スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

西之谷ふれあいの森キャンプ場レビュー(バンガロー&サイト編)

奈良県吉野郡天川村にある西之谷ふれあいの森キャンプ場のレビュー記事です、私が知りえるキャンプ場とその周辺の情報、そしてキャンプ場で気付いたことや、良かった点、がんばってほしい点等々書き綴っていきます、ここを訪れようとしている方の参考になれば幸いです(^^)

写真を多く撮ってきたので2回に分けてレポートします、今回はキャンプ場概要、そしてバンガローとキャンプサイトについて書いていきますね。



【キャンプ場概要】
IMG_8722_b.jpg

○キャンプ場ホームページ
西之谷ふれあいの森キャンプ場

ここは私が大好きな奈良の天川村地区にあるキャンプ場です。
このブログで何度も書いていますが、私が天川村好きな理由は、

1、大阪府堺市の我が家から高速道路を利用しなくても2時間~2時間半で行くことが出来る。
2、よって交通経費が安くつく。
3、夏でも夜はかなり涼しい!昼間も木陰に入れば快適!
4、川がすごく綺麗!
5、冬は雪が降るので雪遊びを兼ねたキャンプが出来る。
6当地はキャンプ場が多く競争原理が働いているのか!?チェックイン、チェックアウトに融通が利くキャンプ場が多いように感じる。
7、やはり競争原理が働いているからか、全体的に親切なキャンプ場が多いように感じる。

ということが主な理由ですが、私は1泊2日のキャンプで移動時間を多く取られるのはすごく抵抗があるので我が家からアクセスが良いというのは本当に助かります。

それと忘れてはならないのは夏場の涼しさと川の綺麗さ!
このレビュー、口コミ記事では特に川情報に力を入れたいと思っております。




天川村には小規模なキャンプ場が多く点在するが、その中ではここは規模が大きい方だと思う、ホームページによると、
・バンガロー(4~6人用)/19棟
・テントサイト/3区画
・オートサイト/18区画
があるとのこと。

私が利用したのはこの記事を書いている時点で1回だけなので偶々(たまたま)かも知れないが、夏休みとはいえ平日に利用したにもかかわらず、バンガローはほぼ満室だった。
バンガローの競争率は高いのかも知れない。

一方、オートサイトは2~3組しか入っておらず、平日なら予約を急ぐ必要がないかも知れない。
(我が家は雨に降られることが多く、天気予報とにらめっこすることが多いので、ギリギリの予約でも受け入れできるキャンプ場はありがたい。)



【バンガローの様子】
IMG_8728_b.jpg

今回、私たちが泊まったのは白いバンガローでここのホームページによると「8畳ロフト小(定員5名) ¥11,000」というタイプ。

我が家は4人家族で、しかも子供は2人とも小さいので「6畳ロフト小(定員4名) ¥10,000」の方でも良かったのだが、もしかしたら長男の友達を一人連れてくるかもしれないということで、キャンプ場サイドから5人用を薦められ5人用を借りる運びとなった。

まず目につくのは白いデザイン、そのことは後で語るとして、掃き出し窓に縁側の様なものが装備されており、これがあるとないとでは大違いで、川遊びや外で遊んだ際に一旦縁側に上がり、そこで砂を落としてから室内に入ることが出来るので、我が家のように小さい子供がいても室内を汚さなくて済む。

IMG_8730_b.jpg

中はこんな感じで掃除が行き届いており綺麗にしていただいていた。
白いバンガローの第一印象はキャンプ場のバンガローという感じはせず、なんかしら違和感を感じていたが、中を見てみると若い頃スキーで泊まった信州のペンションを思い出した。

そういうことを思い出すと木を強調したバンガローもいいが、この様に別荘チック、ペンションチックなバンガローもいいかなという風に思うようになり違和感は消え去った。

IMG_8735_b.jpg
【アメニティドームマットシートセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

今回借りたのは前述の通り8畳のバンガロー、ただ写真を撮るだけでは比較対象がないので広さが分かりにくいですが、今回はアメニティドームで使用しているテントマットを敷いたので、広さを説明するのにちょうど良かった。

このバンガローは8畳、つまり床面積はおよそ3,6m四方、そしてアメニティドーム用マットの床面積がおよそ2,7m四方で畳で換算すると4,5畳。
頭の中では8畳と4,5畳ではすごく差があるように思うが、こうして比べてみると4,5畳に比べてひと回り広いんだなという感じでイメージほどの差は感じない。

とはいえ、我が家は荷物が多いので、これくらいの広さがあった方がゆったり使えるので8畳で良かったと思っている。

IMG_8769_b.jpg

この様な電球が装備されています。
室内の照明はこれだけだったかな!?
すいません、どうしても思い出せない・・・

IMG_8732_b.jpg

部屋にはロフトが装備されています。
この梯子を登っていくのですが、子供にとっては嬉しい装備ですね!

IMG_8731_b.jpg

但し、ちと狭くてここで寝られるのは大人1人と子供1人が限界かな!?
しかも子供は落ちたら危ないので寝かせられません(涙)

IMG_8761_b.jpg

ということで、ここは子供の為の遊びスペース程度の認識でいいかと思います。

IMG_8734_b.jpg

テラスには食卓テーブルが装備されていています。
一部塗装が剥がれており、少し古めかしいですが清潔に保たれており個人的にはノープロブレムでした。

IMG_8950_b.jpg

そして、3人掛けのベンチが2セットと2人掛けが1セットあります。
5人用バンガローということを考えると十分な数で一瞬、過剰に思えましたが2人掛けのベンチを物置に使えたのであって良かったと思いました。

IMG_8952_b.jpg

テラスの裏側は急勾配になっており、木々が茂っています、その急勾配の下には川が流れています。

IMG_8739_b.jpg

その逆側、つまり表側は炊事棟になっており、当初の印象では「洗い物にたくさんの人が来たら騒がしいな」と思ってましたが、そうでもなかったので良かったです。
それとテラスには格子があるので意外に洗い物に来られた方からの視線は気になりませんでした。

IMG_8798_b.jpg

私たちが利用した管理棟の並びの白いバンガローの様子です。
この白いバンガローは玄関側(表側)は玄関と縁側があり、裏側もしくは横にテラスがあり、後で紹介するログハウス風バンガローのテラスよりもプライバシーが保てれていると感じました。

IMG_8942_b.jpg

そのログハウス風のバンガローですが、この様に建ち並んでいます。
こちらは、さながらバンガロー銀座で賑やかな印象を受けました。
利用していないので何とも言えませんが静かに過ごしたいなら私たちが泊まった白いバンガローが良いかも知れません。

IMG_8943_b.jpg

そのうちの1棟ですがこんな感じです。
こちらは縁側の前がテラスで、プライバシーはほぼ無く丸見えとなります。
まあ、テントキャンプでヘキサタープやスクエアタープをリビングにする場合丸見えが当たり前なのでどぉってことはないんですけどね。



【オートサイトの様子】
IMG_8944_b.jpg

オートサイトの様子と書きつつ、いきなりバンガローが写っていますが、ある意味ここは「特等席」ならぬ「特等サイト」ではないかと思いまして。
と言うのも我が家は「テントを持っていないがバンガローやコテージならキャンプに行きたい」という友達とキャンプに出掛けることがあります。
その時はバンガローに一緒に宿泊するのですが、大人4人、子供4人、あるいはそれ以上の人数となるとそこまで大きなバンガローが見つからないということがネックとなってきます。

でも、ここならバンガローとテントサイトが隣り合わせになっているので、その様な事態になってもバンガローとテントサイトに分宿することができ、子供はテントで大人はバンガローなんてことも可能になります。

IMG_8945_b.jpg

そしてバンガローに宿泊した場合はせっかくアウトドアに来ているのに思う存分にオープンエアーを満喫できない場合もありますが、ひとつテントサイトがあればサイトをリビングとして活用できるのでバンガロー2棟借りるよりもキャンプの幅が広がること間違いなしです!

IMG_8948_b.jpg

他のオートサイトはこんな感じですが、広さはバラつきがあります。
どのサイトもめちゃくちゃ狭くもないですが、狭いサイトは6m×8mくらいだったと記憶していますが、前のスペースがあるので少しはみ出てもいいのなら8m×7mくらいが有効面積かも知れません。

IMG_8947_b.jpg

ここは広く見えました、相変わらず目測で申し訳ないですが、7~8m×10m弱くらいの広さだと思われます。
このキャンプ場の中では最大級の広さではないでしょうか。



冒頭にお話したように今回は写真をたくさん撮ってきており2回に分けてレポートするので、今回はこれにて終了です。
次回は西の谷ふれあいの森キャンプ場の川情報とトイレや管理棟、炊事棟の情報をレポしたいと思いますので興味のある方はそちらの方をご覧下さい!

近日中にアップ予定です!



<キャンプ日記>
避暑&川遊び!西之谷ふれあいの森キャンプ場その1@2015/8/4~5
避暑&川遊び!西之谷ふれあいの森キャンプ場その2@2015/8/4~5
避暑&川遊び!西之谷ふれあいの森キャンプ場その3@2015/8/4~5
避暑&川遊び!西之谷ふれあいの森キャンプ場その4@2015/8/4~5
避暑&川遊び!西之谷ふれあいの森キャンプ場その5@2015/8/4~5
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:奈良県  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
3位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。