーム!これだけ使い倒したヘビーロストルだが、全くもって歪みなどは発生していない。

20151031 (16)_b
今まで使ってきたセカンドグリルはこうなるのにそれほど時間は掛からなかったと記憶している。
(その代わりお値段も安いが・・・)

2015IMG_0440.jpg
もちろん煤汚れなんかは付着するが、クロスした網ではないので掃除も比較的簡単、

2015IMG_0441.jpg
金属たわしでゴシゴシやれば難なく汚れを落とすことが出来る。

2015IMG_0442.jpg
アップで撮ってみても綺麗なもの。
ステンレスなので錆のリスクも非常に少なく、掃除も簡単、メンテナンスの容易さに関しては100点といってもいいと思います。

また、長時間炭火を浴びせましたが、全く歪むことはありませんでした。
恐らくフィールドでここまで長時間連続して火にかけるということはないので強度に関しても100点といってもいいと思います。

このテストをしたのは数か月前なので手持ちのBBQグリルを用いて検証しましたが、今後は先日手に入れたスノーピークの焚火台Mとのコンビで使いたいと考えています。

201605IMG_1315.jpg
【焚火台Mスターターセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

スノーピークの焚火台は非常に強固で一生ものと考えていますが、ヘビーロストルも焚火台同様しっかりしておりこれもまた一生もの!
いいコンビで使っていけそうです!

<こんな記事もあります>
憧れのスノーピークの焚火台、遂にゲット!
新基準!焚火台M+ヘビーロストルなら炭床はこれだ!



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
スポンサーサイト

Tag:ユニフレーム  Trackback:0 comment:0 

新基準!焚火台M+ヘビーロストルなら炭床はこれだ!

ヘビーロストルと炭床Mの相性は悪い


201605IMG_1310.jpg

前回の記事(憧れのスノーピーク焚火台、遂にゲット!)で書いたように「焚火台Mスターターセット」たる商品を手に入れたのだが、スノーピークの焚火台Mとユニフレームのヘビーロストルの組み合わせで使用することを目論んでいる私にとって、スターターセットに付属している炭床Mは見るからに大きく炭を入れた時に炭と網の距離が近すぎる可能性が高い。

201605IMG_1311.jpg

ご覧のように炭床の面積が広いのはいいのだが、これだけのエリアに炭を入れて着火するとかなりの火力になるはず。

201605IMG_1315.jpg
【ユニフレーム ヘビーロストル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

それでもダッチオーブンなら炭の量を調整して調理すれば上手くいくかもしれないが、BBQ等の焼き物をするには近火の強火になりかねないクリアランスではなかろうか!?

201605IMG_1312.jpg

そもそも、この炭床はグリルブリッジと焼アミPro.Mを使いBBQなり焼き物を楽しむ仕様になっているので、ヘビーロストル直置きの場合、近火になって当たり前。

201605IMG_1313.jpg

試しに炭床Mとヘビーロストルをセットして炭床から網までの距離を測ると、たったの4cmしかなかった・・・
仮に直径が3cmの炭を使用した場合、炭から食材までの距離が1cmしか確保できなくなる計算だ。

これでは前述の通りダッチオーブンは大丈夫だとしてもBBQをするには常時強火での調理をするようなもので使い物にならないのは目に見えている。

やはり炭床Sや他の代替品を検討するしかないと痛切に感じた。

ネイチャーストーブ焼網SUS210を想定して検証



【ネイチャーストーブ焼網SUS210 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

炭床Mの代替品として3つほど候補を挙げてみたので、大きい方から順に検証していこうと思う。
まずは21cm角の網を炭床として採用した場合の検証です。

201605IMG_1318.jpg

検証と言っても実際に現物を用意するほど懐事情に余裕がないので、ダンボールを切り抜き、焚火台に置いてみた。
うん、炭床の面積としてはいい感じに見えるが、やや浅いか!?

201605IMG_1319.jpg

先ほどと同じように炭床から網までの距離を計測すると約6cm・・・
やはりちょっと浅いな。

炭床Sを想定しての検証



【スノーピーク 炭床ProS ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

お次は19cm角で多くの先輩たちが焚火台Mでヘビーロストルを使う際に採用している炭床のSを想定してみることにした。

201605IMG_1321.jpg

お~、ダンボールを置いた瞬間「これで決定!!」と言いたくなる炭床の面積と深さのバランスの良さ。
さすが先人たちがチョイスした組み合わせだなと思わされた。

201605IMG_1322.jpg

実際クリアランスを測ってみると、約7cm・・・
ん・・・、案外浅いな・・・、さっきの21cmと1cmしか変わらない。

しかし、そもそも炭床と網のクリアランスが何cmが適正なのか分からないので、何とも言えないが浅い感じがする。

笑's ハイパーロストルを想定して検証



【笑's ハイパーロストル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

最後は一番小さいサイズとなる15cmの笑'sのちび火君のロストルであるハイパーロストルを想定しての実証実験。
実はハイパーロストルに関しては焚火台のSサイズを使用する場合に多くの方が炭床として使っている商品で、ネットで調べるも焚火台Mにハイパーロストルを使用している実例を見つけることが出来なかった。

201605IMG_1323.jpg

さて、どんな感じになるのだろうとダンボールを宛がうと、見た瞬間、「ちっちゃ~~い!!」と直感した。
しかもハイパーロストルのサイズ表記はネットを探しても見つからず、15cmというのはちび火君の仕舞い寸法が15cmだったので15cmで検証しているが、ちび火君にすっぽり収まるロストルなので更にひと回り小さいはずだ。

201605IMG_1337.jpg

でも、せっかくなので上記2つと同様に炭床から網までの距離を測ってみると約10cm。
うん、見た目ではこれくらいがちょうどよく見えるぞ。

問題は炭床の面積の狭さだな・・・

候補を炭床ProSかハイパーロストルに絞る


とりあえず上記検証をまとめてみる。

ネイチャーストーブ焼網SUS210


炭床の面積が大きいのはいいのだが、網と炭床の距離が短すぎるように感じる。
また、あくまでもただの網なので、強度的に持たないだろう。

これは却下だな。

炭床ProS


さすがに多くの方が採用しているロストルで、実証実験した3つの中ではもっともバランスが良さそう。
ただ、鋳物なので「重い」と「恐らく錆びるだろう」というウイークポイントが付きまとう。

ハイパーロストル


炭床ProSに比べると、炭床の面積の小さい、その代わりクリアランスは広い。
こちらのウイークポイントは2,3mmの黒川鉄板を使っているが、炭の熱量は相当なので使用による歪は覚悟しなければならないだろう。

ただ炭床から網までのクリアランスは一番良いように思う。

でも、そもそも炭床から網までのクリアランス(距離)って一体どれくらいが適正なんだ!!
ここでは炭床ProSとハイパーロストルに絞るのみに留めて、次はクリアランスについて考えてみよう。

適正クリアランスをユニセラより読み取る


201605IMG_1334.jpg

さて、適正なクリアランスをどう判断するかだが、ユニセラの遠火と近火を参考にすることにした。
遠火状態での炭床から網までの距離は約10cm、奇しくもハイパーロストルを使用した時とほぼ同じ広さだ。

201605IMG_1336.jpg

そしてユニセラの網をひっくり返し、近火を測ってみると、約7cm、これは炭床ProSを使用した時と同じような広さだ。

こうなってくると、あくまでも好みの問題で、私がユニセラを使う時は大抵、遠火状態で使っており近火ではあまり使わないのでクリアランスは10cmあった方がいいかなと感じている。

なのでクリアランス面から見るとハイパーロストルに心が傾く結果となった。



普通のBBQコンロのクリアランスも測ってみた

(2016/07/06追記)
20151031 (4)_b

ユニセラの遠火と近火を測ったが、後日念の為、私が以前より持っている何の変哲もない普通のBBQコンロについても炭床(ロストル)から網までの長さを測ってみた。

160706-140140.jpg

うん、このコンロについても約10cm!!
炭床(ロストル)から網までのクリアランスは10cmってのが一定の目安と考えていいと確信しました。



両候補に炭を入れてみた


現在のところ、炭床の面積という観点から見ると、
炭床ProS>ハイパーロストル

クリアランス面から見ると、
ハイパーロストル>炭床ProS

のような評価となっており、重さの面から見ると圧倒的にハイパーに分があり、耐久性に関しては一方は錆びやすく、一方は歪むであろう不安があるので優劣の区別は出来ない状況。
私の心はハイパーロストルに傾いているが、炭の量が載せられないのならBBQどころの話ではない・・・

しかし、炭床の面積の違いで、炭床に載せられる炭の量はどれくらいの差が出るのだろうか??

これが最終検証、炭の載る量で判断しよう。
ということで、炭床ProS想定の19cmとハイパーロストル想定の15cmにそれぞれ炭を載せてみた。

201605IMG_1330-2.jpg
201605IMG_1332-2.jpg

えっ・・・、なに、これっ・・・予想に反していい感じ!

見ての通り、載る炭の量にほぼ差は出ない・・・
というのも、炭床の大きさを超える量の炭を載せても、傾斜の部分に炭が掛かるものの何ら問題なく載ってしまいました。

これで結論が出ました!!
クリアランスを約10cm保つことができ、尚且つ炭床ProSと同じだけの炭が載るハイパーロストルに決定です!!

シュミレーションってやってみるものですね!!
私は重量面が気になっていたので鋳物の炭床ってのが引っかかってたんですよね~。

早速、ネットでハイパーロストルを注文してみました!

ハイパーロストルの現物にて再検証


201605IMG_1356.jpg

はい、後日ハイパーロストルが無事到着しました。
ネットで見つけることが出来なかった気になる寸法ですが、

160609-081136.jpg

おー、まい、がぁっ・・・
15cmより、小さいのはある程度想定済みですが、13,5cmしかありませんでした(大汗)

201605IMG_1358.jpg

うわっ・・・やっぱり、ちぃっちぇっ!!
まあ、あかんかったら鍋敷きとして転用すりゃいいかっ!そんな高いもんじゃないし!

201605IMG_1359.jpg

あっ!でもなんか角がカットされているので焚火台との相性が良いかも・・・

201605IMG_1360.jpg

いや、そんなことはなかった・・・
これはわざとこの様にしてみたのですが、角がカットされているので逆に座りが悪く、ズレることも想定されます・・・

まあ、でも通常使用においては万有引力の法則通り、垂直方向しか力はかからず、変な方向に引力が働くことはないはずなので大丈夫でしょ!!
気になる方も居られるかと思うので念の為、発信しておきます。

201605IMG_1362.jpg

気を取り直して、炭床の底から網までの距離を測定、うん、約10cmで15cmのダンボールでの実験とほぼ同じ。
私が最良と考えるクリアランスでした。

160609-094845.jpg

炭を入れてみましたが、これも想定通り、ばっちりです。

160609-095004.jpg

真上から見たら、こんな感じです。

160609-094946.jpg

ヘビーロストルをセットしてみるとこんな感じです!!!
まだBBQで実践投入していませんが、

オ~、グッジョブ!!
と言っていいでしょう!

網の中央付近は強火エリア、そして網の外周は弱火エリアで保温に活用できそうです!
早くBBQをしたくなってきました(^^)/

収納スッキリで重さも気になりません


160609-085033.jpg
【焚火台Mスターターセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

焚火台Mスターターセットをお持ちの方はご存知でしょうが、ずっしり重いです。
炭床をハイパーロストルに差し替えるだけで、ぐっと軽くなり測ってみると約6kgでした、ハイパーロストルに差し替えると非常に快適に感じます。

炭床ProS単品で2,5kgあるのですが、僅か2,5kg、されど2,5kgでそのアドバンテージの大きさに気付かされました。

160609-085321.jpg

コンプリートケースに収納しても、分厚い鋳物の炭床ProSからほぼ存在感が無いハイパーロストルに変わったので余裕すら感じます。

201605IMG_1365.jpg

そして、車への積込み時も、炭床が大きな鋳物から、コンパクトな黒川鉄板に替わった引っかかりもなくスムーズに僅かな隙間に押し込むことが出来ますよ!

以上、当ブログでは焚火台Mとヘビーロストルの炭床はハイパーロストルをお勧め致します!
また、実践投入した暁には新しく記事を書くなり追記をするなりして発信していこうと思います!

では!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スノーピーク  Trackback:0 comment:5 

憧れのスノーピークの焚火台、遂にゲット!

半年間検討の末にスノーピークをチョイス


201605IMG_1344.jpg

ユニフレームのファイヤーグリルを持ってないにもかかわらず、同社のヘビーロストルを購入してから約半年が過ぎました。
ユニフレーム・ファイヤグリル持ってないのにヘビーロストル


【ユニフレーム ファイヤグリル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

この頑丈な網を購入した理由は以前記事に書いた通り将来的にユニフレームのファイヤグリル、もしくはスノーピークの焚火台Mを買うことを視野に入れていたから。
ヘビーロストルの代替品や使い方のこと

昔から存在感を保持してきた焚き火台の両巨頭、それが上記の焚き火台だと私は思っていいる。
また自然淘汰が繰り返されるキャンプ道具の中で昔から淘汰されずに残っていることから、その考えは間違えではないとも思っている。

さて、半年に渡って、どちらにしようと悩んだわけをざっと説明するとこんな感じだ。

喉から手が出るほど欲しいのはスノーピークだが焚き火台としては価格が非常(異常!?)に高く次候補であるファイヤグリルの倍以上ってことが厳しすぎる。
ならば、ユニフレームに走るか!?
いや、評判が高いユニフレームとて言ってみれば消耗品、5年後、10年後にいずれ次の焚き火台を買わなければならなくなる。

その次に買う焚き火台はどうせスノーピークになるに違いない。
その点、スノーピークは手入れさえすれば一生モンで買い換える必要が無いであろう逸品。

また、ユニフレームに比べてスノーピークの仕舞いサイズは非常に魅力的ということも最終的にスノーピークを選んだ大きな理由だ。

と、こんな理由でスノーピークを選らんわけだが、ユニフレームに比べ全て優れているわけではない。
その理由の一つはずば抜けた目方、焚火台単品でも重たいが、BBQコンロとして使う場合、別途鋳物の炭床という物を用意しなければならないがこれがまた重い・・・

あと、ユニフレームはファイヤグリル本体とヘビーロストルでほぼ完結するが、スノーピークは前述の炭床を初めとして様々なオプションが用意されているので、気がつけば俗に言う「スノーピーク沼」にハマりかねないという点が懸念される。

ちなみにユニのファイヤグリルはヘビーロストルが無くても、それ単品で網が付いておりバーベキューが可能だが、スノピは網を揃えるだけで、グリルブリッジと焼アミPro.Mを揃えなければならなく、その2つだけでファイヤグリルが買えてしまうのは言うまでもなく、焚火台を合わせると諭吉2枚オーバーとなり沼に片足を突っ込んだ状況となってしまうので細心の注意が必要だ!


【スノーピーク 焚火台M グリルブリッジ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★


【snow peak 焼アミPro.M ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

まあ、私はその様なことにならぬように先手を打ち、スノピの焚火台Mにフィットするというヘビーロストルを先に購入し、そういう選択肢を消しておいたのだ。

私の構想では前述のヘビーロストル同様、焚火台Mにフィットするとネットで評判の炭床Sをセットで使う腹積もり。(本来は焚火台S用)

これなら出費を最小限に抑えることができ、沼にハマらなくて済みますから!
うん!!偉いぞ、オレ!!


気がつけば焚火台Mスターターセットに・・・


takibidai.jpg
【焚火台Mスターターセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そんな腹積もりで購入を決意したにも関わらず、焚火台Mスターターセットを買ってしまいました(大汗)
はい・・・
気がつけば普通に沼にハマっている状況ですね・・・

いや~、お恥ずかしい・・・

まあ、言い訳をさせて頂くと、どうしても焚火台M専用のコンプリート収納ケースたるものが欲しくなり私が描いたセット内容で計算してみると、

焚火台M(12,600円)+炭床S(2,400円)+コンプリート収納ケース(4,800円)=19,800円(税別)
となり、奇しくも元々コンプリート収納ケースがセットされている焚火台Mスターターセット(19,800円(税別))と同価格になるんですよ・・・
言ってみれば同価格でベースプレートが付いてくるので、ついついこうなってしまいました。
くっそ~~、スノピめ~~、価格設定が絶妙過ぎ!!

ただ焚火台Mスターターセットに付いてくる炭床はMサイズ・・・これがSなら収納ケースが欲しかった私にとって良いこと尽くめなんですが・・・
まあ、スノピがM用に作っているのが炭床Mなので当然ですよね。

それでも炭床Mをオークションで売って、代わりに炭床Sを買って相殺すれば、焚火台ベースプレートMが無料で付いてきたことになると自分に言い聞かせ買うことにしました。


やっぱ!かっいい焚火台です!


201605IMG_1342.jpg

まあ、そんなこんなで私にとって憧れの焚火台を手に入れたわけですが、改めてマジマジと見るとやっぱり、カッコいいですね~。

201605IMG_1310.jpg

兎に角、物としての仕上がりが良くて美しく、スノーピーク社の物作りの丁寧さがヒシヒシと伝わってくる逸品です。

201605IMG_1343.jpg

そして他に類を見ないフレームワークが斬新!20年も前から存在する品物と思えないですね。
このデザインはグッドデザイン賞ものですよ・・・

201605IMG_1352.jpg
【スノーピーク 焚火台M ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

いやいや、デザイン面だけではなくパタンとするだけで畳めてしまう機能面も素晴らしく、文句のつけようがありません。

201605IMG_1344.jpg

ベースプレートは土や砂利サイトでは必要ないと思いますが芝生サイトでは必需品、ポジションが低いのでこれが無いと芝生を焼いてしまいそうですね。

201605IMG_1348.jpg

あと、私が気になっているヘビーロストルとの相性ですが、噂に違わぬフィットぶり、

201605IMG_1316.jpg
【ユニフレーム ヘビーロストル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

まるで専用品であるかの如く、きっちりジャストサイズです。
サイズもさることながら、スノーピークもユニフレームも製品の質感が非常に良いので、組み合わせても違和感が全くありません。

201605IMG_1353.jpg
【スノーピーク 焚火台Mコンプリート収納ケース ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そして今回スターターセットを選ぶ引き金となったのがこのケースの存在。
焚火台を買うと簡易的なケースが付属しているのですが、そのケースが少し弱いらしくヘビーな焚火台を入れるのに相応しくないという思いがあり買ってしまいました。

201605IMG_1355.jpg

さすがコンプリート収納ケースというだけあって、非オプション品のヘビーロストルもちゃんと入ります(笑)
そして生地はかなり丈夫で普通に使用している限り破れたりすることは想像出来ません、流石です!

201605IMG_1345.jpg

ただ、どうしても気になるのが炭床Mの大きさ・・・
本来、スノピの純正網を使う場合はこれで良いのでしょうが、私はヘビーロストルを使用するのでその場合、どう見ても網と炭の距離が近すぎるように見える。

やはりグリルブリッジと焼アミPro.Mを買った方が良いのか・・・!?
いや、そんなことをしたらヘビーロストル購入が無駄となり、「スノーピーク沼」を通り越して「スノーピーク泥沼」になってしまう。

それよりも何よりも焚火台Mスターターセットの重量が現時点でもずっしり重いのに更に重さを増すことになってしまう。

やはり、ヘビーロストルを活用する方向で別の炭床を検討する他に選択肢はない!!

ということで、次回は炭床の検討の模様をお送りします!!
では!!
新基準!焚火台M+ヘビーロストルなら炭床はこれだ!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スノーピーク  Trackback:0 comment:0 

ユニフレーム・ネイチャーストーブラージを選びました

長い前置き(汗)

皆さん、キャンプって何の為にしていますか?
私がキャンプに興味を持ったきっかけは、若い頃にお金がなかったので格安で宿泊できるということが大きな要因でした、頭の中に描いていたイメージは「目的地の近くにテントを張って、そこから観光地等の目的地に行き、そしてテントに帰ってきて寝る」というイメージでした。

そういうイメージでキャンプに行くようになりましたが、キャンプをベースにあちこちの観光地に行ったりということはほとんどしたこがありません、興味を持ったきっかけは「宿泊代を浮かそう」という思惑でしたが、実際にキャンプをすると特別な食材ではなくいつも食べているものなのにすごく美味しかったり、自然の中で昼寝すると気持ち良かったり、朝起きると都会にはないピリッとした空気が新鮮だったり、どこか懐かしい山や川、海の匂いを感じたりと、自然に感動を貰いキャンプそのものに魅了され、キャンプすること自体が目的になっていました。

また、普段の生活味わえない不便さを楽しむこともキャンプの醍醐味だと私は考えています。

そんなこんなでキャンプにのめりこみ始め、やがて道具がそろい「不便なキャンプ」から「便利なキャンプ」になりつつあります、ファミキャンで小さな子供がいる場合は「便利なキャンプ」の方が都合がいい場合もありますが、大人だけのキャンプやソロキャンプをするときなどは、便利だと面白くありません。

この傾向は特に男性に多いと思うのですが、サバイバル生活とまでいかなくても、ワイルドな体験に憧れたことってないですか?
私は典型的なそういうタイプの人間で、子供のころやっていたハムのテレビコマーシャルを見て憧れたものです。
「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい!!」ってやつです。



残念ながら私の親はこのコマーシャルに出てくるようなタイプではなく、子供の頃にこのような経験をしたことはありませんでしたので、大人になるまでその欲求は満たされず、憧れは持ったままでした!
そんな憧れの体験を手軽に味わえるのがキャンプではないでしょうか!

キャンプといえば焚き火、私の中の焚き火のイメージといえばキャンプファイヤーのような大掛かりな焚き火ではなく、もっと小さな自分だけの焚き火で薪は買うのではなく現地調達が基本、そして料理には焚き火を使いサバイバル生活をしているような雰囲気に浸れる環境が理想です。

前置きが長くなりましたが、そんな男の遊び心を満たしてくれる道具が今回紹介するユニフレームのネイチャーストーブラージです、先日アップしたネイチャーストーブ&ダッチオーブンでピザと焼き芋の記事により「ネイチャーストーブラージ」で検索して来られる方が増えたので、これはシェアしなければと思い記事にした次第です。




ネイチャーストーブ購入までの葛藤
私はネイチャーストーブの存在は前から知っていて気になっていたのですが、購入したのは2014年5月と割と最近のことなんです、ではなぜ購入に踏ん切りがつかなかったというと、ユニフレームのファイアグリルの存在です。


【ユニフレーム ファイヤーグリル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミbyアマゾン


【ユニフレーム ヘビーロストル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミbyアマゾン

私はあるバーベキューグリルを所有していて焚き火もそれを使ってやっていますが、実はそのバーベキューグリルにあまり愛着がなく、今もずっと買い替えを検討しています。
その買い替えの選択肢のひとつがユニフレームのファイヤグリル(5,400円)とヘビーロストル(2,600円)なんですが、私の中では焚き火台の中では高価だなと思っていました、いや、今でもそう思っています。

そして、話が戻ってネイチャーストーブラージですが、これがなんと7,900円もするのです、ファイヤーグリル&ヘビーロストルを買うのとほぼ同じ金額になってしまうのです、こんな小さいのに・・・(爆)
ラージといってもサイズは約210×235×250(高さ)mmですよ・・・4,000円~5,000円なら信頼のあるユニフレーム製品なので即買いなのですが、値段がネックだったんですよね~(涙)

あっ、ワイルドに憧れていると言いながら、ワイルドと真逆のセコい感じですいません、お恥ずかしいですがそれが現実です(汗)


【笑's コンパクト焚き火グリル B-6君 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミbyアマゾン

その他の選択肢として一番迷ったのがソロキャンパーに人気の笑'sのB6君でした、この商品は見るからに丁寧に作りこまれていて、こだわりを感じるし、すごく丈夫そうに見えたし、私が重要視している上に鍋とか載せている時も前から薪(小枝)を補充できる品物だったので、いいなと思ったんですが、いかんせん小さい(涙)

まあ、同じメーカーでA4君というのがあるので作り手の狙いはこの小ささが売りだったんでしょうが、私的には小さ過ぎました。

ネイチャーストーブラージはユニの商品だからしっかりしているだろうし、前から薪を補充できるし、七輪より燃焼室がやや大きいギリギリというか絶妙の大きさだし、価格を除けば私にとっては理想的なんですけどね~・・・

683033_011.jpg

ただ、こういう写真を見ると「かっけぇ~」となってしまい、最後は物欲に負けてしまういつものパターン。
と、まあ、こんな経緯でネイチャーストーブを手に入れることになりました。

焚き火台で焚き火をする場合はそれなりの薪を用意しなければなりませんが、そこらへんに落ちている小枝をかき集め手軽に焚き火ができるネイチャーストーブ、いったん火がつけば写真のような火柱が上がるお手軽感がうれしい最高の火遊び道具。
炭と網を使えば七輪のような使い方もでき、荷物量を圧縮したいソロやデュオでは実用性も持ち合わせる道具となり、買って良かったと思える逸品です。

あ~、火遊びしたいよ~~~(^^)/



ネイチャーストーブの組立て方法
ネイチャーのラージの組み立ては直感的に行え簡単ですが、初めて組み立てる時に絶対に違和感を覚える事があるはずですので解説しておきます。

IMG_6843_b.jpg

①ネイチャーストーブは、写真のように4つの部品で構成されています。




IMG_6844_b.jpg

②まずは写真と同じ向きで台座を置いて下さい。




IMG_6848_b.jpg

③ウォール(壁)になる部品をセットします、矢印のところ台座の突起をウォール側の穴に入れます。




IMG_6847_b.jpg

④後ろ側は突起が穴にスムーズに入ると思います。




IMG_6846_b.jpg

⑤前側の突起も穴に入れますが入りにくいかも知れません。




IMG_6852_b.jpg

⑥前側の突起が入りにくい場合は、脚の角度を少し変えてあげれば入ると思います。




IMG_6851_b.jpg

⑦突起が穴にすべて入ると、このようになっているはずです。




IMG_6864_b.jpg

⑧前面のウォールになる部品のツメをサイドのウォールの切り欠きに入れて下さい。
左なら左、右なら右の片側だけなら簡単に入るはずです。




IMG_6862_b.jpg

⑨次は逆側のツメを同じように切り欠きに入れますが、おそらくここで硬くて入らないと感じて作業が頓挫すると思います。力技で入れるしかないので、写真の様にウォールをグッと開いてツメを切り欠きに入れて下さい。




IMG_6855_b.jpg

⑩力技で入れると、こんな感じで入るはずです。




IMG_6856_1b.jpg

⑪⑨で説明したように硬くて入らないと思うのは始めだけのはずです、一度組立てて本格的に火を入れると、写真では分かりにくいかも知れませんが、ウォールが内側に反って、その分短くなるので入りやすくなるはずです。




IMG_6858_1b.jpg

⑫最後に五徳を載せて完成です!火を点けてから移動することがあるかも知れないので左右の取っ手を引き出しておくことをおすすめします。




ネイチャーストーブの仕舞い方
ネイチャーストーブにはハードケースが付いていないので、これまた、まったくワイルドではありませんが元箱に仕舞っています(^^;
これがまた、入れ方を間違えると入らないので、私の様に非ワイルドの方の為に仕舞い方も解説しておきます。

IMG_6842_b.jpg

①写真では見にくいですが、1番下に1枚もんのウォールを置き、その上に台座を置いて下さい。




IMG_6841_b.jpg

②そして台座の上に3枚もんのウォール、一番上に五徳を載せて下さい。
○で囲んだ脚の向きは意識しておいて下さい、向きを間違えると僅かながら寸法が大きくなり箱に入りにくくなります。




IMG_6869_b.jpg

③方向を意識してソフトケースに入れて下さい。



IMG_6840_b.jpg

④ソフトケースは大きさに余裕があるので簡単に入るはずです。




IMG_6870_b.jpg

⑤写真と同じ方向で元箱に入れて下さい。




IMG_6871_b.jpg

⑥多少タイトだと感じるかもしれませんが、元箱に収まるはずです。
ワイルドではありませんが、高価な品物なので元箱に仕舞っています(^^;
これでキャンプ道具用のコンテナにゴソゴソと放り込んでも安心です。




おまけ
IMG_8240_b.jpg
ソロで洞川キャンプ場!その2@2015/6/12~13の記事より抜粋

IMG_8264_b.jpg
ソロで洞川キャンプ場!その3@2015/6/12~13の記事より抜粋

コンパクトながらこの迫力!ユニフレームのHPの写真は決して大げさではありません、誰が使ってもこの様に火柱が上がりますよ!
ソロキャンプや父子キャンプ、デュオキャンプといった少人数キャンプなら炭と網を使ってバーベキューコンロとしても使用できるので荷物を減らせて重宝します!少人数キャンプ時の火遊び道具の決定版ですね。

IMG_6866_b.jpg
【ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミbyアマゾン

↓よろしければこちらもご覧下さい
ネイチャーストーブ&ダッチオーブンでピザと焼き芋


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ユニフレーム  Trackback:0 comment:0 

ネイチャーストーブ&ダッチオーブンでピザと焼き芋

IMG_6590b.jpg

ブログを始めてから、なにかネタになりそうな出来事があれば事あるごとに写真を撮るようになりました、なので私のパソコンにはまだ記事になっていない写真がいくつかございます、今日は写真の整理をするべく正月に撮り貯めておいた写真を元に記事を書きます。

みのずみオートキャンプ場の年越しキャンプから帰ってきた翌日、キャンプ道具はまだ出しっぱなし状態です、その時、私の頭の中はまだキャンプモード全開でウズウズしておりました。
そんなわけでダッチオーブンを使ってピザでも焼こうかという話になりましたので、遅ればせながら、その時の様子を綴ってまいります。


IMG_6572b.jpg

キャンプの時はどうせ焚き火もするだろうと大きなバーベキューグリルで炭をおこすことが多いですが、今日は大掛かりな焚き火もしないので、スライドバーベキューあたりでもいいかなと考えていたんですが、少し風がきつかったので、筒状になっていて横風を防げるネイチャーストーブを使うことにしました。


IMG_6574b.jpg
【ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

私のネイチャーストーブはラージの方ですので、ソロキャンプや父子キャンプならバーベキューグリルや焚き火台としても使える便利なアイテムです。
新型の方で五徳がしっかりしているタイプなので、重量級のダッチオーブンはともかくキャンプ用の鍋なら安定感があり安心して使えます。


IMG_6576b.jpg

それではまずは炭起こしです、トーチで火を点けようかと思いましたが、せっかくなので火遊びしながら炭に着火することにしました。
ネイチャーストーブの端っこの方に新しい炭を置き、その上に消し炭を載せます。


IMG_6577b.jpg

そして、真ん中の空いたスペースにティッシュペーパーと細い枝や割り箸を適当に置いていきます。


IMG_6579b.jpg

着火マンを使いティッシュペーパーに火を点けます。


IMG_6580b.jpg

はい!これで着火完了!!

・・・・・・・

な~~んてことはありません(汗)
このまま放置すると、燃焼効率がいいネイチャーストーブといえども消えてしまいます。


IMG_6581b.jpg

ほらね!


IMG_6585b.jpg

そこで、息子と公園に行った時などに少しずつ拾い集めてストックしている小枝君たちの登場です!
子供が3歳くらいの頃は薪拾いをよく手伝ってくれましたが、最近は私一人で拾っています(涙)


IMG_6582b.jpg

ってなわけでオヤジの火遊びの始まりです!
小さくなった火を育てるべく、小枝や新聞紙を少しづつ投入していきます。
さすがネイチャーストーブです、チムニー効果(煙突効果)ですぐにいい感じで火柱が上がります。


IMG_6583b.jpg

細い枝に火が点いたら、徐々に太い枝を投入していき、火が回ったら一安心!
やがて消し炭へ、そして新しい炭に火が回ります。
このように正しい手順を踏めば苦労することなく炭への着火が可能です。


IMG_6591b.jpg

炭に火が回る間にピザの準備をします、あっ、ピザといっても冷凍ピザにトッピングするのが我が家のスタイルです。
今回はピザトーストが家にあったのでそちらを使います。


IMG_6593b.jpg

IMG_6595b.jpg

炭がいい感じになってきたので、ダッチオーブンをプレヒートします。


IMG_6594b.jpg

IMG_6596b.jpg

そうそう、ネイチャーストーブラージといえどもユニフレームは重たいダッチオーブンの使用OKとは謳っていません、五徳は大丈夫そうだけど、脚が細いのでやばそうです。

ということで脚を畳んで使うことにしました、いい感じです!


IMG_6597b.jpg

それでは、いよいよピザの投入!
以前、ピザを焼いていることを忘れてしまいバリバリの焦げ焦げピザになったことがあるので必ずタイマーを使用しています。
焼き上がりは5分前後くらいです!


IMG_6603b.jpg

炭はマックス状態で燃えています。


IMG_6598b.jpg

はい、時間が来たので蓋を開けてみます、お~~、いい感じ!!


IMG_6601b.jpg

妻はまだ起きてこないので息子と2人でいただきます!
冷凍ピザなのにダッチオーブンで作るとウマーです!




番外編 ダッチオーブンで焼き芋
IMG_6607b.jpg

そうこうしている間に妻が起きてきて、「ついでに焼き芋して~」とのリクエスト。
焼き芋はものすごく蜜が回るときとそうでない時があるのですが、いまだにコツを掴めておりません、さて今回はいかに!?


IMG_6609b.jpg

焼き芋はなかなか火が通らず、ピザのように短時間ではできません、20分~40分くらいかかります。
焼け具合のチェックは竹串を刺刺して行います。
ですので、芋が穴だらけ・・・(笑)


IMG_6608b.jpg

穴から蜜が出てきています、これはいい結果が予想されますね!


IMG_6612b.jpg

Oh!ベリーナイス!グッジョブ!
今回は大成功でした~~。
私はひとくちかふたくち食べて、残りは子供と嫁さんが食べちゃいました~(爆)


IMG_6610b.jpg

残った炭はまた次回に消し炭として活用しますので、火消し用のせんべいの缶に入れて保管です!

お~し~まいっ!

<こんな記事もありますよ>
ユニフレーム・ネイチャーストーブラージを選びました
ユニフレーム ダッチオーブン10インチスーパーディープ
ユニフレーム ダッチオーブンのメンテナンス




今回の使用機材
ユニフレーム ネイチャーストーブラージ
★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

ユニフレーム ダッチオーブン 10インチ スーパーディープ
★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:キャンプご飯  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
11位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。