スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

【ニセコグランヒラフ・2016】アクシデント発生・・・トホホ

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】思いがけぬプレゼント!の続きです。

家族でスキーを満喫


201603IMG_1258.jpg

あ~、もう北海道旅行3日目かぁ~~。
やっぱり3泊4日なんてあっという間ですね~、と少しナーバスな気分のオヤジですが、息子はそんなことどこ吹く風。

朝から「早くスキー行こ~~」の連呼です!!

201603IMG_1259.jpg

滑りたい気持ちは私も同じなので、そら君のお世話をママに任せて、しょーたと一足先にゲレンデに繰り出しました。

201603IMG_1365.jpg

1本目は足慣らしの為に一番下のファミリーゲレンデにてひと滑りましたが、下のゲレンデは非常にコンディションが悪いのでその後、エース第2クワッド、キング第3トリプルと乗り継いで上のゲレンデにて楽しみます。

201603IMG_1256.jpg

ここまでくると昨日よりは悪くはなっているものの、まだまだ北海道らしい良い雪質で滑ることが出来ます。
2本ほどしょーたと二人で滑り終えると、ママとそら君も上がってきました。

私はブログをしているし、ママはスマホで時々撮影をしているので我が家は写真をよく撮っている方だと思うのですが、考えてみると家族写真と言うものがほとんどありません。

ということで、今回の旅のテーマの一つに年賀状とかに使える家族写真を撮ろうということがありました。
滑り込んでから写真撮影となると面倒くさくなる可能性があるので、早めに済ませておこうと、しょーたに「写真撮るから止まって~」と声をかけるのですが、滑るのが楽しいのか全然止まってくれずグイグイ進んで行く始末。

201603IMG_1260.jpg

でも、一家の長である私の言うことを聞かなかったので神様が罰を与えておりました(笑)

しかも、ブログ的になかなか見栄えがするナイスな転び方!

そして、このこけた辺りが撮影にはちょうど良い感じの場所だったので、ここを撮影地としました!
バックには羊蹄山があるし、そこそこフラットやし、良いところで転んでくれましたね(笑)

201603IMG_1266.jpg

とりあえず、セルフタイマーで数枚の家族写真を撮影!!
これで来年の年賀状の写真は賄えるでしょ!

201603IMG_1273.jpg

その後は、微笑ましい子供たちの写真を撮ろうと奮闘するオヤジ!
だが兄弟の写真って難しい・・・

1人が良く撮れると、もう1人が残念な表情だったり。

201603IMG_1280.jpg

ましてやそら君なんぞは、途中で止まってられず動き出す始末です(汗)
まっ、しゃーないですね・・・

でも、こういう写真こそ自然な姿なので良しとしましょう!

201603IMG_1287.jpg

あと、しょーたのスキー場での写真はたくさんたくさんあるのですが、そら君はだいたい抱っこヒモに入っているのでほとんど写真がありません。

なのでこの時ばかりと、パシャパシャと撮影しておきました。
雪の上をハイハイってなんか、いい感じ!!

201603IMG_1288.jpg

時々、こんな風にカメラ目線をくれ、良い写真を撮ることができました。
うん、満足!満足!

201603IMG_1307.jpg

そして、親のエゴでサングラスの写真も!!

IMG_1311.jpg

お~!!ダンディー過ぎるぜ我が息子!!

このサングラス、前向き抱っこで滑った際の紫外線予防で用意していたものですが、滑っている時はほとんど寝ているそら君にとって無用の長物だったのですが、ここで役に立ちました!

201603IMG_1318.jpg

リフトに乗っている時の写真もパシャッ!!
相変わらずしょーたは無関心・・・

201603IMG_1325.jpg

無関心なしょーたに、何かポーズを付けさせてと、こんな写真も撮りましたが手の上げ方が中途半端・・・涙

201603IMG_1327.jpg

こんな美しい景色をバックに写真を撮れる機会なんてなかなかないのにしょーたってやつは・・・

201603IMG_1340.jpg

でも、黙って写真を撮ると良い表情を見せてくれるので、しばらくは構えて撮らない方がいいのかな~~・・・
なんて思ったりしています。

201603IMG_1337.jpg

そんなこんなで、スキーを楽しんでいると、そろそろお昼時!
今日もホテルに帰っての昼食なのでひとまず下山!

201603IMG_1343.jpg

ただ、中腹から山麓に降りるのが至難の業・・・
傾斜的には中級~中上級といったところですが、雪質が悪い悪い。
べちゃべちゃの雪で本当に滑り辛く、ボーゲンのしょーたにはホント酷ですね・・・

でも、しょーたは「しょーちゃん、お尻で滑って行く~~」なんて言いながら滑って行ってましたね(笑)

微笑ましい昼のひと時・・・しかし・・・


201603IMG_0892.jpg

昼食を摂る為に部屋に帰って来ると、「あっ、しょーちゃん宿題してない~!!」
と言って徐(おもむろ)に宿題をやりだすとても我が息子とは思えないしょーた。

201603IMG_0893.jpg

そして、「パパビール飲んでるから、しょーちゃんもビール飲むわ」と言ってサイダーを開けるしょーた!
このあたりは私に似たのかも(汗)

そして、そら君はしょーたのサイダーに興味津々、っていうかペットボトルに興味津々。
実はそら君、この旅行中にペットボトルを開けることが出来るようになり、2回ほど畳をビチャビチャにしてしまいました(笑)

201603IMG_0901.jpg

0歳のそら君は日々成長状態。
そして、そんなそら君が可愛くて仕方ないしょーた。

しょーたにとって、可愛がっているつもりですが、時にはこんな風にヘッドロックを決めてしまい、にぃにの元から去っていくそら君・・・

201603IMG_0902.jpg

なんか、後ろで大人しくなっているそら君・・・
にぃにのヘッドロックでいじけてしまったのか??

いやいや、こういう時の相場は何か良からぬことをしている可能性が高いはず・・・

201603IMG_0903.jpg

あ~~、やっぱり~~!!パパのカップラーメンで遊んでる~~(爆)
危ない、危ない、もう少し発見が遅れていたら中身をぶちまけられていたに違いありません(汗)

201603IMG_0914.jpg

そら君を野放しにすると危険なので、とっととラーメンを平らげます。
しょーたは相変わらず「うま~」と絶賛しておりました。

201603IMG_0932.jpg

そら君も離乳食を平らげ満足げ!

201603IMG_0924.jpg
(↑得意の変顔)
201603IMG_0908.jpg

昼食後はこの後に待ち受ける悲劇のことなど知る由もなく、一家団欒笑顔で過ごし昼休憩を終えました。

悲劇、スキー板がない・・・


昼休憩を終え、しょーたと私が再びゲレンデへ!
あれれっ??休憩前にゲレンデに設置されている板置き場に立て掛けておいた私の板が見当たりません!?

えっ、マジで!!
一瞬、板を置いた場所を間違えたのか!?と思いましたがママとしょーたの板があるので間違いありません。

こうなると答えは2つ。
盗られたか、間違えて持って行かれたか。

私の板、安い板ですが今年新調したばかりで、使ったのは鷲ヶ岳に行った時と今回の2回だけでまだまだキレイな状態・・・

楽しいスキー旅行が一転、悲し過ぎる・・・
そして、痛すぎる・・・

買ったばかりという事もそうですが、明日も滑る予定なので板をレンタルしなければなりません(涙)
レンタル代を節約する為、せっかく大阪から持って来たのにこんなことになるなんて・・・

もし盗られたのなら無駄ですが、間違えて持って行かれたのなら見つかるかもしれない・・・
と思いスキー場にアナウンスをお願いし、しばらく様子を見ましたがやはり見つからず(悲)
ですよね~、滑っていると場内放送なんか聞こえませんよね。

まして盗られた可能性も否定できないですから。

まだまだ滑りたいのでレンタルも考えましたが、この時既に2時を回っており、滑ることができる時間はあと2時間程・・・
今から2時間の為にレンタルなんてもったいなく不本意ながらしょーたをママに任せて私は強制終了となりました。

ホンマ腹立つ~(怒)
盗ったか、間違えたか知らんけどいったい誰やねん!!!

201603IMG_1344.jpg
★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★ お客様の声を見る

間違えて持って行かれたのなら、もしかしてスキー終了後に気が付き交換に来るかもと思い、この後営業終了時と明朝にゲレンデに見に行きましたが、残念ながらありませんでした。

ガッカリ(>_<)

盛り下がりムードで3日目終了


スキー板が無くなりましたので私はフテ酒、ママとしょーたは4時頃までスキーを滑り、その後はそら君を連れて昨日同様プールへ。

その後、ホテルで食事をとって、
(板が無くなったショックで写真がない・・・)

201603IMG_0944.jpg

2人供相当疲れていたのか、しょーたも、

201603IMG_0945.jpg

そらも即効沈没・・・
特にそらはあぐらをかいて座っている私にすり寄ってきて足を枕にしたと思ったら瞬眠(-.-)Zzz・・・・
可愛すぎます(^o^)/

20160327015b.jpg

そしてなぜか私が寝ているシングルの布団に息子たちが・・・
せ~~まぁ~~~(^_^;)

つづく
【ニセコグランヒラフ・2016】とうとう最終日!帰りたくな~い!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

【ニセコグランヒラフ・2016】思いがけぬプレゼント!

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】スキー、そしてプール!の続きです。

しょーただけが知っていた秘密


201603IMG_0855.jpg

突然ですが、これは何でしょう??

はいっ!!下手くそな写真!!

正解~~!!
・・・じゃなくて・・・

201603IMG_0853.jpg

ピンボケの写真・・・
あっ、ぶれた写真・・・

ある意味正解ですが・・・ブ~~~♪

201603IMG_0852.jpg

いかがわしいネオン街の写真・・・
ブ~~~♪

201603IMG_0854.jpg

はい、正解は花火でした~~!!

201603IMG_0836.jpg

なんと、なんと私たちが滞在中にニセコで花火が上がるという情報が・・・
ネタ元はしょーた・・・

う~~ん、実に怪しい・・・

「今日、花火あんねんて~~~」
ホテル側から何も聞かされていない私たちは、しょーたに「誰に聞いたん??」と聞くと、「(スクールの)コーチ!」との返答。
「えっ!?どこで上がるん??」
「知ら~~ん・・・」と何ともええ加減な情報で、私たち夫婦は「どこで上がるんやろうな??ここから見えるんかな~??」
という半信半疑の状態でした。

201603IMG_0859.jpg

そうこうしている内に「バァ~~~ン♪バァ~~~ン♪」という音が聞こえてきました。
「えっ、これけっこう近いんちゃう??」

ってことで外に出てみると・・・

201603IMG_0865.jpg

なんと、まあ~~、ホテルの目の前で上がっているじゃあ~~~りませんか!!

201603IMG_0866.jpg

お~~~、ブラボ~~!!
うれしいですね~~、花火が上がるなんて全く知らなかった私たちには超サプライズでした。

ホテルのスタッフも人が悪いですね~~、こんなイベントがあるなんてひと言云っといて下さいよ~~。
でも、知らなかったからこそサプライズなんですよね~~!!

時間は15分ほどでしたが、ホテル滞在客だけにくれたプレゼント、良い思い出になりました、ありがとうございました~~!!

花火の後はホテルディナー


201603IMG_0868.jpg

昨晩はホテルから離れ、ジンギスカンを食べに行きましたが、基本ホテルで食べたい我が家は今晩、そして明日はホテルでの夕食です。

会場は朝食会場と同じですが、残念ながら私が大好きなビュッフェスタイルではありません。

201603IMG_0870.jpg

まあ、たまにはいいかっ!と言うことでカンパ~~~イ!!

プランについている夕食券で大人4,000円分、子供2,500円分を単品もしくはセットメニューで注文するのですが、私はお酒を飲みながらですので、一度で全品揃うセットメニューを注文するのは嫌だったので単品にてオーダー!
ママとしょーたはセットメニューにてオーダーをしました。

201603IMG_0871.jpg

ママが注文したセットメニューの海鮮サラダが初めに出てきました!
ホテルのディナーらしく、上品ではありますが、年甲斐もなくリゾートに来るとお腹いっぱい食べたい私には少ない・・・(だから好きな物をたくさん食べることが出来るビュッフェは好き)

この中ではお魚のお造りが美味で、スタッフに聞いてみるとさんまのお刺身と言うことでした、さんまと言えば塩焼きが定番ですがお刺身は甘くておいしかったなあ~~、また食べたいな~~~。

201603IMG_0872.jpg

私が単品で注文した「鮭とばのなんちゃら・・・??」
鮭とばってのは鮭の切り身を干して作った乾物でお酒のつまみのような食材、

201603IMG_0873.jpg

そして「甘エビの塩辛」を注文!
もちろん両方とも不味くはなく庶民的なオヤジにとって上品な感じはしましたが味は普通でしたね~~(爆)

201603IMG_0874.jpg

しょーたはお子様ランチ的なメニューをオーダー。

全く見栄えがしないまるでファミレスのお子様セット・・・
これが2,000円か2,500円だったか、ホテルだから仕方ないけど高いですね(爆)

201603IMG_0877.jpg

自分で注文した料理、そしてママの料理やしょーたの料理をつまみつつ、「おすすめメニュー」になっていたステーキをメインディッシュとして注文するオヤジ!

201603IMG_0878.jpg

脂っこい肉は受け付けなくなっているオヤジにとって、このステーキは脂身が少なく、そしてソースの味付けがほどよく美味しかったです!!
これに関してはまた食べたいな~~!!

201603IMG_0880.jpg

そしてママのメインディッシュはこれ!!
うん!おっしゃれ~~♪味は普通に美味しかったそうです・・・

でも・・・オヤジの評価は明らかに量が少ない・・・爆

201603IMG_0881.jpg

ねえ、ねえ~、僕こんなの食べてないよ~~!?

(ごめんな~~、そら・・・)
(また市販の離乳食やったなぁ・・・)

でもコーンスープは飲んでたよ~。

3月28日の朝を迎えました


201603IMG_0886.jpg

旅行3日目の朝も2人の怪獣さんのおかげで5時台の起床です・・・
もっと寝たいが、一旦目が覚めると若い頃のように寝れないオヤジは朝の散歩に行くことに。

ホテルアルペンからゴンドラ乗り場の方に歩いて5分かかるか、かからない距離に居酒屋発見!
ニセコ・ヒラフ地区は思ったよりも賑やかな街でおしゃれなお店が多い中、ひときわ目を引く下町のコテコテ感漂う、かかしという居酒屋!

201603IMG_0885.jpg

おしゃれなお店もいいですが、庶民派ぽくてなんとなく愛着が湧くお店、観光地にあることを考えると、決してお高くない普通のお値段も魅力、次回来た時の覚書として記録しておきます。

201603IMG_0889.jpg
201603IMG_0890.jpg
201603IMG_0891.jpg
★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★ お客様の声を見る

散歩の後はホテルに帰って朝風呂入って、相も変わらず朝食ビュッフェの爆食い!!
そうそう、昨日の朝食でも気になっていたのですが、朝からカレーを食べている方たちが目につきました。
中には朝だというのにお皿にてんこ盛りの方もチラホラ・・・

これは頂かない訳にはいかないと私も茶碗一杯だけと思い食べてみました!(写真を撮り忘れてしまいました・・・)
うん!なるほど!!

辛くないんですが、ほどよくスパイスが効いて子供でも食べられるが大人も満足なお味!ホテルニセコアルペンの朝食ビュッフェのカレーかなりおすすめです。
美味しい~~~、ってことで茶碗一杯のはずが気がつけば三杯食べてしまっていました(^^;

この分だと、またお昼はコンビニですね・・・
【ニセコグランヒラフ・2016】アクシデント発生・・・トホホ


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

【ニセコグランヒラフ・2016】スキー、そしてプール!

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】羊蹄山・ジンギスカン・朝食ビュッフェ!の続きです。

ホテルとゲレンデの距離感はこんな感じです


201603IMG_1211.jpg

朝食を済ませ、いよいよスキーです!
その前にホテルとゲレンデの位置関係について少し・・・
ここニセコアルペンはヒラフスキー場のオフィシャルホテルですがゲレンデの中にあり滑って帰って来られるという立地ではなく、ホテルの前に駐車場があり、そしてその駐車場を隔てたところにゲレンデがあります。

といってもホテルから出て15mくらいでゲレンデですので全く不自由は感じません。
また、リフトやリフト券売り場、レンタル、スクールの受付といった施設も目の前なので非常に便利です。

201603IMG_1206.jpg

ホテルから見て左側にエース第2センターフォー(クワッドリフト)。
このリフトは楽天トラベルのコース情報によると1,719mの長さを誇り、1,878mあるヒラフゴンドラに迫る長さで一気に中腹まで運んでくれ非常に快適です。
逆にゴンドラはアルペンホテルからだと遠いのと、旅行中にアクシデントがあったこともあり、もったいない話なんですが滞在中一度も利用することはありませんでした。
(アクシデントにつきましてはまたのお話しで・・・)

201603IMG_1212.jpg

真ん中には「SNOW SCHOOL」の看板を掲げたプレハブのような建物がありますが、ここはスキースクールの受付ではなくよく見ると「SNOW SCHOOL .BASE1F→」となっており、ただの案内看板でした。
非常に紛らわしく私も息子のスクールの受付にドアをノックしてしまいました・・・

ただスクール受付後の集合場所がこの建物の横ですので、変に分かり難いよりもいいのかも知れませんね。

201603IMG_1210.jpg

そして右側には.BASE(ドットベース)という建物があり、1階にはリフト券売り場、レンタル受付、スクールの受付があります。
2階には今回利用しませんでしたがカフェがありました。

201603IMG_1207.jpg

これらの写真はスキー場のオープン前に撮った写真ですが、数台の雪上車でゲレンデ整備をしていました。

私たちはスキー、しょーたはスクール


201603IMG_1213.jpg

それではいよいよスキー!!
今日、しょーたは一日コースでスクールの予定ですが、スクールの受付後多少時間がったのでしょーたと2人で1本滑ってみることにしました。

201603IMG_1220.jpg

流石に兵庫県辺りのスキー場では味わうことのできない1,700m以上あるリフトなので乗り応えがあり、リフトを降りるといきなり山頂に来たと錯覚するような風景を目にすることが出来ます、さすが北海道!実に雄大な景色です。

な~~んて悠長なことは言っていられません・・・
もう、スクールの集合時間まで20分を切っています・・・
リフト一本乗っただけとは言え、けっこうな距離を降りて行かなければなりません。

map_grand-hirafu2.jpg
(↑拡大画像

私たちが乗ってきたのがマップ上のIと記載があるエース第2センターフォー。
本来、13番(中級コース)、15番(初級コース)、9番(初級コース)と降りてこなければならなかったのですが、始めて滑るのでコースがよく分からず9番(初級コース)のところをスクールの集合場所に真っ直ぐ行くことが出来る23番(中級コース)を行ってしまい、これがもう大変で、大変で!

一応、中級となっていますが、けっこうな傾斜で十分上級者コースと言えるコース、しかもコースを降りてくるに順って雪質の悪化が酷く足が取られる、取られる・・・

ホント、ヒラフの1本目は最悪のコンディションでした。
それでもしょーたは悪戦苦闘しつつこの長いコース、かつ自身の実力では遥かに困難であろうコースを1回転んだだけで降りて来ましたね。

降りてきて「大丈夫やったか??」と聞いてみると愛想なく「うん・・・」と言っていました。
まさにこれまでの練習の成果が出ていたと思います。

201603IMG_1233.jpg

何とか集合場所に間に合い、スクール開始!
今回スクールに入った目的はずばり「ボーゲンからの脱却」です!

というのも、しょーたは初級コースでは長続きせず、すぐに実力以上のコースを滑りたがるのですが、斜面が急になるとボーゲンではスピードを上手く制御できず苦戦してしまいます。
そんな現状を打破すべく、いつも2時間のスクールですが、今回は4時間コースを申し込んだ次第です!

201603IMG_1238.jpg

ただ、私たちの期待を余所にクラス分けがかなり怪しい・・・
本来、一度全員で滑ってみてクラス分けをするのが普通だと思いますが、ここのスクール、完全な初心者ば別として、その他は年齢で分けている印象があり、しょーたは小さい子たちと同じクラスになってしまいました。

しばらく様子を見ていましたが、初級コースで行われるスクールはしょーたにとっては退屈な内容でボーゲンでボーっと着いて行くだけの様子でした・・・

今回スクールに抱いたイメージと私と現実はちょっとギャップがあったので、昼からのスクールを申し込むかどうか悩みましたがスクール側に「次のステップに進めるような指導をしてほしい」という旨を伝え受けることにしました。

201603IMG_1242.jpg

話は前後しますがしょーたをスクールに入れしばらく見守り、その後スキーを楽しむことに!
朝の一発目で感じましたが、ホテル目の前のクワッドリフト(エース第2センターフォー)で滑ることが出来る範囲はコースこそ長いですが最悪と言っていいコンディション、流石に土が見えている箇所や写真のように茶色くなっている箇所はあまりありませんが、雪が解けて非常に重たく足が取られる状態・・・

正直、この時点の印象は「北海道と言えども今年の暖冬には勝てないのか??ちょっとがっかり・・・」とまで思っていました。

201603IMG_1225.jpg

下部のコースは足が取られ疲れるし時には危険を感じる状況なのでもう1段上に上がることに!!

201603IMG_1246.jpg

スキー場のボトムとクワッドリフトを降りた辺りの気温が明らかに違うので、雪質を期待しクワッドリフト(エース第2センターフォー)を降りた先にあるエース第3ペアに乗り1本滑走!

えっ、なんでと思うほどの雪質の違いで、ところによるとキュッキュ、キュッキュとなる状態!!
お~、遥々北海道まで来た甲斐があるってものです!

ただ、残念ながらこのリフトはペアでスピードが遅く、更に長さも881mと物足りない感じ・・・

201603IMG_1247.jpg

そこでクワッドリフトを降りて、そのまま少し下ったところにあるキング第3トリプル・フード付きリフトに乗り滑ってみると、先ほどのペアリフトから滑ることが出来るコースをカバーしつつ、さらに上からの滑走になるので雪質もよく大満足!!

楽天トラベルのコース情報によると、リフトの長さが1,186m、コース的には初級者、中級者コースをチョイスすると結構な距離を滑ることができるので、しばらくこのリフト、このコースをホームコースとしたことは言うまでもありません。

201603IMG_1248.jpg

キング第3トリプル・フード付きリフトを降り、眼下に広がる風景がすばらしく、もう最高!!

201603IMG_1252.jpg

前後左右どこを見ても美しく、360度の大パノラマとはまさにこのこと!
やっぱ、北海道いいわ!!来て良かった~~!!

昼食はカップラーメン(汗)


201603IMG_0822.jpg

12時にスクール午前の部が終わりましたので、昼食です!!
と言っても朝食ビュッフェを腹がはち切れんばかりに食べているのであまりお腹が空いていません・・・

ってことで部屋に帰ってホテルのコンビニで買ったカップラーメンです!

201603IMG_0825.jpg

おいおい、そら君!!それはパパのおにぎりやで~~!
そら君は市販の離乳食をいただきます。

201603IMG_0826.jpg

お腹が空いていないと言いつつ、気がつけば私はカップラーメンとおにぎりとパンを手にしておりました・・・
見ていると欲しくなるんですよね~~・・・
でも、結局パンまでは食べられませんでした。

201603IMG_0827.jpg

そして、しょーたは大好物のカップ焼きそば(爆)
「しょーちゃん、明日もカップラーメンがいい~~」と言うてました(汗)

部屋に帰ればゲレンデのレストランと違いブーツも脱げるし、食後はゴロゴロ出来るし、快適、快適♪♪
若い頃はコスト優先で宿を選んでいましたが、今は立地優先、こういう時、ゲレンデサイドの宿のありがたみが分かります。

ニセコヒラフのスクールは期待外れだった・・・


201603IMG_1241.jpg

さて、食事を済ませしょーたは午後もスクールに!
先ほど、ざっと書きましたがしょーたと似たり寄ったりの年の子たちは初めにスキルチェックも何もなく「完全に初めての組」と「それ以外の組」に分かれている雰囲気がありありで、午前のクラスが終わった時にコーチに聞いてみるとやはりそんな感じだということ・・・

私がスクールに入れる目的は「スクールに入れている時間、親がスキーを満喫しよう」という子守的な意味合いではなく、しょーたのスキルアップが目的なので「午後からはクラスはそのままとしても次のステップに進めるような事を教えてあげて下さい」とお願いし再度スクールに入れました。

スクール終了後、しょーたに確認すると「パラレル教えてもらった」って言ってましたので私の意向は伝わっているみたいですが、私が「どれくらいパラレルしたん??」と聞くと「う~~ん、最後の方だけ・・・」と言う返答、残念ながらちょっとスクール側のやっつけ仕事感が伝わってきました。

それ以外に期待外れだったのは、めちゃくちゃ雪質が悪いファミリーコースで指導していたこと・・・
私たちはしょーたをスクールに入れている間は雪質が良い白樺コース(初級コース)を滑っていましたが、そこでスクールをされている小さい子たちを見かけましたのでこっちの方が良いなとつくづく思いましたね。

しょーたが申し込んだスクールはスキー場が運営しているスクールですが、ニセコには他にもたくさんのスクールがあることを後になって知りました。
今回は不勉強でしたが、次回、ニセコでスクールに入れる時はしっかりと選びたいと思います。

アフタースキーはプール!


201603IMG_0829.jpg

スクールを3時半に終え、しょーたに「パパと2人で上(白樺コース)行く??滑りやすいで!!」と聞くと「しょーちゃんスキー止めたい・・・」という返答。
「えっ、なんで??疲れたん??」
「しょーちゃん、プール行きたいねん!」
と言うことでしょーたはスキーは切り上げプールに行くことに!!

私はずっとそら君を抱っこヒモに入れたまま滑っており、慎重に慎重にと満足な滑りをしていなかったので、ここぞとばかりにリフト終了までの1時間1人の時間を楽しみました!!
下の方のコンディションが最悪の中、上の方はまだまだ最高!!キュッキュ状態です!
短い時間でしたが満足、満足!体力が落ちたオヤジにはちょうど良かったかも知れません(汗)

201603IMG_0832.jpg

そして宿に帰ると「パァ~パッ!プールいこよ~~!!」の連呼・・・
そして「そら君もプール連れて行く~~」と主張!!

「いやいや、しょーた一人でも大変やのにそらはママにプールではなくお風呂入れてもらお」と言うことでそら君にはご遠慮頂きました(ほっ・・・)

201603IMG_1190.jpg
★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★ お客様の声を見る

そして、しょーたがうるさいのでプールに行ってみることに!
私が撮ったプールの写真はこれしかありませんが、普通の25mプールと幼児用の小さなプール、そしてジャグジーがありました。
楽天トラベル(プールの写真)

私はジャグジーでぼ~っとしときたかったのですが、そんな思いが叶うはずもなく、
「パァパ~、泳いで~~」
「パァパ~、しょうちゃんのこと投げて~~」
と色々働かされて業務終了(爆)

201603IMG_1188.jpg

プールとお風呂は繋がってはいませんが、体を拭き水が滴らない状態なら専用通路で水着のまま風呂に行くことができ便利です。

ここはニセコ地区で唯一プールがあるホテルと言うことですが、3月とは言え北海度では冬のこの時期流石にお客さんはまばらでほぼ貸し切り状態でした。
ちなみに、小学生以下無料で大人は300円(スイミングキャップ無料レンタル付き)と超リーズナブルでした。

スキーで疲れた体を癒すのに軽く泳ぐのもいいもんですよ!!
【ニセコグランヒラフ・2016】思いがけぬプレゼント!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

【ニセコグランヒラフ・2016】羊蹄山・ジンギスカン・朝食ビュッフェ!

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】北海道上陸!ラーメン食べてホテルへ!の続きです。

神様からのプレゼント(^-^)/


201603IMG_1255.jpg
【★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★】

ニセコ・アルペンホテルにチェックイン、部屋がお任せのプランだったのでどんな部屋になるのか楽しみにしておりました。

とは言え、お安いプランだし、そもそも定員2名だし一番ゴージャスに見えるラージツインなんて可能性は限りなくゼロに近く、予想では和洋室和室になる可能性が高いと思っており、希望としてはラージツインの次にゴージャス感がある和洋室がいいと思っていました。

で・・・
カギを貰い、
部屋に行き、
ドアを開けると・・・

201603IMG_0756.jpg

はい、残念・・・(涙)
わ・し・つ

201603IMG_0757.jpg

でもでも!!
イメージより全然良いぞ!!

15畳の部屋だから滅茶苦茶広い!!
うん、この大きな部屋にテーブル2つとテレビとささやかな応接セット(2名用)、ハンガーラック、小型冷蔵庫、タオル掛けがあるだけなので実にだだっ広く感じる!

この部屋、元は2部屋をぶち抜活き1部屋にしたのか?広さにものすごく違和感を感じました。

でも、慣れてくるとこの広さが心地よくなる、狭い部屋だと持ってきた荷物を広げるとたちまち狭く感じるが、この部屋なら荷物エリア大体この辺りと決めさえすれば、そんな思いをすることなく快適に使える!

201603IMG_0811.jpg

そして何よりハイハイ盛りのそら君にとってこの部屋はまさに楽園、縦横無尽に這いずり回ることができます。

201603IMG_0758.jpg

しょーたはしょーたで鷲ヶ岳の時と同じく押し入れに入りドラえもんごっこ!(←ドラえもんは押し入れで寝ているから)
我が家は和室が無い家なので、こういう時しか出来ませんね。

このホテルはグランヒラフスキー場のオフィシャルホテル!!なので当然ゲレンデフロントの一等地なのですが、残念ながら私たちの部屋からゲレンデを望むことは出来ません・・・

しかし、神様は私たち家族に最高のプレゼントをくれました!!

201603IMG_0769.jpg

なんということでしょうか!!部屋から羊蹄山が望めてしまうのです!(←ビフォーアフター風に)
滞在中、毎日毎日羊蹄山の表情を覗っていましたが、初日の羊蹄山が山頂付近にまるで天使の輪の様な雲がかかりもっとも私たちの目を楽しませてくれました。

私が良いなと思っていた和洋室は全部で36室ありますが、和室は全部で5室しかありません。
結果論ですが、その数少ない和室に泊まることができ、しかも羊蹄山ビューというプレゼントまで頂きホテルにはホント感謝です!!

考えてみればホテルでうちの様な赤ちゃんをあまり見ることなかったので、ホテルサイドが赤ちゃんがいる我が家への配慮で数少ない和室を提供してくれたのかも知れません。

ニセコ・ヒラフに滞在していると驚かされるのが外国人の多さ、日本人と外国人の比率で言うと5対5くらいは居るんではないかという印象、外国人にしてみれば和室は憧れのはずなのに、我が家が泊まることが出来たのは本当にラッキーだったのかも知れません。

今夜はジンギスカン


201603IMG_0775.jpg

我が家は北海道旅行の際に札幌や小樽の様な街ではなく、リゾート地、温泉地に泊まるので基本、1泊2食付きで宿を取りますが、ニセコのヒラフ地区は比較的お店が多いという情報を掴んでいましたので、スキーをしない初日は外で食べようということで夕食付にはしませんでした。

何を隠そう密かに北海道出身である妻から子供の頃よく食べていたジンギスカンを食べたいとのリクエストがありましたので大阪に居る時に軽く下調べをしていたLoft倶楽部というお店に行くことにしました。



ここはヒラフではなくアンヌプリの近くでホテルから8kmとそれなりの距離はありますが、広い幹線道路なので車で15分程度でお店に到着。

201603IMG_0779.jpg

外観からも雰囲気の良さが伝わるお店ですが、店内もイメージ通りのいい感じのお店で外食大好きなしょーたもご満悦の表情!
言うとくけどお子様ランチはないで~~~(笑)

201603IMG_0781.jpg

お店に入りテーブルに案内され、おや??
私の中ではジンギスカンと言えば逆お椀型の鉄板で焼くもの・・・

それなのに七輪と網が・・・


【鉄鋳物ジンギスカン鍋(日本製) ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

(↑こんなやつね!!)

201603IMG_0786.jpg

そして出てきたのはまるで焼肉屋さんの様な感じのお肉が出てきました!
少々パニック気味の頭を何とか整理して、「このお店では焼肉スタイルなんだ」と理解しました。

ジンギスカンを鉄板ではなく、炭火で食べるなんて初めてなので楽しみですね。

201603IMG_0787.jpg

お店のスタッフの方曰く「ミディアムレアで召し上がって下さいね」というアドバイスだったのですが、若干保守的なオヤジは最初の内はしっかり焼いて食べていました・・・
まあ、少し癖があるお馴染みのラム肉の味ですね!

20160326004b.jpg

ところがほどよく酔いが回り、大胆になったオヤジはミディアムレアでの実食!

201603IMG_0788.jpg

あら不思議!?しっかり焼いた肉よりも独特の臭みが和らぎいい感じ!!

焼肉のタレで食べるので、元々、ラム肉の臭みにそれほど抵抗感が無い私にとって、また年齢と共に脂っこい物が辛くなってきている私にとっては牛肉よりもたくさん食べることが出来るので美味しくいただくことが出来ました。

201603IMG_0791.jpg

サイドメニューもいくつかあり、しょーたの大好きな生ハムをオーダーしました!!
写真を撮るのを忘れ、食べかけで申し訳ありません(涙)

201603IMG_0799.jpg

流石にそら君はラム肉を食べるわけにもいかず家から持参した市販の離乳食でした・・・
ごめんなそら~・・・

201603IMG_0792.jpg

ジンギスカンを美味しくいただきましたのでそろそろお愛想!

201603IMG_0801.jpg

そうそう、今はスキーバカですが、一応キャンパーの端くれでもあるオヤジは店のあそこにも、

20160326002b.jpg

ここにも積まれている薪が気になってしょうがなく、お店の人に「薪ストーブか暖炉使っているんですか??」と質問してみました。

20160326003b.jpg

すると、
「そうなんですよ~、以前はあそこの薪ストーブを使っていたのですが後ろに穴が開いちゃって・・・」
「ってなわけで、今は飾りです・・・」
と言うことでした。

ご覧の通り、雰囲気も味も良くていいお店でした!またニセコに訪れた時は是非リピートしたいと思います。

2日目の朝に!


201603IMG_0802.jpg

さて、いきなりですが2日目の朝!!
相も変わらず5時台に2人の怪獣が起きだして、なぜだか分かりませんが巻き添えを喰らってしまうオヤジです・・・

起きたついでに、本日の羊蹄山をパシャッ!
起きたらすぐこんな景色を見られるなんてホント贅沢なお部屋です!!

201603IMG_0807.jpg

そして部屋は羊蹄山の方からどことなく神秘的な朝日が差しこみ、そのパワーに肖るかの如くそら君に後光が差しています!!
お~~、そらすげ~~~(笑)

201603IMG_0812.jpg

パワーを貰ったそら君は精力的に朝から部屋を徘徊!!

201603IMG_0809.jpg

しょーたはというと、保育園の年中の時から毎日百ます計算とかをさせており、「しょーちゃん、勉強する~」と言って今では日課のように勝手に勉強をし始めます。
私の子供の頃なら旅行に来ているこの状況、この時ばかりにさぼっていましたが、ホント私の子供とは思えないですね・・・
がんばっていい大学に行ってや~!!国公立の・・・(爆)

朝食ビュッフェ


201603IMG_0815.jpg
ホテルニセコアルペンの口コミを見る

相変わらず早起きさせられているので、朝風呂に入り、朝食です。
このホテル、楽天の口コミが4点台ととても高く、多くの方が食事について良い評価をしているのでビュッフェ好きの私はとても楽しみにしていました。

レストランに入りお盆や食器等一式を手に取り、まず向かったのが、ガラス越しにシェフが玉子料理を作ってくれるコーナー。
たかが玉子料理、しかも数人並んでいますが、目の前でシェフが作ってくれるとあらば並ばない訳には参りません(笑)
しょーたはハムとチーズのオムレツ、私と妻はハムとトマトのオムレツをオーダーしました。
と言っても、味に限界があろうオムレツですので「お~!サイコー!」とまではいきませんが雰囲気がよく満足です。

201603IMG_0816.jpg

私がゲットした料理、第1陣はこんな感じ、皿に空きスペースがあり、あれれって感じですが、美味しい料理ばかりでこの後、何度も取りに行きました。
何気にナポリタンスパゲッティーが美味、私の中ではだいたいビュッフェに出てくるナポリタンなんておまけ程度のイメージですが仮に単品で昼食に出てきても満足できる味だと思いました。

201603IMG_0817.jpg
201603IMG_0818.jpg

しょーたとそらはこんな感じ、あれっ!?パン多くね??
ママも食べたんか?

201603IMG_0820.jpg

そして、ママは和食中心の組み立て。
しっかりイクラ丼も頂いておりました。

ここの朝食ビュッフェの目玉は朝から刺身やイクラが食べられること、無論私もイクラ丼頂きました。
美味かったな~、戻りたいよ~、ニセコアルペンの朝食会場に(^_^;)

201603IMG_0819.jpg

しょーたはイクラ、マグロ、サーモン丼を食べてましたね、えーよ、えーよ!家ではふんだんにイクラがかかった海鮮丼なんて食べさせてあげられへんからお腹いっぱい食べてや~!
【ニセコグランヒラフ・2016】スキー、そしてプール!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

【ニセコグランヒラフ・2016】北海道上陸!ラーメン食べてホテルへ!

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】スキー旅行までの奮闘記、そして旅立ち!の続きです。

新千歳空港に到着し、予約していたレンタカーをゲットしました。

今回使ったレンタカーはクイックレンタカーという会社で空港に着いて荷物を受取り後に電話をするとお迎えに来てくれます。

私が知る限り最安でレンタカー予約をすることが出来る楽天トラベルのレンタカー予約をいつも利用しており、これまでずっと料金が安いワンズレンタカーという会社を利用していましたが今回初めてクイックレンタカーを利用。

今回、ワンズレンタカーを敬遠したのはコスト的に有利でなくなった為。
我が家はレンタカーを借りる際に任意(別料金)で免責保証に入りますが、免責保証の他にワンズ安心パックといって事故時の営業補償料+レッカー費用(最大15万円まで)不要という料金設定が出来ており、それを支払うと特にお得感が無く高くなってしまうので今回クイックレンタカーを選びました。

【旅行の話から脱線しますがレンタカーの営業補償について少し・・・】
これまで何度もレンタカーを借りてきましたが事故した際の免責は常識としても営業補償なんて聞いたことがなく、普通、営業補償ってのは、保険会社が支払うもので利用者がお店に払うのっておかしくありませんか??
と思った次第なんです。

これって合法なの??事故した時に利益が出るよう特定のレンタカー屋さんが勝手に作ったルールでは?
なんて考えていました、でもクイックレンタカーさんでの受付の際も「事故した際、免責保証は入っているのでかからないが、営業補償は支払っていただけなければならない」という説明を受けました・・・
これが合法ならワンズ安心パックたる営業補償免除の設定があるワンズレンタカーは逆に親切な会社という解釈が出来ます。

ホンマかいなと思い帰ってググってみるとNOC( ノンオペレーションチャージ )といって、
レンタカーが自走できない場合:5万円
自走して店舗に返却できる場合:2万円
という金額が大体相場とのこと・・・前述の通りこれまで何度もレンタカーを借りてきましたがこのことを全く知らなかったので勉強になりました。

今後はまたワンズレンタカーに戻すかも知れませんね。

【本当に美味い味噌ラーメン 味の一平】
201603IMG_0717.jpg

北海道旅行の計画当初マウントレースイに直行し、そのままスキーをするという計画でしたが、行き先がニセコとなり到着当日のスキーが不可能になりましたので、ボチボチ寄り道をしてニセコに向かうことにしました。

まずは昼食、この時は全くのノープランで着いた時の気分で考えよか~というスタンスでした。
まず、思いついたのが海鮮料理もしくは回転ずし。

海鮮料理はホテルでの朝食ビュッフェで楽しめるという理由で辞めることに・・・
そして回転ずしも案外評判がいいところが無く断念・・・

となるとラーメンでしょ!!
ってことで調べたのがここ!味の一平というお店!!

口コミによると行列店と言うことだったので、念の為に行く前に電話すると「今日は比較的空いてますよ~」という返答でしたので行ってみることに!

20160326001b.jpg

比較的空いているということだったので、すぐに座れるのかと思いきや、店内に入ると普通に並んでおり人気店だと窺い知ることができました。

これは期待できるぞ~・・・
と思うと同時にこれまで北海道で人気店にも行きましたが本当に美味しいラーメンを食べたことがなかったので少し疑いの気持ちを持っていました。

201603IMG_0718.jpg

私が注文したのは特製味噌ラーメン(大盛り)、妻は野菜味噌ラーメンでしょーたはというと車で熟睡中・・・←なんでやねん(笑)

201603IMG_0719.jpg

さあ、来ましたよ~~、どんな味かな~~!!
お~、美味い!!
けっこうパンチがあり、今まで北海道で食べたラーメンの中では断トツに美味い!

201603IMG_0723.jpg
(特製味噌ラーメンと野菜味噌ラーメンの外観上の区別がつかない為、写真は割愛しました。)

流石にこれだけの人が並ぶだけのお店・・・
そうですね~、味のイメージですが、乱暴に表現すると天理ラーメン(彩華ラーメン)の味噌バージョン!

味が濃いんですが、いくらでも食べることが出来るラーメンです。

そうそう、行列店ですので4人席に我が家のように2席利用なら普通にな相席となります、相席となった地元のご夫婦がそら君に反応したのをきっかけに話をすると、なんと奥様が大阪の寺田町出身ではありませんか!!

こうなるとまるで海外で日本人同士が仲良くなるように大阪人同士すぐに意気投合!
その方にお話しを聞くとやはりこのお店はこのあたりでは文句なしに一番とのこと、今日は空いている方だと言っていました。

ついでに気になっていた海鮮系や回転ずしのお店の話を聞くと、海鮮も寿司もはやはり新鮮さが命なのでその時々でバラつきがあるとのことでした。
このご夫婦はスーパーや市場でいい刺身が入手出来た時、家で作るとおっしゃっておりました。
うん!納得!

【ホテルに向けて、いざ出発!】
201603IMG_0725.jpg

さて、千歳にあるラーメン店 味の一平を2時13分に出発!
3年前も同じくレンタカーでニセコまで移動しているが記録していないので時間は曖昧、事前に調べた情報では直行便のバスなら2時間半、他を経由するバスなら3時間半、ネットで調べても本州から来た雪道の素人がレンタカーでニセコなんて危ないのでやめた方が良い!!公共交通機関を利用すべきだ!!等の否定的な意見が多く明確な答が見当たらない。

私的にスキーの大荷物と小さい子供を連れてバスなんてありえないので断然レンタカー派、っていうか家族旅行で行った過去3回とも冬ですがすべてレンタカーを利用しています。

と言うことで今回の重要なミッションは今後の為に千歳からニセコまでの時間を測ること!!

201603IMG_0727.jpg

空港からラーメン屋を経由し走ってもまったく雪がありませんでしたが、その後、ニセコに向け10分も走れば道こそドライですが周りは雪景色に!!
せっかく北海道にきたんだっからこうでなくっちゃね~(^^)/

201603IMG_0730.jpg

1時間ほど走ると、蝦夷富士(えぞふじ)こと羊蹄山が眼下に現れました!!
3年ぶりに見た羊蹄山、またニセコに来たんだと思うと同時にテンション上がりますね~~。

201603IMG_0732.jpg

今日はスキーが出来ないので急いで行っても仕方がないということで、写真ポイントを探しながらのドライブです。
途中で支笏湖を通過しましたが、不覚にも良いポイントで止まり損ねたので羊蹄山の良いポイントを目指して走っていると、やっとありました!!

基本的に青空なんですが、雲が多いという微妙な景色、でも贅沢は言っていられません、ここで家族写真を撮影しました。

201603IMG_0736.jpg

今回の旅行でお菓子やおもちゃでのみテンションが上がっていたしょーたがやっと、やっとテンションを上げてくれました。

201603IMG_0737.jpg

親がなんぼ頑張ってもテンション上がらないのに、やっぱり自然の力ってすごいな~~!!

201603IMG_0742.jpg

っていうかテンション上げ過ぎで「写真撮るからこっちに来い」と言ってもふざけてばかりで全然言うこと聞きません(涙)
このギャップ、なんでやねん(爆)

201603IMG_0751.jpg

さあ、家族写真も撮ったし、あとはホテルに向かうだけ!!
写真ポイントから30分ほどで走りホテルは目の前!
あっ、その前にしょーたは昼飯抜き状態なのでなんか食べさせなきゃ。

201603IMG_0750.jpg

と言うことでしょーたの大好物である「からあげくん」があるローソンに!
上手いことあるんですよね~、こんな間近にローソンが(笑)
助かります!!

201603IMG_0983.jpg
【★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★】
レビュー、口コミを見る

そのローソンから車で1~2分走ると私たちが滞在するホテルニセコアルペンに到着です。

さて、気になる千歳からの所要時間!
周りは雪景色でしたが道路は全くのドライで渋滞も全く無し、写真ポイントやローソンに軽く立ち寄っても約2時間の道のりでした。

雪があったらプラスαとなるのは明白ですが基本データとして今後に活用します!
【ニセコグランヒラフ・2016】羊蹄山・ジンギスカン・朝食ビュッフェ!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

【ニセコグランヒラフ・2016】スキー旅行までの紆余曲折がら旅立ちまで!

201603IMG_1368.jpg

さてさて、キャンプそっちのけで思いっきりスキーにハマっている我が家ですが、3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。

いつものように旅行記を書いていこうと思うのですが、我が家らしく実はここまで来るのには紆余曲折ありました、備忘録と言う意味もありますが、これも良い思い出ということで、まずはその物語から綴りたいと思います。

【プロローグ】
実は当初、息子の冬休みに合わせて行こうと考えていたのですが、仕事の都合がつかず、春休みまで延ばすことに。
いつも直前に計画している我が家ですが、今回はじっくりと計画を練ってスキー旅行に臨むこととなりました。

しょーたが生まれてから、これまで定山渓温泉、富良野、ニセコと3度北海道に行き、私と妻の中での次の候補地は北海道のメジャーなスキーリゾートがあるルスツ、キロロ、トマム辺りを検討していました。
我が家のこれまでの北海道旅行は4泊5日という日程が定番、しかし今回仕事の休みが取れる日が4日間、そして、これまでと違いしょーたがある程度スキーが出来るようになったので「旅行ついでにスキー」あるいは「片手間にスキー」ではなく、「スキー目的」の旅行にしようという計画です。

そうなるとネックになるのがいつもより1日短い日程・・・

5日間なら例え初日と最終日を移動に費やしたとしても丸々3日間はスキー三昧です、ただ今回は1日少ない4日間、上に挙げたメジャーなスキーリゾートは新千歳空港からの時間を計算するとどうしても中2日間しかスキーが出来ない・・・

「う~ん、北海道の場合、4日間は厳しいな~」と愚痴を漏らしていましたが、そんなことを言っても始まりません。
そこで考えたのが、新千歳空港から最も近いスキーリゾートをチョイスし、初日も最終日も滑ろうという計画!

と言うことで白羽の矢を立てたのが新千歳から車で約1時間の距離の夕張市にあるマウントレースイ。
その名前は昔から知っていましたが、調べたことがなったのでオフィシャルのHPといつも愛用している楽天トラベルのスキー場情報で調べてみると、北海道の中では大きなスキー場ではないが、我が家にとっては充分な大きさ、そしてオフィシャルホテルであるホテルマウントレースイの評判もマズマズ!

mtresui.jpg
★ホテルマウントレースイ★

中でも料理とお風呂が良いという情報がありました!
そして何と言ってもリフト券付き宿泊プランが安かった。

我が家にとってこれらの条件がばっちり合っておりマウントレースイに決定しました。

そして、時が過ぎ3月の半ばごろ、そろそろマウントレースイの積雪情報をチェックしておこうかと思い情報サイトに目をやると、なんと北海道なのに積雪量120cmしかありません。

関西から行くことが出来るダイナランドやスキージャム勝山とかと同じくらいの積雪量です。。。
「えっ、これってマズいんちゃうん!?」と直感的に感じました。

と言うのもスキー場が示す積雪情報って一応山頂の積雪ってことになっていることが多いのは承知していますが、あまりあてにならないというか、正直スキー場によってはサバを読んでいるのでは!?と疑いたくなることが多いですよね。
つい最近行った鷲ヶ岳が確かそれくらいの積雪量でしたが所によってはまったく雪が無かったので、心配になり現地に問い合わせてみると・・・

やはり予感は的中、「所々地面が露出している」という情報が・・・

「北海道まで行って、地面が露出しているって悲しいよな~」
そして
「3月末とはいえ北海道で積雪の心配をしなければならないなんて全くの想定外」
というのが私たち夫婦の共通見解。

【コンディションが期待できるスキーリゾート探し】
スキー旅行の日まで残すところ10日を切っていますが、慌てて新しい候補地(ホテル)を探すことに・・・←結局、我が家らしくこうなるのか(笑)

私の中のイメージは北海道のスキー場なら3月末でも普通にコンディションの良い中でのスキーが期待できるというイメージがありました、しかしネットで情報を探ると例え北海道でもこの時期、コンディションの良いゲレンデは限られているということを初めて知ることになりました。

そんな中、ネットの情報によると札幌国際、キロロ、そしていくつかのスキー場が点在するニセコエリアは3月末でも運が良ければパウダーが楽しめるとの情報を得ました。

どこのスキー場も新千歳空港からの距離は100km程あり、初日を捨てなければならない距離、しかしそんなことは言っていられません。
この3つのエリアから探すことにしました。

札幌国際スキー場
sapporokokusai.jpg
新千歳空港からの距離:約100km
新千歳空港からの時間(バスベース):約2時間
まずは以前、定山渓温泉ステイした時にしょーたがスキー場デビューした地(といってもソリとだっこ紐に包まれて滑っただけですが・・・)である札幌国際スキー場。

ネットで調べると一番コンディション的に期待できると呼び声が高いスキー場ですがオフィシャルホテルはおろかゲレンデ近くにホテルが無く真っ先に候補から消えました、おしい・・・

キロロスノーワールド
kiroro.jpg
新千歳空港からの距離:約107km
新千歳空港からの時間(バスベース):約2時間
私も妻もまだ行ったことがないスキー場でググッと最有力候補地にあがりましたが、オフィシャルホテルであるシェラトン北海道キロロリゾートの料金が家族4人3泊4日で27万円・・・

はい!!即却下!!(爆)
となったわけですが、ここは未練たっぷりのスキーリゾートなんで、いつかきっと行ってみたいですね。←もちろんもっとリーズナブルな時期にですが(笑)

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフスキー場
hirafu.jpg
新千歳空港からの距離:約110km
新千歳空港からの時間(バスベース):約2時間半
ニセコは3度ほど行ったことがあるが、なぜかいつもアンヌプリスキー場。
ゲレンデマップで見る限りヒラフの方が広そうだなといつも気になっていたスキー場。

今回も例に漏れずアンヌプリを調べたが生憎、私たちの日程ではオフィシャルのニセコノーザンリゾート・アンヌプリは取ることができず、この機会にと言うことでホテルニセコアルペンを調べると私たちの日程が空いておりました!

201603IMG_1255.jpg

キロロの約半額の宿泊料金だし、何より日にちが押し迫っているということでここに決定!

ただ、最後まで悩んだのはニセコアルペンホテルは夕食が私が好きなビュッフェではなく、他に変わらぬ料金で湯元ニセコプリンスホテル ひらふ亭というところが2食ともビュッフェだったので気になっていたのですが、楽天トラベルの情報ではゲレンデまで徒歩5分との情報になっていたので小さな子供がいる我が家には不向きと考え諦めました・・・

でも、現地で確認して分かったのですがひらふ亭はレンデサイドに建っており、裏口からだとすぐそこがゲレンデだったので、次はここを利用してもいいかなと思った次第です!参考まで!!



【さあ、出発の時!】
まあ、そんな感じで紆余曲折あったのですが、前述の通りめでたくヒラフに決まりいざ出発!!

201603IMG_0607.jpg

私たちが取った飛行機は10:10・伊丹発、11:55・新千歳着のJAL2005便、空港で朝食を摂りたかったこともあり8時過ぎの伊丹到着。

行列に並びチャックインを済ませたあと朝食のお店を探します。
私は久々のモスバーガーが良かったのですが、朝のモスはおもちゃ付きのお子様メニューの設定が無くしょーたにより却下。

201603IMG_0648.jpg

しょーたが熱望したのは「ある時~~、ない時~~」でお馴染みの蓬莱です。

201603IMG_0632.jpg

朝から濃いですが、注文したのは豚まん2個。
そして1つ食べたら、お腹いっぱいでもういらぁ~んというわがままぶり。

201603IMG_0625.jpg

そして私は豚まんとミニラーメンが付いているセット。
朝からラーメンか!!と突っ込まれそうですが上品な味で全然OKでした。

201603IMG_0626.jpg

そら君もラーメンと豚まんの皮を食べてご満悦。

201603IMG_0617.jpg
201603IMG_0622.jpg
【サーモス 真空断熱ベビートレーニングマグ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

そうそう、今回の旅行用に秘密兵器投入!
いつもお茶を上手に飲むことが出来ず、ストローで吸ってはバァ~と吐き出す遊び飲みばかりしていたそら君ですがサーモスのこの水筒を投入してからちゃんとお茶を飲んでくれるようになりました。

201603IMG_0668.jpg

朝食を済ませ、出発ゲートに向かいます。
しょーたは朝食を済ませたばかりなのにお菓子が気になるらしく売店でお菓子を物色。

201603IMG_0654.jpg

私が時々つまみにしているビーフジャーキーやサラミの類が大好物で困ってしまいます。
この場で食べたいとしつこく言ってきますが豚まんを残しているので当然却下。
最近超わがままな我が息子なんですが、どこの子もこんなものなんですかね~・・・

201603IMG_0666.jpg

そして飛行機を何度も経験しており無反応になってしまっている我が子・・・
「うわ~、飛行機や~」などと言ってくれれば親は嬉しいのですが、飛行機を間近で見ても特にテンションを上げることなくまるで電車やバスに乗る時と同じ感覚。

普通、このくらいの年齢なら飛行機に乗る時はもっとテンション上がるでしょ!

私が初めて飛行機に乗ったのは確か21歳の時、それこそ自分で働いたお金でニセコにスキーに行ったのが初めての飛行機デビューでした。

その時、私は一緒に行った既に飛行機を乗ったことがある友人に「飛行機ってどんなん??けっこう加速とかすごいん??」なんていう幼稚な質問をしていたものですよ(笑)

いかんいかん、なんか愚痴ブログのようになってきているのでリセットします。

201603IMG_0676.jpg

いよいよ、飛行機に搭乗!
しかし、その時そら君は夢の中。

201603IMG_0682.jpg

でも、そんなそら君が居るおかげで優先搭乗が出来るので一番乗りをゲット。

201603IMG_0688.jpg

これには流石のしょーたも少しばかりテンションが上がっていたが、飛行機に乗りこむなりお菓子を食べるしょーた・・・
ったく~

201603IMG_0697.jpg

そして何より食いついたのが機内で子供用に配っているノベルティーグッズ。
おいおい、飛行機には微塵も感動しないのに、100均で手に入りそうなグッズに食いつくのかよ~、分からんね子供ってやつは・・・

201603IMG_0695.jpg

しかも、このグッズ、しょーたがそら君用にって選んだやつですよ(笑)
それを知ってか知らずか目覚めたそら君「それ、僕のんだよ~」と言わんばかりの猛チャージ。

201603IMG_0699.jpg

と、そんな感じで我が家の3年ぶりの北海道旅行が始まりました。

次回は北海道到着からのお話しです、それでは!!
【ニセコグランヒラフ・2016】北海道上陸!ラーメン食べてホテルへ!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

父子で鷲ヶ岳スキー場(2日目後編)@2016/03/11~12

父子で鷲ヶ岳スキー場(2日目前編)の続きです。

201603IMG_1147_20160322201835dfd.jpg

前回お話ししたようにリフトからグローブを落としてしまい急遽購入する事に!

HI-Kと書いてありますが個人的には知らないブランドでお値段は6,000円ちょい・・・

この手袋、お値段がお値段なのでモノが良いのかと思いきや、蒸れる蒸れる・・・
手袋の中が汗でじめっとして、外す時にインナーが一緒に脱げてきて、次にはめる時に苦労する典型的なイケてない手袋です。

自分のミスなので仕方ないですが、これだけ出せばゴアテックスの手袋が買えるので本当に痛い出費でした。

201603IMG_1145.jpg

時間は11時、ちょうどいい時間なので手袋を買ったついでに売店の上にあるレストランで休憩です。

ここはセンターハウスにあるレストランで鷲ヶ岳のメインのレストランと言って差し支えないかと思いますがこの時間で空席が2~3割程度でした。
いつも言っていますが、昼時のスキー場のレストランで確実に席をゲットするには11時が基本ですね。

201603IMG_1141.jpg

こんなことを書くと、いかにも今から食事をするように思われるかも知れませんが朝のビュッフェをお腹がはち切れんばかりに食べてしまっているのであまりお腹が減っていません(汗)

なのでしょーたはたけのこの里、

201603IMG_1139.jpg

そして私は昨日の昼、車の中で食べようと買っていたパンを頂きました。
なんか汚ならしく見えますが、リュックサックに入れていたので潰れてしまっていました。
ローソンのパンで「はみでるバーガー」というパンなんですがリアルはみでるバーガーになっていました(汗)

あー、ここは当然飲食物持ち込み禁止だと思いますよ。
申し訳ありませんでした、でも下の売店で6,000円落としているんでどうかお許し下さい(^_^;)

201603IMG_1146.jpg

さあ、それでは再びゲレンデに繰り出しますか!

washigatake_map2.jpg
ゲレンデマップ拡大版

ここ鷲ヶ岳スキー場はリフト5本のスキー場でダイナランドとか高鷲スノーパークなんかに比べるとそれほど広く感じませんが息子と滑る分には初級コースが長くちょうどいい感じのスキー場です・・・

と、私は思っていたのですが息子が初級コースばかりだと面白くないのかやたらと違うコースを滑りたがります。
となるとコースの選択肢がほとんどありません。

201603IMG_1168.jpg

というのも前の記事で書いた通り、夜の間にスノーマシンで雪を作っているので、マシンでカバーできない第2クワッド沿いのコースはほとんど雪がなくノースバーンコース(上級者コース)やパラレルコース(上級者コース)、ラビットコース(中級者コース)に限られてきます。
ただラビットコースはアイスバーンでしかもボコボコ、私でもきつくボーゲンのしょーたにはあまりにも酷なコンディション。

あと、パークエリアという選択肢もありますがボーダーがそれなりのスピードでガンガン飛んでいるので危なっかしくて使えません。

201603IMG_1161.jpg

となるとノースバーンコース(上級者コース)やパラレルコース(上級者コース)が主戦場となってしまうのですが、言うまでもなくボーゲンのしょーたにはミスマッチ。
それでもなんとかかんとか滑ってくるのですが、転ける時は5メートルくらい滑り落ち超豪快に転けてしまい危なかっしくて仕方ありません。

201603IMG_1155.jpg

でも大したもんです、2度ばかり豪快に転けましたがその後はなんとか乗りきっていました。

201603IMG_1152.jpg

なんかこんなことを書くと、あたかもしょーたが上級者コースをガンガン滑っているかのようですが、そういう訳ではなく、このコース、マップ上では上級者コースとなっていますが、上級者コースというのは言い過ぎで個人的には中級者コースくらいだと思っています。

それでもシーズン初めのスキーをすっかり忘れており完全な初心者状態になっていたことを考えるとかなり上達したという事実は揺るぎません。

201603IMG_1166.jpg
鷲ヶ岳高原ホテル・レインボー

まあ、そんな感じで滑っていますが、そろそろオヤジの体が疲れてきました。
しょーたは休憩を嫌がってましたがジュースで釣ってホテルのロビーでしばし休憩。
レストランはたくさん人が居ましたがロビーは空いていてソファーもあるし快適でした!チェックアウトをしていますが休憩くらいはOKですよね~!!

201603IMG_1170.jpg

けっこう滑ったし3時頃まで滑って帰ろか~!?
としょーたに言い聞かせ再び出動!

201603IMG_1174.jpg

ところが数本滑るとノンアルコールビールを2本飲んでいたせいか催してきました(汗)

201603IMG_1184.jpg

先ほどのレストランの他に色んなラーメン店の味が楽しめるレストランアイガーというお店があり、そこの様子を見たかったこともありこちらでトイレ休憩することに。
ついでにラーメンを食べようかと思いましたがしょーたがラーメンに興味無しってことで断念。
ちなみに全品目1,000円でした。
ただ時間が遅かったせいか、何組かのお客さんさんが休憩しているだけで食べてる人は居ませんでした。

201603IMG_1175.jpg

この休憩でそのままフェードアウトしようかと思ったのですが、やはりしょーたが滑りたいというので力を振り絞って頑張ります。

201603IMG_1179.jpg

その後、数本滑り気が付けば予定時刻を大幅過ぎ既に4時過ぎ、そろそろお開きの時間です!

今回のスキー、しょーたも私もよく滑りました。
また、心配したゲレンデのコンディションも思ったほど悪くならず大満足でした。

201603IMG_0603.jpg

そうそう、ここはリフト券が紙ではなくIDカードになっているので、購入時に別途1,000円の保証金を支払っているので返却を忘れてはなりません。
って言うか前日のリフト券返却するのを忘れてたんですけどね(汗)

201603IMG_0606.jpg

最終、土産を買いこんで、「帰ろか~」と車に乗り込んだのは5時半過ぎ。
若い頃は岐阜や石川でも日帰りでガンガン来ていましたが、今となっては泊まりでも大阪までのドライブ辛いな~、もつかな~!?

と思いつつ車を走らせ養老SAでラーメンを食べました。
高速のサービスエリアのお店ですが愛知、岐阜、三重あたりでブイブイ言わしているラーメン屋さんのようで大変美味しゅうございました!
博多ラーメンのように替え玉があり子供と一緒に食べられるのでお財布にも優しく嬉しいですね!
今後ここを通る時の、我が家の定番になりそうです!

その後、再び車を走らせましたが途中で眠気が限界、危ないので草津PAで仮眠を取り12時時頃に無事帰宅。

帰りはしんどかったけどしょーたと親子水入らずで思いっきりスキー楽しめたし良い旅行でした、でわ!!



【おまけ】
IMG_1311.jpg

久しぶり~(^^)/
あっ、失礼、サングラスしてるから分からないかな!?
僕、そら君だよ!!
似合ってるでしょo(^o^)o

今回はパパとにぃにだけでスキーに行ったけど、次は僕も一緒に北海道行くんだよ!!

初めての飛行機、初めての北海道、初物尽くしで楽しみだな~~!
じゃ~ね~!!


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

父子で鷲ヶ岳スキー場(2日目前編)@2016/03/11~12

父子で鷲ヶ岳スキー場(ナイター編)の続きです。

201603IMG_0599.jpg

今朝も息子に5時半に叩き起こされました・・・
せっかく旅行に来ているのに毎回、毎回ゆっくりさせてもらえません(涙)

それはさておき、幸か不幸か朝からかなりの晴天です。
良い風に解釈すれば絶好のスキー日和!
悪く解釈すれば、だたでさえブッシュや地面が見えているのでゲレンデに悪影響がありそうです。

今日はどんな1日になるのでしょうか!?

201603IMG_0598.jpg
鷲ヶ岳高原ホテル・レインボー

とりあえず朝食です!
朝も夜と同じく私の大好きなビュッフェスタイル。

和食なのか洋食なのかよく分からない状態ですが、自分の好みの物をチョイスするといつもこんな風になってしまいます(笑)
こんな感じで朝から好きな物をお腹いっぱい食べてスキーに臨みます!

201603IMG_0604.jpg

とその前に、しょーたがやたらと「ママにお土産買っていく~」と口うるさく言うのでホテルのショップで下見をすることに・・・
ママのお土産はしょーたに任せるとして私はラーメンの品定め!

そして、しょーたの様子を覗うと、昨日から「ママのお土産、ママのお土産」とうるさく言っていた理由がすぐに分かりました。
ママのお土産と称して自分好みのキーホルダーを買おうという魂胆でした(爆)
小学1年生にもなれば悪知恵が働くんですね~。

私から見ればものすごいちゃちいキーホルダーがそれなりのお値段、当然容認できません。
「これってママのお土産じゃなくて自分が欲しい物ちゃうん??」
と問いかけると、「だってパパもラーメン買うやろ!!」と口答えする始末です。

まあ、それは事実ですが「パパは大人や!!」のひと言で終わらせ、父の威厳でキーホルダーを却下しておきました・・・
と言いたいところですが、「その代わり後でガチャをさせてあげる」と私が言うと、しょーたはしてやったりといったところでしょうか「うん!!」と快諾!

こんな取引きは子供の躾(しつけ)に良くないと思いつつ、最も簡単かつ最も早い方法で強制終了・・・ダメなオヤジですね(涙)

201603IMG_1116.jpg

朝からすったもんだありましたが、スキーウェアに着替え、ホテルをチェックアウトして出動です!!

201603IMG_1117.jpg

朝一から本当にいい天気です・・・
まだ滑ってはいませんが「これってマジでコンディション的にどうよ」と思わずにはいられません。

201603IMG_1121.jpg

ですが、意外や意外!初心者コースを流してみると少し雪が重たいものの予想よりは全然マシ。

201603IMG_1165.jpg

それでも、ゲレンデにスキーヤーが溢れてくるとコンディション悪化の心配が拭われません。

201603IMG_1158.jpg

せっかく岐阜まで来たので今のうちにガンガン滑ります。

201603IMG_1157.jpg

徐々に雪が重くなり始めているのは否めませんが、午前中のゲレンコンディションがなんとかもっているのは、

201603IMG_0584.jpg

昨日見たスノーマシンのお蔭でしょうか?

ここ鷲ヶ岳はコースの各所にスノーマシンが設置されており全面滑走可とはいきませんが、それにしてもスノーマシンの力でこれだけの広さをカバーするなんて驚きです。

ここはシーズン中であれば雪不足の年でも全くダメということがないのかも知れません。

201603IMG_1130.jpg

第1クワッドリフトが混んできたので、すぐ下にある第2クワッドにまわりました。
どちらのリフトも私たちのように初級コースを滑る場合、大差ないので空いている方にまわればいいので上手くリフトをチョイスすれば効率よく滑ることが可能です。

201603IMG_1123.jpg

そんな感じで空いているリフトをチョイスしながらテンポよく滑走を繰り返していると、しょーたが「なあ、なあ、しょーちゃんあそこ行きたい~」と言ってきます。
マジですか~~!!

201603IMG_1149.jpg

この斜面コブこそないが結構な斜面やで~と思いつつ、「行けるか~」としょーたに聞くと、「多分行ける~」とい返答です。

まあ、向上心があるということは良いことですが、大丈夫かな~と思いつつ、これまで無難な滑りを見せてくれるので、一度行ってみることに・・・

ボーゲンでは明らかに無理がある傾斜ですが、なんとかかんとか降りてくることが出来ました。
お~~、ここを降りてくることが出来ればこの後予定している北海道のマウントレースイでのコース選択にかなり幅が出ますな~、今回のスキー旅行はかなりの収穫です!

その反面、怖いのはしょーたが天狗になり過ぎること・・・
いかんせんボーゲンですので上手くスピードを殺すことが出来ずスピードオーバーになりがちです。

201603IMG_1135.jpg

今回大きなアクシデントもなかったですが今後は注意が必要ですね!
早くボーゲンを卒業して次のステップに進めるようにしたいのですが、残念ながら私自体、我流なので基本を教えるほどの知識はありません。

201603IMG_1137.jpg

あっ、アクシデントと言えば写真撮影に夢中になっているとリフトからグローブをひとつ落としてしまいました・・・
しかもコース外で取ることが出来ない場所に・・・
若い頃から何度もスキーに行っていますがこんな経験初めてです、あかんな~!!

ということで、渋々グローブを買うことに・・・

201603IMG_1159.jpg

そこで、しょーたに「パパ、グローブ買わなあかんからついでに休憩しよか~」というと、

あろうことか「えっ!、嫌や!しょーちゃん滑っときたい~、パパそのままでええやん!!」という返答・・・

なんと言う冷たいセリフ!
おいっ!!パパはそんな冷たい人間に育てた覚えは無いぞ!!

つづく・・・
父子で鷲ヶ岳スキー場(2日目後編)


えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
関連記事
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
5位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。