スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

コールマン、コストコ寝袋(シュラフ)をゲット!

先日、久しぶりにコストコに行ってきました。
ここに行くと、衝動買いをしてしまうことは分かっているのですが、ついつい行ってしまうんですよね~!
コストコは女性はもちろん男にとっても楽しい場所で、その興味の対象はカメラやパソコンといった電化製品やアウトドア用品に始まり、服関係、そしてキャンプでは率先して料理をする私にとってコストコ独特の食材も興味深く、私にとって大人の遊園地のような場所なのです。

IMG_8014_b.jpg

そんな中、私がコストコに行くタイミングで出会うことが出来なかった、通称コストコ寝袋に出会いました!
おっ~!やっと出会えたコストコ寝袋!

私にとって、将来的には手に入れたい商品でしたが、もうすでに6月、晴れた日は夏の気候・・・そして、この寝袋は-17.8℃以上が快適温度・・・
-17.8℃以上だからって、20℃でもOKのはずがないし・・・
手に入れても、当分使えない・・・

しかし、ここで買わなければ次にいつ出会えるか分からない!?

そんな葛藤がありながら、商品を目の前にして悩むこと30分、となりにもコールマンの封筒型寝袋(-6℃)がある。
封筒型はさすがにモンベルファミリーバック#1があるので、試してみたいが辞めておこう・・・

このコストコ寝袋も使用時期はファミリーバックと被りまくりだが、私が使ったことがないマミー型・・・気になるぅ~~。
って言うか、すでに家で写真を撮っているので、ご察しの通り買ってしまいました(^^;

IMG_8015_b.jpg

このシュラフ、モデル名は「SILVERTON 350」
価格は3,777円、ちゃんとしたブランドでこの温度域のシュラフは化繊ということを考慮しても超破格値!

初心者の為の失敗しないキャンプ道具の選び方(シュラフ&ナイトウェア編)で書いた様に、私はオートキャンプなので価格が安くて、家で洗える化繊は大歓迎なので好都合。

IMG_8016_b.jpg

あれっ!?コールマンジャパンという文字が目に飛び込んできました・・・
この破格値からすっかり、アメリカからコストコが輸入しているものだと思っていましたが、コールマンジャパンを噛ましていたんですね。
パッケージには前述の通り「SILVERTON 350」と書いていますが、日本名は「コールドウェザーマミースリーピングバック」というようです。
以前からコストコ寝袋として認識していましたが、この名前は知りませんでした(汗)

IMG_8018_b.jpg
IMG_8020_b.jpg

箱を開けるとスタッフバックに入った寝袋が出てきます。
モンベルファミリーバック#1ほどではありませんが、やはり大きめです。

IMG_8032_b.jpg

スタッフバックから出そうとすると、袋がきつめでなかなか出てこず、収納時に苦労するのではないかということが過ってきます。

IMG_8033_b.jpg

袋から出してみると、こんな感じです。
袋に収納するときは、この状態にして丸めていくということを忘れないように写真に収めておきました。

IMG_8034_b.jpg
【Coleman SILVERTON 350 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

ベットの上に出してみると、こんな感じです!

IMG_8044_b.jpg

コールマンジャパンの商品なので、寝袋のタグには日本語で詳細が表記されています。
私の身長は181cmですが、必要充分な大きさです、小柄な方には少し大きいかも知れません。

それとタグには201501と記されています、私が買ったモデルは間違いなく今年2015年モデルだと思います。

IMG_8035_b.jpg

本体には「SILVERTON 350」と記されています。
私の知る限り、コストコとネット以外では買えないので、希少な寝袋で満足感を得られます(笑)

IMG_8038_b.jpg

寝袋の要ともいえるジッパーはこんな感じです。
見た感じには、開閉のしやすさを追及しているのか、見慣れない感じのジッパーを使用しています。

IMG_8039_b.jpg

写真では非常に分かりにくいので、イメージしてほしいのですが、温まった空気を逃がさないようにドローコードが頭と首元を絞れるように2か所装備されています。

IMG_8041_b.jpg

登山で使われることが多いマミー型の寝袋って、ポケット付いているのが常識なのかな!?
それとも治安がよろしくないアメリカンな寝袋では常識!?
そのあたりはよく分からないですが、寝袋の内側には財布等の貴重品を入れることを想定したであろうポケットがついています。



暑いですが寝てみました(汗)
IMG_8042_b.jpg

この日の室温は25℃前後あろうかと思いますが、寝袋に入ってみました・・・その感想は・・・
「暑い・・・サウナみたい・・・」って感じでした。

シュラフ内側の素材がウインドブレーカーの様なナイロン素材(ポリエステル)なので、暑い日に入ると蒸れてサウナの様になります(笑)
あくまでも予想ですが、その反面、寒い時は温まった空気を逃がすことなく良い感じかも知れません。
当然、-17.8℃という温度は鵜呑みにしていませんが、寒い時期の主力として期待できそうです!

それと私にとって初めてのマミー型シュラフですが、封筒型に慣れたせいか、ものすごく窮屈に感じました、その反面、内部スペースが狭いので寒い時期なら暖かく保てて良いのではという手ごたえを感じています。

IMG_8052_b.jpg
【ロゴス エルゴドライシュラフ・2 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

比較の為に、私が所有しているモンベルファミリーバック#1(-9℃)とロゴスのエルゴドライシュラフ(2℃)でも寝てみました。
まず、この2つの寝袋ではスペックが低いロゴスはどうでしょうか?
やっぱり暑いです・・・

IMG_8049_b.jpg
【モンベル ファミリーバック#1 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

次にファミリーバックですが、当然暑いには暑いですがコールマンの様にサウナのような蒸れ方はなく、明らかに低スペックのロゴスよりも快適に感じました。
ファミリーバックは裏地がコットンなので、そのあたりが良かったのかも知れません、さすがモンベルですね。



ジッパーの走りはどうか??
IMG_8045_b.jpg

先に紹介したようにジッパーは寝袋の要と思っていますが、走りはどうなんでしょうか?
ジッパーを閉める時にジッパーだけ引っ張っても、反対側の手で寝袋をしっかり固定していないと上手く閉まらないのはご想像の通りですが、慣れないマミー型ゆえ、ジッパーの操作が上手く出来ず多少手こずった感はありますが、許容範囲だと思います。

IMG_8053_b.jpg

ロゴスは基本的にコールマンと同じような感覚ですが、封筒型ゆえ体に自由が利き、ジッパーを閉める動作がしやすいので、コールマンよりも閉めやすい印象です。

IMG_8051_b.jpg

そしてモンベルですが、明らかにジッパーのひとコマが大きく、見た目からこだわりが感じられますが、見た目通り閉め安くて、この3つの中では秀逸です!
やはり、「さすがモンベルです」と言わざろうえませんね。



気になる収納の感じは?
IMG_8046_b.jpg

コールマンの寝袋でよく耳にする、「スタッフバックに入らない」という件ですが、最初にスタッフバックから出した時に「もしかしたら苦戦するかも?」とピンときましたが、実際はどうなんでしょうか?

一言で言うときつい!!・・・
ですが、ちゃんとした畳み方で入れると1分かからずにスタッフバックに収納できますよ!

あ~、良かった~!
参考記事⇒オレ流!シュラフ(寝袋)のたたみ方

強いて言うなら、寝袋を丸めた際に結ぶ紐が付属していたらもっと簡単だったと思いますので、どうしてもという方は別途紐を用意されたらいいのかと思いました。
出来れば寝袋に紐の型(かた)が付きにくい平べったい紐が良いと思います!

IMG_8054_b.jpg

収納した感じですが、やはり冬用とあって収納サイズは大きめとなります。
これは化繊シュラフの宿命で、保温力が高ければ高いほど大きくなってしまうので仕方ないですね。

間違っても登山目的でこのシュラフは買わないと思いますが、バイクなんかでキャンプに行かれる方は大きさを吟味された方がよろしいかと思います。

今回は購入した時期が夏前なので、実際の使用感はお伝えできませんでしたが、必ずや秋ごろの使用感をお伝えしたいと思っています!
それとも、標高の高いキャンプ場に行ってみようかな!!
寒い時期ではないがコストコ寝袋を使ってみた!

<他にもシュラフ(寝袋)関連の記事ありますよ!>
初心者の為の失敗しないキャンプ道具の選び方(シュラフ&ナイトウェア編)(2015/02/18)
冬キャンプで学んだ防寒対策の真実(2015/02/24)
オレ流!シュラフ(寝袋)のたたみ方(2015/03/11)

新型モンベル ファミリーバッグについて聞いてみた(2015/02/27)
モンベル ファミリーバッグ#1、車中泊レポート(2015/03/05)

コールマン、コストコ寝袋(シュラフ)をゲット!(2015/06/15)
寒い時期ではないがコストコ寝袋を使ってみた!(2015/07/05)


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
スポンサーサイト
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:コールマン  Trackback:0 comment:0 

寒い時期ではないがコストコ寝袋を使ってみた!

IMG_8126_b.jpg

コールマン、コストコ寝袋(シュラフ)をゲット!の記事で、
「今回は購入した時期が夏前なので、実際の使用感はお伝えできませんでしたが、必ずや秋ごろの使用感をお伝えしたいと思っています!
それとも、標高の高いキャンプ場に行ってみようかな!!」


という結びで終わっていましたが、先日、標高800mの洞川キャンプ場にソロキャンプに行ってきましたのでコストコ寝袋、SILVERTON 350(コールドウェザーマミースリーピングバッグ)のの使用感をお伝えしたいと思います。

この寝袋は冬用で仕様温度設定が-17、8度までとなっていてコストコで4,000円を切る安さですが、カタログスペック上はものすごくハイスペックな寝袋なのです。

既に季節は梅雨時期ですので実力を測るとまでは言い切れませんが、ここ洞川キャンプ場は標高が800mですので大阪の平野部よりも気温が低く、平野部での春秋くらいの想定でチェックできるとではと思っています。

そんなことを考えながらも、「暑すぎて寝られないのでは?」と考えたり、「標高800mとはいえ6月で寒く感じるのであれば、冬は使い物にならないぞ!」と考えたりと、この寝袋に関しては値段が値段だけに実力は未知数そのものです。

IMG_8271_b.jpg

という訳で、まだ10時前ですが、コストコ寝袋に潜り込んでみました、コールマン、コストコ寝袋(シュラフ)をゲット!の記事で描いた様に私にとってマミー型の寝袋は初めての経験です、潜り込んでの感想は「やはりマミー型は窮屈・・・」そして現時点では「少し暑い・・・」。

封筒型のシュラフしか経験がない私にとって、マミー型は窮屈です、ですが酒が入っているので寝られないことはないということは直感できました。
そして少し暑いという感覚も、やはり酔っぱらっていて体温が上がっており、下着姿で寝袋に潜り込めば改善できるはずです。

ということで、下着姿になればと思いきや、一瞬で眠りについたみたいで、すっかり上は半袖のTシャツと長袖のTシャツの重ね着、そして下はスウェットパンツで寝てしまいました。

IMG_8277_b.jpg

まさか昨夜、即落ちすると思っていなかったのでうっかり温度を測っておくのを忘れてしまいましたが、深夜に温度を確認したところ17度を切っていました、そして朝5時頃にトイレで起きた時の気温は17、1度でした。
(ちなみにこの時計の温度計は時々大きく狂っているので参考値と言うことでお願いします。)

このくらいの温度で、長袖長ズボンの服装で寝てしまうと、少し暑かったです、この寝袋は-17、8度までOKの温度設定になっているので当然と言えば当然なので参考までに!!

IMG_8278_b.jpg
【コールマン SILVERTON 350 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

この寝袋は温度調整が利くように足元のジッパーを開けることが出来ます、少し暑さを感じたので早朝のトイレを済ませた後に足元のジッパーを開けて寝てみましたが、逆に足元がスースーして、「先ほどの暑さはなんだったんだ」という感じで「寝るには寒いな」という感覚を覚えました。
同時に寝袋って内部の温度をキープするのが重要なんだなと認識させられました。

それと意外だったのはマミー型での寝心地!
前述の通り、私は封筒型しか経験がなく、マミー型が初めてで、寝た感じの印象は「窮屈」のひと言でしたが、いざ熟睡してみると、狭いには狭いが大丈夫!
寝返りも大丈夫でした!

寝返りも大丈夫なんて書くと「ホンマかいな~」という突っ込みがやってきそうですなので、ご説明しますね!

IMG_8049_b.jpg
【モンベル ファミリーバッグ#1 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

例えば私が愛用している封筒型のモンベルファミリーバッグ。
この寝袋は身長181cm、体重73kgの私が寝袋に入っても、かなり大きな印象があり、寝袋の中で寝返りが打てます!
足を4の字にすることも可能です。

対するコストコ寝袋は残念ながら、少なくとも私の体格では足を4の字にすることは出来ません・・・
マミー型なので、足の先に行くにしたがって細くなるので致し方ありませんね。

ただ寝返りはいとも簡単に打てましたよ!
どの様にあの狭いマミー型で寝返りを打つかというと、それは簡単、封筒型の様に寝袋の中で寝返りを打つのではなく、寝袋ごと寝返りを打つのです!!

なんか詐欺みたいな回答ですが、本当にそうなんです。

自分でも知らず知らずの間に寝返りを打つと、そうなってしまうんですね。

イメージ的には寝袋を着ている感覚で、そのまま寝返りを打っても全く違和感がありませんでした。


この数日後再びキャンプに出掛けました、そのキャンプ場は標高700mくらいで、私の腕時計の温度計ではやはり17度くらいを指していました。

そして私の服装は下は洞川キャンプ場と同じで、上は半袖のTシャツ1枚でした。
温度は同じくらいで服装は薄着にしているのですが、朝起きたら汗ばんでいました。

気温の上では、ほぼ同じ状況での使用でしたが体調のせいなのか、洞川で使った時よりも明らかに暑かったということを付け加えて「寒い時期ではないがコストコ寝袋を使ってみた!」の記事を終わりにしますが、このレビューを書いた季節は6月なので、晩秋くらいに使ってみて、さらには冬に使ってみて、どの様に感じたかという記事を書いてみたいと思っています。

ってことで、おっ~しぃ~まいっ!!

<他にもシュラフ(寝袋)関連の記事ありますよ!>
初心者の為の失敗しないキャンプ道具の選び方(シュラフ&ナイトウェア編)(2015/02/18)
冬キャンプで学んだ防寒対策の真実(2015/02/24)
オレ流!シュラフ(寝袋)のたたみ方(2015/03/11)

新型モンベル ファミリーバッグについて聞いてみた(2015/02/27)
モンベル ファミリーバッグ#1、車中泊レポート(2015/03/05)

コールマン、コストコ寝袋(シュラフ)をゲット!(2015/06/15)
寒い時期ではないがコストコ寝袋を使ってみた!(2015/07/05)


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:コールマン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
9位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。