スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

ユニフレーム ダッチオーブン10インチスーパーディープ

IMG_6457b.jpg
【↑みのずみオートキャンプ場 年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その1@2014/12/30~

昔から気になる存在だったが、基本的に私のキャンプスタイルは友人と男キャンプだったので大した料理もしないし、重いしという理由で購入に踏み切れなかったダッチオーブン。
それが、今やファミキャン道具のエース的存在になっている。

IMG_6130b.jpg

購入には散々頭を悩ませられた、まずは鋳物にするか、鍛造にするかという選択、鋳物は価格が安いキャプテンスタッグ、老舗のロッジ、あとはロゴス、コールマン、スノーピークが選択肢に入るが、鍛造は当時からユニフレームの一択だった。

ダッチオーブンを買うにあたり色々調べた、鋳物のダッチオーブンは使えば使うほど味が出て黒光りするブラックポットに仕上げる楽しさがる、そして行く末は油が浸み込み、油を敷かなくてもいいほどになるという記事を読んだことがある。う~ん私好みだなぁ~、とニヤニヤしながら考えていた。
そして早速目についたのはホームセンターでも安価な価格で売られているキャプテンスタッグのダッチ、触ってみるとなんともザラザラした感じでキメが粗いと感じるのに時間はかからなかった。
また、ネット上では蓋と本体の気密性が悪いという文字が躍っていた。

ロゴスやコールマンも見たが、こちらはキメが細かく、蓋と本体の密着度も良いし丁寧な作りに感じられた、キャプテンスタッグよりは高価だがそれでも1万円でお釣りがくる。ロッジは見たことがなかったが、キャンプダッチオーブンは脚が付いていて、直火が出来ないキャンプ場では使いにくいという評判があり、脚をサンダーで切っている人もいるようだ。
そしてスノーピークは値段があまりにも高く、真剣に検討しなかった。

1784_1.jpg
【ロゴス SLダッチオーブン10inch・ディープ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

170-9392.jpg
【ダッチオーブンSF(10インチ) ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

鋳物なら価格的に安くバック付きのロゴスかバックとリッドリフターに加えてネームバリューが付属するコールマンの2択と考えていた。

そして、鍛造ダッチオーブンの唯一の選択肢ユニフレームだが実物を見ると蓋と本体の密着度は鋳物のそれとは違い、ピッタリ具合が印象的だった

IMG_6145b.jpg

その後、鍛造と鋳物の違いを色々調べたが、出来上がった料理の味は鍛造でも鋳物でもかわらずおいしいという見解となった。

それ以外の特徴として、コールマンやロゴスに代表される鋳物のダッチのメリットは、

1、価格的にユニフレームよりも安い。
2、ブラックポットに育てる楽しみがある。
3、本格的でかっこいい。

という感じだ。対してユニフレームのメリットは、

1、熱したダッチオーブンに突然水を入れても割れない。
2、洗剤を使って洗える。
3、鋳物のダッチより錆びにくい。

比較するとこんな感じで、ユニフレームの方が「ヒートショックがなく、洗剤OKで鋳物よりも錆びにくい」という特徴があり、ダッチオーブン初心者にとって使い勝手がいいのではという印象だった。

ただ、手放しにユニフレームに決定!!という訳にはいかなかった、ひとつ大きな障害があるからだ、その障害とはユニフレームやスノーピークの商品を買う時に必ず付きまとう最大のデメリット、そう価格である。
物が良いから仕方ないけど、いつもながら本当に厄介な課題だ。

ユニのダッチは私が購入時は14,700円だったと記憶している、ロゴスなら2つ買える価格、相変わらずきつい価格設定です、ユニフレームさん・・・

と言いつつ結局買ってしまうのもいつものこと・・・

IMG_6353b.jpg
【ユニフレーム ダッチオーブン 10インチ スーパーディープ ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

ユニフレームのダッチオーブンには底網とダッチオーブンスタンドが付属している、本体価格が高価なのでリフターくらいはつけてほしいものだ!
っていうか、ステンレスリフター2,500円ってマジかよ!まったく~!



ユニフレーム(UNIFLAME)のダッチオーブン10インチスーパーディープを使っての感想

そんなこんなで、ユニフレームのダッチオーブン10インチスーパーディープを2011年に手に入れ現在に至るが、概ね満足している。

初めの頃はローストビーフやローストポーク、ローストチキン(もも肉で)と色々な肉料理に挑戦したが、今はジャガイモやサツマイモ、タマネギ、キャベツのローストが気に入っている、素材の味が活かされ、大人に評判が良い。

IMG_6598b.jpg

その他は冷凍ピザやチキンナゲット、フランクフルト、ウインナーをローストするがこちらは子供に大人気。

ここでウインナーについてアドバイスだが、ウインナーをローストするときはあまり良いウインナーを使わない方が良い、出来れば安売りの味気ないウインナーの方がローストすると味が凝縮するので丁度よくなる、逆にシャウエッセンのようなしっかり味が付いているウインナーはローストすると味が濃くなり過ぎてきつい。

今後、ダッチオーブン料理のレシピや感想はこのブログにストックしていくつもりなので、ユニのダッチを考えておられる方の参考になれば幸いです。
ダッチオーブン料理(タグ)


次は先ほど挙げた特徴の「鋳物のダッチより錆びにくい」という件ですが、どうなんでしょう!?
この疑問に対して、私はこう訴えたいです!
「黒皮鉄板は錆びます」(←小保方さん風に読んで下さい)
すいません、これがやりたかっただけです・・・なんてことはありませんが、条件が悪いとユニのダッチでも錆びてしまいます。

例えば、煮物など油をあまり使わない料理をした後に洗って濡れたまま放置しておくとサビが来ます、特に雨降りの日なんかは湿度が高いので要注意です。

あと、煮物などを入れたまま放置しておくと、料理にサビの味が移りますので要注意ですよ、特にトマト等酸味の強い材料で料理した後は覿面ですので、料理が出来たらあまり時間を置かずに皿などに移すのが得策です。



ダッチオーブンのオプショナルアイテム

IMG_6346b.jpg
【サウスフィールド ダッチオーブン用ケース ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

ロゴスやコールマンのダッチオーブンはキャリングケースが付いていますが、ユニフレームはもちろん付いていません(涙)
ちなみにユニフレームのキャリングケースは4,300円と相変わらずセレブリティなプライスなので私はスポーツデポ(アルペン)のプライベートブランドのサウスフィールドのキャリングケースを使っています。

この商品は10インチ、12インチ兼用サイズなので、当然デカいですが、これで十分です、っていうか以前紹介したスノーピークのフライパンを一緒に入れていますので、この大きさは、むしろ好都合です。
安価な袋ですが、丈夫に作られており大きさを気にしない方はお勧めです。

IMG_6349b.jpg

↑ケースの中身はこんな感じです。
リッドリフターも純正ではなく、これも安価なパール金属のリッドリフターを使っています、ユニ専用のリフターではないので純正に比べてリッド(蓋)を持ち上げる時の安定感には欠けるものの、個人的にはこれで十分です、リッドに炭を載せるので安定を求められる方は純正の購入をお勧めします。

手袋は使わなくなった防寒用の皮手袋を流用しています、こちらも専用品ではありませんが、十分仕事をしてくれます。

ダッチオーブンが高かったので、このようにオプショナルアイテムは極力安価な物を使っています、ただ底上げネットだけはユニフレームしかないので純正を使っています、ギリギリ許せる値段ですので買いました(汗)
これがあると、少し食材を置く面積が広くなるので重宝しています。

IMG_6357b.jpg
IMG_6455b.jpg
【ダッチオーブン 底上げネット 10インチ用 ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

また、裏技的な使い方ですが、このように底網と底上げ網の2階建てで使うと、更に多くの食材をローストすることができるので便利です、ただその際は2階部分に火が通りやすい肉やキャベツ、1階部分に火が通りにくいジャガイモなんかをセットすると効率的で少し人数が増えても対応できますし、肉を2階にセットすると肉汁が1階の食材にかかっておいしくなるような気がします。

また、ダッチを使ってスモークするときや蒸し鶏等の蒸し料理にも必要なので買って損のないアイテムだと思っています。

この記事にダッチオーブンのメンテナンスのことも書きたかったのですが、長くなってしまったので次回以降に繰り越します、それでは読んでいただきありがとうございました。⇒ユニフレーム ダッチオーブンのメンテナンス
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ユニフレーム  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
6位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。