スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

みのずみオートキャンプ場レビュー 冬のバンガロー編

天川村屈指のキャンプ場で予約が遅い我が家がシーズン中に取れるはずがないみのずみオートキャンプ場のレビューです!

ということで、冬しか行ったことがないので情報の多くがバンガロー中心かつ冬限定になってしまいますが、キャンプ場で気付いたことや、良かった点、がんばってほしい点等々書き綴っていきます、また少しですが周辺施設の紹介もしていますので、ここを訪れようとしている方の参考になれば幸いです(^^)

○キャンプ場ホームページ みのずみオートキャンプ場



【エントランスから受付前の様子】
IMG_6539b.jpg

国道309号から地道に入りカーナビに従って進んでくると左側にみのずみオートキャンプ場の手造りの看板がありますので迷うことなく到着できる場所にあります。


IMG_6564b.jpg

IMG_6540b.jpg

エントランスを入ると受付棟とバンガローとコテージ、炊事棟があります。
外観は豪華ということはありませんが、素朴で自然に溶け込んだいい建物だと思います。




【4人用バンガロー(C棟)の様子】
IMG_6542b.jpg

ここが今回私たちが泊まった4人用バンガローのC棟の外観です。
車はバンガロー前に止めっぱなしでOKです。




【1階の様子】
IMG_6388b.jpg

IMG_6389b.jpg

IMG_6390b.jpg

1階はこんな感じ、写真ではうまく伝わらないかもしれませんが結構広くて6畳くらいはありそうです。
4人で使用ならここをリビングにして2階を寝室にすれば文句なしの広さです。

ちなみに写真のクーラーボックスですが、これは私物でバンガローの装備ではありません。
バンガローの装備は写真に写っている掃除機と照明とカーテンくらいですので、基本的に道具は持込みとなりますが、石油ファンヒーター等のレンタルもあるようです。




【2階(ロフト)様子】
IMG_6392b.jpg

IMG_6393b.jpg

ここが2階のロフトです、去年も今年もロフトを寝室として使いました、理由はセラミックファンヒーターをつけっぱなしで寝るので暖かい空気が上に上がるということを期待してということが一つ、そして2つ目の理由は2泊なので布団(寝袋や毛布)を敷きっぱなしにしたいからです(笑)
(去年は5人用バンガロー(D棟)に宿泊)

カメラの画角の関係でやはり広さが伝えきれないですが、面積的に1階と比べて階段の部分が少ないだけですので5畳くらいはあると思います。
私たちは2.7m×2.7mのテントマットを敷いてその上に電気毛布、寝袋、かけ毛布をセットしました、このサイズのテントマットですと階段の部分で少し折り曲げなければならないものの、いい感じで使えます。
2,7角のテントマットを折り曲げるのなら、4畳半以下じゃないか!という突込みが入りそうで、ここの説明は難しいですが、2階の有効面積は私の目測ですが3.6m×2.4mくらいだと思います、もっと写真を撮ってくれば良かったと反省・・・




【テラス(デッキ)の様子】
IMG_6399b.jpg

テラスに出るとテンションが一気に上昇!!男心をくすぐる薪スト~~ブ!!
キャンプ場のサービスとしてテラスには薪ストーブと寒さを緩和する為にビニールカーテンが装備されています。

薪ストーブは手頃なお値段で手に入りますが、買うとなると荷物の問題、インストールするテントの問題が付きまとい私にとってハードルが高すぎる、しかしここに来れば無料で使えちゃいます!!
うれしいサービスです!!(薪は付いていませんので、持込みか、キャンプ場で購入して下さい)

(薪ストーブについてはまたあとで書きますね)


IMG_6394b.jpg

IMG_6395b.jpg

薪ストーブの他には、テーブル、長椅子、キッチンシンク、調理台のような細長いテーブルが装備されています、それと天井には蛍光灯があるのでランタンがなくても大丈夫です。(私はランタンも使いましたが(^^;)


IMG_6396b.jpg

テーブルは天板の真ん中の部分が外れます。


IMG_6397b.jpg

外したらこのようになってます。真ん中のステンレスの部分に七輪を置くということでしょうか??
ちょっと面積が狭いような気がしますが・・・


IMG_6398b.jpg

キッチンシンクと調理用テーブルです、水場があると何かと便利ですね、調理用テーブルは物置に使いました、これもあると便利です。


IMG_6457b.jpg

さて、薪ストーブです!暖房器具としてはもちろんですが、調理用にもかなり役立ちます。
特にダッチオーブンとの相性は抜群です。
下火は基本的には弱めでいいというのが私の持論なので、そのままダッチオーブンを置いて、上火には通常通り炭を使用しますが、あらかじめ薪ストーブに炭をほうり込んでおけばいい感じに燃えた炭が出来上がりますので手間がかかりません。


IMG_6407b.jpg

早くお湯を沸かしたいときなんかは、ストーブ上部の蓋を外せば強い直火で沸かせます。
しかしながら、鍋の底がすすで真っ黒になりますので、後で掃除が面倒です(涙)
ダッチオーブンや鍋は短時間で湯を沸かし掃除に時間をかけるか、のんびり湯を沸かし、掃除を楽にするかの選択に迫られます、悩ましいですね。


IMG_6513b.jpg

こんな風に大きめの鍋が3つ載りますので何かと便利です。
湯沸しはもちろんですが、汚れたダッチオーブンやご飯がこびりついたライスクッカーに水を入れてグツグツ沸かしておけば、さっと洗うだけで汚れが取れます。

今回2泊3日の日程でしたが、薪ストーブを熱源として大いに利用したのでガスの消費が圧倒的に少なかったです。ちょっと、うれし~♪




【洗い場等、施設の装備について】
バンガローやコテージに宿泊する場合の洗い場は各建屋に装備されていますが、水しか出ないので冬はきついです。
しかし、ご安心下さい、受付前の洗い場をはじめ、テントサイトの洗い場もお湯が出るようになっています。

受付側の洗い場や洗濯機、お風呂、シャワー、ピザ窯の写真はことごとく忘れましたので、キャンプ場のHPでご確認お願いします。


IMG_6535b.jpg

IMG_6530b.jpg

IMG_6529b.jpg

キャンプサイトには所々こんな感じの洗い場があります。




【トイレについて】
トイレですが、私たちが利用する受付側のトイレには残念ながらウォシュレットの装備はありません。
私はウシュレット派ですのでこの部分だけは残念です。

IMG_6531b.jpg

しかしサイト側にあるトイレはしっかりウシュレットが装備されています、去年も来ているのにすっかり忘れていました。
ちなみに、トイレも洗い場も清潔そのものです!!




【フィールドについて】
みのずみオートキャンプ場に関しては冬のバンガローしか利用したことがないのでフィールド(テントサイト)に関してはあまり分かりません(涙)
しかも、写真もあまり撮っていません。

ある写真を適当に並べておきますので、参考になれば幸いです。

IMG_6527b.jpg

みのずみオートキャンプ場のオートサイトはAサイト、Eサイト、Dサイトに分かれていますが、この写真はサイトの通路最下部からAサイトを撮った写真ですが、そもそもスロープを撮りたかった写真なので参考になりません(涙)
(サイトの全体図はみのずみHPをご参照下さい。)


IMG_6532b.jpg

こちらはDサイトの通路最下部から撮った写真です、通路の両側の段々畑状になっているところがサイトです。
サイトそのものは広々というわけではありませんがサイト周りに木々が配置されており、その木々とロープワークを駆使すればある程度のサイト面積を要求するヘキサタープやレクタタープとファミリーテントを張るのにジャストサイズではないかという印象を受けました。


IMG_6473b.jpg

IMG_6547b.jpg

デッキサイトを上から見た様子です、大きさは大きい方が5m×5mくらい、小さい方が5m×4mくらい、どちらも、もう少し小さいかも知れません。




【川の様子】
IMG_6479b.jpg

IMG_6482b.jpg

IMG_6480b.jpg

受付前のバンガローの脇から河原に降りていくと、きれいな天の川があります。
天川村の川はきれいですが、すごく冷たいことでも有名です、特にこのあたりの川は冷たいようです。
ご覧のように少し緑がかった清流で浅場から深場まであり、ドボン岩もありますので夏場は賑わいそうです。

一度、夏場も行ってみたいですが、予約が遅い我が家が行くことができる日が来るのでしょうか!?




【その他の情報】

○近くのスーパー
オークワ大淀西店

みのずみからは車で30~40分の距離でキャンプ場からは簡単には来れませんが、大阪方面から国道309号線を走ってくるとここの前を通りますので、行きしなに寄ることは可能です。

食料品なら比較的何でもそろい都会のスーパーと遜色ありません、天川村にはここまでの規模のスーパーはありませんので、必要なものはここで調達するのがベストでしょう。


○プレミアム宿泊旅行券

これは自治体が発行している旅行券で10,000円分の旅行券が8,000円で購入できますのでお得です、今回、私たちは20,000円分の旅行券を買って、キャンプ場からの請求は20,000円ちょっとだったので旅行券2枚と現金数百円で支払い4,000円お得でした。

ただ、年度ごとの発行のようですのでいつまでもあるかどうかはわかりません。

役場のHPにリンクを張ってもいいのですが、上記の通り年度ごとなので将来リンク切れになる可能性が高いと思うので控えさせていただきますね、現時点でのみのずみオートキャンプ場のHPの真ん中あたりの「~当キャンプ場ご利用に関する情報~」からはリンクが張られていますのでそちらを参考にして下さい。

旅行券の購入は天川村役場でもできるのですが、私たちが行く日程は年末年始休暇に入るので、事前に書留で現金を送り、旅行券を返送してもらうという手続きが必要だったので、堺からだと少しだけ遠回りになりますが、役場の方のアドバイスで私たちは道の駅-吉野・大淀 吉野路大淀iセンターでプレミアム宿泊旅行券を買いました。


○寄り道処
道の駅-吉野・大淀 吉野路大淀iセンター

ということで旅行券入手の為、初めてここに寄ったのですが、これが大正解!ここに売られている大半の野菜がお安いんですよ!奥さん!!

形が悪い野菜もあり、もしかしたら規格外の物かも知れませんが、お腹に入ったら同じということで我が家では気にしません!!
これから天川村にキャンプに行く際は必ず寄り道することになりそうです。


美芳野庵
IMG_20141230_111603.jpg

このお店、美芳野庵っていう名前だったんですね、ブログの為に写真を撮っていたので初めて知りましたが、ここで売っているこんにゃくが目的で天川村に行くときはいつも立ち寄っています、
大阪方面から国道309号線を走っていると左側にあるのですぐに分かると思います。

IMG_20141230_112105.jpg

道の駅でもこんにゃくを食べて、ここでも食べましが、道の駅のこんにゃくは煮込んだ出汁の味だけで食べて、こっちのこんにゃくはからし味噌?みたいなのを塗って食べますが、私たちはこちらの方がおいしいと思いました。
(他にも黒い味噌やからしのようなものがあったような気がする・・・)


○温泉について
年末年始は村の中の温泉は休業(みずはの湯は除く)だったので、私たちは利用できず写真等がありませんので、村のHPにリンクを張っておきます。

天川村のHP(観光データベース:温泉)

洞川温泉の利用経験はありません、天の川温泉とみずはの湯はこじんまりした温泉ですが、露天風呂も備えています。
天の川温泉は混んでいる時に駐車場に入ることができず、あきらめたこともありました。
夏場のキャンプシーズン中は村民やキャンパーの他に登山者の方が多く利用されている印象がありましたので、夏場の週末利用を考えている方は頭の隅に置いておいた方がいいかも知れせん。




【総合評価】

○良かった点
1、管理人さんが親切で、キャンプ場が空いている時はチェックイン、チェックアウト時間の融通をしてくれる。
2、大阪から来ると天川村の中では手前のほうなので、アクセスが楽。
3、今回泊まった4人用バンガローは広々で、イメージよりもゆったりしている。(昨年聞いた話ですが消防条例の関係でこの広さなら4人用になるそうです。)
4、オートサイトは天川村の中では広い方だと思う。
5、家庭用サイズだが風呂があって助かる。
6、洗い場でお湯が使える。
7、この時期、バンガローで薪ストーブが使える。


○悪かった点
1、キャンプ場の責任ではないが、年末年始に公衆浴場や温泉が休んでいるので、楽しみが一つなくなる。
2、受付前のトイレがウォシュレットじゃない。←私のこだわるところ(笑)


それでは長くなりましたが、レビューはこれで終わりです。
みのずみオートキャンプ場に興味を持っておられる方の参考になれば幸いです。



<みのずみオートキャンプ場のキャンプ日記>
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その1@2014/12/30~
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その2@2014/12/30~
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その3@2014/12/30~
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その4@2014/12/30~
年越しキャンプ みのずみオートキャンプ場 その5@2014/12/30~

毎年恒例!冬のみのずみオートキャンプ場1@2016/1/1~2
毎年恒例!冬のみのずみオートキャンプ場2@2016/1/1~2
毎年恒例!冬のみのずみオートキャンプ場3@2016/1/1~2
毎年恒例!冬のみのずみオートキャンプ場4@2016/1/1~2
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:奈良県  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
3位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。