スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

初めての2ルームテント選び!前編

この物語は優柔不断な当ブログの管理人が初めての2ルームテントに興味を持ち、「アレがいいかな??、いやコレがいいかな??」と自分なりに調べつつ、紆余曲折の中、購入に至った物語です。

購入したテントはとりあえず内緒ですが、先日琵琶湖のキャンプに行った時張ってきたのでその時の記事である【青柳浜キャンプ場2016】久々のお気に入りキャンプ場を読めばバレバレなので端折りたい方はお読みいただければいいかと思います。

いやいや、優柔不断なオヤジが何を買ったのか??と謎解き感覚で読みたいという方はこの記事のみお読み下さい。

それでは、はじまり、はじまり~~!!

2ルームテントを欲しくなった理由


cpstg01.jpg
【スノーピーク アメニティドーム ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

これまでファミリーキャンプに行くとアメニティドームとヘキサタープ、もしくはスクリーンタープを張っていた。
長男のキャンプデビューは2才半頃だったので、私と妻がテントを設営する際中、いろいろと邪魔をするもののなんとか1人で遊んでくれていたので設営をすることが出来た。

しかし昨年、次男が生まれキャンプを我慢できない私は生後100日からキャンプに連れ出していた。
生後100日の子をそのままほったらかしにすることは出来ないので、テントを張る場合、抱っこやおんぶしたまま設営することになり、「それは無理だ」という考えから昨年、次男を連れて行ったキャンプは全てバンガローを利用していた。

当たり前だがバンガロー利用の場合はテントを張る必要が無く、荷物をバンガロー内に入れるだけなので次男が居ても何とかなる、というか全然大丈夫だった。

バンガロー慣れしてくるとテントを張るのが面倒になり、「しばらくバンガローでいいか!!」と4連続くらいバンガロー泊を続けた。

IMG_8728_b.jpg

しかしバンガロー泊を続けていると我が家にとって厳しい条件と直面する事になった。
それはチェックアウト時間に融通が利かないこと、つまりチェックアウト10時だったら10時に、11時だったら11時にきっちりと出なくてはならない。
我が家は撤収が遅いということもあるが、「ゆっくりしたい派」なので10時や11時のチェックアウト時間は非常に窮屈に感じる。

もちろん、「後にお客さんが居なければゆっくりでいいですよ」と言って下さる場合もあるが、バンガローの場合、テントサイトと違い掃除等のメンテがある為にそれは稀。
そしてテントサイトよりも予約が取り難いというのも予定を立てるのが遅い我が家にとってはけっこうな致命傷。

IMG_9619_b1.jpg
【ランドライト ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

その反面、テント泊なら青柳浜キャンプ場ハイマート佐仲カントリーパーク大川のように元々チェックアウト時間を遅めに設定しているキャンプ場があるし、みのずみオートキャンプ場のように可能な限り融通を効かせるというキャンプ場は少なくない。

となればテントキャンプをするしかない。
だが、まだ次男は1歳になったばかりで設営中ほったらかすことは出来ない。

ならば選択肢は妻の力を出来るだけ借りず私1人で立てることができる簡単なテントとタープということになる。

DSCN0131_b.jpg
【オルディナヘキサタープセット M-3167 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

ヘキサタープは元々、設営が簡単なので1人でも苦にならない。
そして簡単なテントと言えばケシュアに代表されるようなポップアップテント。

この組み合わせなら私1人でやりくりできる。
しかし4人就寝可能なポップアップテントなんてそれほど選択肢はないし大型過ぎて他のドーム型テントよりも大幅に簡単設営、簡単撤収できるイメージが湧かない。

私はテント設営時間はペグダウンの数で左右されるという考えを持っている、順ってポップアップテントでも使用するペグの数が多い場合はそれほど時間を短縮することは出来ない。

ということで、私一人、あるいは妻もしくは長男の少しの手助けで設営、撤収可能なテントは何かないか??
その答えは一つの幕の立ち上げでリビングスペースと寝室を確保できる2ルームテントではなかろうか。

2ルームテントそのものは幕体が非常に大きくて取り回しが悪いのは容易に想像がつく、その辺りについて設営のし難さは否めないがペグダウンの数はアメニティドーム辺りと大差ないイメージがある。
よってアメドを設営するのと時間的に変わらないのでは?
ましてや、アメド+ヘキサゴンタープを建てることを考えるとペグダウンの観点から2ルーム優位と考えるのが自然。

長くなりましたが、それが私が2ルームテントに興味を持ったきっかけです。

我が家に合った2ルームはこんな感じかな!?


これまで、2ルームについて考えたこともなかった我が家、キャンプサイトで見かけても
「でっかいテントだな~」
「(価格が)高そうだな~」
「張るの大変なのかな~」
という風な印象を持っている程度でした。

2015IMG_0170.jpg

あと、「夏でも張っている方がいるけど、暑くないのかな~~??」という疑問もありました。
我が家は2ルームではないがリビングメッシュエッグを所有しています、エッグは少し肌寒い時期はシェルター内は暖かく快適、しかし真夏は上手く日陰を作ったとしても空気が滞留してしまい暑いですからね。

そんな今までの経験も踏まえ我が家に向いている2ルームはこんな条件だと考えていました。

大きさについては4人が過ごせれば十分(馬鹿デカくなくていい)


あまり大きくなくてもいい、大き過ぎると天川村のように小さいサイトのキャンプ場では張れなくなる恐れがあるし、雨撤収の時に干すのが大変。

2ルームの場合、それなりのメーカーの物を買えば10万くらいは仕方ないが、それ以上はちょっと・・・


上を見れば切りがないので、価格は10万くらいに抑えたいなというのが本音・・・だが値段だけにこだわると妥協してしまう恐れがるので、念の為、高価なテントも調べる。

一番重視したいのは設営の簡単さ


設営の時間はフレームワークの問題とペグダウンの数の多さ。
フレームワークが出来るだけシンプルで、ペグダウンの数が少ないテントが設営時間の面から見ると重要。

IMG_9785_b.jpg

ちなみにリビングメッシュエッグは設営のやり辛さで定評があるもののフレーム3本、ペグはフルペグダウンしても10本、前後のキャノピーを出しても14本で済み、慣れればメインフレームの2本目を立ち上げるところだけ手伝って貰えれば20分ほどで設営できる。
そんな感じが理想的。

シェルター型なので暑いのは仕方ないが、出来るだけ夏涼しいテント


基本的に我が家の夏キャンプは比較的涼しい天川村中心だが、子供のアクティビティの関係で灼熱のムーンビーチに行ったりすることもあるので構造的に出来るだけ涼しそうなテントをチョイスしたい。

<こんな記事あります>
避暑&川遊び!西之谷ふれあいの森キャンプ場その1@2015/8/4~5
プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その1@2015/7/21~22

ちなみに我が家のリビングメッシュエッグは名前の通りエッグ型なので屋根の面積が非常に小さく、メッシュを開けると天井から日差しが降ってきて非常に暑い。
それとメッシュって風通し良さそうなイメージがあるが、ヘキサタープのようなオープンタープと比べると風通しに雲泥の差があり空気が淀んでしまう。

次のセクションでは以上のことを考慮しつつ2ルームテントを選んでいきたいと思います。

まず手始めにスノーピークの幕を検討


リビングシェルとインナールーム



【スノーピーク リビングシェル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

【リビングシェル インナールーム ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

2ルームが欲しくなる前から欲しかったシェルターがスノーピークの超ベストセラー、リビングシェル。
多くの方が1人でも設営可能と評するテントで、幕そのものの評判はすこぶるいい!!

ただ、シェルターとして考えた時は十分すぎる大きさなのだが、インナーテントを吊り下げ2ルームとして考えた場合、リビングがいささか小さい・・・

せめてインナールーム(寝室)が幕の半分以内で収まってくれれば即決定だったかも知れない・・・
おしい・・・


【リビングシェルロングPro ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

と、そんな思いから作られたのか、リビングシェルロングたる幕・・・
しかも、リビシェルよりメッシュ部分が多い。
だが、完璧な予算オーバー・・・
別にPro仕様じゃなくてライトでいいんですけどね~~、上手くいかんな(涙)

トルテュ ライト



【スノーピーク トルテュ ライト ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

そしてそのライトの名がつくのが、予算的にも大きさ的にも私の理想に合致する、いわば理想的な2ルーム。
というのがトルテュライトに対する第一印象。

だが致命的なのはメッシュエッグ同様、設営のやり難さを指摘する声が多いこと、ネット上ではトルテュよりもひと回り大きいランドロックの方が簡単という声も多く聞かれるほどだ。

もしかしたらメッシュエッグのように慣れればなんてことないのかもしれないが、設営がし難いという情報があるのにわざわざトルテュを選ぶのもいかがなものかということでこちらも却下。
ちなみに取扱説明書によると使用ペグは28本、そこそこ多いがこんなものなのか!?

本格的に探さなくては・・・と実感


正直、スノーピークの幕でサクッと決定するのでは!?と考えていましたが調べれば調べるほど「ここがこうだったら良いのにな!!」的な考えが浮かんでくる。
スノーピークの幕の中で一番しっくり来たのはリビングシェルロングだが予算が合わなさすぎる・・・
また、無理な注文だがアメドにS,M,Lがあるように、そしてリビシェルにノーマルサイズとロングがあるように、設営がし易いランドロックの構造でトルテュサイズの幕、ランドロックミニなんて幕があれば最高だった。

私の中でスノーピークは品質面から見ても修理等のアフターサービス面から見ても信頼のあるメーカーなのでスノピ幕で決めたかったのだが残念ながら他のメーカーを検討せざろうえなくなった・・・

次回はスノ-ピーク以外の幕の検討の様子を綴って参りたいと思います。
では!!
初めての2ルームテント選び!後編
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ほしいキャンプアイテム  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
6位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。