スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

【ニセコグランヒラフ・2016】スキー旅行までの紆余曲折がら旅立ちまで!

201603IMG_1368.jpg

さてさて、キャンプそっちのけで思いっきりスキーにハマっている我が家ですが、3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。

いつものように旅行記を書いていこうと思うのですが、我が家らしく実はここまで来るのには紆余曲折ありました、備忘録と言う意味もありますが、これも良い思い出ということで、まずはその物語から綴りたいと思います。

【プロローグ】
実は当初、息子の冬休みに合わせて行こうと考えていたのですが、仕事の都合がつかず、春休みまで延ばすことに。
いつも直前に計画している我が家ですが、今回はじっくりと計画を練ってスキー旅行に臨むこととなりました。

しょーたが生まれてから、これまで定山渓温泉、富良野、ニセコと3度北海道に行き、私と妻の中での次の候補地は北海道のメジャーなスキーリゾートがあるルスツ、キロロ、トマム辺りを検討していました。
我が家のこれまでの北海道旅行は4泊5日という日程が定番、しかし今回仕事の休みが取れる日が4日間、そして、これまでと違いしょーたがある程度スキーが出来るようになったので「旅行ついでにスキー」あるいは「片手間にスキー」ではなく、「スキー目的」の旅行にしようという計画です。

そうなるとネックになるのがいつもより1日短い日程・・・

5日間なら例え初日と最終日を移動に費やしたとしても丸々3日間はスキー三昧です、ただ今回は1日少ない4日間、上に挙げたメジャーなスキーリゾートは新千歳空港からの時間を計算するとどうしても中2日間しかスキーが出来ない・・・

「う~ん、北海道の場合、4日間は厳しいな~」と愚痴を漏らしていましたが、そんなことを言っても始まりません。
そこで考えたのが、新千歳空港から最も近いスキーリゾートをチョイスし、初日も最終日も滑ろうという計画!

と言うことで白羽の矢を立てたのが新千歳から車で約1時間の距離の夕張市にあるマウントレースイ。
その名前は昔から知っていましたが、調べたことがなったのでオフィシャルのHPといつも愛用している楽天トラベルのスキー場情報で調べてみると、北海道の中では大きなスキー場ではないが、我が家にとっては充分な大きさ、そしてオフィシャルホテルであるホテルマウントレースイの評判もマズマズ!

mtresui.jpg
★ホテルマウントレースイ★

中でも料理とお風呂が良いという情報がありました!
そして何と言ってもリフト券付き宿泊プランが安かった。

我が家にとってこれらの条件がばっちり合っておりマウントレースイに決定しました。

そして、時が過ぎ3月の半ばごろ、そろそろマウントレースイの積雪情報をチェックしておこうかと思い情報サイトに目をやると、なんと北海道なのに積雪量120cmしかありません。

関西から行くことが出来るダイナランドやスキージャム勝山とかと同じくらいの積雪量です。。。
「えっ、これってマズいんちゃうん!?」と直感的に感じました。

と言うのもスキー場が示す積雪情報って一応山頂の積雪ってことになっていることが多いのは承知していますが、あまりあてにならないというか、正直スキー場によってはサバを読んでいるのでは!?と疑いたくなることが多いですよね。
つい最近行った鷲ヶ岳が確かそれくらいの積雪量でしたが所によってはまったく雪が無かったので、心配になり現地に問い合わせてみると・・・

やはり予感は的中、「所々地面が露出している」という情報が・・・

「北海道まで行って、地面が露出しているって悲しいよな~」
そして
「3月末とはいえ北海道で積雪の心配をしなければならないなんて全くの想定外」
というのが私たち夫婦の共通見解。

【コンディションが期待できるスキーリゾート探し】
スキー旅行の日まで残すところ10日を切っていますが、慌てて新しい候補地(ホテル)を探すことに・・・←結局、我が家らしくこうなるのか(笑)

私の中のイメージは北海道のスキー場なら3月末でも普通にコンディションの良い中でのスキーが期待できるというイメージがありました、しかしネットで情報を探ると例え北海道でもこの時期、コンディションの良いゲレンデは限られているということを初めて知ることになりました。

そんな中、ネットの情報によると札幌国際、キロロ、そしていくつかのスキー場が点在するニセコエリアは3月末でも運が良ければパウダーが楽しめるとの情報を得ました。

どこのスキー場も新千歳空港からの距離は100km程あり、初日を捨てなければならない距離、しかしそんなことは言っていられません。
この3つのエリアから探すことにしました。

札幌国際スキー場
sapporokokusai.jpg
新千歳空港からの距離:約100km
新千歳空港からの時間(バスベース):約2時間
まずは以前、定山渓温泉ステイした時にしょーたがスキー場デビューした地(といってもソリとだっこ紐に包まれて滑っただけですが・・・)である札幌国際スキー場。

ネットで調べると一番コンディション的に期待できると呼び声が高いスキー場ですがオフィシャルホテルはおろかゲレンデ近くにホテルが無く真っ先に候補から消えました、おしい・・・

キロロスノーワールド
kiroro.jpg
新千歳空港からの距離:約107km
新千歳空港からの時間(バスベース):約2時間
私も妻もまだ行ったことがないスキー場でググッと最有力候補地にあがりましたが、オフィシャルホテルであるシェラトン北海道キロロリゾートの料金が家族4人3泊4日で27万円・・・

はい!!即却下!!(爆)
となったわけですが、ここは未練たっぷりのスキーリゾートなんで、いつかきっと行ってみたいですね。←もちろんもっとリーズナブルな時期にですが(笑)

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフスキー場
hirafu.jpg
新千歳空港からの距離:約110km
新千歳空港からの時間(バスベース):約2時間半
ニセコは3度ほど行ったことがあるが、なぜかいつもアンヌプリスキー場。
ゲレンデマップで見る限りヒラフの方が広そうだなといつも気になっていたスキー場。

今回も例に漏れずアンヌプリを調べたが生憎、私たちの日程ではオフィシャルのニセコノーザンリゾート・アンヌプリは取ることができず、この機会にと言うことでホテルニセコアルペンを調べると私たちの日程が空いておりました!

201603IMG_1255.jpg

キロロの約半額の宿泊料金だし、何より日にちが押し迫っているということでここに決定!

ただ、最後まで悩んだのはニセコアルペンホテルは夕食が私が好きなビュッフェではなく、他に変わらぬ料金で湯元ニセコプリンスホテル ひらふ亭というところが2食ともビュッフェだったので気になっていたのですが、楽天トラベルの情報ではゲレンデまで徒歩5分との情報になっていたので小さな子供がいる我が家には不向きと考え諦めました・・・

でも、現地で確認して分かったのですがひらふ亭はレンデサイドに建っており、裏口からだとすぐそこがゲレンデだったので、次はここを利用してもいいかなと思った次第です!参考まで!!



【さあ、出発の時!】
まあ、そんな感じで紆余曲折あったのですが、前述の通りめでたくヒラフに決まりいざ出発!!

201603IMG_0607.jpg

私たちが取った飛行機は10:10・伊丹発、11:55・新千歳着のJAL2005便、空港で朝食を摂りたかったこともあり8時過ぎの伊丹到着。

行列に並びチャックインを済ませたあと朝食のお店を探します。
私は久々のモスバーガーが良かったのですが、朝のモスはおもちゃ付きのお子様メニューの設定が無くしょーたにより却下。

201603IMG_0648.jpg

しょーたが熱望したのは「ある時~~、ない時~~」でお馴染みの蓬莱です。

201603IMG_0632.jpg

朝から濃いですが、注文したのは豚まん2個。
そして1つ食べたら、お腹いっぱいでもういらぁ~んというわがままぶり。

201603IMG_0625.jpg

そして私は豚まんとミニラーメンが付いているセット。
朝からラーメンか!!と突っ込まれそうですが上品な味で全然OKでした。

201603IMG_0626.jpg

そら君もラーメンと豚まんの皮を食べてご満悦。

201603IMG_0617.jpg
201603IMG_0622.jpg
【サーモス 真空断熱ベビートレーニングマグ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

そうそう、今回の旅行用に秘密兵器投入!
いつもお茶を上手に飲むことが出来ず、ストローで吸ってはバァ~と吐き出す遊び飲みばかりしていたそら君ですがサーモスのこの水筒を投入してからちゃんとお茶を飲んでくれるようになりました。

201603IMG_0668.jpg

朝食を済ませ、出発ゲートに向かいます。
しょーたは朝食を済ませたばかりなのにお菓子が気になるらしく売店でお菓子を物色。

201603IMG_0654.jpg

私が時々つまみにしているビーフジャーキーやサラミの類が大好物で困ってしまいます。
この場で食べたいとしつこく言ってきますが豚まんを残しているので当然却下。
最近超わがままな我が息子なんですが、どこの子もこんなものなんですかね~・・・

201603IMG_0666.jpg

そして飛行機を何度も経験しており無反応になってしまっている我が子・・・
「うわ~、飛行機や~」などと言ってくれれば親は嬉しいのですが、飛行機を間近で見ても特にテンションを上げることなくまるで電車やバスに乗る時と同じ感覚。

普通、このくらいの年齢なら飛行機に乗る時はもっとテンション上がるでしょ!

私が初めて飛行機に乗ったのは確か21歳の時、それこそ自分で働いたお金でニセコにスキーに行ったのが初めての飛行機デビューでした。

その時、私は一緒に行った既に飛行機を乗ったことがある友人に「飛行機ってどんなん??けっこう加速とかすごいん??」なんていう幼稚な質問をしていたものですよ(笑)

いかんいかん、なんか愚痴ブログのようになってきているのでリセットします。

201603IMG_0676.jpg

いよいよ、飛行機に搭乗!
しかし、その時そら君は夢の中。

201603IMG_0682.jpg

でも、そんなそら君が居るおかげで優先搭乗が出来るので一番乗りをゲット。

201603IMG_0688.jpg

これには流石のしょーたも少しばかりテンションが上がっていたが、飛行機に乗りこむなりお菓子を食べるしょーた・・・
ったく~

201603IMG_0697.jpg

そして何より食いついたのが機内で子供用に配っているノベルティーグッズ。
おいおい、飛行機には微塵も感動しないのに、100均で手に入りそうなグッズに食いつくのかよ~、分からんね子供ってやつは・・・

201603IMG_0695.jpg

しかも、このグッズ、しょーたがそら君用にって選んだやつですよ(笑)
それを知ってか知らずか目覚めたそら君「それ、僕のんだよ~」と言わんばかりの猛チャージ。

201603IMG_0699.jpg

と、そんな感じで我が家の3年ぶりの北海道旅行が始まりました。

次回は北海道到着からのお話しです、それでは!!
【ニセコグランヒラフ・2016】北海道上陸!ラーメン食べてホテルへ!
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
3位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。