スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

キャプテンスタッグ 3層鋼五右衛門ライスクッカー

日本のライスクッカーと言えば誰が何と言おうと兵式飯盒、私が子供の頃、林間学校や子供会のキャンプに行くと必ずカレーを作り、ご飯は飯盒で炊くのが当たり前だった。
林間学校で食べたカレーの味は覚えていないが、シャバシャバでジャガイモが半生だったことは今でも覚えている、ご飯といえばクラスのしっかり者が担当していたのか、ちゃんと炊けていたと記憶している。

その後も中学や高校で何度か飯盒でご飯を炊いたが、やはりクラスのしっかり者が炊いたのだろうか、おこげくらいはあったのだろうが失敗した記憶はなかった。

そんな私が大人になり初めて買ったクッカーはもちろん兵式飯盒だった、今のように炊飯の知識なんて微塵もなく、適当に焚き火の上に飯盒を置いて炊いたが、一体どれくらいの時間火にかけたのだろうか?またどれくらいの火力だったのだろうか?
もうおこげと呼べる領域は遥かに超えて、飯盒の底2cm位は焦げたご飯がこびりついていた。

なんでこんなことに!?
調べてみると、アルミってのは熱伝導率がすごくいいらしい。

私は炊飯のノウハウを知らない自分の無知を棚に上げて、そうかアルミの飯盒がいけなかったんだ!!ということでご飯鍋を物色し始めた。

当時は今のようにネットなんてないので、自分で行ける範囲のアウトドア用品が売っている店を適当に徘徊していた、その時見つけたのが、3層鋼五右衛門ライスクッカーだった。
値段は忘れたが、当時の私には決して安くなかった、しかし3層鋼という言葉が私の心を掴んで離さない、多分、熱伝導率の意味も理解していなかったのだろう、「アルミは薄い=焦げやすい」、しかし「3層鋼はぶ厚い=焦げにくい=ちゃんとご飯が炊ける」という思い込みがあったし、3層鋼という重厚な感じがなんともかっこよかったからだ。

これがこのライスクッカーを買うことになったきっかけだった、そして単純なインスピレーションで道具を買ってしまう悪い癖は今でも健在だ。


IMG_6740b.jpg

その後、鍋での炊飯をどのように学び今に至ったのかははっきり覚えていないが、一人暮らしをする頃には炊飯器を持っていなかった私にとってこのライスクッカーは、なくてはならない存在になっていた。

そして、時が流れ結婚し、子供が生まれ、ファミリーキャンプをするようになった今もこのライスクッカーは、ある時は白御飯、ある時は炊き込みご飯、またある時はピラフを炊き、そして時には煮物を作ったりと、私にとって、そして我が家にとってなくてはならない存在として今もキャンプシーンを盛り上げるのに活躍している。



3層鋼五右衛門ライスクッカーギャラリー
IMG_6739b.jpg

長年使っているが、少し煤けているもののステンレスなのでまだまだ使える、大事に使えば一生ものかも。


IMG_6737b.jpg

IMG_6742b.jpg

メモリが付いているので炊飯器同様、計量の必要はない。


IMG_6749b.jpg

鍋底に行くにしたがって丸みを帯びていてライスクッカーとしての雰囲気がある。


IMG_6744b.jpg

蓋のつまみはユニフレームやスノーピークと同様に木製、長年の使用で割れてきているが、まだ大丈夫。


IMG_6746b.jpg

IMG_6747b.jpg
【キャプテンスタッグ 3層鋼五右衛門ライスクッカー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

古いものだが鍋底は真ん中に窪みがあるもののフラットなのでIHでも使用できる、素晴らしい!


<関連記事>
3層鋼五右衛門ライスクッカーでピラフ


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:キャプテンスタッグ  Trackback:0 comment:2 

3層鋼五右衛門ライスクッカーでピラフ

IMG_6736b.jpg
【キャプテンスタッグ 3層鋼五右衛門ライスクッカー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

前々から気になっていたことがございます。
数は大したことありませんが、うちのブログに「3層鋼五右衛門ライスクッカー」や「キャプテンスタッグ ご飯鍋」などの検索で訪れる方がコンスタントにおられます。

その検索で行く着くページは、2014/11/1~2 ハイマート佐仲 その2スライドバーベキューとタフ五徳①のページになるのですが、ハイマート佐仲の記事はご飯を炊いているので、まあ、最低限の情報は提供しているとして、もう一つの記事は話の流れで、言葉として出てきているだけで情報としては全く価値がないものになっています。

これでは訪問した下さった方に申し訳ないと常々引っかかっておりました、そこで今回の記事は3層鋼五右衛門ライスクッカーを使ってピラフでも作ってみようと思いますので、宜しければご覧下さい。



ピラフの作り方
今回はいつものクックパッドから、この記事を書いている時点でつくれぽ1900件以上を誇る炊き込むチャーハンのレシピを参考にします。
チャーハンと書いていますが、炊き込むのでピラフですね。

このレシピでピラフ作るのは初めてなのでつくれぽ1900件の実力が楽しみです!!



IMG_6678b.jpg

①米を洗って30分くらい吸水させる。
野菜から水分が出るので、水加減は少なめにする。(このライスクッカーはメモリが付いていますので軽量の必要はありません。)



IMG_6700b.jpg

②吸水させている間に具材の下ごしらえをする。
今回用意した具材は、
◆タマネギ
◆人参
◆ベーコン
◆ウインナー

ネギ

調味料は、
★ウエイパー
★醤油
★塩コショー
ごま油
マヨネーズ(写真なし)



IMG_6701b.jpg

③ウエイパーはお湯で溶かしておく。



IMG_6702b.jpg

④米の吸水が終わったら、◆の具材と★の調味料を入れて混ぜる。
調味料の分量はレシピを参照して下さい。



IMG_6705b.jpg

⑤通常通り、炊飯する。

※私のライスクッカーやお鍋でのご飯の炊き方
最初弱火。

湿った湯気が出てくるも弱火のまま。

乾いた湯気に変わり、少し焦げ臭い匂いがしたら、最後の水分を飛ばすイメージで30秒ぐらい中火にかける。
(中火の時間を長くするとおこげが出来ます、あるいは多くなります。)

水分を飛ばしたら火を止め、そのまま10分間蒸らして完成。
(蒸らし時間を入れると火を点けてから完成まで30分~40分くらいです。)

ポイント
・湯気の水分量と焦げの匂いで中火にするタイミングを判断する。
・湯気が出てからは出来るだけ鍋から目を離さず、湯気の色(水分量)と匂いに全神経を集中する。
・水加減は少なめの方が失敗しにくい。



IMG_6711b.jpg

⑥炊飯している間に固めのスクランブルエッグを作っておく。(油はごま油を使用)



IMG_6712b.jpg

⑦スクランブルエッグが冷めたら、マヨネーズを絡めて混ぜておく。



IMG_6722b.jpg

⑧炊き上がったら、蒸らさずすぐに蓋を開け、



IMG_6724b.jpg

⑨スクランブルエッグとネギを入れ、



IMG_6725b.jpg

⑩スプーンでかき混ぜ、チャーハン風にして、蓋を閉めて10分蒸らして出来上がり。



IMG_6727b.jpg

まずは息子の分を皿に盛り撮影、ローストビーフとオニオンスライスは私のつまみです。

IMG_6730b.jpg
【パール金属 ラクッキング 鉄製両手グリルパン20cm ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

キャンプチックにする為、私の分はフライパンに盛りました!!



初めて作ってみての感想!

今回初めて作り、ご飯を炊く水は控えめにしたつもりでしたが、これでも水が多めだったようで、少し柔らかい仕上がりになりました、次回はもう少し水を減らしてパラっとしたピラフに仕上げたいと思います。

味の方はウエイパー、醤油、塩コショーでの味付けなのでオートマチックに美味しくなりますが、「すごく美味しい★5つ!」というレベルまではいきませんが、簡単でキャンプ向きですのでレパートリーの1つとして知っておいて損のないレシピだと思いました。

うちの子はチャーハンが好きなので、「あっ、チャーハンや!」と言って喜んで食べていました!


3層鋼五右衛門ライスクッカーについて

このライスクッカーで炊こうが鍋で炊こうが、ダッチオーブンで炊こうが、その場で食べ比べでもしない限り、味の違いは分からないと思っています。(食べ比べしても分からんかも??)

IMG_6742b.jpg

ただ、一つ確実に言えるのはメモリが付いているので水の計量は不要です、単純なことですが便利ですよ。
それと、良いのか悪いのかは別として3層鋼(5層構造)というだけあって、火を切ってもしばらくカタカタいって湯気を出し続けています、鍋が蓄熱している証拠ですね。

あと、ユニフレームやコールマンのライスクッカーもそうですが、蓋を閉めても鍋肌が立ち上がっているので、ライスクッカーらしい雰囲気を楽しめます(笑)

ご飯の炊き方は人それぞれコツがあると思いますが、上に書いた炊き方で、まず失敗はありません、失敗するとすれば、鍋から目を離して火をつけたまま忘れてしまった時だけです(涙)

結局、この記事でもこのライスクッカーの全貌は上手く表現できなかったので、炊飯したりするのではなく、写真を多く掲載した記事にしようと決意した次第ですので、もうしばらくお待ち下さい(^^;


【総合評価】
難易度=簡単、具材を切ったりするが、ピラフなのでご飯を炊くだけでほぼ完成。
ポイント=野菜から水が出るので水加減は少なめに!
調理時間=吸水込で70分
美味さ=★★★☆☆

【使用機材】
キャプテンスタッグ 3層鋼五右衛門ライスクッカー
★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

パール金属 ラクッキング 鉄製両手グリルパン20cm
★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

【今回参考にしたレシピ】
炊き込むチャーハン
2015年1月時点でつくれぽ1,900件オーバーの人気レシピ!


<関連記事>
キャプテンスタッグ 3層鋼五右衛門ライスクッカー


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:キャンプご飯  Trackback:0 comment:2 

マナスルストーブ、屈辱からのリベンジ!

この記事は、もっと早くアップしたかったのだが年越しキャンプ絡みの記事を新鮮な間にアップしたかったので遅くなってしまいました。

ということで、遅ればせながらのアップとなりましたが、以前書いた「マナスルストーブVSガスストーブの火力比較実験」でまさかの結果を出してしまったマナスルストーブ、あの結果は実にふがいない結果でマナスルストーブの名を汚しかねない内容だ!!

ということで、まずは前回のおさらい!
マナスルVSガスストーブの沸騰対決を実施!

マナスルがダブルスコアー以上の大負け

っていうか、マナスルだけ本格的に沸騰せず・・・

鍋代わりに使った1.6mm厚のフライパンが駄目だったと結論付けた!

鍋を薄いステンレス製に変更したらどうなるのか??

といった流れで、今日のリベンジすることになりました!!

それでは実験開始です!!



IMG_6173b.jpg
【サウスフィールド クッカー&ディッシュセット 6 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

今回使用する鍋は、私が昔購入したクッカーセットの大鍋、大鍋と言いましてもセットの中ではデカいだけで袋麺がギリギリ入る大きさです。
水の量は前回と同じ500mlです!!

IMG_6175b.jpg

マナスルが今や遅しと、ウエイティング中です・・・グォォォ~~~~。。。。今日は気合が入っていますね~~(笑)

IMG_6176b.jpg

それでは、いざスタート!!

IMG_6178b.jpg

IMG_6179b.jpg

1分チョイで鍋底に気泡が付いている状態・・・まだまだ、何とも言えません。

IMG_6182b.jpg

IMG_6180b.jpg

3分半経過しようとしているが、さっきより気泡が増えているものの、まだまだ沸騰の気配なし。。。

IMG_6184b.jpg

IMG_6183b.jpg

写真では分かりにくいが、フツフツし始めている、フライパンではここからが長かった。
結果は同じなのか・・・やばいぞマナスル、もう言い訳は出来ぬ状況だ!!

IMG_6187b.jpg

IMG_6185b.jpg

お~っと!!マナスル君ここでラストスパートだぁ~~!!8分目前にして水面を揺らすグツグツっぷり、ゴ~~~ル!!
おめでとう!マナスル君!良かった良かった!

正直、7分経過して前回の屈辱を思い出しましたが、そこからが早かったです!
販売元が謳っている
1Lの水を沸騰させるに要する時間=4~6分
という性能からすると物足りない結果ですが、前回の様にリタイヤ気味の結果ではなくて本当に良かったです。

この後はしっかりラーメンを作りましたので、その模様を!!



ラーメン作り
IMG_6194b.jpg

今日は「すきやねん」をチョイスしました!

IMG_6188b.jpg

あらかじめ、白菜を炒めていたのですが、芯の部分はラーメンと一緒に煮ることにしました。

IMG_6189b.jpg

ラーメン投入!!なんかグツグツ感がないぞ???

IMG_6190b.jpg

1分ほどでグツグツし始めました、ほっ。。。

IMG_6191b.jpg

3分経つ頃には、ばっちり出来上がり~~~、良かった良かった!!

IMG_6192b.jpg

今回は白菜と豚バラのニンニク炒めとネギをトッピングしました!うまそ~!!
湯沸し8分、ラーメン3分、計11分の調理です!!湯を沸かしている間に野菜を炒めることが出来ますよ!!ラーメン作るにはちょうどいい時間じゃないですか!

ということで、頂きます!!おいしぃ~~(^^)/



マナスルの能力について

今回の実験でマナスルで湯を沸かす場合は出来るだけしょぼい鍋を使った方が早いという当たり前の結果を認識することが出来ました(汗)

当たり前と言いつつ、「1.6mm厚のフライパンは14分かかってもグツグツならなかったが、ペラペラのステンレス鍋なら8分でグツグツ状態、ここまでの差が出るんだな」というのが率直な感想ですが、反面、あのペラペラな鍋ならもっと早く沸いてもいいのでは!?という思いもありました。←いったい、どっちやねん!!

マナスルはこのブログで何度か指摘していますが、決して強い火力のストーブではありません、私は煮込み料理とか炊飯に向いていると思っています。

あと暖房能力についてですが寒い時期にマナスルヒーターを載せて使う場合はソロテントの前室を暖める程度の能力ということです、大きなスクリーンタープは春、秋の少し寒い程度ならマナスルでもほんのり温められます、そのくらいの時期なら6畳の部屋でもほんのり暖かくなります(笑)。
いいですか!!「少し寒い程度」&「ほんのり暖かい」ですよ!!お間違いなく!!

しかし冬の寒い時期にマナスルヒーターのみで暖をとるのは無理です、手軽かつ安価な物なら石油ストーブをお勧めします。

なぜ、私がこんなことを書くかというと、私がマナスルを購入する前に色んな方のブログ等で情報収集をしましたが、「めちゃくちゃ暖かい」的な記事や、「石油ストーブと同等」のような記事を目にしました、中には冷静に「あれっ??暖かくない」というニュアンスの記事もありました。

結局、実物を手に入れるまで真相は分からなかったのですが、結果はこの沸騰実験でも分かるように、「そこまでのパワーはない」ということが分かりました、ですので今から購入を検討される方の知恵袋になればという思いで書いています。

結局のところマナスルの良いところは、
「かっこいい」こと!!
が第一に来て、
次に「低燃費」ってことじゃないですかね。

他には「持っているだけで満足できる」とかですよ!きっと!!
このかっこいストーブ、これからも大事にします!!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:マナスル  Trackback:0 comment:21 

みのずみオートキャンプ場レビュー 冬のバンガロー編

天川村屈指のキャンプ場で予約が遅い我が家がシーズン中に取れるはずがないみのずみオートキャンプ場のレビューです!

ということで、冬しか行ったことがないので情報の多くがバンガロー中心かつ冬限定になってしまいますが、キャンプ場で気付いたことや、良かった点、がんばってほしい点等々書き綴っていきます、また少しですが周辺施設の紹介もしていますので、ここを訪れようとしている方の参考になれば幸いです(^^)

○キャンプ場ホームページ みのずみオートキャンプ場



【エントランスから受付前の様子】
IMG_6539b.jpg

国道309号から地道に入りカーナビに従って進んでくると左側にみのずみオートキャンプ場の手造りの看板がありますので迷うことなく到着できる場所にあります。


IMG_6564b.jpg

IMG_6540b.jpg

エントランスを入ると受付棟とバンガローとコテージ、炊事棟があります。
外観は豪華ということはありませんが、素朴で自然に溶け込んだいい建物だと思います。




【4人用バンガロー(C棟)の様子】
IMG_6542b.jpg

ここが今回私たちが泊まった4人用バンガローのC棟の外観です。
車はバンガロー前に止めっぱなしでOKです。




【1階の様子】
IMG_6388b.jpg

IMG_6389b.jpg

IMG_6390b.jpg

1階はこんな感じ、写真ではうまく伝わらないかもしれませんが結構広くて6畳くらいはありそうです。
4人で使用ならここをリビングにして2階を寝室にすれば文句なしの広さです。

ちなみに写真のクーラーボックスですが、これは私物でバンガローの装備ではありません。
バンガローの装備は写真に写っている掃除機と照明とカーテンくらいですので、基本的に道具は持込みとなりますが、石油ファンヒーター等のレンタルもあるようです。




【2階(ロフト)様子】
IMG_6392b.jpg

IMG_6393b.jpg

ここが2階のロフトです、去年も今年もロフトを寝室として使いました、理由はセラミックファンヒーターをつけっぱなしで寝るので暖かい空気が上に上がるということを期待してということが一つ、そして2つ目の理由は2泊なので布団(寝袋や毛布)を敷きっぱなしにしたいからです(笑)
(去年は5人用バンガロー(D棟)に宿泊)

カメラの画角の関係でやはり広さが伝えきれないですが、面積的に1階と比べて階段の部分が少ないだけですので5畳くらいはあると思います。
私たちは2.7m×2.7mのテントマットを敷いてその上に電気毛布、寝袋、かけ毛布をセットしました、このサイズのテントマットですと階段の部分で少し折り曲げなければならないものの、いい感じで使えます。
2,7角のテントマットを折り曲げるのなら、4畳半以下じゃないか!という突込みが入りそうで、ここの説明は難しいですが、2階の有効面積は私の目測ですが3.6m×2.4mくらいだと思います、もっと写真を撮ってくれば良かったと反省・・・




【テラス(デッキ)の様子】
IMG_6399b.jpg

テラスに出るとテンションが一気に上昇!!男心をくすぐる薪スト~~ブ!!
キャンプ場のサービスとしてテラスには薪ストーブと寒さを緩和する為にビニールカーテンが装備されています。

薪ストーブは手頃なお値段で手に入りますが、買うとなると荷物の問題、インストールするテントの問題が付きまとい私にとってハードルが高すぎる、しかしここに来れば無料で使えちゃいます!!
うれしいサービスです!!(薪は付いていませんので、持込みか、キャンプ場で購入して下さい)

(薪ストーブについてはまたあとで書きますね)


IMG_6394b.jpg

IMG_6395b.jpg

薪ストーブの他には、テーブル、長椅子、キッチンシンク、調理台のような細長いテーブルが装備されています、それと天井には蛍光灯があるのでランタンがなくても大丈夫です。(私はランタンも使いましたが(^^;)


IMG_6396b.jpg

テーブルは天板の真ん中の部分が外れます。


IMG_6397b.jpg

外したらこのようになってます。真ん中のステンレスの部分に七輪を置くということでしょうか??
ちょっと面積が狭いような気がしますが・・・


IMG_6398b.jpg

キッチンシンクと調理用テーブルです、水場があると何かと便利ですね、調理用テーブルは物置に使いました、これもあると便利です。


IMG_6457b.jpg

さて、薪ストーブです!暖房器具としてはもちろんですが、調理用にもかなり役立ちます。
特にダッチオーブンとの相性は抜群です。
下火は基本的には弱めでいいというのが私の持論なので、そのままダッチオーブンを置いて、上火には通常通り炭を使用しますが、あらかじめ薪ストーブに炭をほうり込んでおけばいい感じに燃えた炭が出来上がりますので手間がかかりません。


IMG_6407b.jpg

早くお湯を沸かしたいときなんかは、ストーブ上部の蓋を外せば強い直火で沸かせます。
しかしながら、鍋の底がすすで真っ黒になりますので、後で掃除が面倒です(涙)
ダッチオーブンや鍋は短時間で湯を沸かし掃除に時間をかけるか、のんびり湯を沸かし、掃除を楽にするかの選択に迫られます、悩ましいですね。


IMG_6513b.jpg

こんな風に大きめの鍋が3つ載りますので何かと便利です。
湯沸しはもちろんですが、汚れたダッチオーブンやご飯がこびりついたライスクッカーに水を入れてグツグツ沸かしておけば、さっと洗うだけで汚れが取れます。

今回2泊3日の日程でしたが、薪ストーブを熱源として大いに利用したのでガスの消費が圧倒的に少なかったです。ちょっと、うれし~♪




【洗い場等、施設の装備について】
バンガローやコテージに宿泊する場合の洗い場は各建屋に装備されていますが、水しか出ないので冬はきついです。
しかし、ご安心下さい、受付前の洗い場をはじめ、テントサイトの洗い場もお湯が出るようになっています。

受付側の洗い場や洗濯機、お風呂、シャワー、ピザ窯の写真はことごとく忘れましたので、キャンプ場のHPでご確認お願いします。


IMG_6535b.jpg

IMG_6530b.jpg

IMG_6529b.jpg

キャンプサイトには所々こんな感じの洗い場があります。




【トイレについて】
トイレですが、私たちが利用する受付側のトイレには残念ながらウォシュレットの装備はありません。
私はウシュレット派ですのでこの部分だけは残念です。

IMG_6531b.jpg

しかしサイト側にあるトイレはしっかりウシュレットが装備されています、去年も来ているのにすっかり忘れていました。
ちなみに、トイレも洗い場も清潔そのものです!!




【フィールドについて】
みのずみオートキャンプ場に関しては冬のバンガローしか利用したことがないのでフィールド(テントサイト)に関してはあまり分かりません(涙)
しかも、写真もあまり撮っていません。

ある写真を適当に並べておきますので、参考になれば幸いです。

IMG_6527b.jpg

みのずみオートキャンプ場のオートサイトはAサイト、Eサイト、Dサイトに分かれていますが、この写真はサイトの通路最下部からAサイトを撮った写真ですが、そもそもスロープを撮りたかった写真なので参考になりません(涙)
(サイトの全体図はみのずみHPをご参照下さい。)


IMG_6532b.jpg

こちらはDサイトの通路最下部から撮った写真です、通路の両側の段々畑状になっているところがサイトです。
サイトそのものは広々というわけではありませんがサイト周りに木々が配置されており、その木々とロープワークを駆使すればある程度のサイト面積を要求するヘキサタープやレクタタープとファミリーテントを張るのにジャストサイズではないかという印象を受けました。


IMG_6473b.jpg

IMG_6547b.jpg

デッキサイトを上から見た様子です、大きさは大きい方が5m×5mくらい、小さい方が5m×4mくらい、どちらも、もう少し小さいかも知れません。




【川の様子】
IMG_6479b.jpg

IMG_6482b.jpg

IMG_6480b.jpg

受付前のバンガローの脇から河原に降りていくと、きれいな天の川があります。
天川村の川はきれいですが、すごく冷たいことでも有名です、特にこのあたりの川は冷たいようです。
ご覧のように少し緑がかった清流で浅場から深場まであり、ドボン岩もありますので夏場は賑わいそうです。

一度、夏場も行ってみたいですが、予約が遅い我が家が行くことができる日が来るのでしょうか!?




【その他の情報】

○近くのスーパー
オークワ大淀西店

みのずみからは車で30~40分の距離でキャンプ場からは簡単には来れませんが、大阪方面から国道309号線を走ってくるとここの前を通りますので、行きしなに寄ることは可能です。

食料品なら比較的何でもそろい都会のスーパーと遜色ありません、天川村にはここまでの規模のスーパーはありませんので、必要なものはここで調達するのがベストでしょう。


○プレミアム宿泊旅行券

これは自治体が発行している旅行券で10,000円分の旅行券が8,000円で購入できますのでお得です、今回、私たちは20,000円分の旅行券を買って、キャンプ場からの請求は20,000円ちょっとだったので旅行券2枚と現金数百円で支払い4,000円お得でした。

ただ、年度ごとの発行のようですのでいつまでもあるかどうかはわかりません。

役場のHPにリンクを張ってもいいのですが、上記の通り年度ごとなので将来リンク切れになる可能性が高いと思うので控えさせていただきますね、現時点でのみのずみオートキャンプ場のHPの真ん中あたりの「~当キャンプ場ご利用に関する情報~」からはリンクが張られていますのでそちらを参考にして下さい。

旅行券の購入は天川村役場でもできるのですが、私たちが行く日程は年末年始休暇に入るので、事前に書留で現金を送り、旅行券を返送してもらうという手続きが必要だったので、堺からだと少しだけ遠回りになりますが、役場の方のアドバイスで私たちは道の駅-吉野・大淀 吉野路大淀iセンターでプレミアム宿泊旅行券を買いました。


○寄り道処
道の駅-吉野・大淀 吉野路大淀iセンター

ということで旅行券入手の為、初めてここに寄ったのですが、これが大正解!ここに売られている大半の野菜がお安いんですよ!奥さん!!

形が悪い野菜もあり、もしかしたら規格外の物かも知れませんが、お腹に入ったら同じということで我が家では気にしません!!
これから天川村にキャンプに行く際は必ず寄り道することになりそうです。


美芳野庵
IMG_20141230_111603.jpg

このお店、美芳野庵っていう名前だったんですね、ブログの為に写真を撮っていたので初めて知りましたが、ここで売っているこんにゃくが目的で天川村に行くときはいつも立ち寄っています、
大阪方面から国道309号線を走っていると左側にあるのですぐに分かると思います。

IMG_20141230_112105.jpg

道の駅でもこんにゃくを食べて、ここでも食べましが、道の駅のこんにゃくは煮込んだ出汁の味だけで食べて、こっちのこんにゃくはからし味噌?みたいなのを塗って食べますが、私たちはこちらの方がおいしいと思いました。
(他にも黒い味噌やからしのようなものがあったような気がする・・・)


○温泉について
年末年始は村の中の温泉は休業(みずはの湯は除く)だったので、私たちは利用できず写真等がありませんので、村のHPにリンクを張っておきます。

天川村のHP(観光データベース:温泉)

洞川温泉の利用経験はありません、天の川温泉とみずはの湯はこじんまりした温泉ですが、露天風呂も備えています。
天の川温泉は混んでいる時に駐車場に入ることができず、あきらめたこともありました。
夏場のキャンプシーズン中は村民やキャンパーの他に登山者の方が多く利用されている印象がありましたので、夏場の週末利用を考えている方は頭の隅に置いておいた方がいいかも知れせん。




【総合評価】

○良かった点
1、管理人さんが親切で、キャンプ場が空いている時はチェックイン、チェックアウト時間の融通をしてくれる。
2、大阪から来ると天川村の中では手前のほうなので、アクセスが楽。
3、今回泊まった4人用バンガローは広々で、イメージよりもゆったりしている。(昨年聞いた話ですが消防条例の関係でこの広さなら4人用になるそうです。)
4、オートサイトは天川村の中では広い方だと思う。
5、家庭用サイズだが風呂があって助かる。
6、洗い場でお湯が使える。
7、この時期、バンガローで薪ストーブが使える。


○悪かった点
1、キャンプ場の責任ではないが、年末年始に公衆浴場や温泉が休んでいるので、楽しみが一つなくなる。
2、受付前のトイレがウォシュレットじゃない。←私のこだわるところ(笑)


それでは長くなりましたが、レビューはこれで終わりです。
みのずみオートキャンプ場に興味を持っておられる方の参考になれば幸いです。



<みのずみオートキャンプ場のキャンプ日記>
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その1@2014/12/30~
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その2@2014/12/30~
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その3@2014/12/30~
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その4@2014/12/30~
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その5@2014/12/30~

毎年恒例!冬のみのずみオートキャンプ場1@2016/1/1~2
毎年恒例!冬のみのずみオートキャンプ場2@2016/1/1~2
毎年恒例!冬のみのずみオートキャンプ場3@2016/1/1~2
毎年恒例!冬のみのずみオートキャンプ場4@2016/1/1~2


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:奈良県  Trackback:0 comment:0 

年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その5@2014/12/30~

年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その4からの続きです。

3日目 朝
IMG_6540b.jpg

あけましておめでとうございます!最終日の朝、待望の積雪です!!
Hちゃん家族に去年のそり遊びの話を散々していて、スタッドレスタイヤを買ってまでキャンプに来ていたので、降ってくれて良かった!これで面目躍如です。


IMG_6527b.jpg

まあ、積もった量はわずかですが、気温が低くアイスバーンになっているのでそり遊びするには十分です。


IMG_6525b.jpg

私が起きてトイレの為に外に出ると、すでにHちゃん家族は朝食を終えて雪遊びを始めています、我が家はというと・・・ママはまだ寝ていて、しょうたがやっと起きたところです。

最近は年間3~4回スキーや雪遊びに連れて行っているので、しょうたも自然というものに慣れてきて、雪を見てもそんなに喜ばなくなってきているという有様です・・・ったく親の気持ちも知らずに(怒)

まあ、そのおかげで朝食をゆっくりと取れるのでしょうが(笑)・・・といことで、落ち着いて朝食です!!
今日の朝食は正月らしく昨日キャンプ場から頂いたお餅でお雑煮です!
お気に入りの大根おろし醤油でもいただきました~!
う~ん、うまい、幸せ~~!日本人で良かった~~!!



3日目 そり遊びとキャンプサイトの様子
IMG_6537b.jpg

みのずみオートキャンプ場のサイトは斜面に作られており、その斜面に沿って通路があり、通路の両サイドに段々畑状にサイトがあります。
はじめからこれを想定してサイト造りをしたのか?それとも偶然の産物だったのかは定かではありませんが、その斜面の通路を利用してそり遊びを楽しむことができます。

バンガローには薪ストーブがあるし、雪があればそり遊びもできるし、冬でも訪れたくなる数少ないキャンプ場です。
そして、天川村のキャンプ場の多くはサイトが狭いですが、ここはそこそこの広さを確保しており、とにかく良く出来ているキャンプ場です。


IMG_6543b.jpg

ということで、スキーウェアに着替えて待望のソリ遊びです。

〈こんな記事もあります〉
オンヨネ(ON・YO・NE)のスキーウェアはいい!

IMG_6545b.jpg

子供たちははじめは各々のそりで各自遊んでいますが、やがて2人乗りで遊びたがります、なぜでしょう??
2人のほうがスピードが出るのでしょうか??
去年もやはり最終的には2人乗りで遊んでいました。


IMG_6547b.jpg

ここは私たちが泊まっているバンガローの裏側にあるデッキサイトの様子です。
宙に浮いたような感じを味わえて夏はさぞかし涼しいのではないでしょうか?


IMG_6532b.jpg

こちらはもうひとつのスロープで去年一緒に遊んだY君が遊んでいました。
左側に車が止まっていますが、これはテント泊している方の車です、この方たちも昨年も来ていました。

毎年、この時期に来ているらしく、いつもテント泊だそうです、テントはティエラを使用していて中には電気ストーブを2台配置しており思ったより暖かかったです!


IMG_6533b.jpg

ここは去年のそり遊びのメインゲレンデ(丘の斜面)です、ここに十分な積雪があると、コース終盤でスピードが死ぬように雪で50cmほどの高さの山脈状のストッパーを作れば安全にそりを楽しめるのですが、今年は積雪がなくここで遊ぶのは断念です。



3日目 昼食、そして撤収
子供たちはフィールドで遊び、私はリピーターさんたちと他愛もないキャンプ話で交流し、そろそろ昼食の時間です!
本来ここはチェックアウトが午前11時なんですが、管理人さんのご好意で「ゆっくりしていって下さいね」とありがたいお言葉を頂戴し、ゆったり、まったりさせていただいています。


IMG_6549b.jpg

というわけで、昼食はコストコのパンでホットドックと昨日のピザ生地が余っていたので再度ピザをすることにしました。
ホットドック用のウインナーを炒めようとオリーブオイルを見てみると・・・
なんじゃ、こりゃ!?

オリーブオイルが凍っています、40年以上生きていますがこんなの初めてです。
いい勉強になりました!


IMG_6551b.jpg
【パール金属 ラクッキング 鉄製 片手グリルパン20cm ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

最終日にダッチオーブンは洗うのが面倒なので、さっと洗えるグリルパンでピザを作ります。
こんなんでうまくいくのか??と思われるかもしれませんが冷凍ピザは何度もこの方法で成功しています。


IMG_6552b.jpg

ほらっ!ばっちりでしょっ!ダッチオーブンと遜色がないピザができます、問題はダッチオーブンのように炭が落ちないようにするフランジと呼ばれる立ち上がりがないので取り扱いを慎重にしなければなりません。
うっかり雑に扱うとせっかくできたピザに炭のふりかけをかけてしまうことになりますので注意が必要です。


IMG_6554b.jpg

IMG_6555b.jpg

スノーピークのフライパンでコストコのパンを焼いてみましたが、こちらは蓋が熱伝導率が悪いステンレスなので、炭が近いところは焦げてしまい、遠いところはなかなか焼けないということになってしまいました。
残念ながら、この試みは失敗に終わりました。でも蓋が熱伝導率がいい鉄なら、グリルパンのようにうまくいくと思います。


IMG_6556b.jpg

IMG_6559b.jpg

こちらも昨日の残り物のチューリップと手羽先です!
チューリップは写真がありませんが、手羽先同様グリルパンオーブンでおいしく焼き上がります。

ダッチオーブンを持っていかないソロキャンプや父子キャンプではフライパンとしての使用ははもちろんのこと、ミニオーブンになるグリルパンは大いに役立ちます。


IMG_6561b.jpg

お腹が膨らみ、キャンプ道具を積込んで3時ごろに撤収完了!
3日間お世話になったみのずみオートキャンプ場とお別れです、来年も来れるかな~~。

お世話になりました!みのずみオートキャンプ場!


IMG_6566b.jpg

おせわになりました!天川村!


<キャンプ場レビュー>
みのずみオートキャンプ場レビュー 冬のバンガロー編


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:みのずみオートキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その4@2014/12/30~

2日目 午後
IMG_6505b.jpg

IMG_6507b.jpg

相変わらず肝心な写真を撮り忘れている私、餅つき風景やその場で振る舞われたお餅の写真がありませぬ(汗)
ということで強引に餅をちぎって丸めるところからのレポートです。

男性客が交代で餅をつき、ママ連中と子供たちが餅を丸めて仕上げる共同作業で美味しい餅が出来ました。

オーナーさんに「2時ごろから餅つきしますんで、お腹開けといて下さいね~」と言われているにもかかわらず、すっかりピザとスジェビでお腹いっぱいの我々。
それでも、餅つきが始まるとなぜか餅が入るスペースがお腹にできる我々一行、相変わらず写真がないが子供たちはきな粉&砂糖醤油で大人たちは大根おろし醤油で餅をいただきました。

きな粉とか砂糖醤油の食べ方は知っていましたが、大根おろし醤油の食べ方は去年のみのずみで初めて知った食べ方です、それ以来私は餅といえばその食べ方で食べています。
美味しいんですよね~、奈良独特の食べ方なのでしょうか??ゴールデンウイークにみのずみオートキャンプ場と同じく奈良にある白川渡オートキャンプ場に行った時も餅つきをしてくれて、その時も同じく大根おろし醤油で振る舞われたことを覚えています。


IMG_6513b.jpg
【スノーピーク フィールドクッカー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

すかっかりお腹いっぱいになってふと気が付くと気温がかなり低くなっていました、薪ストーブに載るだけの鍋を載せて湯たんぽ用、年越しそば用のお湯を沸かしておきます。

そうこうしている間に風が吹き荒れて、なぜか雪ではなく雨も交じっています、我が家は雨家族だが、まさか真冬の天川村で雨はないでしょうと高を括っていたが、そのまさかである・・・

ネットで調べると大晦日から年明けにかけて全国的に寒波到来のニュースが流れています、このあたりの天気は雨→雪になる予報。

もしかして、明日は待望のそり遊びができるぞ!と期待しつつバンガローのコタツでウトウト眠ってしまいました。




2日目 夜
IMG_6518b.jpg

IMG_6517b.jpg

遅めの昼寝を終えてお風呂も済まし、お腹は減っていませんが夕食の始まりです。
メニューはもちろん年越しそば、昼間っから飲みっぱなし、食べっぱなしの体にはちょうど良い食べ物です。

今回はみんなのお腹にどれくらいのそばが入るか分からなかったので、スープと麺を別々に分けてつけそばスタイルにしました。


IMG_6516b.jpg

みんなは基本的なそばって感じで食べますが、


IMG_6519b.jpg

私はおろしそばにしました。

こんな感じで、小さな器でわんこそばのような感じで食べましたが「うまか~~!!」
みんなで食べるとなんでこんなにうまいんだろうか!?子供たちとママたちはさすがに控えめですが、私は「うまいうまい」とまるで子供のようにそばをすすって3杯も食べてしまいました。


IMG_6515b.jpg

外気はおそらく氷点下ですが、バンガロー内はコタツと石油ストーブでポカポカ状態です、この後も焼酎のお湯割りを飲んだりと、まったりしながら今日も1日楽しゅうございました!


IMG_6508b.jpg

↑今夜も安眠のためにこれは必須です!
湯たんぽって1回使い出すと手放せなくなるんですよね~~、電気毛布やホットカーペットと違って優しい暖かさっていうか、不快感がない暖かさで我が家では家でも毎日愛用しています、電気を使わずに暖が取れる先人の知恵に感謝です。


IMG_6524b.jpg

そしてトイレに行くために外に出ると予報通り雪がチラつき始めています、さらに明日の積雪に期待が高まります。
明朝はおそらく氷点下、朝の為にガス類をバンガロー内に入れておかなければ、火が使えません。

バンガロー内はセラミックファンヒーターをつけっぱなしにしますので氷点下にはならないはずです。

それでは明日の積雪を期待しつつ、おやすみなさい ZZZ~~~


<キャンプ場レビュー>
みのずみオートキャンプ場レビュー 冬のバンガロー編


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:みのずみオートキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その3@2014/12/30~

年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その2からの続きです。

2日目 朝
IMG_6464b.jpg

IMG_6465b.jpg

おはようございます、2014年最後の日、大みそかの朝です、大阪と違いここ天川村の朝は空気が張り詰め肌が引き締まるようなキリッとした寒さです。
車には霜が降り、水たまりは凍っています、しかしまだ積雪はありません、これで雪があれば最高の大みそかなんですが最終日の明日に期待です。


IMG_20141230_152807.jpg

IMG_6515b.jpg

ということで寒いので、コタツとストーブを点けてバンガロー内を暖めます。!


IMG_6466b.jpg

朝食は家族ごと別々にとりました、我が家の朝食は昨日の晩の鳥のスープとご飯の残りを使って雑炊と漬物とじゃこおろしです、寒い朝に温かい雑炊はおいしくて体が暖まります。


IMG_20141231_100557.jpg

昨晩、大人4人、保育園児3人なのでご飯を4合炊きましたが、余りまくりで、まだ冷ごはんがおにぎりひとつ分余っていたので、鍋に鍋をインして湯煎でご飯を暖めておにぎりにします。


IMG_6469b.jpg

そうこうしている間にHちゃんが来てスマホでドラえもんを見たり、妖怪メダルを触ったりと色々と遊んでいます、ちなみにHちゃんは我が家のバンガローに入りびたりで、お風呂も一緒に入り、夜もそのまま我が家のバンガローに泊まっていきました、保育園で6年間一緒ですので兄弟みたいな関係なのかも知れません、しょうたの通う保育園は跳び箱や一輪車、器械体操、リトミックの運動系、そしてピアニカや木琴の演奏など保育園児としてはレベルが高いであろうことに多く取り組んでいます。

また5~6歳児は夏と冬に2泊3日のキャンプにも連れて行ってくれます、保育園時代から皆と一生懸命運動し学び、そして遊ぶことによって園児たちは家族のような信頼関係が築かれているように感じます、熱心な保育園に感謝です。


IMG_6470b.jpg

今日の昼ご飯はHちゃん家族がピザを生地から作ってくれるということで、いつも冷凍ピザにトッピングするだけの我が家のピザと違い楽しみです。

ということで、Hちゃんパパと子供たちはピザ生地造りをしています、子供たちにとっては結構な仕事量ですが、Hちゃんパパの指導を受けながら楽しそうに作ってくれています。
我が家だけでキャンプに行っても子供は甘えっぱなしで、お手伝いなんてほとんどしませんが、友達家族と一緒に行くとお手伝いを良くしてくれて助かります。


IMG_6473b.jpg

IMG_6474b.jpg

ピザ生地の練りこみが終わり、みんなでキャンプ場の下を流れる天の川を見に行くことにしました、キャンプ場のすぐ下を流れているのですが、高低差は30~40mあり、河原に降りるだけで超短いトレッキングコースのような感じで楽しいです。


IMG_6482b.jpg

IMG_6480b.jpg

これがきれいさと冷たさで有名な天の川です。
冬は鑑賞するだけに留まりますが、薄っすらとグリーンかかった水が本当に美しく、深場あり、浅場ありで夏にはドボンができる岩もあり、さながら自然の遊園地です。


IMG_6483b.jpg

子供たちはお約束の石投げをしたり、魚を探したりと相変わらず楽しそうにやっていますが、そのうち子供たちから「お腹すいた~」の声が聞こえてきます。
その頃には大人も暖かいバンガローに帰りたくなる時間なので好都合だったりします(笑)




2日目 昼
IMG_6488b.jpg

昼食タイムということで、子供たちとHちゃんパパはスジェビというHちゃんパパの故郷である韓国のスイトン汁を作ってくれています。


IMG_6492b.jpg

そして、スジェビの仕込みが終わると、今度はピザのトッピング!子供たちが「どっちがおいしいのん作るか競争な~~」と言って遊び心を持ちながらやってくれています。

IMG_6489b.jpg

IMG_6490b.jpg

こんな感じで、子供たちがピザをトッピングしている間に私はダッチオーブンのプレヒートをする為に、特等席である薪ストーブの前に陣取り・・・


IMG_6494b.jpg

スジェビ&ビールをいただいておった、悪い大人です(爆)


IMG_6496b.jpg

IMG_6497b.jpg

でも、ダッチオーブン担当の使命はちゃんと果たしましたのでお許し下さい。
写真のピザはチーズ少なめですがチーズをより多くトッピングしたほうがおいしいですね!
チーズたっぷりピザは食べるのに忙しくて写真を撮り忘れました(涙)


IMG_6500b.jpg
【ユニフレーム ダッチオーブン 10インチ スーパーディープ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

ちなみに、このピザにトッピングされているベーコンはあえてスモークチップなしのダッチオーブンで作った手作りベーコンです。
スモークの香りがしない分、ハーブの香りが口の中に広がりこれはこれで美味しかったです!あ~、写真を見ているだけでよだれが~~(笑)

(参考記事⇒ダンボール燻製器で作る激うま!自家製ベーコン

そして、昼食後はみのずみオートキャンプ場主催の餅つきがありますが、それは次のお話ということで!
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その4

<キャンプ場レビュー>
みのずみオートキャンプ場レビュー 冬のバンガロー編


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:みのずみオートキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その2@2014/12/30~

年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その1からの続きです・・・

天川村の楽しみのひとつである温泉なんですが、残念なことに年末年始は休んでいます、普通、観光地にある温泉を年末年始に閉めますか??
いつ儲けるんですか~~??などと嘆きたくなります。

この辺はさすがお役所仕事だな~と思わずにはいられません。

ということは、この厳冬期にまさかシャワーか??
な~~んてことはありません、みのずみオートキャンプ場には家庭用サイズですがお風呂がありますので、温かいお湯につかれます。
1人につき300円ですが、コインシャワーでも200~300円くらいは使うと思いますので妥当な料金だと思います。

ってことでサクッとお風呂を済まして夕食準備です。

1日目 晩ご飯
IMG_6460b.jpg

さてさて、夜の部の始まりです!
テラスには蛍光灯があるんですが、私はパッと明るいほうが好きなので無駄にランタンも使います(爆)

キャンプに来ると夜はランタンを使いたくなるんですよね~~


IMG_6457b.jpg

というこで、晩ご飯は「ダッチオーブンで次々と出すチキン料理~~」
焼肉は誰かが焼肉奉行にならないと進まないが、ダッチオーブンは出し入れこそしなければなりませんが、基本放置ですので、話をしたり、お酒を飲んだりとゆったち、まったりできますね。
それになんといっても薪ストーブで&ダッチで料理すると雰囲気がいいです(笑)


IMG_6444b.jpg

まずは子供たちをおとなしくさせる為にウインナー!そして余ったスペースに大人4人分の手羽先~~、網を2層構造にしていますが、1階には密かにジャガイモを入れています。
手羽先やウインナーの油がかかって美味しいです。


IMG_6452b.jpg

お~、いきなりうっかりしていてウインナーが爆発してる~~
それでも一瞬で子供たちのお腹の中に行ってしまいました~
大人はひとつも食べていないのでは??


IMG_6454b.jpg

久しく食べていなかった手羽先!
味付けは塩コショーとサンタフェステーキスパイスで最高に美味!!
手羽先ってこんなに美味しかったんだと気付きました、キャンプのレギュラー料理に決定です。
【サンタフェステーキスパイス ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★


IMG_6450b.jpg

鳥の軟骨は塩コショーとヨシダソースで焼きました、これも美味い!
【ヨシダソース ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★


IMG_6455b.jpg

お次はチューリップです、これも個人的には懐かしいな~、長い間食べていませんでした。
少し脂っこいのでオヤジ的には一本で十分です(汗)


IMG_6456b.jpg

これこれ、ダッチオーブンで作るジャガイモは実に美味い。
じゃがバターでも塩のみでもサンタフェスパイスでも美味でキャンプに行く度に作っています。


IMG_6458b.jpg

最後はあっさりとトマトのロースト・・・となぜかウインナー再登場!
当初トマトにはチーズをまぶそうとしていましたが、すっかり忘れていて、焼きすぎてしまい慌ててダッチから出しました(汗)
こちらはすっごく酸っぱくなってました、素材の味?それともダッチオーブン効果??
よくわからなかったが塩をかけていただきました、鳥といえども脂っこいものを食べた後だったので酸っぱいけど美味しかったです。



1日目 就寝

それでは、お風呂も入ったし、ご飯も食べたので寝ま~~す!!

と、その前に年末年始の天川村のバンガローレベルの話ですが、気になる寝具と装備のお話をしたいと思います。

ゴールデンウイークなんかのキャンプでも「夜寒くて寝られなかった」ってことはよく耳にしますが、天川村の真冬に、もしそんなことがあったら一気にキャンプが面白くなくなってしまいます、っていうか風邪をひいてしまいます。
私は冬のキャンプで一番気を配りたいことは防寒対策と考えています。


IMG_6509b.jpg

我が家の装備は私がモンベルのファミリーバック♯1+掛け毛布+電気敷毛布+湯たんぽ
そして妻と子供がロゴスの2℃対応の連結できる寝袋+厚手の掛け毛布+電気敷毛布+湯たんぽ

そして私の服装は下は裸足でスウェットパンツのみ、上はヒートテックとフリースのみ、それと800Wのセラミックファンヒーターをつけっぱなしで寝ています。
ちなみにセラミックファンヒーターは家庭の脱衣所やトイレを暖めるのに使うような本当に微力なやつです。

さすがにここまでの装備で寝ると薄着でも寒くて寝られないということはなく、オヤジ特有のトイレが近いということを除けばぐっすりと寝ることができます(笑)

うちのシュラフや装備で電気毛布は必要なのかな??と疑問に思い昨年はこのような実験をしてみました、1日目はあえて電気毛布をつけずに寝て、2日目は電気毛布をつけて寝ました。
両日とも寒くて寝られないことはなったのですが、トイレに起きる数が電気毛布なしの方が多かったです・・・たしか、電気毛布なしの時は3~4回は起きたと思いますが電気毛布があると1回で済みました。

この時の実験は私にとっては有意義な実験で、電気毛布が使えない車中泊をするときなんかの防寒対策の基準となっています。

他愛もないオヤジの経験談ですが、寒い時期にキャンプを計画している方の参考になれば幸いです(^^)/
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その3

<キャンプ場レビュー>
みのずみオートキャンプ場レビュー 冬のバンガロー編


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:みのずみオートキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その1@2014/12/30~

皆様、あらためまして、あけましておめでとうございます!!本年もよろしくお願いします。

さて、年末から年始にかけて、奈良の天川村にある「みのずみオートキャンプ場」に行ってまいりました。このキャンプ場は非常に人気があり、予約がおそぉ~~~い我が家がシーズン中に取れるはずがないキャンプ場ですが、この時期はご存知の通りキャンプ場にとって閑散期で、たとえそれが年末年始でも楽に予約が取れちゃいます(^^)/

年末年始になるとホテルなんかは、ここぞとばかりに割増料金となりますが、キャンプ場はというと「いつもの料金」で利用できます!だからキャンプは好きです!!

ということで、12月30日~1月1日の3日間、みのずみオートキャンプ場の4人用バンガローで過ごしてきた様子を綴ってまいりますので、ご覧いただければ幸いです。



1日目 到着
IMG_6387b.jpg

はい、バンガロー泊ですが、我が家はこんな風に大荷物となってしまいます(汗)これでもいつかはもっとコンパクトなキャンプを目指しているのですが、いつのことやら・・・


IMG_6539b.jpg
(写真は1月1日のもの)

昨年も同じ日程でみのずみに行ったのですが、ここは管理人さんが親切で、国道沿いにあるキャンプ場とは違い、景観も良く、しかも天川村の中でも大阪方面から来ると手前のほうですので近くて便利です。
そして、ここは奈良県といえども標高が高いので雪遊びができ楽しかったので今年もリピートしようと家族で決めていました、しかも今年は息子の保育園のお友達のHちゃん家族と一緒ですので楽しさ倍増です!

ということで、12時ごろにみのずみオートキャンプ場に到着です!残念ながら今年の到着時には雪がありませんでした(涙)


IMG_6388b.jpg

きれいな間に写真をパチリ!今回の我が家の宿は4人用バンガローです、1階が6畳くらい、2階が5畳くらいでしょうか?
我が家は3人家族ですが、4人なら十分な広さで快適です。


IMG_6409b.jpg

テーブルに布団を掛けて、セラミックファンヒーターの吹き出し口にダンボールでダクトを作り、温風を送ってコタツ仕様にチェインジです!
子供たちはおもちゃで遊んだり、潜り込んだりとコタツから離れません(笑)


IMG_6399b.jpg

天川村にはバンガローを併設したキャンプ場がたくさんありますが、他のキャンプ場に目もくれずみのずみを選ぶ理由はここにもあります。

そうです!テラスには私のおもちゃがございます!

オヤジキャンパーの中には薪ストーブにあこがれている方がたくさんおられると思いますが、個人で薪ストーブを持つのは荷物の問題やインストールできるテントの問題などあり、所有することに後ろ髪を引かれている方が多いのではないでしょうか?
ここではそんなオヤジの夢が叶います!もちろん無料です!但し薪は付いていませんので持ち込むなり、キャンプ場で買うなりして下さいね。


IMG_6402b.jpg

早速、ワクワク、ドキドキの火入れ式!まずは薪をくべていきます、無造作に置いているように見えますが、手前から奥の煙突の方に空気が流れるように置いているつもりです。
それと、薪、薪と言っていますが、私が持ち込んでいるのはニスなどを塗っていない廃材です、捨てれば焼却場で燃料を使い燃やされますが、薪ストーブで利用すればそのようなこともなくエコですので、私は廃材があれば捨てずに適当なサイズに切ってキャンプ用にストックしています。


IMG_6404b.jpg

それでは焚き付け用の新聞紙に火をつけ、点火です!
適当に薪をくべてしまうと、トーチのお世話にならなくてはなりませんが、今回どうでしょう??
写真には写っていませんが、新聞紙の奥には燃えやすいよしずを仕込んでいます。


IMG_6407b.jpg

無事点火できました!薪ストーブは燃焼効率がいいので、私のような薪ストーブに不慣れな人間でも比較的簡単に点いてくれます、ありがたや~~!


IMG_6408b.jpg

早速、上の熱がもったいないので湯たんぽ用のお湯を沸かしておきます。

ちなみに今回2泊3日朝から晩まで燃やしっぱなしでしたが、テラスに居ない時は空気取り入れ口を絞って弱火にするなど節約しながらの運転で写真のような薪を5束ほど消費しました、焚き火ならそこまでの薪は使い切れませんが、薪ストーブは大飯食らいですので、その気になれば簡単に薪を消費してしまいます。




1日目 昼ごはん~遊び
IMG_6406b.jpg

我が家の食事は大抵簡単なもので済ませます、着いた日の昼食なんて尚更簡単な料理ということでラーメンです!出来上がりの写真を取り忘れましたが、美味しかったです!


IMG_6415b.jpg

IMG_6422b.jpg

IMG_6436b.jpg

昼食後、私以外の面々は近くのアスレチックに行きました、少し古い施設で、あまり整備がされていなかったらしいですが、子供たちは大人と違って文句を言わずに無邪気に遊んでいたので良かったと思います。
ただ、帰ってきた子供たちからは残念ながら「また行きたい~~」という言葉は聞かれなかったです(笑)


IMG_6413b.jpg

みんながアスレチックに行っている間に私はベーコン作りです!下準備はすでに終わっていますので、スモークするところから始めます。
スモークというとハードルが高い感じがしますが、写真のようにダンボールで作った簡易スモーカーで出来るのでお手軽かつ安価で出来ておすすめです、しかも美味い!!


IMG_6439b.jpg
【SOTO いぶし処 温度計 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

スモークは基本的に放置ですが、温度管理だけはしっかりとやったほうがいいと思います。
ってすでに温燻ではなく熱燻の温度になってる~~(爆)

この時期は外気が低いのでスモークウッドの熱だけでは温度が上がらないので私は炭を入れて温度を上げていますが、この微調整が少しばかり難しいです、この時もはじめは適温だったのですがいつの間にかこんな温度になっていました(笑)


IMG_6442b.jpg

出来上がりはこんな感じです!売っているベーコンと手造りのベーコンは味が全然違います、売っているベーコンはスモークの味がしませんが、手造りベーコンはかなりスモーキーでビールのつまみに最高です!
またベーコンエッグにしてもスモークの香りが口に広がり、いつものベーコンエッグと明らかに違う味になります。

まだ、挑戦したことがない方、いかがでしょうか??
仕込みから考えると時間はかかりますが、手間はほとんどかかりませんので不精な私でも臆することなく出来る男の料理です、去年ここで初めてベーコンに挑戦し、それ以来1度に1kg作っていますが、美味すぎて1週間持ちません・・・

(参考記事⇒ダンボール燻製器で作る激うま!自家製ベーコン

さあ、まだまだついて数時間ですが相変わらず長くなてしまいましたので今回はこの辺で終わりにします、次回は夕食の様子をアップします。
お読みいただきありがとうございました!
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その2

<キャンプ場レビュー>
みのずみオートキャンプ場レビュー 冬のバンガロー編


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:みのずみオートキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

マナスルストーブVSガスストーブの火力比較実験

前々回の記事でマナスルストーブでパラパラチャーハン作りに挑戦したが、マナスルの火力不足でしっとりチャーハンになってしまいました、そこで今回は一体マナスルの火力はどの程度なのか??ということを検証する為に、私の持っているガスストーブ達とパワー比べを行うことと相成りました!

IMG_6014b.jpg

さて、今回用意したストーブは、
信頼のイワタニブランド、カセットコンロ達人~~~♪♪
スペック=2800kcal/h (3.3kw) レビューを見る

私が初めて買ったアウトドア用ストーブ、EPI APSA~~~♪♪
スペック=2640kcal/h (推定3.0kw) レビューを見る

プリムスの伝統モデル、能力は折り紙つき、2243バーナー~~~♪♪
スペック=3600kcal/h (4.2kw) レビューを見る

そして今回の主役!日本が誇るケロシンストーブ、マナスルストーブ126~~~♪♪
スペック=1Lの水を沸騰させるに要する時間=4~6分 (無風・気温24℃・水温18℃)【マナスルストーブ取扱説明書より抜粋】

さて、ガスストーブ達はスペックを見る限り2243⇒達人⇒APSAの順に低くなっていますが、その通りの結果が出るのでしょうか?

ここで早速、余談なのですが、以前、キャンプ場で湯たんぽ用のお湯を沸かそうと、2Lの水をほぼ同時にAPSA(アルパインストーブ)と2243バーナーで沸かしたことがありました。
なんと、その時の結果はスペックが低いAPSAの方が早く湧いてしまいました、風防の関係で風の条件が全く同じとは言えなかったのですが、まさかの結果だったことを覚えています。
その時は、そこそこ寒い時期だったのでAPSAのジェネレータが良い仕事をした、もしくはバーナーヘッドが2243バーナーよりも小さいAPSAの炎が鍋底に集中して当たりロスが少なかったのが有利に働いたのではないかと推察していました。

今回は屋内なので風の影響は皆無、室温は18℃くらいはありますので、スペック通りの結果がでるのかも興味深いところです。

IMG_6018b.jpg

それでは、ルールの説明です!
ストーブを最大火力にして、約500mlの水をどれくらいの速さで沸騰させるかの勝負、ただそれだけです(^^;

IMG_6019b.jpg

そして、今回使用する鍋は・・・あれっ??フライパン??
はい、そうなんです。先ほど説明した通り鍋ですと最大火力にすると、鍋の底から火がはみ出てしまい、ロスが出るので、それを防ぐために底面積が広いフライパンを採用しました!




イワタニ 達人

IMG_6021b.jpg
【イワタニ カセットフー達人 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

まずは、達人!思惑通り火をマックスにしてもフライパンの底をとらえています。

IMG_6026-1b.jpg

IMG_6025-1b.jpg

さて、注目のタイムは・・・3分8秒です!
これが基準タイムとなります。

記録 3分8秒



プリムス 2243バーナー

IMG_6041b.jpg
【プリムス 2243バーナー ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

2番手は今回使用するストーブの中で最高のスペックを持つ2243バーナー!
下からのショットで見ると火が美しいです、さすが名器!

IMG_6045-1b.jpg

IMG_6044-1b.jpg

1分半で鍋底に気泡が付いてきました。

IMG_6049-1b.jpg

IMG_6048-1b.jpg

おっと~!!達人よりも40秒ほど速いタイムで沸騰!!
高スペックの面目を保ちました!

記録 2分27秒



APSA(アルパインストーブ)

IMG_6051b.jpg
【EPI アルパインストーブ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

3番手は過去に2243バーナーを破った実績があるアルパインストーブです!
屋内ということで無風、そして気温も低くない状態で再び2243の鼻を明かすことができるのか??

IMG_6059b.jpg

IMG_6058b.jpg

う~~ん、2243の鼻を明かすことは出来ず、達人にも後れをとっての、3分31秒・・・
まあ、ある意味当たり前の結果ですね、ここまではスペック通りです!!

IMG_6052b.jpg

ところでAPSA君、一番上段の穴から火が出ていませんね~~、もしかしてススが詰まってるのかな??
それともこんなもん??

記録 3分31秒



マナスルストーブ 126

さあ、真打登場!!いよいよ注目のマナスルストーブです!!
ここまでの結果を鑑みて普通に予測すると、成績的に真ん中の達人が500mlの水を沸騰させるのにおよそ3分!1Lなら単純計算で6分ということになる。

マナスルの説明書では1Lの水を沸騰させるに要する時間=4~6分となっているので、パワフルなガスストーブと同等??いやそれ以上の可能性も??

さて、結果はいかに??

IMG_6033b.jpg
【マナスルストーブ 126 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

おいおい、ガスストーブ達に比べて圧倒的に火が小さいぞ・・・音はデカいけど(汗)
分かった~~、音が熱量を生むのか??んな訳ないか(笑)

あ~、これは嫌な予感が・・・

IMG_6029b.jpg

IMG_6030b.jpg

とりあえず、2分経過、真ん中の辺りにわずかな気泡があるだけ・・・

IMG_6031b.jpg

IMG_6032b.jpg

あ~、間もなく5分を迎えようとしているのに~~、まだこんな状態(涙)

IMG_6035b.jpg

IMG_6034b.jpg

お~~い!マナスル~~、まだか~~!!

IMG_6038b.jpg

IMG_6036b.jpg

9分台から状況が変化しません・・・もしかして、他のストーブの様にグツグツ水面を揺らすような沸き方は無理なのか?

IMG_6039b.jpg

14分台まで粘りましたが、やはり水面を揺らすような沸き方はしなかったです。
いわば、弱火でグツグツ煮ているようなイメージです。

ということで、記録は9分23秒ということにしておきます。
じゃあ、いつになったらラーメンが出来るんだ??
ご安心下さい、先日紹介した記事ではちゃんとラーメン出来ていますんで!!

今思うと、この時もグツグツ煮詰まらなかったような気がします、っていうか、記事の写真を見ると少しフツフツしてきた状態でラーメンを投入していました、まあ、火力は弱いので先日トライしたチャーハンなんかは苦手ですが、煮込み系の料理なら大丈夫!スペック上は灯油満タンで5時間燃焼なので「じっくりことこと煮込んだスープ♪」とか「カレー」あと弱火を要求される「炊飯」に向いているのではないでしょうか!!



マナスルを擁護してみる(^^)

マナスルを擁護するなら、1.6mm厚のフライパンが良くなかったかも??火力の強いガスストーブは分厚い鉄でも問題ないが、マナスルには荷が重かったのか?
もっと言えば、マナスルは炎の面積が他のストーブに比べて小さい、つまり他のストーブは底面積が広いフライパンの恩恵を受けたが、マナスルには全く関係なかった、むしろ小さい鍋を使ったら他のストーブがロスする分、マナスルには有利に働いたはずだ・・・
(↑そりゃそやろ~~、その為にフライパン使ったんやから・・・(汗)←のり突込み)

マナスルファンの方、この屈辱の結果納得いきませんよね~~!!

今度、ラーメン作るついでに、キャンプで使うコッヘルでやってみよう!私の持っているラーメンに最適なコッヘルは薄いステンレス製なので結果が変わるかも知れない。

その時までグツグツとした真の沸騰はお預けってことでお願いします(汗)

記録 9分23秒



番外編 IH(電磁調理器)

IMG_6061b.jpg

IMG_6065b.jpg

一応、今回のミッションであるマナスルのパワーの検証は終わったが、悪乗りでIHの能力を検証してみる。
我が家のIHはマックスで3.0kw、数字上では大体APSAと同じくらいだが、IHの売りはガスに負けないパワーである、一体どれほどの実力なのか?

IMG_6071b.jpg

IMG_6069b.jpg

ぬぅお~~~~!!なんだ、この圧倒的なパワー!!
公式スペックで4.2kwを誇る2243バーナーよりも1分以上早く沸騰!!

IHってほとんどロスがないんでしょうね~~、このIH10年前の物だけど、それでもこの速さですからすばらしい技術なんですね!結果的に電力会社やメーカーが見たら泣いて喜ぶような記事になってしまいました(笑)



マナスルストーブVSガスストーブ湯沸し対決成績表

マナスルストーブVSガスストーブ湯沸し対決成績表_01

マナスルストーブVSガスストーブ湯沸し対決成績表(JPGファイル)
マナスルストーブVSガスストーブ湯沸し対決成績表(PDFファイル)


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:マナスル  Trackback:0 comment:3 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
5位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。