スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

初心者の為の失敗しないキャンプ道具の選び方(テント備品編)

さて、前回は失敗しないキャンプ道具の選び方ということでテントとタープについてお話をしましたが、今回はテント、タープ回りの備品についてお話をします、もちろんコンセプトとして「安くて良い道具」ということが大前提です。

キャンプの主役に見えるテントやタープに比べると地味なアイテムでつまらなそうですが、キャンプそのものを左右するような大事な道具の話です。初心者の方が初めてフィールドに出られたときに必ずや役に立つと思いますので絶対に読んでほしいという思いで綴って参ります。



グランドシートについて



テントの下に引いて、地面の水気をシャッタアウトし、同時にテントのボトムを守る役割があるグランドシート、市販品を買ってもいいですが、ハッキリ言って市販のグランドシートに比べて安価なブルーシートで十分です(^^;

私はファミキャンではアメニティードーム、ソロや父子ではランドライト、プールや海ではコールマン スクリーンシェードを使っています、アメニティードームは純正を使っていますが、あとの2つはブルーシートです、一応ペラペラのやつではなく分厚いやつを使っています。

なぜアメニティードームは純正か?というとアメニティードーム購入の際に付属していたから使っているだけです、前に使っていたサウスフィールドのテントもアメドと同じくボトムが270cm×270cmでしたが、その時はブルーシートを使っていました。

グランドシートを敷く際に注意しなければならないことは、決してインナーテントのボトムからグランドシートがはみ出さないことです。

tent01.jpg

理由はテントからグランドシートがはみ出ている時に雨が降ると、はみ出した部分が雨をキャッチしてしまいテントのボトムの下に雨水が入りフロアを濡らしてしまいます。
もしも、テントのボトム面積よりもブルーシートが大きい場合は必ず切るか、折り畳むかしてテントのボトムからブルーシートがはみ出ないように一回り小さいサイズにして下さい。

アメニティードームの様にボトムが270cm×270cmのテントは同じサイズのブルーシートが市販で売られているのでお勧めします、テントのボトムサイズが270cm×270cmの場合、270cm×270cmと表示されているブルーシートを買うと理論的にはピッタリなのですが、ブルーシートは表示よりも小さく作られていることが多く、グランドシートとして都合の良い一回り小さいサイズになります。

というわけで、高価なグランドシートは不要で安価なブルーシートを使っても支障ありません。




ペグについて



132_main.jpg
【ソリッドステーク ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

良いテントを購入しても、残念ながらペグは使えない物が入っている場合が多いです、地面がそこそこ柔らかいキャンプサイトなら付属の物でもOKですが、なかなかそのような好条件のキャンプサイトに出会うことが出来ません。

ちなみにアメニティードームもアルミのピンペグが付属しており固い地面に打ち込もうとすると苦戦します。
苦戦しても使えるものは使いたいという考えがあるかと思いますが、テントの設営で何が時間がかかるというとペグ打ちだと私は思います、なのでペグは良い物を使うことを強くお勧めします。

さて、日本で一番有名なペグと言っても過言でないペグがあります、ご存じの通りスノーピークのソリッドステークです。
多くの方が認めるペグで、これなら申し分がないと思います。
ソリッドステークのレビューby楽天
ソリッドステーク30のレビューbyアマゾン

私ももちろんソリッドステークです、な~~んて言いたいところですが、実は・・・持ってないんです、ソリステ。
アメニティドームはペグを20本近く使います、それにヘキサタープは8本、予備も入れると30本は欲しいところ!もしソリステ20で揃えたとしても10,000円強かかる計算です。

IMG_5410b.jpg
【キャプテンスタッグ スチール丸棒ネイルペグ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

ソリステは道具として魅力的ですが曲がることもあります、「曲がったら叩いて直す」とスノピのHPには書いていますが、経験上真直ぐにならず、そのペグでまた固い地面に打ち込むと同じ個所が再び曲がります。
私はペグを消耗品と考えていますので1本100円程度のネイルペグを使っています。
ソリステと違って一部プラスチックなので、そこがよく割れるのが欠点ですが、割れても使えます。なにより非常に安価かつ丈夫で固い地面でも打ち込めます。

今年の春に白川渡オートキャンプ場に行きましたが、ここは強風が吹くことと、地面が固いことに定評があるキャンプ場です、風がよく吹いて地面が固いって結構最悪の組み合わせなんです。

私の隣のサイトに来た家族なのですが、テントは真っ新のトルテュ pro.を使っており、あまり見たことがない幕だったので私は結構気になっていました、その家族は10時頃から設営を始め、風が吹くと家族全員で幕を抑えながら設営しており、更に地面の硬さに手を焼いている様子。
ペグは付属のペグを使っていました、本当に長いことコンコンコンコンとペグ打ちをしていたことを覚えています、なんとその家族、設営が終わったのが16時、到着してから軽く昼食は食べられていたと思いますが、ご主人は疲れ果てていました、幕は良い物を買ったが、ペグは盲点になっていたのでしょう。

私も昔、付属のペグで苦戦し設営に2時間位かかった経験がありますので、それ以来付属のペグを使ったことはありません、設営に時間がかかってはキャンプの楽しみが半減します。

IMG_5411b.jpg

またヘキサゴンタープやレクタタープは、風の影響をもろに受けるタープです、風が吹いている時のタープはいわば凧のようなものです!
なのでテント以上にしっかりペグを打たなければなりません、私はヘキサタープのポールを支える4本のペグはキャンプ用ではなく、杭を使っています、ここさえしっかりしていれば、たとえ他のペグが全て抜けたとしてもタープが自立したままで倒壊することはありません。

写真、右側の杭は長さ30cm位で間違いなくソリステよりも強度的に強いので愛用しています、もちろん曲がったことは一度もありません、デカくて重いという欠点はありますが、私は車なので関係ありません、信頼度はかなり高いです!

tarp01.jpg

ソリステのライバル商品

【2016/6/2追記】

以前はステータスが高いペグと言えば上で紹介したスノーピークのソリッドステークくらいしか思い浮かばなかったが、今はソリステのライバルになりえる商品が出てきたので紹介しておこうと思う。
ただ、使ったことがなくレビュー的なことは書くことが出来ないので、あくまでも第一印象についてのみ触れておくことにする。


【エリッゼステーク ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

まずはエリッゼステーク!!えっ!?これってまんまソリステやん!!
まあ、名前までそっくりですからメーカーも間違いなく意識したのでしょう!!

ソリステと長さが違うが、大きな違いはカラーバリエーションが豊富なこと。⇒アマゾン
私なら間違いなく一番安価な黒をチョイスするが、おしゃれなキャンパーさんには嬉しいレインナップかも知れない。

そうそう、つい最近までコールマンやビジョンピークスからも鍛造ペグが発売されていたんですが、見なくなったな~~、廃番かな??



【ユニフレーム パワーペグSUS 200 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
【ユニフレーム パワーペグSUS 300 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

一瞬、従来からあるスチールペグに見えるが、ユニフレームが思いっきりソリステを意識したであろうステンレスペグ!!
なぜ、そのように思うかというと、その答えはユニフレームのHPにある。

商品説明の欄に「鍛造タイプと比べて強くて軽量!そして錆びにくい!」という文言が!!
明らかに鍛造ペグに宣戦布告した宣伝文句!!

すごく興味があり、試したい!!
・・・が私にはネイルペグが30本以上あるしな~~・・・

機会があれば是非手に入れたい商品!
でも、値段が張る!



ペグハンマーについて



IMG_5413b-1.jpg

ペグを打ち込むには当然ハンマーが必需品です、これもそれなりの物を用意した方が作業効率が上がり、スムーズな設営に導いてくれます。
しかしながらペグハンマーは結構いいお値段がします(汗)、スノーピークのペグハンマーPRO.Sなんかはペグ抜きも付いていて非常に魅力的な商品です、ペグハンマーPro.Cのようにヘッドの消耗もないですし(^^;

私はもちろんもっと安価なものを使っています(^^;
写真右側は何かの付属についていた軽いハンマーでペグ打ちに時間がかかり過ぎNGです。
左側のハンマーとプライヤーをセットで使っています、普通のハンマーなのでペグハンマーの様にペグ抜きが付いていません、ネイルペグは固い地盤に打ち込むと手では抜けないのでプライヤーが必須なのです。

IMG_5420b.jpg

ハンマーのヘッドの重さは0,9kgでパワーがあり、ペグ打ちの時間を短縮してくれます、ハンマーとプライヤーならセットで2,000円前後で買えると思いますのでペグハンマーを買うよりもお財布にやさしいのがありがたいです!

プライヤーは基本ペグを抜く道具として使っていますが、ダッチオーブンのリッド(蓋)やバーベキューの網を掴むのに使ったりしています、キャンプの時には何かと役立ち便利です、また、キャンプ専門ではないのでDIYでも使えます(笑)




テント(インナー)マットについて



IMG_5416b.jpg
【アメニティドーム インナーマット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

最後にテントのインナーマットについてお話します、私がキャンプを始めたころは知識もお金もなったので、テントマットはおろかグランドシートさえも敷いていませんでした(爆)
何のクッションもなく寝るわけですから、朝起きたら背中がめちゃくちゃ痛かった記憶が残っています、それ以降は銀マット敷いたり、河原のゴツゴツした場所なら銀マットの下にダンボール2重に敷くなどして快適に過ごせるようになりました。

大人同士のキャンプなら各自、自分用の銀マットやインフレーターマットを敷けばOKだと私は考えています、ただ小さな子供がいるファミリーの場合、例外なく子供がテントの中で飛んだり跳ねたりします、クッション性のないフロアで尖った石や貝殻、最悪の場合ガラスの欠片などがテントの下にあったら危ないので、出来ればテントのフロア全体を覆うようなインナーマットが欲しいところです。

上のインナーマットは付属品ですのでスノピ純正を使っていますが、正直、お値段が高いので、もし私が買うならリーズナブルな社外品(非純正品)を買うと思います。
ここではフロアサイズが270cm×270cmと300cm×300cmで検討したいと思います。

【270cm×270cm】

【ビジョンピークス テントマット270 ★楽天で探す★


【サウスフィールド テントマット2.7m×2.7m用 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

【300cm×300cm】

【ビジョンピークス テントマット300 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★


【サウスフィールド テントマッ3m×3m用 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

この商品はヒマラヤスポーツとスポーツデポ(アルペン)のプライベートブランド品でスノーピークやコールマンの同じような商品に比べて割安な価格で買える、商品の違いはよく分からないが厚みも含めて寸法はどちらも同じ。

先ほど書いたように子供が小さい間はフロア全体を覆えるインナーマットを強くお勧めします。
その他メリットとして、私の経験談ですが、水はけの悪いサイトで大雨が降って、フロアに水が浸みてきてテントのフロア(インナーマットの下)は濡れているがインナーマットの上は大丈夫だった経験がありました。



↑その他、リーズナブルな価格で300cm×300cmのテントにピッタリサイズの銀マットもあるようです、銀マットなので加工が簡単に出来るので270cm×270cmのテントにも流用できそうです。

インナーマットって結構お金がかかりますが、なくてはならないアイテムだと思いますので、かつての私の様に背中が痛くならない為に最低でも個人個人の銀マットを用意することをお勧め致します!

長くなりましたが今回はこれにて終了!読んでいただいた方ありがとうございました!
初心者の為の失敗しないキャンプ道具の選び方は今後も不定期ですが更新していきますね!



ツールームテントのテント(インナー)マットについて

【2016/4/28 追記】

最近、ツールームテントを手に入れましたが、ご存知の通りツールームテントってのはインナーテントの床(ボトム)が正方形ではなく台形のような歪な形をしている場合が多く、私が買ったテントも例外ではありません。

coleman.jpg

こういう場合、スノーピークやキャンパルジャパン(旧小川キャンパル)のようにテントの発売元が専用インナーマットをオプションで用意してくれていればいいのですが、コールマンのようにオプション設定が無い場合、何かで代用しなければなりません。

そこで私が考えたのは、「今持っている270cm×270cmのマットを折り曲げたりして強引に使う。」ということですが曲げることによって背中に違和感があったりしたら嫌なので色々と模索していました。

まず目についたのが、キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル140×217cmというマットの2枚使い。


【キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

もちろんこのマットは専用マットではないので、台形の歪な形にフィットするわけではありませんが、ほぼ床面積をカバーできるのではと考えています。

そして、上でも紹介しているサウスフィールドから、2.7m×2.1mという特殊なサイズを発見。


サウスフィールド SOUTH FIELD テントマット SF FDテントマット2.1M

EVAフォームマット ダブル2枚使いよりも少し小さいサイズとなりますが、長方形の1枚モノのマットもあるんだよということでピックアップしておきます。



バンガローでもインナーマットを活用

【2015/9/4 追記】

IMG_8735_b.jpg
【アメニティドーム インナーマット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

上の写真は西之谷ふれあいの森キャンプ場に行った時の写真です。

このキャンプ場のバンガローはたまたまカーペットを敷いてくれていましたが、フローリング(板の間)むき出しのバンガローも少なくありません。

その時に便利なのがテントマットです、テントマットを持っているとテントでの使用はもちろんのこと、この様にバンガロー泊の時にも使えます。
クッション性がアップするのは言うまでもありませんが、朝方の冷える時間帯や冬場なんかはテントマットを敷くことによって寒さから体を守ることも出来ますよ!

以上、プチ情報でした!
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:HowTo記事  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
6位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。