スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

春キャンプに向け和歌山・加太で釣り@2015/3/21

釣り道具の調達
去年から息子が釣りをしたいとリクエストがあり、2度ほど海キャンプを計画したのだが2回とも悪天候によるキャンプ中止で実現には及ばなかった、なので今年の春キャンプでは是非トライしてみたいと思っていた。
そんな経緯があり、最近暖かくなったせいか息子が「パパ~、しょうちゃんまだ釣り行ってない~」と言い出した、いずれにしろ春キャンプの前に一度釣りを経験しときたかったので予行練習にちょうどいいと思い「そうやな~、明日行くか?」というと、「うん、行く~」ということになった。

私は小学生の時にザリガニ釣りやフナ釣り、中学生でブラックバスやブルーギル、そして海水魚に関しては波止場でのサビキと運河でのカレイ釣りの経験があるものの、「遠い昔に数回やったことがあるよ」程度のド素人なのです。

IMG_7128_b.jpg

なので、出来れば子供でも簡単に釣れるサビキ釣りをしたかったのですが、ネットで調べてみるとどうやら今の時期はサビキ釣りにはまだ早くシーズンではないということが分かりました(涙)
う~ん、弱ったな~、誰でも釣れるサビキで魚を釣って誤魔化したかったのですが・・・(汗)
いやいや、そうじゃなくて息子にアジとかサバを食べさせてやりたかったのですが・・・

サビキが駄目なら違う手を考えねばということで、とりあえずたくさんの仕掛けを仕入れてやってみることにしました。

IMG_7129_b.jpg

釣具屋に行ってもどんなものを揃えれば良いのか分からないのですが、「スノーピークの針外し」なんて商品を発見、スノピって釣り道具も出していたのか!?なんて思いながら、見知らぬ土地で同郷の人と出会ったように良く知るスノーピークというブランドを見て安心感が湧き気がつけば買っていました(笑)

余談ですがキャンプでは確固たる地位を築いているスノーピークですが、釣り道具ではまだまだ弱小なのか、かなりリーズナブルな価格でアイテムを提供しています。
私がいいなと思ったのはスノーピークのフィッシングナイフでスノーピークということを考えればかなりお安いです!ちなみにここにのっている商品はスノーピークのHPには掲載されていません。

スノピはキャンプ用としてもナイフや包丁を出していますが、キャンプ用品としてのスノピの包丁はフールドデバをはじめとしてマズマズいいお値段ですが、出刃包丁というだけあり写真で見る限りかなり重厚な感じがします。
やはり1,000円台で購入できる釣り用のナイフと高価なキャンプ用のナイフでは切れ味や厚みなど物が違うのでしょうか?興味深いところです。



出発~釣り終了まで
釣り竿やリールは既に購入済みなので、とりあえず体制は整いました!気合を入れて朝9時半に堺を出発、目的地は和歌山の加太です!
ここを選んだ理由はある釣具屋さんのHPで去年の今頃の釣果情報をみるとサビキで爆釣している記事があったので、「ここならばサビキでいけるのでは!?」という思いで選んでみました。

ということで加太行きを決め、嫁さんは後部座席でスマホ片手に加太周辺の情報をせっせとリサーチしており、いい食堂を見つけてテンションが上がっているご様子。

そして、エサを買うために貝塚のフィッシングマックスに立ち寄り
私=「すいません、加太に釣りに行こうと思っているのですが、今の時期サビキで釣れますか?」
店員=「加太でサビキで釣れている情報は入ってないですね~、でも、雑賀崎(加太よりも30分くらい走らないといけない)ならサビキで釣れている情報ありますよ」
私=「あ~そうなんですか」(心の声⇒嫁はんもうすでに加太で食べるもん決めてテンション上がってるっちゅうねん!)

ということで今更行先を変えることも出来ないので・・・

私=「加太で釣るとしたら、普通にエサで釣ればいいですか?」
店員=「そうですね」
私=「どんなエサ買えばいいですか?」

IMG_7216_b.jpg

なんていう素人丸出しの私に親切丁寧な対応をしてくれる店員さんから薦められるエサを買い釣り場案内図まで貰って、再出発!
そして臨海と国道26号線の所々で渋滞にはまり、12時半にやっと到着。
妻が目指していた満幸商店という食堂は既に満席で何人もの客が待っている状態・・・

IMG_7131_b.jpg
IMG_7132_b.jpg
IMG_7133_b.jpg
IMG_7134_b.jpg

これを待っていたら、いつになったら釣りができるのかわからないので、2~3組しか並んでいなかった隣りの魚市商店に変更。
ここは3軒並びで食堂がありますが、どこの食堂も昔ながらの雰囲気を醸し出して、まずまずリーズナブルな価格で海の幸を堪能できます。
今更言っても後の祭りですが魚の干物買ってくればよかった~~。

IMG_7135_b.jpg

息子は超保守的に玉子丼。

IMG_7138_b.jpg

私はじゃこめし!

IMG_7140_b.jpg

妻はしらす丼!

IMG_7137_b.jpg

そして美味そうな香り漂うイカ焼きを注文しました。

息子の玉子丼は外れるはずもなく、つまみ食いした妻曰く素朴で美味しかったそうです。
私のじゃこめしは、まあ普通・・・もちろん不味くありません。
妻のしらす丼は素材が優秀で美味しかったです、私はどんぶりものの中ではしらす丼をおすすめします、ただここのどんぶりもんは若い方からすると量が物足りないと思われます。

イカ焼きはちょうどいい焼き加減、そしてどこか懐かしい甘辛い味付けが素朴で妙に美味しかったです。

そんなこんなで9時半に出発してまだ釣りをしていないのに食事が終了した時点でもうすでに14時・・・実に我が家らしい遅さです(汗)



そうそう、今回私たちが訪れたポイントは加太の大波止という波止で、駐車料金が500円、そして清掃協力金ということで入場の際に料金の徴収があります。(大人200円×2人=400円、息子は無料でした)

スタッフの方(おっちゃん)に「今日はサビキで連れてますか?」と聞くと、「いや、釣れてないわ」との返答、さらに「餌釣りだったら釣れてますか?」と聞くと「あかんな、水温が低くて食わへんみたいやわ・・・」と前途多難を予想される返答が・・・

IMG_7174_b.jpg

息子を初めて釣りに連れてきたのでボウズは許されません!!その名もボウズのがれという仕掛けをチョイスして祈る気持ちでチャレンジです!
まずは一つ目の試練です!ミミズなら全然平気で触れる私と息子ですが、アオイソメ!?だったか名前を忘れましたがエサを針に付けるだけで気持ち悪いったりゃありゃしない、釣りって大変だわ!と思わずにはいられないドタバタスタートでした。(あまりにも気持ち悪くて写真を撮るのを忘れていました)

竿を入れて5分くらい経ったでしょうか!?もちろん当たりはありません・・・
ちょっと場所を変えてみようかとゆ~っくり仕掛けを上げてみると、「コンコンッ」という当たりが!!
なんとなく知っているこの感覚!
素人の私が言うにはおこがましいですが、気がつけば体が勝手に反応し合わせていました!
「おっ、すごいぞオレ!」なんて心の中で思いながら上げてみると、

IMG_7143_b.jpg

「ササノハベラや!」十年くらい前までスキューバダイビングに嵌っていた私にとって見覚えのある魚です。
これって釣りをする方からすると「外道」というやつに分類されるのでしょうが、私と息子には魚種なんて関係なく釣れればなんでもOKです!!

IMG_7146_b.jpg

「ヌルヌルして気持ち悪いな~」と思いつつ息子にかっこわるい姿を見せるわけにいかないので、中学時代以来の釣った魚の針外しです。

IMG_7152_b.jpg
IMG_7150_b.jpg

魚が一匹釣れると息子は「しょうちゃんもう釣りええわ、この魚見とくから」と息子はどちらかというと釣りをしたいのではなく魚を間近で見たかったようです。

IMG_7148_b.jpg

ベラが釣れて、一安心、ボウズは免れました!
そして5分経つか経たないかで、仕掛けをゆっくりと上げていくと先ほどと同じパターンで当たりが!!
「やったー!!」
釣りあげてみると・・・

IMG_7157_b.jpg

一瞬カサゴかと思いましたがよく見ると雰囲気が違う・・・
これもダイビングをしていた時に見慣れた魚、棘に毒を持つ危険な魚、5cmくらいの小さなハオコゼ君です。
ここで忘れ物!!こういう危険な魚が釣れた時の為にトングを持って行こうと思っていたのですが、すっかり忘れており、コマセをまく長い柄のスプーンのようなもので押さえながらドキドキの針外し・・・
外した後は当然リリース、息子はこの魚さえもバケツに入れてほしかったようですが、「毒があるからあかん」と説明すると素直にリリースさせてくれました、息子ももう6歳で「毒」という言葉には敏感なようです。

IMG_7159_b.jpg

魚種はともかくド素人の私にとっては立て続けに釣れてくれてかなり満足!息子も同じような気持ちだったんでしょう、「しょうちゃんもする~」と竿を握りだしました!

IMG_7160_b.jpg

2匹目を釣ってからどれくらいの時間が過ぎたでしょうか?「パパ~、なんか釣れてる~」という息子の声、「ほんまか~」と言いつつ竿を上げてみると、またまたハオコゼ君・・・「息子にも釣れた感触を教えてくれてありがとう!ハオコゼ君!」

IMG_7164_b.jpg
IMG_7168_b.jpg
【プリムス PRIMUS IP-2243PA ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

息子も気を良くしたので私的にはもう満足!ここらでインスタントのわかめスープとチキンナゲットでおやつタイムです。

IMG_7171_b.jpg

その後釣れる魚はハオコゼ君がダブルでかかったり・・・

IMG_7172_b.jpg

シングルだったり・・・
初心者の私や息子にとって釣れてくれるのはありがたいんだけど針を外すのが怖いんですよね~~

IMG_7173_b.jpg
【VICTORINOX(ビクトリノックス) ラックサックNL ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

その後、息子も一丁前にスープを飲むと言い出してコーンスープを飲んでそろそろお開き!
あっ、スープを混ぜるスプーン忘れた・・・

IMG_7178_b.jpg

釣れたベラをリリースしようとすると、息子は持って帰りたいと悲しそうな表情をします・・・
だけど持って帰ってもこの小ささでは食べる所もないので、「この魚が大きくなったら、また釣ろう」と言い聞かせ、

IMG_7188_b.jpg

泣く泣くお別れです・・・(涙)

IMG_7189_b.jpg
IMG_7190_b.jpg

ベラはリリースしましたが、息子の釣りは終わっていません、今度は生き餌を海にリリースです。
「うわ~」とか「あ~、きもい~」とか言いながら楽しそうに戯れておりました。
その後は砂浜で石投げをして、少し暖かい加太の春を満喫し、息子にとって釣り初体験が終了です!
ありがとうベラ君、ハオコゼ君、そして加太の海~!!



和歌山・加太の大波止について


清掃協力金 1人=200円(6歳の息子は無料でした)
駐車料金=1日500円

IMG_7175_b.jpg

清掃協力金を徴収するだけあって一定の間隔を置いて青い籠が配置されており、そこにゴミを捨てることが出来るのでありがたいです。

IMG_7196_b.jpg
大阪屋ひいなの湯
加太の大波止に一番近い駐車場のすぐ目の前にある温泉旅館、ここで日帰り入浴ができるそうです、妻が「着替え持ってきたら良かった~」と後悔していました。

IMG_7200_b.jpg

私達が訪れた時はこんなきれいな夕日をプレゼントしてくれました!!

今度は夏に海水浴でいこうと思います!!
おしまい!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
スポンサーサイト
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:アウトドア日記  Trackback:0 comment:2 

花見!歩いて30秒のベンチでホットドッグ@2015/4/4

春ですね~、昨日は薄手のウインドブレーカーだったのに、今日はダウンが必要だったりと、つい最近まで「冬」といっていも差支えないくらい寒い日があったりで、春というにはまだ早いかな!?なんて思っていましたが、ひと雨ごとに暖かくなってきて春の訪れを感じられずにいられない今日この頃です。

IMG_7516_b.jpg

ここは我が家から歩いて30秒の桜が植えられている遊歩道、4月4日の風景です。

ベンチがいくつか並んでおり夕方になると近所のおばちゃんが毎日井戸端会議を開いている会議場、そして時には恋人たちの憩いの場となったり、昼間はサラリーマンのさぼり場所になったりと近所では人気の癒しのスペースです!

我が家もここ2~3年春になると、ここでプチ花見をするのが恒例となっています。

これだけ近いと便利なんですよね~、この日のようにくもりのち雨という天気予報でも、忙しくて時間がないときでも、さっとやって、サクッと撤収できるので「花見しましたよ~」「アウトドアしましたよ~」的な気分にさせてくれ、アウトドア好きのオヤジの欲求を満たしてくれます。

IMG_7517_b.jpg

この遊歩道は犬の散歩にもよく利用されており、バーナーで調理をしていると、「こんなところで何やってんだ!?」という目で飼い主に「じ~っ」と見られてしまい少しばかり恥ずかしいですが、反面こんな身近な場所でプチキャンプ気分を味わえて幸せな気分にもなります。

IMG_7503_b.jpg

ということで花見を兼ねた朝ごはんを頂くことにしました!
まず1品目は酒を飲むわけでもないのですが「ベーコン」です・・・このベーコン自家製ベーコンで市販のやつとはひと味もふた味も違います。
今回で自家製ベーコンを作ったのは4~5回目ですが、塩加減をいつもより薄めにして、更に燻製時間を少し短くしたらちょうどいい味わいになった気がします。
次回もこの味出せるかな!?

ベーコンの作り方!⇒ダンボール燻製器で作る激うま!自家製ベーコン

IMG_7505_b.jpg

そして2品目は息子が大好きな目玉焼き~、焼くときに味付けするのん忘れてました(涙)
でもベーコンを焼いた後のフライパンを洗わずにそのまま調理したので、ベーコンの油の旨みと塩味が目玉焼きに移っていたので、すこしソースで味付けするだけでバッチリでした(^^)/

IMG_7501_b.jpg

私が1品目、2品目を焼いている間にママはメインとなるホットドッグの仕込みです。

IMG_7510_b.jpg

早く食べたいですが2243バーナーひとつしか持ってきてないので、ボチボチ1品づつしかできません、次は湯を沸かして私と妻はインスタントのわかめスープ、そして息子はコーンスープです。
何の変哲もないインスタントのスープですが自然のスパイスが利いていてウマーです!

IMG_7511_b.jpg
【スノーピーク フィールドクッカーPRO1 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

次はメインのホットドッグ(^^)/
ホットドッグはスノピのフライパンにダッチオーブン用の底網を敷き、アルミホイルを巻いて蓋をしてオーブンの様に温めて作ります。
ちなみにホットドッグの具材はウインナーの下にキャベツの千切りにツナの缶詰を混ぜてマヨネーズとカレーパウダーで和えたテッパンの味付けです。

IMG_7512_b.jpg

画像を見ていただくとお分かりだと思いますが、こんな簡易なセットではダッチオーブンの様に上手くいかず、少し温まったかなという程度だったり、画像はありませんが加熱しすぎるとパンの下が焦げたりしてしまいます・・・

でも、最低限の温めは出来ますのでヨシとします!そしてこれもケチャップとウインナーの旨み、そしてカレー味のキャベツとツナマヨを絡めた黄金味付け、あ~~んど!自然のスパイスが利いて十分美味!そこら辺に売っているホットドッグよりも圧倒的においしいです。
繰り返しますが外で食べると、自然のスパイスが利いて最高です!

IMG_7498_b.jpg

あ~、美味しかった!!
ということで今年の我が家のささやかな花見は終了です!!
今年も癒しをありがと~~!!

来年も出来るかな~~(^^)/


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:アウトドア日記  Trackback:0 comment:2 

大阪岬町、穴場の海岸で磯遊び その1@2015/5/6

5月5日、ゴールデンウイークも明日を残すだけとなりました・・・次男が生まれたばかりで今年はキャンプには行けません。
しょーたは特に何も言ってきませんが、退屈なのか、「パパ、今日なんかするん??」と聞いてきます。
私が「今日はタマネギ抜いて、トマト植えるわ」と答えると、「しょーちゃんも手伝う~」といつになく積極的に手伝いをすると言ってきます。

まあ、小さな庭ですが草むしりとかもありますので子供といえども十分戦力になるので助かります。
ということで、しょーたと作業開始ですが、10数本のタマネギを抜いた時点でダンゴムシやらヤスデとかに心を奪われ、あえなく手伝い終了(爆)
すでに庭に、しょーたの姿はなく、「ぱぁ~ぱ~、こんなところに貝おる~」と叫んでいます。

我が家の裏手に少しばかり水がある側溝があります、昔ながらの言い方をするとドブってやつです。
そこにはサカマキガイやモノアラガイが生息しています、こんな固有名詞を書いてもどんな貝やねんって感じですが、小型のタニシみたいなやつで、よほどの都会育ちでない限り誰もが一度は目にしたことがある小さな貝です。

そんなドブにいる貝に心を奪われている我が息子をみて、「やっぱりどっか連れて行かなあかんな~」と反省させられます。

ということで、5月6日ゴールデンウイーク最終日は息子と二人で海で磯遊びをしようと前々から目を着けていた、岬町にある某海岸に磯遊びをしに行くことにしました。

「さあ、いこか~」ということで自宅を出発したのは9時40分ごろ、しょーたはいつも出発して数分経つと「パパ、もう着く??」と聞いてきます。
「まだまだやで」というと「あと何分??」という会話がいつもの会話です、そしてまた数分経つと「パパ、もう着く??」と聞いてきてその後同じ会話を繰り返すことになります。

IMG_7735_b.jpg

しかし今回は違います、「パパ、タブレット見といていい??」と息子が言うので「何見るん?」と聞くと「ドラゴンボールの画像」と返ってきます、私が「いいよ」というとせっせとグーグルで調べ始めます。
息子は塗り絵をする時に、キャラクターがどんな色か分からない場合、タブレットで画像を見て確認しているのでタブレットの扱いはお手の物なんです。

そしてしばらくすると、タブレットから声が聞こえてきます、どうやら画像ではなくYouTubeでドラゴンボールを見始めたようです、それが幸いし、いつもしつこいくらい聞いてくる「もう着く??」「あと何分??」という声は聞こえず、到着まで退屈することなく過ごしてくれました。

今まで気が付かなかったこの作戦、今後は大いに活用させていただきます!

IMG_7800_b.jpg
IMG_7799_b.jpg

ということで11時過ぎに到着です。
ここは中々の穴場です、道はすれ違うのがきつい細さで時折、道が広がっているところがあり、そこに車を止めて海岸に降りていきます。

IMG_7738_b.jpg

ただ、大人ならまだしも、子供はどこからでも降りられるわけではなく、この様な階段があるところの近くに車を止めて、トコトコ歩ていて行かなければなりません。

IMG_7739_b.jpg
IMG_7744_b.jpg
IMG_7740_b.jpg

ゴールデンウイークだというのに、そんなに人がいないマズマズの穴場です。
ここで楽しめる年齢層は5才~小学生くらいでしょうか、うちの息子は潮岬での春キャンプでヤドカリ捕りを経験して以来、磯遊びに魅了され、テンションが上がります。

海岸に降り、そこらへんを適当に探すと容易にヤドカリ君を発見出来ます。
私が「しょ~、ヤドカリ捕る??」と聞くと「いらん」と言います!?

IMG_7743_b.jpg
IMG_7742_b.jpg

「はぁ~!?」って感じですが
どうやら、春キャンプで捕ったマツバガイを見つけたらしく、ヤドカリはいらないようです。

IMG_7741_b.jpg

マツバガイは岩にへばりついており、マイナスドライバーや貝起こし用の道具を使わなければならず、それが子供にとっては楽しいようです。
まあ、そうはいうもののマツバガイはかなりの吸引力で、道具があっても上手くやらないと取れないので、結局は「ぱぁぱ~、捕って~」となるのですが(汗)

IMG_7747_b.jpg

この磯はよくみるとカニがたくさんいます、早速しょーたに教えると、はじめは怖がって「パパ捕って~!」と言ってきましたが小さなカニなので捕まえても挟まれたりしないということを教えてあげると自分で捕まえ始めました。

IMG_7748_b.jpg
【キャプテンスタッグ コンパクトチェア ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

息子がカニとりをマスターし、自分の世界に入り独りでカニを捕り始めたので私は昼食の準備です・・・昼食の準備といっても弁当なのでテーブルとイスの配置だけです。
イスは折り畳み式で運動会なんかに持って行くのに便利なコンパクトなタイプを持ってきました。
このタイプのイスは小さくて背もたれが短いので長く座ると疲れますが、デイキャンプや今回の様なピクニック的な遊びでは長時間座ることがないので座り心地よりも、持ち運び重視で非常に重宝します。

あっ・・・でも・・・テーブルが・・・ない。
玄関先まで出しておいたのに持ってくるのを忘れてしまいました。

IMG_7801_b.jpg

ってことで、テーブルは出来るだけフラットな石で代用します。
うん、かなりいい感じです!!←自画自賛

IMG_7752_b.jpg

昼食会場も出来たので「しょーた~、そろそろご飯食べよや~・・・」と、
息子を呼ぶこと数十回、やっとカニ捕りを切り上げて昼食にありつけます。

IMG_7753_b.jpg

車を運転しなければならないので、仕方なくコレ・・・
キャンプなら飲めるのですが、今日は日帰りなのでノンアルコールビールで我慢です。

IMG_7751_b.jpg

しょーたは何故か分かりませんが勝手に一人でしゃべって思い出し笑いをしています・・・
危ない人に見えますが、ここ最近よく見る光景です(汗)

時にはテレビで見たことを思い出し、時には保育園での面白かったことを思い出し絵に描いた様に、手を叩いて笑う姿は生粋の大阪人!
見ているこちらが笑ってしまいます。

子供っていいですよね~!!

この後もカニ捕りを堪能するのですが、長くなりそうなので次のお話ということで!!
大阪岬町、穴場の海岸で磯遊び その2@2015/5/6


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:アウトドア日記  Trackback:0 comment:0 

大阪岬町、穴場の海岸で磯遊び その2@2015/5/6

前回記事からの続きです、よろしければ
大阪岬町、穴場の海岸で磯遊び その1@2015/5/6
もご覧下さい。

IMG_7770_b.jpg

さて、昼食も終了して第2ラウンドの始まりです!
潮が引いて、いつの間にかさっきまで行けなかった岩場に行けるようになっています。
しょーたにそれを説明しても「しょーちゃん、さっきから行ってたで!!」と言って、潮が引いたことを認識してくれません。
何度説明しても海の水が減るはずがないという理解になってしまいます。

まあ、しゃーないか、引力の話をしても焼石に水でしょうし、私も小学校1年の時にそんなことを言われても理解できなかったでしょうから・・・

IMG_7773_b.jpg

昼からはなぜか亀の手に興味を持ったようで、亀の手を採取していました。
貝の仲間である亀の手は食べれるらしいのですが私的にはまったくそそりませんので、放置です(汗)

IMG_7785_b.jpg

それはさておき、今の大阪の小学生はすっかり自然がなくなった都会育ちで、自然に触れ合う機会が少なく、臭いものに蓋をするかのように、公園からは危ない遊具が取り去られ、冒険心をくすぐるような遊具は少なくなり、昔ザリガニ釣りに行った貯め池には柵が張られ、森だった場所は住宅街に姿を変え、結果として現代の子供たちは危ない物や自然から遠ざけられています。

ここは、まんま自然ですので、公園の遊具の様に登り易くしていたり、怪我しないように面取りしていないし、海藻を踏むと滑り、膝をついてしまうと怪我をします、しょーたは足を滑らして、すりむき、血が出ています。

その見返りとして潮の香りを感じたり、生きたカニを捕まえたり、マツバガイを捕ったり、亀の手を捕ったりできる自然の学校に感謝です。

キャンプや釣り、磯遊びをする度に感じるのですが、子供はその度に成長した姿を見せてくれます、今回は足に血をにじませながら何事もないように遊び、たくましさをのぞかせます。

IMG_7793_b.jpg

そして、やがては友達を現地調達して同じ喜びを分かち合います。

IMG_7797_b.jpg

今回の彼らの接着剤はズバリ!カニさんです!

IMG_7796_b.jpg

2人の会話を耳をすませながら聞いていると「ニコちゃんマークのカニがおる!」というような会話をしています。
ホンマかいな!?という思いがありますが、時どき背中が白いカニがいて、どうやらそれの背中に模様があり、それの事を言っているようでしたが真相は不明でわかりません。

会話の内容も面白くてかわいいですが、2人が交流している姿がとても愛らしく、元気をもらえ、和やかな気分にさせてくれ癒されます。
子供っていいですね!自然っていいですね!

IMG_7806_b.jpg
【プリムス PRIMUS IP-2243PA ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

息子たちをみて、心が洗われると、まったりしたくなってきました!
ここでスープタイムです!
インスタントですが自然の中で味わうわかめスープは美味い!

IMG_7783_b.jpg

ここは、子供にとっては自然とふれあえる最高の遊び場ですが、地元の方にとっては生活の為の恵みの海なのかも知れません。
ウェットスーツを着たおばちゃんやおっちゃんが何やらワカメのようなものを採っています、潮が引いた時に地面をみると緑色したワカメだと思われる海藻がたくさん現れるのですが、どうやらそれはいらないらしく海中にある茶色いワカメの様な海藻だけを採取しているようです。

それと、多分寒天の原料になるテングサだと思うのですが、引き潮になるとやはり手で拾える状態ですが、それだけ拾っているおばあちゃんもいました。

IMG_7810_b.jpg

時間は3時前、さあ、そろそろお開きです。
マツバカイは今晩のおかずななりますが、カニさんや亀の手とはお別れです。
いつもながら、子供にとってこの瞬間はせつないものです。
このあと息子から「パァパ~、今度来た時は1人(1匹)だけ持って帰ってもいい??」と聞かれてしまい、あまりの愛らしさに「ええよ」と言ってしまいました。

子供の頃持って帰ったことがあるんですけど、カニってすぐに死んでしまい、しかも臭いんですよね~。
まあ、そういうことを知ることも勉強なんで仕方ないですね!

IMG_7816_b.jpg

さあ、岬町の海ともお別れです。
息子は「また夏休みに行こな~」と気に入った様子でした!そして車に乗って数分で沈没です。
子供らしくてかわいいですね!
そして、私も元気を貰い、いい休日を過ごさせてもらいました、ありがとう!



今回遊んだ場所について
IMG_7815_b.jpg

この場所は以前にたまたま通りかかって見つけた磯場で、もしかしたら使えるのでは?という思いがあり、来てみたのですが大正解でした。

ご覧の通り、ここは砂浜ではなく磯になっています、遊泳禁止とかの看板は見かけませんでしたが海水浴には不向きです。
なので真夏ではなく、春秋の季節のいい時期の磯遊びがお勧めです。

また、私達が訪れた時、海の状況はべた凪ですごく穏やかで危険は感じませんでしたが、岩場なのである程度運動能力がついてくる5才以上のお子様でないと楽しめないかと思います。

生物はカニやヤドカリがいます。
そして大人向けには、何と言ってもマツバガイ!持って帰って家族で美味しくいただきました。

misaki_umi.jpg

肝心の場所なんですが、明確な目印がないのでハッキリ、ココです!とは言えませんが、だいたい地図に示したあたりです。
私は大阪方面から来ましたので、左側に陸、右側に海を見て進んできましたが、左手に岬公園のイルカショーが出てきます、そしてそこを超えたあたりから右手は磯場になりますので、海岸へ降りられる場所を選んで遊べば宜しいかと思います。

ただ車が止められる場所は限られているので、そのあたりは迷惑のかからない場所を選んで自己責任でお願いします。



おまけ!マツバガイ食べました
IMG_7818_b.jpg

磯で見つけた全長4cmくらいのマツバガイは採取して私は夜のつまみに、息子とママは夜のおかずにしました。
人によっては見た目がグロテスクで嫌かも知れませんが、味、食感はアワビと同じような感じです。
ちなみに私は高級なアワビは食べたことがないので、そこら辺との比較は出来ません、あくまでも回転ずしとか居酒屋レベルのアワビとの比較です(汗)

IMG_7824_b.jpg

作り方、食べ方はネットで調べましたが、我が家の場合は内臓を取り、そして口をとります、口を取ると糸みたいなやつが一緒に取れるのでとっています、口を取る理由は、その糸みたいなやつが喉に引っかかり食べにくいというような趣旨の記事を読んだからです。

あと、内臓が美味いという記事も目にしたので、1つくらいは内臓を取らなければ良かったかなとも思っています。
マツバガイ 食べ方(google検索)

私は軽く塩ゆでにしたマツバガイをわさび醤油でいただきました。

IMG_7827_b.jpg

そして息子とママは塩ゆでしたマツバガイをバター醤油で食べました。
私はあっさりしたわさび醤油が好みですが、バター醤油も美味しかったです。

あと、ポン酢や生姜醤油で食べても美味しいかと思います。

なによりマツバガイの調理は簡単ですのでキャンプでも活用できますね!
グループキャンプなんかでみんなでマツバガイをゲットして、炭で焼き、醤油と酒を垂らして食べたら雰囲気も最高で盛り上がりそうです!
あ~、よだれが(汗)

ということで、磯遊びの記事は終わりにします。
読んでいただいた方、ありがとうございました。


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:アウトドア日記  Trackback:0 comment:0 

シルバーウイーク!岬町の海岸で磯遊びのはずが・・・@2015/9/23

【プロローグ】
私の仕事はローテーション制で世間はシルバーウイークだというのに期間中一度も連休がなく、長男しょーたのフラストレーションが溜まり気味・・・
そんなシルバーウイークの前半

息子=「パァ~パ~、カエル捕りに行きたい!」

私=「そうなんや~、行こか」

内心めんどくさい私はごまかそうと「でもカエル居るかな~?」

息子=「居るって!」

私=「じゃー行ってみよか!」

ということで重い腰を上げ車で15分程のところの田んぼに行ってみると、ちょうど水が抜かれ始めており危ないところでしたが、なんとかかんとか、オタマジャクシとカエルに会えることが出来ました!

息子は「あっ!カエルや!」
「「パパ!!捕って~」

私=「自分で捕ってみ~」

息子=「分かった~」

まだまだカエル捕りが不慣れな息子は逃げられたり、上手く捕えても力を入れ過ぎて圧死させてしまったりとですが、奮闘しつつなんとか数匹のカエルとオタマジャクシをゲットできたようです。

ただ、喜びつつも物足りなさを感じている様子です・・・

そんな息子の姿を見ていると、反省させられ「シルバーウイーク最終日、ヤドカリとか捕りに海行くか??」(←愚問)と問いかけると、

「うん、行く行く!!」と即答



【岬町の磯場に行ってみたが・・・】
ということで、私の頭の中には自宅から1時間ちょっとで行くことが出来る超お手軽な磯遊びスポットの

IMG_7748_b.jpg

↑この場所!!

ここはやはりぶつ切りの休みだったゴールデンウイークに訪れた大阪の南端の町、岬町にある穴場の磯です!

当日の朝、しょーたは水着を着てスタンバイOK!
「早く行こうや~」と言ったり、「パパ~、行きしなローソン寄ってや~」
と言ってみたり、朝から遊びに行くときはコンビニに寄って朝ごはんを調達するのが我が家の定番で息子はコンビニを楽しみにしています。

最近息子はからあげくんにハマっており、「パパもからあげくんにする??」と私にも買わそうとします、私はからあげくんのレッド(辛口)を買うのでそれをつまみ食いするのがしょーたの目的です(笑)

そんなこんなでいつものように遊びに行く前のワクワク感満載で出発しましたが、この時はこの後に起こるアクシデントを知る由もありません・・・←大袈裟か(笑)

<ゴールデンウイークの記事>
大阪岬町の穴場の海岸で磯遊び その1@2015/5/6
大阪岬町の穴場の海岸で磯遊び その2@2015/5/6

IMG_9456_b.jpg

ゴールデンウイークに行った時は次男のそらが生後数日ということで、しょーたと2人で遊びに行きましたが、今日は家族4人なので目的地手前数百メートルにある公衆トイレでトイレ休憩・・・

IMG_9457_b.jpg

ちなみにこの公衆トイレはそんなにきれいではありませんので、女性の方はあらかじめコンビニ等で済ませてくることをお勧めします。

こんな感じで男性なら全然OKですが、私としょーただけなら草むらで・・・あっ、失礼(汗)

それはさておき、トイレ休憩後すぐに目的地の磯場に到着です・・・

だが・・・

あれれれっ・・・

IMG_9459_b.jpg

マジですか???
わずかに岩場が見えていますが、ゴールデンウイーク(一番上の写真)に行った時のように陸地がありません・・・(悲)

IMG_9460_b.jpg

しょーたはそんなことも関係なく楽しんでいます。

IMG_9461_b.jpg

私の計画では前回のようにここでランチを楽しむつもりだったのですが、この状態では断念せざろうえません。

IMG_9462_b.jpg

とりあえずしょーたは楽しくやっているので、しばらくはここに滞在ですが私の脳内の半分はランチの事なので私は腰を据えて遊ぶことが出来ません(汗)

他を探さなければ・・・

IMG_9464_b.jpg

と言いつつも、「もしかしたらこれから潮が引いて、前回のように遊べるかも!?」という希望を捨てたわけではなかったので、とりあえず、竿を出してみました。

IMG_9465_b.jpg

おっ!!ビギナーズラック!!
釣りをしたのは和歌山の加太以来ですがビギナーの神様はまだ私たちを見放していなかったようです(^^)V

IMG_9467_b.jpg

これは多分クサフグ君、恐らく釣りを本格的にする方にとっては外道と言われる魚でしょうが子供にとってはこれで充分!私にとっても昔スキューバダイビングをしていた時によく見かけたなじみ深い魚です。

IMG_9468_b.jpg

その後も釣りを続けましたが、小魚が多いのかエサを捕られるばかりでこの日の釣果はクサフグ君1匹でした!
写真を撮っていませんが針を外す際にぷくっと膨れた姿を披露してくれてありがとね、クサフグ君!!

IMG_9471_b.jpg

いつまで経っても潮が引いていく様子がないのでこの後、ここに見切りをつけて移動することに!

その前にここを訪れる時にまた潮が満ちていて遊べね~よ、なんてことにならないようにここにほど近い淡輪の情報を気象庁のサイトで調べたのでメモをしておきます。
(ちなみにここは「長浜自然海浜」という地区のようです。)

ゴールデンウイークに遊びに行った時の
満潮は7時30分(潮位144cm)で干潮は14時10分(潮位10cm)で午前中から午後にかけて潮が引くタイミング、

そして今回のシルバーウイークは
満潮は16時15分(潮位145cm)で干潮は8時52分(潮位64cm)で、ゴールデンウイークの正反対で午前中から午後にかけて潮が満ちるタイミングでした。


次回行く時は潮の干満をしっかりチェックしなければ!それと満潮時の潮位はそれほど変わりませんが、干潮時の潮位が50cm以上前回の方が低かったことも付け加えておきます。



【深日漁港近辺、そして淡輪の防波堤に移動】
IMG_9472_b.jpg

さて、更なる遊び場を求めて和歌山方面に車を走らせます、途中磯場がありましたがやはり潮位が高く満足に遊べるところが無くて、やってきたのは深日港手前の自然海岸っぽいエリアがわずかに残る場所に行ってみました。
写真の左側はテトラポット地帯ですが右側は数十メートルのゴロタ石の海岸が残っていました。

う~ん、ここには子供の目を引くような生物はおらず、しょーたは釣りをしたいと言い始めました。

ですが、私の様な釣りの素人にとっては難しく、投げれば根がかりしてしまい、この場所の滞在時間は1時間もいなかったと思います。

IMG_9475_b.jpg

しょーたの思考がヤドカリ捕りから釣りにシフトしたので、それではってことで今度は大阪方面に戻り淡輪の防波堤で釣りをすることにしました。

IMG_9474_b.jpg

実は今回、釣り道具は持ってきたもののしょーたがどこまで釣りに興味を示すかが分からなかったのでエサは持ってきてなかったんです(爆)
何をエサをしていたかというと、その辺に居るヤドカリとかマツバガイを針に付けていたんです。
この日の釣果は既に書いたようにクサフグ君だけだったのですが、エサが良く取られていたので全然使えると思います。

IMG_9477_b.jpg

そうそう、ランチです!
もう既に3時前、お腹が空いてきました。
風が強いのでテーブルを横にして風防代わりに使います。

IMG_9483_b.jpg
【スノーピーク フィールドクッカー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

本日のランチはお湯を沸かすだけで出来る絶品ランチです!

IMG_9484_b.jpg
【ビジョンピークス アルミ焚き火テーブル ★楽天で探す★

はい、お察しの通りインスタントラーメン、いやインスタント焼きそばです(笑)
ママは母乳に影響するのでわかめスープとおにぎりです。

IMG_9485_b.jpg

しょーたは近頃このジャンクフードの味を覚えてしまいカップ麺の虜になって、ご覧のようにガッツいています・・・
子供の頃からこんなもんを食べさせて良いものなのかと考えさせられますが、しょーたにとってはキャンプや外遊びの時だけの特別メニューなんです・・・と言い訳をしておきますね(汗)

IMG_9488_b.jpg

私が食べているのはサッポロラーメン、みそラーメンの焼きそばバージョン、サッポロラーメンのみそラーメン好きにはたまらん同じ味でしたよ!


サッポロ一番 みそラーメン味 焼そばbyアマゾン

IMG_9489_b.jpg

ランチが終了ししょーたはいっぱしのアングラーちっくな表情です!←スゲ~

IMG_9496_b.jpg

おいおい、なんかおかしい体勢・・・

IMG_9499_b.jpg

魚釣りから、クラゲ釣りに変わっていました(汗)

IMG_9502_b.jpg

今度は真下に魚をいるのを見つけ「いっぱい魚おるっ!」

IMG_9500_b.jpg

「しょーちゃん、これ釣る!」と意気込みます、「見えてる魚って釣れないんですよね~~~」っていうことはこれまでの人生経験上知っていましたがこれも勉強です、トライさせてみます。

結果は・・・ち~~~ん♪♪

もう既に4時、親が疲れてきたのでそろそろお開き・・・
すると60歳前後のお父さんが釣り道具一式持って現れ、「兄ちゃん、あと1時間粘ったらアジ入れ食いやで」とのお言葉。

入れ食いになればしょーたは大喜びするのは容易に想像できるので一瞬もう少し粘ろうかと思いましたが、昼間暑かったし疲れました・・・オヤジはもう限界、あ~、あと5歳、いや10歳若ければ~(爆)

ごめんな~、しょ~た・・・

IMG_9492_b.jpg
【プリムス 2243バーナー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そうそう、キャンプではいつも大荷物ですが、今回の外遊びではかなりのシンプル装備!
テーブルとクッカー、そしてカップとプリムスの2243バーナー。

IMG_9478_b.jpg

それと簡易イスだけ!
シンプル装備は楽ですね~~~!キャンプの時もシンプル装備にしなければ・・・

ということで、お~~し~~まいっ!!

IMG_9511_b.jpg

って、パァパ~、僕も一緒だったんだよ~~~、なんで出てこなかったの~??
そらくんだよ~~  次は僕を主役にしてや~~ (^^)VV


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:アウトドア日記  Trackback:0 comment:0 

ハチ北へスキー旅行に行ってきた1@2016/1/16~17

2016IMG_0466.jpg

昨年の12月に納車した我が家の新しい車、ヴォクシー君。

2016IMG_0590.jpg
(↑毎年恒例!冬のみのずみオートキャンプ場1の記事より抜粋)

それまで乗っていた車はキャラバンで、先日行った天川村のキャンプ時にはキャラバンに比べて圧倒的に劣るのは積載量という話をしたかと思います。
上の写真は天川村に正月キャンプに行った時の荷物の様子です、超満載でボストンバッグはラゲッジに納まらなかったくらいです。

2016IMG_0076.jpg

今回はその時のキャンプと同じ1泊2日ですが、荷物の量はキャンプに比べると圧倒的に少なく、ヴォクシー君のウイークポイントである積載量の少なさは全く問題となりません。

この程度の荷物なら超楽勝でセカンドシートのリクライニングも出来る状態です。

2016IMG_0807-1.jpg

となれば、今度はヴォクシーがキャラバンより優れている点を紹介しなければなりません。
実は我が家のヴォクシー君、外観からはまったく区別がつきませんが、密かに4WDなんです。

いわゆる4輪駆動車で以前に乗っていたキャラバンは二輪駆動のFR車なので、確実に雪上での性能は上のはずです!

我が家は大阪でめったに雪なんか降らないのですが、積雪が予想される冬キャンプやスキーに出かける機会が多いので迷わず4WD車をチョイスしました。

しかし4WD車といえども夏タイヤで雪道走るのは無謀です。

2016IMG_0078.jpg
タイヤワールド館ベストで冬タイヤ&ホイールセットを探す

なので納車後すぐにスタッドレスタイヤを購入、我が家のヴォクシー君はZSというグレードで本来タイヤサイズが16インチなのですが、止むに止まれぬ大人の事情、まあ、お察しの通りコストの関係で15インチにインチダウンし、更にタイヤも昨年のモデルのブリザックではありますが、しっかり雪道でも対応できるように武装しております。

前に乗っていたキャラバンのスタッドレスタイヤとホイールのセットはイエローハットで10万くらいした記憶がありますが、ヴォクシーは同じ15インチでさらに人気のブリザックなのに楽天で恐らく最安であろうお店で7万円を切る価格、助かる~~!!

今回ブリザックにこだわってこの価格は本当にうれしい限りでした、キャラバンの時もネットで散々リサーチした覚えがあるんですが、実店舗とさほど変わらなかったり、安くてもタイヤが日本メーカーじゃ無かったりだった記憶があるんですが・・・リサーチが足りなかったのかな!?

それはさておき、スタッドレスタイヤを履くと無性に雪道を走りたくなるのが男の性(さが)、いや男のロマン!!

でも上手くいかんのですよね~、先日雪遊び目当てで行った天川村は見事に空振り、雪なんぞ全く無く、スタッドレスタイヤの慣らし運転となってしまいました。

今年2015~16年にかけてはご存知の通り暖冬・・・このスキー旅行でも雪道は期待できないかな~~(涙)

2016IMG_0080.jpg

ということで前置きが超、超、超~長~くなりましたがハチ北スキー場に向けて10時過ぎに我が家を出発。
大阪・堺から阪神、中国、舞鶴道、北近畿豊岡道を乗り継ぎ、国道9号線を走るもまったく雪が無く、「道の駅ようか但馬蔵」に到着。

2016IMG_0081.jpg

ここでの目当てはトイレ休憩、そして昼食・・・
なのですが、道の駅で気になるのはお土産そして野菜などの農作物!

ここでは出石そばが陳列されています、テレビで見ましたが出石そばって信州そばの流れを汲んでいるらしいですね。
とは言うものの信州そばは関西人にとってはかなり濃いスープが印象的ですが、出石そばはそういう印象はなく小皿に小分けされたそばを麺つゆで食べるわんこそばの様なイメージ。

私は未だに納得のいく出石そばにありつけたことが無いので興味津々なのですが、すぐそばにもっと気になる逸品が・・・

2016IMG_0084.jpg

栃の実うどんたる商品!
う~~ん、初めてみましたよ!

うどんなのですが色はそばに近い色。

2016IMG_0083.jpg

このあたりは何度も着たことがありますが、私はその存在を知りませんでした。
説明書きによると、珍しくてここでしか買えない代物らしいですね、ぶっちゃけその時は敬遠したのですが、買っときゃよかったと後悔しています。

次は絶対買いますね!!

2016IMG_0085.jpg

前述の通り、ここは野菜もかなり面白いです!
私は庭で出来る程度のささやかな素人家庭菜園ですが10年ちょっとの経験があります、なので道の駅に売っている野菜に興味津々なのです。

たくさん野菜が売られていましたが気になるものを何点かピックアップ!
まず、この白ネギ!
すごく綺麗でピカピカです、そしてネギ上部は青々しており萎びておらず元気野菜をアピールしてます。
大阪で売っている白ネギの青い部分は大概カットされていますからね・・・

2016IMG_0086.jpg

特筆すべきはそのお値段、超立派な白ネギが3本も入って、たったの170円です、しかも税込みですよ!!
滅茶苦茶安いですね、ということでお買い上げ!!

2016IMG_0090.jpg

そして株!これも都会に売られている株とは違い、葉っぱに虫食いがあります、でも葉っぱがすごく元気、ここでは何気ない光景なのかも知れないですがすごいですよ、これ!!

虫食いがあるってことは無農薬、あるいは少ない農薬で育てていることが想像できます。

大阪のスーパーではまず見ることが出来ない虫食い、それどころか葉っぱがカットされた株や葉っぱが黄色っぽくなった株が大半で、ここの個体と比べると大阪のは新鮮さや元気さはまったく伝わってきませんから。

2016IMG_0091.jpg

そしてやはり安い!
株が4つでたったの130円、都会では絶対にありえないですね。
もちろんお買い上げです!

2016IMG_0093.jpg

私たちが野菜や土産物に夢中になっていると、息子は足湯を見つけ興味津々!

しょーた=ぱぁぱ~、これ入っていいん??
私=ええよ~
しょーた=パパ入ろうよ!
私=先入っといて~、パパ野菜とか見たいし~
しょーた=一緒に入ろうよ~

と、この様な会話をループし・・・
こうなればもう私の意見は通りません・・・

2016IMG_0094.jpg

ということで足湯に入りました。
しょーたはご満悦の様子!

2016IMG_0096.jpg

にぃにが入ったとなるとそら君も抱っこひもの中で手足をバタつかせ体をくねりだし、「僕も入りたいよ~」という意思を全身でアピールしてきます。
これからなんでもお兄ちゃんのマネをしたがるんでしょうね。

2016IMG_0101.jpg

本当はここで昼食を済ますつもりでしたが、レストランのショウウインドウ越しにメニューを見てみると少~~し割高感が・・・
相変わらずの大人の事情で、とっとと尻尾を巻いて逃げてきました(汗)

「ごめんな~、パパの財布にもう少し余裕がればサクッとここで済ますんやけど・・・」と、心の中で叫びつつ、車戻ろか~としょーたに言うと、何も分かっていない息子は無邪気なもので、そら君車まで抱っこする~!!と言ってきます。

ホント可愛いものですね。

2016IMG_0104.jpg

でも、そら君は抱かれ心地が悪いのか、すぐに拒否をするんですけどね・・・
それでもしょーたは「あ~、そら君落としそう~パパ変わって~」と嬉しそうにはしゃいでいます。

2016IMG_0129.jpg

「道の駅ようか但馬蔵」を後にして、次に辿り着いたのは「道の駅 ハチ北

ここはハチ北スキー場の民宿街駐車場に行くときに曲がる「福岡交差点」のすぐ南側にあるので便利です。
外観は「道の駅ようか但馬蔵」に比べると少し古めかしく庶民的なイメージが溢れています。

2016IMG_0127.jpg
道の駅ハチ北のメニュー拡大画像1
2016IMG_0128.jpg
道の駅ハチ北のメニュー拡大画像2

はい!!期待通りの庶民的な感じのお値段で写真を見ればすべてのメニューが1,000円でお釣りが来ます。
まさに我が家が目指していた感じの食堂ですね(汗)

特筆すべきは缶ビールが250円ってこと、缶ビールの定価って確か230円でしたよね、20円しか乗っけてないのはどう考えても良心的でしょ!!
まあ、運転があるので飲めないですが・・・

2016IMG_0114.jpg

ということで、私が注文したのは「きつねそば山菜ごはんセット」800円也。
私はそばにはうるさいので、褒めちぎることは出来ませんが、素朴で美味しかったです、山菜ごはんも想像通りの味で満足でした。

2016IMG_0115.jpg

しょーたは「天ぷらうどん」500円也。
うどんは1人前なので少しそら君ように取り分けて、残りをしょーたが食べたのですが車の中でお菓子とか食べていたので3分の1ほど残しました。

2016IMG_0124.jpg

その3分の1を私が食べたのですが、美味しかったですね。
個人的にここで食べるなら「そば」よりも「うどん」をお勧めします。

2016IMG_0117.jpg

そしてママは「但馬牛丼??」だったかな??メニューの写真に載っていないですね、撮り忘れていました。
ママは十分美味しかったと言ってました。

さてとっ!行きますか!
もう既に2時前・・・ちょっとゆっくりし過ぎですね。

2016IMG_0125.jpg

それでは、ハチ北に向けて再出発ですが、今日はここまでにしておきます!

じゃーね~♪♪
ハチ北へスキー旅行に行ってきた2


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

ハチ北へスキー旅行に行ってきた2@2016/1/16~17

ハチ北へスキー旅行に行ってきた1の続きです。

2016IMG_0312.jpg

「道の駅 ハチ北」を後にして20分前後で今回お世話になるお宿、「プチホテルAoitori」に到着!

本来ここはゲレンデの中にあり、リフトも目の前なのですが、今年の雪不足の影響をもろに受けご覧のように雪がありません。
雪さえあれば最高の立地なんですが今回は本当に残念でした、まあ自然現象には勝てませんからしょうがないですね。

2016IMG_0130.jpg

私たちが今回宿泊する部屋はこんな感じです。
カメラの画角の関係でこれが精一杯なんですが奥側にシングルベットが2つ、手前側にシングルベットが1つと、ソファーベットが1つあります。
ハイハイするそら君がいるので本当は和室が良かったのですが、「アメリカンタイプのプチホテル」というフレコミなので洋室は致し方ないですね。

2016IMG_0131.jpg

まあ、そんな和室が良かったという親の想いと裏腹にしょーたにとってはベッドが3つもあるので大はしゃぎ!

ここに着く直前のしょーたの第一声は、
「あれっ!?バンガローちゃう!?」
「えっ、えっ、えっ!?もしかしてホテル!?」

おいおい、なんか我が家がホテルに泊まったことない家族みたいやん!!
まあ、確かに我が家の旅行といったら、ほとんどがキャンプで、そら君が生まれてからずっとバンガロー続きだったのですっかり今回もバンガローに泊まると思っていたようです(^^;

そんなこんなで今回の宿泊先がホテルだと分かったら、しょーたのテンションが急上昇!
ベットの上で飛んだり跳ねたりとトランポリン状態で遊んでいます。

2016IMG_0132.jpg

ただでさえ到着が遅く時間が無いのに、遊んでいるとドンドン遅れてしまいますが、しつこく飛び跳ねるしょーた。

「もう、スキーに行く時間なくなるぞ!早く着替えろ!」と一喝!

2016IMG_0135-1.jpg

ってことでやっとこさ着替え完了。
着替えだけでなんとなく疲労の色が見受けられるしょーた、そして何が何だか分からないであろうそらのツーショットが何か面白い(笑)
特にしょーたは「ど根性ガエル」に出てくる「五郎ちゃん」のよう・・・あの目の辺りが赤い人ね(笑)

map_hachikita.jpg

先程書いたように私達が泊まったホテルはゲレンデの中、しかも野間ゲレンデといううちの息子にはもってこいの緩斜面の広い初心者向きバーンなんですが、

2016IMG_0313.jpg

こんな感じで雪がありません(涙)
このホテル、雪がある時は最高だろうな~、絶対にリベンジしたいです。

ということでホテルのスタッフさんに雪があるファミリーゲレンデまで送迎してもらいました。
昨年、ママのお腹にそらが居りスキーに行けなかったので2年ぶりのスキー。

しょーたが年中の時、スキースクールに入れ最低限のボーゲンはできていたのですが2年経ってすっかり忘れている様子でまったく滑れなくなっていました。

2016IMG_0141.jpg

大人なら少しくらいブランクがあってもゼロにはなりませんが見事にゼロになっており、この日は本人も面白くなかったらしく「しょーちゃん、ソリする~」と言う始末。

2016IMG_0136.jpg

実はゲレンデに着いたらすでに15時、リフトは16時半までなので私はムービングベルトの回数券を2回分だけ購入、しょーたはガンガン遊ぶだろうということで午後券を購入していました。
なのにソリかよ・・・(汗)

そんな感じで遊んでいると、なんと、なんとママの中学時代の友人家族と遭遇。
もうビックリです!!

まだ私は一度もリフトに乗ってない事を話すと1日券を貸してくれ、2本ほど滑らせてもらいました。
その節はありがとうございました!

そしてファミリーゲレンデに戻ってくると、しょーたはムービングベルトを使わず自力で山を登りソリ遊びをしていました、なんでやねん・・・
結局、しょーたの分も回数券で良かったみたいです。

ということで、本日のスキーはこれにて終了!



2016IMG_0142.jpg

宿に帰りお風呂に入りますが、その前に一休み!
私はビールをプシュッ♪♪
そしてしょーたはYouTube鑑賞!

2016IMG_0166.jpg

そら君はオモチャで遊んだり、

2016IMG_0175.jpg

捕まり立ちしてあーだ、こーだ赤ちゃん語を話したり、見慣れぬ部屋を確認するかのようにあちこちハイハイで動き回ったりと皆それぞれの時間を楽しみました。

その後、風呂に入りましたが、ここホテルAoitoriのお風呂情報を少しだけ!
浴槽の広さは大人5人くらいが適度な間隔をとって入れる広さで、洗い場は5人分のシャワーがありました。
私にとってお湯は少し熱めに感じましたし、子供からするとかなり熱いのではと思いました。
まあ、スキー場なのでこのくらいの熱い風呂に入ってしっかり温まれという意図かも知れませんね。



2016IMG_0177.jpg
プチホテルAoitori

さて、夕食ですが、このお宿は牛スキ鍋・カモ鍋・とり鍋・ぶた味噌鍋の4種類の鍋料理と追加料金でカニすきが選べます。

2016IMG_0178.jpg

私達がチョイスしたのはとり鍋、まあ、初めて泊まる宿でしたので一番無難そうなやつを選んだという次第です。

2016IMG_0180.jpg

うどんがついていますが、ご飯も大きな釜に用意されているので雑炊も楽しめますよ。
ちなみにご飯はセルフサービスでおかわり自由、雑炊を頂く場合は別途玉子を注文しなければなりませんが薬味は無料で頂けます。
我が家はもちろん雑炊まで楽しみました。

2016IMG_0179.jpg

あと、お漬け物もついていました。
ただ沢庵が私の口には合わなかったかな、でもお鍋そのものは普通に美味しかったですよ。

それと写真を撮り忘れましたが、子供用に別メニューが1500円であったのでしょーた用にはそれを注文しましたよ。

2016IMG_0184.jpg

「ぱぁーぱぁー、僕のご飯のことを書いてないよー」

あー、ゴメンゴメン・・・そら君は市販の離乳食と鍋のうどんやとうふ、白菜を食べてました。



2016IMG_0203.jpg

さて、風呂も済ませ食事を終え、あとは部屋に帰りマッタリして寝るだけです。
そら君は相変わらず捕まり立ちしながらにぃにの方が気になる様子。

2016IMG_0197.jpg

その本人は「プニプニ」とかいうゲームに夢中。

2016IMG_0215.jpg

「ぱぁーぱぁー、僕もなんかで遊びたいよ~」と言わんばかりの表情・・・

2016IMG_0224.jpg

「あっ、いい物あった、これで遊ぼ!」
手に取ったのはにぃにのゴーグル。
にぃにの物はなんでも興味があるそら君。

2016IMG_0228.jpg

ママとの約束でゲームが10分しか出来ないしょーた、今度はテレビに夢中、すかさずスリ寄るそら君。
と、こんな風に普段と変わらぬ平凡な夜を過ごして10時ごろには就寝 Zzz~~♪♪

つづく
ハチ北へスキー旅行に行ってきた3


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

ハチ北へスキー旅行に行ってきた3@2016/1/16~17

ハチ北へスキー旅行に行ってきた2の続きです。

旅行に行ったら少しでもゆっくりしたい派の私ですが、朝6時ごろから「あ~ちゃ~ちゃ~ちゃ~ちゃ♪♪」と軽快に赤ちゃん語を話すそら君・・・
そして、それに反応するかの如く「ぱぁぱ~、そら君しゃべってる~!」と嬉しそうに反応するしょーた。

もうこうなれば寝ていられる状態ではありません(涙)

いずれにしろ、朝食の時間が7時半に設定されているのでそんなにゆっくりと寝ることが出来ないのだが、せめて7時ごろまでは寝たかったと思いつつシブシブ起きることとなりました。

2016IMG_0314.jpg

起きて私がまずとった行動は窓からゲレンデの様子を見たこと。
「もしかしたら寝ている間に雪が降って、いい感じに積もっているのでは!?」と思ったのですが・・・
はい、昨日と同じでした(汗)

というのも今年は暖冬ですが、このあたりのピンポイント天気予報をチェックするとこの日を境に雪が降り始め、やがて西日本に大寒波が襲来するという予報になっていたので期待した次第なんです。
淡い期待は幻に終わりましたね・・・

しかし、この数日後、天気予報通り大寒波が来て南国のイメージがある鹿児島でも雪が積もり、さらには沖縄まで雪が舞ったというニュースが流れ込み、ハチ北の様に一部オープンだったスキー場やオープンすらしていなかった兵庫県北部のスキー場には恵みの雪になりました。

一週間ずれていたら最高の状態だったのに・・・上手くいきませんね~(笑)



2016IMG_0229.jpg
プチホテルAoitoriの情報を見る

ということで、朝飯です!ここは和食か洋食か選ぶことが出来ます。
私は旅行に来ると朝から御飯をガッツリいきたいタイプなので、もちろん和食。

食事会場に行くと、既にこの様に用意されており、後から味噌汁とサケだけ暖かい状態で持ってきてくれます。

2016IMG_0236.jpg

お味のほうは「感動した!!」というところまではいきませんが、まあ、普通に美味しくしっかりご飯をお代わりしてお腹いっぱい頂きました。

2016IMG_0232.jpg

しょーたは洋食をチョイス、やはり洋食の方が見栄えは良いですね。
ちなみにご飯がお代わり自由なのと同様にパンもお代わり自由です。

2016IMG_0238.jpg

そして食後にはコーヒーが付いています、これは大人だけなのかな??
しょーたは付いていませんでした、まあ小学1年生だからコーヒー飲めないけど・・・



2016IMG_0216.jpg
【オンヨネ RUSH AIR RUS98012 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

朝食もしっかり食べ、スキーウェアに着替えて、いざ出発!!
しょーたが2年のブランの後、すっかり未経験者のようになっているので今日はスクールに入れ、親が楽をします勘を取り戻してもらいましょう!!

ところがしょーたは「スクール嫌やっ!しょうちゃんソリだけする~」という情けないお言葉・・・

2016IMG_0239.jpg

そうはさせじと強制的にスクールへ!
だって2年前にボーゲン出来とったのに、全く出来なくなってるんやもん・・・(涙)

2016IMG_0241.jpg

まずは、ストックの握り方から!
いいね~!親が教えるのと聞く姿勢が全く違います。

親が教えても「しょーちゃん、これの方がやりやすい!!」とか言って自己流になるのは目に見えていますから(笑)

2016IMG_0242.jpg

ということで私は昨日偶然会ったY君パパ&Y君と一緒にそら君を連れてリフトに乗ってひと滑り!
リフトで滑ることが出来るコースは中央ゲレンデのみ、距離にして800mほどでしょうか??
それでも雪不足の影響で人が少なく空いているので体力が落ちたオヤジがそら君を抱っこヒモに入れて滑るには十分な距離でした。

あんまりハードだと転んでそら君が怪我したらヤバいからね(^^;

2016IMG_0265.jpg

2~3本滑ったらそろそろお昼、とりあえずママやしょーた達と合流する為にムービングベルトがあるゲレンデに戻ると、そこには楽しそうにしているしょーたの姿が!

お~!!やっぱりスクールに入れて正解!?
まだ滑りは見ていませんがいい顔してますね。

2016IMG_0255.jpg

ムービングベルトに乗った瞬間、バランスを崩して落ちたり(←マジで焦った)、上り坂でのカニ歩きがまだまだ上手く出来きなかったりですが、それでも明らかに雰囲気が違うぞ!!

すっかり写真を撮り忘れていますが、滑りも上達、めでたくボーゲン復活!!って感じでした。

2016IMG_0257.jpg

その後、スクール終了まで時間があるので、そら君雪の上でハイハイの練習・・・
流石に滑って前に進みませんでしたが本人は満更でもないご様子、可愛いですね!!



2016IMG_0271.jpg

しょーたにとって充実のスクールを終え、昼食を摂ることに!
今日の昼食は昨日から決めていたカップラーメン!!

このことを忘れるはずもないしょーた!
「なあ、なあ、今日の昼ご飯カップラーメンやんな~!!」
と、大のカップラーメン好きのしょーたが確認してきます、カップラーメンは確かに美味しいですけど小学校1年生で虜になるのは考え物ですね(汗)

2016IMG_0282.jpg

0歳のそら君もカップラーメン・・・なんていうことは断じてなく、売店に売られていたカレーパンの当たり障りのないところを食べていました(^^)

ここでプチです情報ですが、ムービングベルト乗り場付近にリフト券売り場も兼ねるゲレンデコンビニというお店があり、パンやカップラーメンが売られています。
そこでカップラーメンを購入し、コンビニのすぐ裏の無料休憩所で食べることが出来るんです。

無料休憩所には湯沸し器のような物がありお湯を自由に入れることが出来ます、ゲレンデコンビニにはそれほどカップラーメンの種類が多くないので、あらかじめお好みのカップラーメンを持って行かれてもいいと思います。

実際、カップラーメンを持ち込んでいる方が多く居られましたよ。
次回は絶対持って行きます。

2016IMG_0286.jpg

一緒に昼食をとったY君ファミリー達はは昼までなので、ここでお別れ。
そら君良かったな~、Y君に抱っこされたり、

2016IMG_0261.jpg

遊んでもらったり!Y君ありがとうね~!



2016IMG_0299.jpg

さて、スキーの後半戦です。
今朝まで自力でスキー板を履くことが出来なかったしょーたですが、スクールで学んだ後は「しょーちゃん自分で履く~!」と言ってきます。

おっ~!頼もしいですなぁ!
なんとかかんとか、履ける程度ですが今朝までのアカンタレな感じから一変です。

2016IMG_0300.jpg

1本目を滑り出すと、あららっ・・・

2016IMG_0308.jpg

「にぃに~、大丈夫でちゅか~!?」

2016IMG_0302.jpg

お~、凄い凄い!
自力で立ち上がった!
ただこれだけですが大進歩、昨日まで自力で立ち上がろうとしてもスキーの踏ん張りが効かずバランスを崩すばかりで全然無理でしたから!

2016IMG_0304.jpg

立ち上がった後は、しっかり足を八の字に整えて再スタートです。

この後、しょーたからリフト乗りたいという要望が・・・
迷いましたが、このコース(ムービングベルトのコース)を2度滑って、転ばずに滑れること、そして途中で2度止まれることができればリフトに乗ろうということにしました。

結果はあっけなく成功・・・
スクール後のしょーたには簡単な条件だったようです。



それではリフトに乗り、いざ本コースで滑走です!!
この時のハチ北で唯一滑ることが出来る中央ゲレンデです。
ここのゲレンデの構成は前半優しく、後半はやや斜面がきつくなり、前半の回避コースを通ったとして初級4割、中級6割程度の構成、超初心者のしょーたには後半の中級斜面の克服がカギとなります。

2016IMG_0250.jpg

滑っている写真はすっかり忘れていますが、まずは前半の緩斜面。(上の写真)
うん、うん!!まずまず広いバーンでこの緩斜面だとムービングベルトのコースと同じようなもんなんで、スクール後のしょーたでもシュプールを描きながら降りて行けました。

2016IMG_0254.jpg

中央ゲレンデはイメージ的には3段構成で前半が優しく、後半に行くにしたがって斜面がきつくなってきます。
このあたり(上の写真)に来ると中級バーンといってもいい難度となります、しょーた的にはこのあたりの傾斜が限界で制御が厳しくなりスピードに乗ってしまいます。

う~ん、まあ、ここに来た時の状況、つまり昨日の午後の超初心者だった時に比べるとわずか数時間で格段の進歩です。

2016IMG_0242.jpg

中央ゲレンデの後半は紛れもない中級者向けコースですが、ここまで来るともう可哀そうでしたね、ターン出来ずにスピードに乗り過ぎて、止まる為に尻もちをつき転倒するの繰り返し。

今回はこのコースしかやってないので仕方がないですが、出来れば緩斜面がダラダラと続くバーンを滑らせてあげたいですね、その方が上達の近道だと思います。
私がスキーを初めてやったのは高校3年生の修学旅行で、その後、自分たちでスキーに行くようになり出来もしないのに背伸びして上級コースを滑りましたが、そのおかげで大分足踏みをしたと後悔してますから、しょーたにはじっくりと初心者バーンで基礎を築いてほしいですね。

結局、このコースを3本滑って本日は終了!

今回はしょーたもかなり充実したようで、「また行きたい??」と聞くと「うん!また行きたい!!」といつも反応が悪いしょーたにしてはめちゃくちゃ歯切れの良い返事でしたね。

しょーたの為にも間を開けない方がいいので、今ウインターシーズンの外遊びはスキーで決定!!

2016IMG_0137.jpg

このあたりのお宿はチェックアウト後も着替えの為に場所を提供してくれるので、宿にお迎えをお願いして、待ち時間を利用し最後にそり遊びをして16時ごろにスキー場を後にしました。

大阪・堺に着いたのはノンストップで19時半ごろ、堺からハチ北は170kmほどしかなく机上の計算なら2時間半くらいで行けそうですが、すべて高速道路利用で3時間半って結構かかりますよね~。

ってことでおしまい!!
さあ~、今シーズンは滑るぞ~~!!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

日帰りでハチ高原スキー場1@2016/2/6

2016IMG_0964.jpg

正月のキャンプを最後にすっかりスキーモードになっている我が家!
1月16日~17日のハチ北スキー場に引き続き、2月6日に日帰りでハチ高原スキー場に行って参りました!

例年、年に2回ほどしか行かないスキーですが、詰めて行かないと息子がスキーを忘れてしまい、せっかく覚えたボーゲンを出来なくなってしまうので今年はスキー強化シーズンとした次第です。

2016IMG_0347.jpg

今回は日帰りですので、朝の5時に堺を出発、最後の国道9号線では多少流れが悪くなったの週末でしたので最後、駐車場の料金場こそ少し並びましたが、今回は8時前にスキー場到着。

前回、ハチ北の復路はほぼノンストップで3時間半、今回のハチ高原は高速をいつもより早いペースで走り3時間を切ることが出来ました。
まあ、179kmほどしかないので出来ればもう少し時間を短縮できればいいのですがこのあたりが限界かな??
高速をいつもより早いペースといっても100kmアベくらいですからね。

2016IMG_0354.jpg

ハチ北スキー場にはゲレンデ駐車場と民宿街駐車場があるように、ハチ高原もゲレンデ駐車場と丹戸・大久保・山麓駐車場と2か所の駐車場があります。
今回、私たちはファミリーゲレンデにほど近いゲレンデ駐車場を利用しました。

ちなみに料金は、
ゲレンデ駐車場=1,800円
丹戸・大久保・山麓駐車場=1,000円~
となっておりゲレンデ駐車場はいいお値段がしますね、また丹戸・大久保・山麓駐車場の1,000円~ってのも引っかかりますね。

いずれにしろハチ~ハチ北はブランドでしょうか?近隣のスキー場の中では駐車場もリフト代も宿代も一番高くつきますね。

2016IMG_0355.jpg

少し話が逸れてしまいましたが私たちが車を停めるよう指示されたのはパークホテル白樺荘というホテルのすぐ横にある駐車場です。
日帰りのスキー客はこのエリアに停めるよう指示され、宿泊する方はよりファミリーゲレンデに近いエリアに駐車できるようです。
ちなみにここからファミリーゲレンデまでは200~300mくらい歩くことになります。

2016IMG_0350.jpg

さて、スキー場に着き、しょーたは雪を見てテンションが上がっています。
サクッと着替えを済ませて雪と戯れています。
何やら向こうの様子が気になるようですが、「何見てるん?」と聞いても「なんもないっ」という返答が帰ってきます。
何じゃそりゃ??って感じですね。

2016IMG_0933.jpg

さてさて、しょーたの着替えが終わること30~40分後にやっとそらの着替えが完了、しょーたのスキーレンタルをしてリフト券を購入して、さあ滑ろか!となるまで1時間くらい掛かってしまいました。
まあ、そらが小さい内はいつもこんな感じになりそうですね。

そうそう、今回私たちは「バリュープラン」といって大人のリフト券4,500円(子供は3,500円)+ナイスチケット1,000円分が付いたプランで通常5,500円が5,100円(子供は4,100円)というプランを活用。
私と息子で9,200円支払い2,000円分のナイスチケットを貰ったのですが、よく見るとバリュープランってのがあり、大人リフト券(4,500円)+子供リフト券(3,500円)が通常8,000円のところ7,000円ってのがあり、うちの場合はこちらの方が得でしたね・・・

よく見なかった私たちが悪いのですが、なんか納得いきません。
次回から気を付けなければ・・・
お得プラン



2016IMG_0362.jpg

実はハチ高原スキー場は初めてなんですが、前回行ったハチ北はゲレンデが縦長のイメージですがここハチ高原スキー場は横に広いという印象。
ゲレンデマップを見ると初級コースが多く我が家にとっては好都合。

ただしょーたから気になる言葉が・・・
「しょーちゃん、もうスキー忘れてるかも??」

えっ・・・マジですか??
確かに前回のハチ北では2年ぶりにスキーにすっかり感覚を忘れていたしょーただけに真実味がありますが、今度はたったの3週間のブランクですよ・・・

2016IMG_0356.jpg

ってことで、ゲンレデに立ったしょーたですが足の感じを見るとちゃんと八の字になっています。
ほっ、これでひと安心かな。

2016IMG_0360.jpg

まずはリフトに乗って最も簡単そうなファミリーゲレンデで肩慣らしです。

2016IMG_0357.jpg

斜面はご覧の通り超の付く緩斜面・・・

ここで少し脱線ですが、奥に見える宿群立地が超グッドですね~。
プラトーこのはなサンダイフクやまとよという旅館のようです、大チェックですね。
子連れの場合ゲレンデサイドに越したことがないというのが我が家の考えですが、宿の選択肢はハチ北よりハチの方が多いように感じました。

2016IMG_0370-2.jpg

ということで、いよいよ本日の初滑走ですが・・・
おっ~~~!!ちゃんと覚えていたようです。
ほっ・・・

2016IMG_0363.jpg

ファミリーゲレンデを2~3本滑ると、息子からこんな発言が・・・

「しょーちゃん、もっと上行きたい!!」
さっきまでスキー忘れてるかもと言っていたくせに2~3回超初心者コースを滑っただけなのに天狗になっているようです(大汗)

すかさず私は「もうちょっとここで練習したら??」
と言ったのですが、どうしても行きたいようです・・・

2016IMG_0364.jpg

ということで中央ペアリフトに乗って中央ペアコースをひと滑り。
このコース、中級者コースで800mくらいはあると思うのですがやはりしょーたにとってはまだ早かったようです。

でもうちの息子曰く、「いっぱい人が居ったから滑り難かった」とのこと。
確かにこの日は学校単位のスクールが開催されておりゲレンデの所々に10人前後のスクール生が留まっているのでしょーたにとってはやり辛かったのでしょう。

2016IMG_0372.jpg

では!!と言うことで今度は隣の中央クワッドコースに挑戦。

2016IMG_0367.jpg

同じく中級者コースですが僅かながらに中央ペアの方よりも楽そうに見えるコースです。

2016IMG_0373.jpg

グングン上達するしょーた!
少し足が開き気味ですが、軽快に滑っています。

2016IMG_0375.jpg

雪質の良さも手伝ってか今日のボーゲンは中々の切れ味!!

2016IMG_0376.jpg

コテン・・・
あ~、でも小学1年生に800mのコース2本はきつかったようです・・・

「大丈夫か~!?」と声をかける私。

そして返事は「しょーちゃん、疲れた・・・」
「板脱がして~」

「足が挫いてしまったのかも?」と心配した私はすかさずスキー板を外したのですが、その次に息子がとった行動は・・・

2016IMG_0377.jpg

「しょーちゃん、疲れたからここで休憩するっ!!」
と言い放ち、ゲレンデのど真ん中で寝てしまいました・・・(大汗)

「あかん、あかん!!」と強制撤去したのは言うまでもありません。
とりあえず、私もガソリン・・・ではなくビールを補給したかったのでゲレンデ内のレストハウスに避難することにしましたが、それは次のお話しと言うことで!!
日帰りでハチ高原スキー場2


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

日帰りでハチ高原スキー場2@2016/2/6

日帰りでハチ高原スキー場1の続きです。

2016IMG_0378.jpg
ホテル谷常

しょーたの電池(体力)が切れたので、ゲレンデ内にある谷常というレストランで休憩・・・というか11時なんで早めの昼食ですね。
ママはリフト券を持っていないのでゲレンデ駐車場近くのレストランで合流しようと思ったのですが、そのあたりのレストランは11時時点で既に満席で座れない状態という情報をママからキャッチ。

それではということで、ゲレンデ内にあるここをチョイスしましたが11時時点では普通に座れる状態でした。
ファミリートリプルリフト近くのムービングベルト付近にあるのでリフト券を持っていないママたちも何とか合流できる場所にあります。

民宿案内図

2016IMG_0380.jpg

ママたちの到着を待っている間に私としょーたが食べたのはフランクフルト。
しょーたは結局これと豚まんが昼ご飯でした。
私はすでにビールを飲んでいるのでフランクフルトはつまみで、

2016IMG_0379.jpg

昼ご飯はガッツリ系のカツカレー大盛りにしました!
フランクフルトは保温器の中に長時間入っていたのか乾燥気味でやや残念なお味・・・まあ、それでも騒ぎ立てるほど悪くないのでおつまみとしては許容範囲です。

そしてカレーですが、カレーそのもののお味はGOODでしたよ、多分レトルトではなく手作りだと思います。
ただカツのほうはあまり期待しない方がいいですね、今度カレーを注文する時はカツカレーではなく単なるカレーにすると思います。

2016IMG_0381.jpg

ゲレンデ内のレストランということを考えると全体的に良心的な価格帯でハチに来た時はまた使いたいと思います!
そうそう、11時時点では空席がたくさんありましたが12時になると待たなければ座れない状態になっていたので11時の早飯が基本ですね!

2016IMG_0385.jpg

さて1時間ここに滞在してそら君は絶好調!

2016IMG_0389.jpg

そしてしょーたも充電完了!

2016IMG_0392.jpg

ってことで休憩終了!
今度はそら君を抱っこヒモに入れて滑ることに!

2016IMG_0949.jpg

いつも天候に恵まれない我が家にしては絶好のスキー日和!
ゲレンデに居ると適度な日差しが気持ちよくいい感じですよ!

2016IMG_0947.jpg

あれれっ!?
なんかそら君の様子が・・・
「ぱぁぱ~、僕もう嫌だよ~~」と言わんばかりの表情です・・・

2016IMG_0952.jpg

「山の天気は変わりやすい」という有名なフレーズがありますが、まさにその通り・・・
さっきまで良い天気だったのに再び曇りはじめ、挙句の果てに写真では分かりにくいですがソコソコの量の雪が舞い始めました。

っていうか吹雪いてます・・・

そら君にとってはただ抱っこされているだけでスキーというスポーツはまったく楽しんでいないので、こんな寒いところに連れ出され苦痛だけが残る思い出かも知れません・・・

長男の時はスキー場デビューが1歳半、キャンプデビューは2才8ケ月とこれでも十分早いかも!?ってノリですが、一応「石橋を叩いて渡る」状態だったんです、しかしそら君に至ってはスキー場デビューが生後9か月足らずで、キャンプデビューは生後100日・・・
その他の事でも長男は大事に大事にやってきましたが、次男はなんでも長男よりも早く経験させ、ややスパルタ気味・・・

ごめんな~、そら君・・・親の勝手でこんなところに連れてきて~(笑)
でも、将来的に色んな意味で強くなったりと、この経験が必ずプラスになるよなるはずだよ・・・

と無責任な思考ではありますが、そう思っています(汗)

2016IMG_0953.jpg

そら君を再びホテル谷常に避難させ、しょーたと一緒に吹雪のスキー場で滑走。
絵的に吹雪っぽくないのが残念でなりませんが、ゴーグルに雪が積もってきて視界が悪く非常に滑りにくい状態です。

ファミリーゲレンデを3~4本滑ったあたりでそろそろ限界・・・
しょーたに「そろそろ、休憩せーへん??」と問いかけるも「しょーちゃん、まだ滑りたい!!」との返答。

2016IMG_0965.jpg

「じゃあ、ママと一緒にラグーナ(ムービングベルト)滑るか??」
と問いかけても、「嫌や!パパと滑っとく!!」
と嬉しくもあり、悲しい返事・・・

いやいや、ほんま吹雪すごいし・・・

こうなれば実力行使!!
「しょーちゃん、アイス食べへん??」

「えっ!?アイス??」
「そうやで!」

2016IMG_0939.jpg

「うん、食べる~~!!」

2016IMG_0944.jpg

息子のすごい食い意地を利用した頭脳プレー!?で諦めさせ、しょーたはアイス、私はビールでこの吹雪をやり過ごします。

2016IMG_0964.jpg

再び天候が回復してきたのでゲレンデに繰り出しもうひと滑りです。

2016IMG_0956.jpg

あの短時間に降った雪がよほど良かったのか、スキー板滑らせるとターンの度にキュッキュキュッキュと心地いい音を奏でます。
若い頃はずいぶんハチ北や神鍋に通いましたが、このあたりのスキー場は朝アイスバーン、昼からべちゃ雪のイメージが強く、こんな心地のいい雪質はあまり記憶にありません。

雪が良いと上手くなったと錯覚してしまうのは百も承知ですが、それでも上手くなった気がします(笑)

話は変わりますが、左奥に見えている宿ベストポジションだな~。

2016IMG_0966.jpg
プラトーこのはな

「このはな」と書いていますが帰宅後調べてみるとプラトーこのはなというお宿、隣に体育館まで備えてかなり規模の大きなホテルですね。

2016IMG_0967.jpg

中央トリプリリフトにほど近い好立地で、いつか利用してみたいですね。

2016IMG_0968.jpg

それにしても天候が目まぐるしく変わります、さっきまでいい感じに晴れていたのに相変わらず写真では分かり難いですが再び吹雪き始めました。
それでもしょーたは軽快に滑り、すっかりボーゲンを自分の物にした様子です。

2016IMG_0970.jpg

せっかくいい感じで滑っている中、水を差すのも可哀そうなのですが、そろそろタイムアップ「あと2本滑ったら帰ろか~」ということで最後の滑りを噛みしめながら今回の日帰りスキー旅行は終了です。

それにしても子供のポテンシャルってすごいな~、前回のハチ北でスクールに入って学んだら、もうそれなりの滑りをするんですからね~。
次回のスキーも楽しみです!

2016IMG_0973.jpg

そうそう、スキー中にけっこう雪が降ったので、もしかしたら帰りはそれなりに大変!?スタッドレスが役に立つ!?
なんて想像しましたが、ご覧の通り車にわずかに積もった雪があるだけでアスファルトは全然でした(^^;
しっかり備えているのですが、なかなかスタッドレスの威力が発揮されませんね・・・

2016IMG_0974.jpg

帰りは前回ハチ北に来た時同様道の駅ようかで新鮮野菜を仕入れて帰ります。

2016IMG_0975.jpg

白菜!

2016IMG_0976.jpg

大根!

2016IMG_0977.jpg

白ネギ!
どれも新鮮でしかも安い!
そして美味い!

こんな道の駅が近所にあると嬉しいんですがね~。
ってことでハチ高原のスキーはコレにておしまい!!
あっ、そうそう!個人的な覚書ですが、大阪・堺からハチ高原まで行きしなは3時間を切り、帰りしなは3時間半でした。
岐阜方面はゲレンデが広くてここらあたりより雪が多いとは思いますが、少しでも短時間で来れる立地が魅力ですね。

では!!
次回は泊りでハイパーボウル東鉢を予定しています!!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
9位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。