スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

憧れのスノーピークの焚火台、遂にゲット!

半年間検討の末にスノーピークをチョイス


201605IMG_1344.jpg

ユニフレームのファイヤーグリルを持ってないにもかかわらず、同社のヘビーロストルを購入してから約半年が過ぎました。
ユニフレーム・ファイヤグリル持ってないのにヘビーロストル


【ユニフレーム ファイヤグリル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

この頑丈な網を購入した理由は以前記事に書いた通り将来的にユニフレームのファイヤグリル、もしくはスノーピークの焚火台Mを買うことを視野に入れていたから。
ヘビーロストルの代替品や使い方のこと

昔から存在感を保持してきた焚き火台の両巨頭、それが上記の焚き火台だと私は思っていいる。
また自然淘汰が繰り返されるキャンプ道具の中で昔から淘汰されずに残っていることから、その考えは間違えではないとも思っている。

さて、半年に渡って、どちらにしようと悩んだわけをざっと説明するとこんな感じだ。

喉から手が出るほど欲しいのはスノーピークだが焚き火台としては価格が非常(異常!?)に高く次候補であるファイヤグリルの倍以上ってことが厳しすぎる。
ならば、ユニフレームに走るか!?
いや、評判が高いユニフレームとて言ってみれば消耗品、5年後、10年後にいずれ次の焚き火台を買わなければならなくなる。

その次に買う焚き火台はどうせスノーピークになるに違いない。
その点、スノーピークは手入れさえすれば一生モンで買い換える必要が無いであろう逸品。

また、ユニフレームに比べてスノーピークの仕舞いサイズは非常に魅力的ということも最終的にスノーピークを選んだ大きな理由だ。

と、こんな理由でスノーピークを選らんわけだが、ユニフレームに比べ全て優れているわけではない。
その理由の一つはずば抜けた目方、焚火台単品でも重たいが、BBQコンロとして使う場合、別途鋳物の炭床という物を用意しなければならないがこれがまた重い・・・

あと、ユニフレームはファイヤグリル本体とヘビーロストルでほぼ完結するが、スノーピークは前述の炭床を初めとして様々なオプションが用意されているので、気がつけば俗に言う「スノーピーク沼」にハマりかねないという点が懸念される。

ちなみにユニのファイヤグリルはヘビーロストルが無くても、それ単品で網が付いておりバーベキューが可能だが、スノピは網を揃えるだけで、グリルブリッジと焼アミPro.Mを揃えなければならなく、その2つだけでファイヤグリルが買えてしまうのは言うまでもなく、焚火台を合わせると諭吉2枚オーバーとなり沼に片足を突っ込んだ状況となってしまうので細心の注意が必要だ!


【スノーピーク 焚火台M グリルブリッジ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★


【snow peak 焼アミPro.M ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

まあ、私はその様なことにならぬように先手を打ち、スノピの焚火台Mにフィットするというヘビーロストルを先に購入し、そういう選択肢を消しておいたのだ。

私の構想では前述のヘビーロストル同様、焚火台Mにフィットするとネットで評判の炭床Sをセットで使う腹積もり。(本来は焚火台S用)

これなら出費を最小限に抑えることができ、沼にハマらなくて済みますから!
うん!!偉いぞ、オレ!!


気がつけば焚火台Mスターターセットに・・・


takibidai.jpg
【焚火台Mスターターセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そんな腹積もりで購入を決意したにも関わらず、焚火台Mスターターセットを買ってしまいました(大汗)
はい・・・
気がつけば普通に沼にハマっている状況ですね・・・

いや~、お恥ずかしい・・・

まあ、言い訳をさせて頂くと、どうしても焚火台M専用のコンプリート収納ケースたるものが欲しくなり私が描いたセット内容で計算してみると、

焚火台M(12,600円)+炭床S(2,400円)+コンプリート収納ケース(4,800円)=19,800円(税別)
となり、奇しくも元々コンプリート収納ケースがセットされている焚火台Mスターターセット(19,800円(税別))と同価格になるんですよ・・・
言ってみれば同価格でベースプレートが付いてくるので、ついついこうなってしまいました。
くっそ~~、スノピめ~~、価格設定が絶妙過ぎ!!

ただ焚火台Mスターターセットに付いてくる炭床はMサイズ・・・これがSなら収納ケースが欲しかった私にとって良いこと尽くめなんですが・・・
まあ、スノピがM用に作っているのが炭床Mなので当然ですよね。

それでも炭床Mをオークションで売って、代わりに炭床Sを買って相殺すれば、焚火台ベースプレートMが無料で付いてきたことになると自分に言い聞かせ買うことにしました。


やっぱ!かっいい焚火台です!


201605IMG_1342.jpg

まあ、そんなこんなで私にとって憧れの焚火台を手に入れたわけですが、改めてマジマジと見るとやっぱり、カッコいいですね~。

201605IMG_1310.jpg

兎に角、物としての仕上がりが良くて美しく、スノーピーク社の物作りの丁寧さがヒシヒシと伝わってくる逸品です。

201605IMG_1343.jpg

そして他に類を見ないフレームワークが斬新!20年も前から存在する品物と思えないですね。
このデザインはグッドデザイン賞ものですよ・・・

201605IMG_1352.jpg
【スノーピーク 焚火台M ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

いやいや、デザイン面だけではなくパタンとするだけで畳めてしまう機能面も素晴らしく、文句のつけようがありません。

201605IMG_1344.jpg

ベースプレートは土や砂利サイトでは必要ないと思いますが芝生サイトでは必需品、ポジションが低いのでこれが無いと芝生を焼いてしまいそうですね。

201605IMG_1348.jpg

あと、私が気になっているヘビーロストルとの相性ですが、噂に違わぬフィットぶり、

201605IMG_1316.jpg
【ユニフレーム ヘビーロストル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

まるで専用品であるかの如く、きっちりジャストサイズです。
サイズもさることながら、スノーピークもユニフレームも製品の質感が非常に良いので、組み合わせても違和感が全くありません。

201605IMG_1353.jpg
【スノーピーク 焚火台Mコンプリート収納ケース ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そして今回スターターセットを選ぶ引き金となったのがこのケースの存在。
焚火台を買うと簡易的なケースが付属しているのですが、そのケースが少し弱いらしくヘビーな焚火台を入れるのに相応しくないという思いがあり買ってしまいました。

201605IMG_1355.jpg

さすがコンプリート収納ケースというだけあって、非オプション品のヘビーロストルもちゃんと入ります(笑)
そして生地はかなり丈夫で普通に使用している限り破れたりすることは想像出来ません、流石です!

201605IMG_1345.jpg

ただ、どうしても気になるのが炭床Mの大きさ・・・
本来、スノピの純正網を使う場合はこれで良いのでしょうが、私はヘビーロストルを使用するのでその場合、どう見ても網と炭の距離が近すぎるように見える。

やはりグリルブリッジと焼アミPro.Mを買った方が良いのか・・・!?
いや、そんなことをしたらヘビーロストル購入が無駄となり、「スノーピーク沼」を通り越して「スノーピーク泥沼」になってしまう。

それよりも何よりも焚火台Mスターターセットの重量が現時点でもずっしり重いのに更に重さを増すことになってしまう。

やはり、ヘビーロストルを活用する方向で別の炭床を検討する他に選択肢はない!!

ということで、次回は炭床の検討の模様をお送りします!!
では!!
新基準!焚火台M+ヘビーロストルなら炭床はこれだ!
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:スノーピーク  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
3位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。