スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

初めての2ルームテント選び!後編

スノーピーク以外の幕を検討


初めての2ルームテント選び!前編の続きです。

正直言って2ルームテント選びを舐めておりました・・・
というのも私はけっこうスノーピークの物作りを信頼しており、きっとスノーピークのラインナップから私に合ったモデルがあるだろうと思っていたからです。

ここで私が求めている2ルームテントの特徴をおさらいしておきますと・・・

1、大きさについては4人が過ごせれば十分(馬鹿デカくなくていい)
2、2ルームの場合、それなりのメーカーの物を買えば10万くらいは仕方ないが、それ以上はちょっと・・・
3、一番重視したいのは設営の簡単さ
4、シェルター型なので暑いのは仕方ないが、出来るだけ夏涼しいテント

てな感じです。


【リビングシェルロングPro ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

前回書いた通り、私の理想に一番近かったのは、
4人が寝られて馬鹿デカくなく、設営の簡単さに定評があり、そこそこメッシュが多くて通気性も考えられている、そんなテントがリビシェルロング。

ただ価格がセレブすぎました・・・このテントを選ぶことが出来なかった理由はそれにつきます。

まあ、未練がましく、いつまでもリビシェルロングにしがみついていても始まらないので他のメーカーから選ぶことにしました。
それでは、その模様をどうぞ!

シュナーベル5



【小川キャンパル シュナーベル5 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

私の中で、

リビシェルは2ルームとして使用した場合、リビングが狭い。
リビシェルロングは価格が高すぎ予算オーバー。
トルテュライトは設営がやり難い。


という理由で上記スノピ幕を候補から外すのにそれほど時間がかかることはなかった。

そして、私の中でほぼこれで決定という幕がこのシュナーベル5でした。

その理由は小川(キャンパルジャパン)という国内で唯一スノーピークに対抗できるメーカーであること。
予算的にピッタリであったこと。
設営が簡単そうだったこと。(以前のHPには、設営が簡単という趣旨のことを謳っていた)


でした。

もちろん私の中でシュナーベルは100点満点ではなく、不満な点もありました。
このテント、価格帯的にも大きさ的にも前述スノーピークのトルテュライトの対抗馬的位置づけの幕ですが、そのトルテュと比べて劣っていると思われるのは寝室とリビングを真ん中で仕切っているが故のリビングの狭さ。
ホントここだけがおしいなと思いましたが、リビングの狭さはロースタイルあるいはお座敷スタイルで乗り切ればいいと自分に言い聞かせました。

schb.jpg

逆にトルテュライトより良いところは、シールドルーフが標準装備、そして夏には不向きと評される2ルームですがインナーテントを4面メッシュにしており、トルテュよりもその辺りを考慮しているなと伝わってきたからです。


【ノルディスク レイサ6 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

あと、設営が簡単そう、前述の通りHPでもそのような趣旨を謳っていたということもありますがフレームワークを見ても設営のし易さに定評があるレイサと似ており、それが伝わってきたからです。
(レイサは横方向のみのフレームだが、シュナーベルは横方向3本にクロスさせるフレームが2本あり、頑丈さも強調されている。)

と、上記の内容からシュナーベル5に決定!
あとは購入するタイミングを計るのみ!!!
タイミングってのはもちろんスポオソのセール期間などの安い時期を狙おうという意味。

そんな、あとは買うだけという待機状態の最中、元々から噂されていた値上げが現実に・・・
私の予算はできれば10万円以内、そして上に挙げたテントでリビングシェルロングを除くすべてが(当時は)売価10万円チョイなのでセール等で割り引かれると10万円でお釣りがくる算段。

その計算が根底から崩される値上げの断行・・・
多くのテントは中国製。
中国人の人件費が上がった今、値上げは仕方ないという現実、まあ、それも真っ当であろうかと思いますが私にとって腑に落ちなかったのは、なぜか日本のテントメーカーの両巨頭であるスノーピークと小川(キャンパルジャパン)がほぼ同じ時期に申し合わせたかのように値上げを断行したこと(怒)

この値上げで私のシュナーベル熱は一気に覚めたのは言うまでもありませんが、スノーピーカーと言うほどではないが、そこそこ好きだったスノーピークも同罪、今回の値上げで私の中のスノピのブランドイメージが落ちました。
今までは料金は高いがクオリティーとアフターサービスの良さでバランスが取れていたイメージですが、なんか近頃強気過ぎて私の心はスノピから離れて行きそうになっており「意地でも今回値上げされた商品は買わないぞっ!」と誓うのでありました。

ウェザーマスター ワイド2ルーム STD


colm_wmstd.jpg

スノーピークと小川(キャンパルジャパン)が相次いで値上げする中、コールマンは値上げをせず価格据え置きだった。
ウェザーマスター ワイド2ルーム STDは元々、スノーピークのトルテュライト、小川のシュナーベル5と同じ価格帯だったのでスポイツオーソリティやヒマラヤスポーツの割引時に購入すると私の予算通り10万円を切る価格になる。
価格面についてはOK!!

大きさも2ルームでは一番小型な部類なのでOK!!

設営のし易さはフレームの構造から判断すると、特に簡単ってこともないかも知れないが、特に難しいってこともなさそうで、ネットで調べても「めちゃくちゃ簡単」という意見が無ければ「めちゃくちゃ苦労する」という意見も見られない。
まあ、標準的なドームテントを大きくしたような構造ですから大丈夫でしょ!!

最後は夏場快適でいられるか??という課題ですが、シュナーベル5同様、シールドルーフが標準装備ってのは好感が持てますね!(っていうか別売りなのはスノピだけか!?)
しかしシュナーベルと比べるとフライシート、インナーテント共にメッシュ部分が少なく日本の蒸し暑さはあまり考慮されていないかも知れません。
ココが課題ですが、シュナーベル5は私が検討したテントの中ではズバ抜けてメッシュ部分が多く涼しそうなだけで、このくらいが標準なのかも知れません・・・まあ、OKかな!?

逆に今まで検討したテントの中で優れているところは耐水圧!
シュナーベル5やトルテュライトはフライシート、インナーテントのボトム共に1,800mmですが、ウェザーマスター ワイド2ルーム STDはフライシートが3,000mmでインナーのボトムが10,000mmでずば抜けています、これはリビングシェルロングProさえも凌駕するスペックです。

うん、これにしよう!!

・・・と一旦は誓ったのですが、ここで優柔不断な気持ちが動き出しました・・・(汗)

ラウンドスクリーン2ルームハウス



【コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス ★楽天で探す★  ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

えっ、まさかのコールマンのラウンドスクリーン2ルームハウス!?
嘘でしょ・・・(汗)

いや~、今さらフレームが非アルミのテントなんて買うはずがないでしょ!!
ポールをスリーブに通す時に節が引っかかってやり難いし・・・
連結の時に節がちゃんと最後まで入っているか分かり難いし・・・
それに重たいし・・・

いや、でも我慢できない!
え~~い!いっちゃえ!!

colm_2rm1.jpg
【コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス バーガンディ ★アマゾンで探す★

だってこんな魅力的な色が発売されていたんですから(^O^)/
外観に関しては完璧な一目惚れ!!
昔、コールマンで同じようなカラーリングのテントがありましたが、その復刻カラーの商品です。

ポチる前には、「フレームがアルミじゃない」ってこともさることながら
「え~、スカートが無いやんか~、寒い時期きつい??」
などと少しだけ悩みましたが、この商品、限定カラーなのでうかうかしていると市場から消え去ってしまいます。

というわけでポチッたわけですが、キャンプシーズンとなった現在、やはり品薄となり楽天市場ではどこのショップも売り切れ状態、その判断は正解でした。

私が買ったのは1月、キャンプのオフシーズンだったこともあり色々なショップで売られていましたが、その中でも一番安かったスポーツオーソリティ 楽天市場店で購入。
元々、49,800円で売られていましたがポイント10倍だったので実質45,000円を切る価格で購入できました。

ラウンドスクリーン2ルームハウスは私のニーズに合っているのか!?


160521-160020.jpg

さて、このセクションではこのテントが私のニーズに合っているのか検証したいと思います。

大きさについて


大きさはトルテュやシュナーベルと似たような大きさで想定通り。
実際に大人2人、子供2人の4人で使用した感じですが、寝室についてはジャストサイズで5人利用は「やや狭いかも」という印象を受けました。
そしてリビングですが、シュナーベルのところで触れたように広く使いたいのであればお座敷スタイルがベスト、テーブルと椅子を使う場合、すこし手狭な印象は否めないと思います。

予算10万以内


私が想定していた予算の約半額で手に入れることが出来たので大満足です。

設営の簡単さ


設営方法はYouTubeを参考にしていただくとして、先日、琵琶湖キャンプで実際に張りましたが結論から言うと私にとって簡単でした。
「私にとって」なんて書いていますが、何も私だけではないと思います。
何が言いたいかというと、このテント、ドームテントと一般的なスクリーンタープを足したようなテントなので、両方とも設営した経験がある方にとっては所々設営方法が同じなので全く苦労することなく設営できるかと思われます。

恐らく慣れれば一人で設営することも可能だと思われます。(強風時は除く)

あとペグダウンの本数ですが取扱説明書によると28本と記載されているが、どう考えてもそんなに打った覚えはなく20本程度と思われるんですが、数えていなかったので詳細不明、次の機会に数えておきます。



出来るだけ夏涼しいテントがいい


2ルームテントとしてはメッシュになる面積がかなり広いほうだと思います。
先日、5月後半の琵琶湖キャンプでの気温は恐らく28度~30度くらい、このくらいの気温なら全く問題なく涼しく過ごすことが出来ました。
またインナーテントも快適、真夏は難しいと思いますが、このくらいの気温なら前後2面の大型パネルの他に細かくメッシュになるところがあり、全てメッシュにするとインナーテント内で普通に昼寝をすることが出来ました。

ラウンドスクリーン2ルームハウスを選んで正解!?


このテント、安さの代償として、
フレームがFRPポールであること
そして幕のスクリーンタープ部分についてはスカートがあるが、
寝室部分にはスカートが無い
という欠点があります。

このあたりは非常に残念ですが、価格の安さを天秤にかけると十分妥協の範囲内だと思います。

160521-161705.jpg

逆にこのテントならではの良い点もあります。
それは通常の前に加えて左右のキャノピーを張り出すことが出来ること、また3方向すべてメッシュにすることも巻き上げることも可能です。

リビングスペースとなるスクリーンタープ部分は前述の通りお座敷スタイルがベストでテーブルと椅子を使う場合手狭に感じる広さですが、前と左右のキャノピーを水平に張り出せば、この大きさのテントとしてはかなりの日陰スペースを確保できると思います。

また大型2ルームでも西日には太刀打ちできない場合が多いと思いますが、3方向にキャノピーを張ることが出来るこのテントなら、西側のキャノピーを斜めに張り出せば、ある程度の風通しを確保しながら西日を防ぐことが可能です。

最後に3方向にキャノピーを張り出すことができるという特徴は非常に珍しく10万円クラス、あるいはそれ以上のクラスの2ルームテントより優れている点だということを付け加えて終わりにします。
尚、このテントの詳細についてはもう少し使ってから詳しくレビューしていきたいと思います。

以上
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ほしいキャンプアイテム  Trackback:0 comment:2 

Comment

koba* URL|バーガンディ
#- 2016.06.25 Sat09:27
ひろさん!初めまして(^o^)/

新潟在住koba*と申します

初めての2ルームテント選び!楽しく拝見させていただきました

何を買ったのか知らずに読んだんですごく興味深かったですYO

最初はアメド&エッグユーザーだからトルテュだろうと思ってましたが…

しかもogawaで決まりのような雰囲気から〜の(^^)ニコ

実は私も昨年9月頃にバーガンディが発売になったおり いいなと思ってました

いい色ですよね〜

また寄らせてもらいますので宜しくお願いします
ひろ URL|はじめまして
#mQop/nM. Edit  2016.06.25 Sat17:04
kobaさん、はじめまして&コメントありがとうございます。

また、オヤジの優柔不断なテント選びにお付き合いありがとうございました(汗)

そうなんですよ、私も普通に「トルテュで!」と思っていたのですが調べると意外に設営の難易度が高いことが分かり、あれれっ!?
と、なってしまったんですよね~。

その後、まさかここが落とし処となるなんて自分でもビックリです。
一目惚れのテント、大事に使っていきたいと思います。

また遊びに来てくださいね。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
11位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。