スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

【ニセコグランヒラフ・2016】スキー、そしてプール!

3月26日~29日の日程で2015~16シーズンの最終章となる北海道スキー旅行に行って参りました。
【ニセコグランヒラフ・2016】羊蹄山・ジンギスカン・朝食ビュッフェ!の続きです。

ホテルとゲレンデの距離感はこんな感じです


201603IMG_1211.jpg

朝食を済ませ、いよいよスキーです!
その前にホテルとゲレンデの位置関係について少し・・・
ここニセコアルペンはヒラフスキー場のオフィシャルホテルですがゲレンデの中にあり滑って帰って来られるという立地ではなく、ホテルの前に駐車場があり、そしてその駐車場を隔てたところにゲレンデがあります。

といってもホテルから出て15mくらいでゲレンデですので全く不自由は感じません。
また、リフトやリフト券売り場、レンタル、スクールの受付といった施設も目の前なので非常に便利です。

201603IMG_1206.jpg

ホテルから見て左側にエース第2センターフォー(クワッドリフト)。
このリフトは楽天トラベルのコース情報によると1,719mの長さを誇り、1,878mあるヒラフゴンドラに迫る長さで一気に中腹まで運んでくれ非常に快適です。
逆にゴンドラはアルペンホテルからだと遠いのと、旅行中にアクシデントがあったこともあり、もったいない話なんですが滞在中一度も利用することはありませんでした。
(アクシデントにつきましてはまたのお話しで・・・)

201603IMG_1212.jpg

真ん中には「SNOW SCHOOL」の看板を掲げたプレハブのような建物がありますが、ここはスキースクールの受付ではなくよく見ると「SNOW SCHOOL .BASE1F→」となっており、ただの案内看板でした。
非常に紛らわしく私も息子のスクールの受付にドアをノックしてしまいました・・・

ただスクール受付後の集合場所がこの建物の横ですので、変に分かり難いよりもいいのかも知れませんね。

201603IMG_1210.jpg

そして右側には.BASE(ドットベース)という建物があり、1階にはリフト券売り場、レンタル受付、スクールの受付があります。
2階には今回利用しませんでしたがカフェがありました。

201603IMG_1207.jpg

これらの写真はスキー場のオープン前に撮った写真ですが、数台の雪上車でゲレンデ整備をしていました。

私たちはスキー、しょーたはスクール


201603IMG_1213.jpg

それではいよいよスキー!!
今日、しょーたは一日コースでスクールの予定ですが、スクールの受付後多少時間がったのでしょーたと2人で1本滑ってみることにしました。

201603IMG_1220.jpg

流石に兵庫県辺りのスキー場では味わうことのできない1,700m以上あるリフトなので乗り応えがあり、リフトを降りるといきなり山頂に来たと錯覚するような風景を目にすることが出来ます、さすが北海道!実に雄大な景色です。

な~~んて悠長なことは言っていられません・・・
もう、スクールの集合時間まで20分を切っています・・・
リフト一本乗っただけとは言え、けっこうな距離を降りて行かなければなりません。

map_grand-hirafu2.jpg
(↑拡大画像

私たちが乗ってきたのがマップ上のIと記載があるエース第2センターフォー。
本来、13番(中級コース)、15番(初級コース)、9番(初級コース)と降りてこなければならなかったのですが、始めて滑るのでコースがよく分からず9番(初級コース)のところをスクールの集合場所に真っ直ぐ行くことが出来る23番(中級コース)を行ってしまい、これがもう大変で、大変で!

一応、中級となっていますが、けっこうな傾斜で十分上級者コースと言えるコース、しかもコースを降りてくるに順って雪質の悪化が酷く足が取られる、取られる・・・

ホント、ヒラフの1本目は最悪のコンディションでした。
それでもしょーたは悪戦苦闘しつつこの長いコース、かつ自身の実力では遥かに困難であろうコースを1回転んだだけで降りて来ましたね。

降りてきて「大丈夫やったか??」と聞いてみると愛想なく「うん・・・」と言っていました。
まさにこれまでの練習の成果が出ていたと思います。

201603IMG_1233.jpg

何とか集合場所に間に合い、スクール開始!
今回スクールに入った目的はずばり「ボーゲンからの脱却」です!

というのも、しょーたは初級コースでは長続きせず、すぐに実力以上のコースを滑りたがるのですが、斜面が急になるとボーゲンではスピードを上手く制御できず苦戦してしまいます。
そんな現状を打破すべく、いつも2時間のスクールですが、今回は4時間コースを申し込んだ次第です!

201603IMG_1238.jpg

ただ、私たちの期待を余所にクラス分けがかなり怪しい・・・
本来、一度全員で滑ってみてクラス分けをするのが普通だと思いますが、ここのスクール、完全な初心者ば別として、その他は年齢で分けている印象があり、しょーたは小さい子たちと同じクラスになってしまいました。

しばらく様子を見ていましたが、初級コースで行われるスクールはしょーたにとっては退屈な内容でボーゲンでボーっと着いて行くだけの様子でした・・・

今回スクールに抱いたイメージと私と現実はちょっとギャップがあったので、昼からのスクールを申し込むかどうか悩みましたがスクール側に「次のステップに進めるような指導をしてほしい」という旨を伝え受けることにしました。

201603IMG_1242.jpg

話は前後しますがしょーたをスクールに入れしばらく見守り、その後スキーを楽しむことに!
朝の一発目で感じましたが、ホテル目の前のクワッドリフト(エース第2センターフォー)で滑ることが出来る範囲はコースこそ長いですが最悪と言っていいコンディション、流石に土が見えている箇所や写真のように茶色くなっている箇所はあまりありませんが、雪が解けて非常に重たく足が取られる状態・・・

正直、この時点の印象は「北海道と言えども今年の暖冬には勝てないのか??ちょっとがっかり・・・」とまで思っていました。

201603IMG_1225.jpg

下部のコースは足が取られ疲れるし時には危険を感じる状況なのでもう1段上に上がることに!!

201603IMG_1246.jpg

スキー場のボトムとクワッドリフトを降りた辺りの気温が明らかに違うので、雪質を期待しクワッドリフト(エース第2センターフォー)を降りた先にあるエース第3ペアに乗り1本滑走!

えっ、なんでと思うほどの雪質の違いで、ところによるとキュッキュ、キュッキュとなる状態!!
お~、遥々北海道まで来た甲斐があるってものです!

ただ、残念ながらこのリフトはペアでスピードが遅く、更に長さも881mと物足りない感じ・・・

201603IMG_1247.jpg

そこでクワッドリフトを降りて、そのまま少し下ったところにあるキング第3トリプル・フード付きリフトに乗り滑ってみると、先ほどのペアリフトから滑ることが出来るコースをカバーしつつ、さらに上からの滑走になるので雪質もよく大満足!!

楽天トラベルのコース情報によると、リフトの長さが1,186m、コース的には初級者、中級者コースをチョイスすると結構な距離を滑ることができるので、しばらくこのリフト、このコースをホームコースとしたことは言うまでもありません。

201603IMG_1248.jpg

キング第3トリプル・フード付きリフトを降り、眼下に広がる風景がすばらしく、もう最高!!

201603IMG_1252.jpg

前後左右どこを見ても美しく、360度の大パノラマとはまさにこのこと!
やっぱ、北海道いいわ!!来て良かった~~!!

昼食はカップラーメン(汗)


201603IMG_0822.jpg

12時にスクール午前の部が終わりましたので、昼食です!!
と言っても朝食ビュッフェを腹がはち切れんばかりに食べているのであまりお腹が空いていません・・・

ってことで部屋に帰ってホテルのコンビニで買ったカップラーメンです!

201603IMG_0825.jpg

おいおい、そら君!!それはパパのおにぎりやで~~!
そら君は市販の離乳食をいただきます。

201603IMG_0826.jpg

お腹が空いていないと言いつつ、気がつけば私はカップラーメンとおにぎりとパンを手にしておりました・・・
見ていると欲しくなるんですよね~~・・・
でも、結局パンまでは食べられませんでした。

201603IMG_0827.jpg

そして、しょーたは大好物のカップ焼きそば(爆)
「しょーちゃん、明日もカップラーメンがいい~~」と言うてました(汗)

部屋に帰ればゲレンデのレストランと違いブーツも脱げるし、食後はゴロゴロ出来るし、快適、快適♪♪
若い頃はコスト優先で宿を選んでいましたが、今は立地優先、こういう時、ゲレンデサイドの宿のありがたみが分かります。

ニセコヒラフのスクールは期待外れだった・・・


201603IMG_1241.jpg

さて、食事を済ませしょーたは午後もスクールに!
先ほど、ざっと書きましたがしょーたと似たり寄ったりの年の子たちは初めにスキルチェックも何もなく「完全に初めての組」と「それ以外の組」に分かれている雰囲気がありありで、午前のクラスが終わった時にコーチに聞いてみるとやはりそんな感じだということ・・・

私がスクールに入れる目的は「スクールに入れている時間、親がスキーを満喫しよう」という子守的な意味合いではなく、しょーたのスキルアップが目的なので「午後からはクラスはそのままとしても次のステップに進めるような事を教えてあげて下さい」とお願いし再度スクールに入れました。

スクール終了後、しょーたに確認すると「パラレル教えてもらった」って言ってましたので私の意向は伝わっているみたいですが、私が「どれくらいパラレルしたん??」と聞くと「う~~ん、最後の方だけ・・・」と言う返答、残念ながらちょっとスクール側のやっつけ仕事感が伝わってきました。

それ以外に期待外れだったのは、めちゃくちゃ雪質が悪いファミリーコースで指導していたこと・・・
私たちはしょーたをスクールに入れている間は雪質が良い白樺コース(初級コース)を滑っていましたが、そこでスクールをされている小さい子たちを見かけましたのでこっちの方が良いなとつくづく思いましたね。

しょーたが申し込んだスクールはスキー場が運営しているスクールですが、ニセコには他にもたくさんのスクールがあることを後になって知りました。
今回は不勉強でしたが、次回、ニセコでスクールに入れる時はしっかりと選びたいと思います。

アフタースキーはプール!


201603IMG_0829.jpg

スクールを3時半に終え、しょーたに「パパと2人で上(白樺コース)行く??滑りやすいで!!」と聞くと「しょーちゃんスキー止めたい・・・」という返答。
「えっ、なんで??疲れたん??」
「しょーちゃん、プール行きたいねん!」
と言うことでしょーたはスキーは切り上げプールに行くことに!!

私はずっとそら君を抱っこヒモに入れたまま滑っており、慎重に慎重にと満足な滑りをしていなかったので、ここぞとばかりにリフト終了までの1時間1人の時間を楽しみました!!
下の方のコンディションが最悪の中、上の方はまだまだ最高!!キュッキュ状態です!
短い時間でしたが満足、満足!体力が落ちたオヤジにはちょうど良かったかも知れません(汗)

201603IMG_0832.jpg

そして宿に帰ると「パァ~パッ!プールいこよ~~!!」の連呼・・・
そして「そら君もプール連れて行く~~」と主張!!

「いやいや、しょーた一人でも大変やのにそらはママにプールではなくお風呂入れてもらお」と言うことでそら君にはご遠慮頂きました(ほっ・・・)

201603IMG_1190.jpg
★ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン★ お客様の声を見る

そして、しょーたがうるさいのでプールに行ってみることに!
私が撮ったプールの写真はこれしかありませんが、普通の25mプールと幼児用の小さなプール、そしてジャグジーがありました。
楽天トラベル(プールの写真)

私はジャグジーでぼ~っとしときたかったのですが、そんな思いが叶うはずもなく、
「パァパ~、泳いで~~」
「パァパ~、しょうちゃんのこと投げて~~」
と色々働かされて業務終了(爆)

201603IMG_1188.jpg

プールとお風呂は繋がってはいませんが、体を拭き水が滴らない状態なら専用通路で水着のまま風呂に行くことができ便利です。

ここはニセコ地区で唯一プールがあるホテルと言うことですが、3月とは言え北海度では冬のこの時期流石にお客さんはまばらでほぼ貸し切り状態でした。
ちなみに、小学生以下無料で大人は300円(スイミングキャップ無料レンタル付き)と超リーズナブルでした。

スキーで疲れた体を癒すのに軽く泳ぐのもいいもんですよ!!
【ニセコグランヒラフ・2016】思いがけぬプレゼント!
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スキー日記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
3位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。