スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

ハチ北スキー場(コースの下見編)@2016/2/20~21

さてさて、キャンプそっちのけで今年はどっぷりスキーにハマっている我が家。
またまた、ハチ北スキー場に行って参りました。

2016IMG_0312.jpg

↑この写真は1月16日~17日に泊りでハチ北スキー場に行った時に私たちが予約を取った「プチホテルAoitori」の写真です。
この時は暖冬の影響をモロに受けて、ご覧の通りホテルの前にはまったく雪がありません。

map_hachikita.jpg

このホテル、初心者コースである野間ゲレンデの目の前にあり今の我が家にとって最高の立地にあります。
ここはスケーティングが出来れば、ハチ北唯一のクワッドリフトである野間クワッドまで滑っていくことが出来るので本当に便利です。
なのに前回は雪が無くてその恩恵を受けられなかった事が心残りで、家に帰り早速この日に予約を入れようと考えたのですが、時すでに遅し、もう満室状態でした。

その様な経緯があり仕方なくハイパーボウル東鉢のロッジ鉢というリーズナブルでありながらゲレンデにほど近い宿を取っていたのですが、なんとまたもや暖冬に阻まれ、行く3~4日前にハイパーボウル東鉢がクローズ(滑走不可)に・・・
スキー場に問い合わせると雪が降ればまた再オープンするとの事でしたが、貴重な土日の休みを雪が降るかどうかに掛ける勇気はなくハイパーボウル東鉢、そしてロッジ鉢共々楽しみにしていたのですが泣く泣く宿をキャンセル。

いつも言ってますが、キャンプに関して我が家は雨家族・・・
だがキャンプに限らず、日常的に天気運に恵まれていないようですね・・・(涙)

ということで宿探しが振出しに戻り、いつもの楽天トラベル・スキースノボ旅行で宿を探し始めましたが、兵庫エリアで雪がありそうなハチやハチ北、オクカン近くの宿はどこも空いておらず、「あちゃ~、岐阜か~」という思いで岐阜方面も調べましたが結果は同じ。

白山一里野高原スキー場の宿は何件か空いてましたが、私の仕事の都合で堺出発が朝9時ごろになる我が家には厳しい距離・・・というか距離は岐阜と変わらないんですが下道が長いんで岐阜よりも僅かに時間がかかるんですよね。

そんな訳で楽天トラベルのサイト上ではすでに満室でしたが、ダメ元でAoitoriに問い合わせてみると、なんとキャンセルが出て2部屋空いているとの返答!
よっしゃ、ラッキー!

そなんこんなで予約が取れたのは出発2日前、土曜日が雨予報になっていたのでキャンセルが出たのかも知れません。
昔、相当な回数スキーに出かけましたがスキー場で雨なんて遭った試しがありません、絶対雪ですよ(^^)V

そして当日。

はい、出発時の堺は雨、まあ、予報通りや!
そして、北近畿豊岡道の八鹿氷ノ山IC降りても雨・・・
まあ、ここは平地ですから!

2016IMG_0989.jpg

↑見て下さいこの暗さ・・・
スキー場に着ていも雨ですよ・・・(涙)
ありへんでしょ・・・スキー場で雨なんて・・・(大汗)
暖冬を舐めてました、こんなことあるんですね。

2016IMG_0418.jpg

気を取り直して、お宿に連絡しゲレンデ駐車場までお迎えに来ていただきます。
前回は雪が無かったのでハイエースでのお迎えでしたが、今回はバッチリ雪があるので雪上車でお迎えに来ていただきました。

雪上車に乗るなんて初めての経験、子供は大興奮かと思いきや「別にぃ~」って感じでしたがオヤジは年甲斐もなく興奮してしまいましたよ(汗)
我が息子ながら雪上車の価値が分からないなんてダメな奴ですね。

2016IMG_0982.jpg
プチホテルAoitori

まあ、雨ですが前回より絶対マシ、お宿の前にちゃんと雪があるということだけで救われます。

2016IMG_0436.jpg

お宿のチェックインは14時からで私たちの到着は12時ごろでしたが、「部屋準備できてますんでどうぞ」というありがたいお言葉!
案内された部屋は前回と同じ205号室です。

2016IMG_0978.jpg

ただいま~って感じですね。
前回のハチ北の記事でも紹介しましたが、シングルベットが3つ、そしてソファーベットが1つある部屋で4人で利用する際はソファーをベットにして利用するそうです。

建物が古いので部屋はめちゃくちゃ綺麗というわけではなく、じゅうたんにシミがあったりしますが、ちゃんと掃除が行き届いており清潔感があるお部屋です。

お部屋の備品はシンプルですが、タオルやティッシュペーパー、テレビ、暖房と最低限の物は揃っています、髭剃りとかそういうのはないので必要な方は持参が必要です。

2016IMG_0421.jpg

スキーに来ているわけですから本来部屋に入ったら、速攻でスキーウェアに着替えてスキーを楽しむってのが筋ですが、雨なのでとりあえずプシュ~。
飲まなやってられません・・・

「どうする~」、とママに問いかけると「やめとくわ~」という大人な返事。

2016IMG_0438.jpg

「じゃー、しょーちゃんパパと行こか~!」というと「しょーちゃんも雨やからやめとく」という子供らしくない返事。
ほんま、ノリ悪いな~、我が息子、ここまで来てYOUTUBEでポケモンですわ!

私はせっかく遊びに来ているのに宿で飲んだくれている気にはなれません、っていうか2日間スキー三昧のつもりで泊りで来ているのに初日に滑らず1日棒に振るなんてもったいなくて無理です。

2016IMG_0981.jpg

明日の天気をチェックすると曇り予報、明日は家族でスキーを楽しめそうですので、コース状況等の下見のつもりで1人滑ることにしました。

2016IMG_0986.jpg

雨なのでハッキリ言って下はべちゃべちゃ・・・
きついなコレ!重たいにもほどがあるって感じです。

2016IMG_0987.jpg

ご覧のように所々、地面が見えてしまっています。
本来、今頃の時期は一番良い時期、つまりトップシーズンのはずですが暖冬の今年はまるでシーズン後半の春スキーの様な状態。
天の神様も理不尽ですね。

2016IMG_0988.jpg

とりあえず1本目は野間クワッドに乗り込み軽く流してみる、クワッド自体が1,154mあるので当然コースも同じかそれ以上の距離でコース的には中央ゲレンデを経て野間ゲレンデに流れ込むコースで距離的に滑りごたえ十分、傾斜的にもほどよい感じで1本目にちょうど良い。

ゲレンデマップによると中央ゲレンデは中級コース、野間ゲレンデは初級コースとされており、うちの息子にとって中央ゲレンデをちゃんと滑ることが出来るかどうかで今回のスキーの楽しさが変わってくるはずですが、中央ゲレンデは中級でも優しい感じのコースで何とかなりそうってのが私の印象でした。

その後、野間クワッドから北壁トリプルを乗り継ぎ、ハチ北最高峰まで行ってきました。
北壁と言えば泣く子も黙るハチ北の難所!
私が若い頃、何度も何度も滑り込んで一度も納得のいく滑りをしたことがないコースです(汗)

そんなところをオヤジとなった今の私が滑れるはずもなく、滑ったのは無論回避コースである「北壁スカイロード」というコース。
なぜ、わざわざここまで来たかと言うと北壁スカイロードは上部と下部で2段構成されており、上部が中級、下部が初級となっており、あわよくばしょーたも滑ることが出来るのではという思いがあったからです。

う~ん、私が滑った印象では「しょーたにはまだ早い・・・」北壁スカイロード上部は中級と言えどもなかなかの傾斜、いやコース情報によると傾斜だけなら同じ中級者コースとされている中央ゲレンデとあまり変わらないがコース幅が格段に狭い。

「ここはもう少し上達してからやな」というのが私の結論。

その後、雨の中、野間クワッドに乗り2本中央ゲレンデ、野間ゲレンデを流しびしょ濡れで宿に帰りました。

ここで脱線ですが、今年新調した私のスキーウェア、耐水圧10,000mmのスペックを誇りながら見た目はいかにも浸み込んでいる感じ。(写真撮ったが超ピンボケで不採用)
はあ、10,000mmの実力がコレ??

IMG_7375_b.jpg
【スノーピーク アメニティドーム ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

例えばスノーピークのアメニティドームですが、耐水圧1,800mm(ミニマム)でガンガンに水を撥きます。
10,000mmからするとたったの1,800mmですよ。

それなのに、なんでこんなべちゃべちゃなん!?

信じてたのに・・・耐水圧10,000mmを・・・

っていうか自慢気にオンヨネ(ON・YO・NE)のスキーウェアはいい!なんて記事まで書いて宣伝してしまっていますよ・・・

くっそー、騙されたと思いつつウェアーを脱ぐと、あれれっ!?見た目べちゃべちゃやけど、下(アンダーウェア)は濡れてない・・・
あら、不思議・・・下まで浸み込んでいませんでした。
もしかして中に水が浸み込まない素材があってそこでくい止めているのかな??

理由はよく分からんが、流石10,000mm、浸み込んでいなかったです、良かった~!!
って言うか疑ってごめんね、ON・YO・NEさん(汗)
耐水圧10,000mmは伊達ではなかったですね。

2016IMG_0429.jpg

そんなことを考えつつ宿に帰えり相変わらずプシュッ~~。
今日は風呂入って飯食って寝るだけですね~~。

では、その模様は次の記事で!!
ハチ北スキー場(マッタリお宿編)
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
3位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。