スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

モンベル ファミリーバッグ#1、車中泊レポート

初心者の為の失敗しないキャンプ道具の選び方(シュラフ&ナイトウェア編)の記事を書いてから、
冬キャンプで学んだ防寒対策の真実

新型モンベル ファミリーバッグについて聞いてみた

とシュラフに関する記事が増殖してきましたが、今日もシュラフについての記事になります。

それにしても、寝袋という道具は奥が深いです。
これまでのシュラフ関連の記事で夏場に平地でキャンプをする場合、家にあるタオルケットや毛布で代用できるので、わざわざ夏だけにしか使えない「夏用のシュラフ」は必要ないと書いてきました。
しかし夏以外の季節においてはシュラフという道具は「最も大事な道具」、「ケチってはいけない道具」としてお伝えして参りました。

そして次に記事を書くなら私が愛用しているモンベルファミリーバッグ#1のレポートと思っていたのですが、お家の事情でしばらくキャンプに行けそうにありません、でもそんなことを言っていると冬が終わってしまいます。

そこで今日は家の駐車場で車中泊をして実際に感じたことをレポートしていきたいと思います。

IMG_6926_b.jpg

はい、ということで車中泊した日は2月28日(土)から3月1日(日)にかけての1晩、ここを狙った理由は金曜日の天気予報で土曜日の最低気温が3℃と言っていたので、日曜の朝方も気温が低いだろうと天気予報も確認せず安易に想像したからです(汗)
大阪は温暖なので3月になると冬キャンプを想定できる気温の日が少なくなってくるので、「早く車中泊しなければ」と少しばかり焦っていました。



1、ファミリーバッグ#1について
IMG_6934_b.jpg

そんなこんなで、まず昼間のうちに寝床を作っておきます、クッション材兼保温材となる200㎝×110㎝の銀マットを2重にして敷きます。
一瞬、電気毛布を使いそうになりましたが、「あかん、あかん、実験になれへん」と思い踏みとどまりました(汗)

IMG_6941_b.jpg

そしてファミリーバッグを敷きます、サンライズレッドで非常にきれいなシュラフです。

ここで疑問、この寝袋長さ200㎝のはずだけど、200cmの銀マットよりも短い!?なんで!?測ってみると180㎝ほどしかありません、綺麗にプレスして延ばすと200cmになるのかな??

まあ、無駄に大き過ぎても保温力が落ちるだけですし、私は身長181cmですが問題なく寝れているので、ヨシとしておきましょう!

IMG_6945_b.jpg

裏地はこんな感じ、肌触りが良い素材です。

IMG_6946_b.jpg

開くとこんな感じです、キャラバンの荷台の横幅と同じくらいになります。

IMG_6948_b.jpg

首元にはシュラフの暖まった空気が逃げるのを防ぐ為にドローコードが装備されています。
私が持っている3種類の寝袋で首元にドローコードが装備されているのはファミリーバッグだけ、封筒型でドローコードを装備しているのは珍しいと思われます、さすがモンベルです。

IMG_7038_b.jpg
IMG_7037_b.jpg

ドローコードを絞るとこんな感じです、ご覧の通り絞れば暖かい空気が逃げるのを最小限に抑えることができます。

IMG_6943_b.jpg
IMG_6944_b.jpg

ジッパーはひとコマが大きいYKK製の物を使っており、無論ジッパーの滑りは問題ありません。
このジッパーも私が持っている3種類の寝袋では異質で他の2つは洋服で使われているような普通のジッパーを使用しているのに対し、モンベルはご覧の通り丈夫そうなゴツイ物を使っており、モンベルの物作りのこだわりが感じられます。

IMG_6987_b.jpg

この写真撮影は15時前後に行ってましたが、なんか全然寒くない・・・
やっぱり~、16℃もあります。もしかしたら今日から明日にかけては寒くないのか??ちょっと嫌な予感がしますが、今更片付けるのもアレなので車中泊は決行します。

IMG_6954_b.jpg

そして用意をしていると「しょうちゃんも車で寝る~」と息子がやってきました。
「さすが我が息子だ!」と感心している場合ではありません、冬キャンプを想定しているのに気温は高いし、息子と寝たらデカい湯たんぽと寝ているようなもんだし、だんだん趣旨が変わってきました(涙)

う~~ん、仕方ない!
連結したファミリーバッグのレポートにしよう!
ファミキャンで同じような状況の方の参考になればいい!!
と、趣旨変更になりました・・・

IMG_6951_b.jpg
IMG_6950_b.jpg

ということで連結したファミリーバッグはこんな感じになります。
キャラバンのタイヤハウスが邪魔をしてシュラフが完全フラットではないので横幅が狭く見えますが、横幅が110㎝あるので子供と二人ならまったく狭く感じません。

IMG_6949_b.jpg

2つのシュラフのお互いのジッパーを繋いでジッパーを閉めると簡単にジョイントできます。
(ジョイント(連結)の方法の説明は省きますが、シュラフを開いて2つ重ねてみると直感的に分かると思います。)

ジョイントすると基本的に袋状になりますが、足側の真ん中に写真の様に穴が開いてしまい、暖かい空気が逃げるのではと気になりますが、逆にこの穴がないと空気が抜けずフワッとなり過ぎるのか?何か意味があるのでしょうか??
細かいことなので「いいかっ」と思いつつ、こんな穴があるよということをお伝えしておきます。

IMG_7032_b.jpg

あとファミリーバッグの収納袋って、単色じゃなくなにやらおしゃれな柄が入ってますよね、赤い部分はポリエステルのような素材ですが、柄の部分は肌触りが良い綿で出来ています。
これって何か意味深だと思いませんか?

IMG_7035_b.jpg

これは収納袋に衣服等を入れて枕にする為なのです!
以上、プチ情報でした~~(^^)/




2、ファミリーバッグ#1の就寝レビュー
IMG_6984_b.jpg

さて、車中泊はするけれど、自宅なので日常生活と同じように風呂も入るし、暖房が利いた部屋でご飯も食べてました、もちろん晩酌も!それでは気温がどれくらい下がったか分からないまま車に移動、ちなみに家の中は22℃。

fmb01.jpg

おお~、いい感じに温度が下がっており8℃になっています。
真冬のキャンプ場の気温はもう少し低いと思いますが、春秋を想定するには良い温度です。

ということで2つ目の趣旨変更!冬のキャンプを想定ではなく、
いまから訪れようとしている春、そして秋のキャンプを想定
ということで記事を書いて参ります。←怪我の功名で時期的にタイムリーな感じの記事になってきました(笑)

それでは今日の装備をご紹介します。
抱きまくら!?←ジョイント済みのシュラフの枕として最適!・・・ですがデカいのでキャンプには持って行かない(笑)
湯たんぽ←電源なしでも使える寒い時期の必須アイテム
緊急の上掛け用寝袋←いつもは毛布を掛布団にしますが今日は2℃対応のロゴス、エルゴドライシュラフ・2を投入

IMG_6994_b.jpg

私の服装は、
裏起毛のスウェットパンツ
ヒートテック系下着2枚重ね(普通の長袖とハイネック)
フリース

という装備で臨みます。

IMG_6999_b.jpg

そして、息子は裏起毛のパジャマ上下とヒートテック系ハイネックです。

IMG_7001_b.jpg

ちなみに車に来た時間は21時41分、さてこの後、どれくらいの冷えがくるのだろうか??楽しみ!!←完全に変態(^^;

IMG_7005_b.jpg

って、お~~い!!いきなり3℃も上昇してるやないか!
寝袋に入らず写真撮影をしていたり、息子がYouTubeを見ていたりすると、車内の温度が僅か2、3分で11℃に!
人間の体温ってすごい!これはこれで勉強になりました(^^)/

IMG_7009_b.jpg

その後息子がYouTubeでワンピースの映画を22時半ごろまでみて就寝となりましたが、車内の温度は無事8℃に戻りテスト開始です。
この時点での感想はまったく寒さは感じず、むしろ上半身は暑さまで感じていました。

IMG_7010_b.jpg

そしてオヤジのお約束、夜中のトイレで3時前に目が覚め車内温度は9℃、上半身は相変わらず寒くないのですが、下半身、特に足先に冷えを感じていました。

IMG_7012_b.jpg

よっぽど冷えたのでしょうか、湯たんぽを足先にもってきても回復しません、息子はもちろん何事もないように寝ていますが、私が寒いので緊急用のシュラフを掛布団として使用して寝ることに。

緊急用シュラフを使用することにより、再び上半身は暑さを感じるようになりましたが、一度冷え切った足先は寒くて寝れないというほどではありませんが、朝まで回復することはありませんでした。
(上半身は元々寒くなかったので、今回緊急用のシュラフは意味がなかったかもしれません!?)

そして朝6時に再びトイレ、温度は8℃、私は相変わらず足先が冷えている状態。
息子を起こしてしまったらしく、開口一番「寒い」と体温の高い子供でも寒いと感じていたようです。
「ずっと寒かった??」と聞いてみると「今だけ~」と言っていたので私が起きてシュラフの中の暖かい空気を逃がしてしまったことが原因かも知れません。

ということで、ここで起床、実験終了です。



3、終始8℃前後の就寝で得たこと、そして対策
今回の車中泊は私にとって本当に有益でした。
これまで車中泊やキャンプで寝ている時に寒いと感じても、終わってみれば「寒かったけど、寝られたので大丈夫」という程度のことが印象に残るだけで深く考えませんでしたが、今回はこのレポートを書く為に車中泊をしているので、もし寒さを感じた場合「単に寒い」ではなく、「どこが寒いのか?」「なぜ寒いのか?」ということを考えようと思い寝ていました。

結果は足先に寒さを覚えることとなりましたが、封筒型寝袋はその構造上、マミー型の様に足先に行くにしたがって細くなっていない為、足先のスペースが広くマミー型より保温力が落ち足先が寒くなるので靴下やテントシューズを履いて寝ることが最も簡単な方法だと思うのですが、私の場合以前に書いた通り靴下を履いて寝るのがリラックスして寝ている感じがせず苦手なのです。

しかし今回、足先が一度冷えると、なかなか元の暖かい状態に戻らないので何とかしなければと考えさせられました。

私は毛布(今回はシュラフ)を掛布団の様に掛けて寝ていますが、掛けるのではなく窮屈になるのを覚悟の上で寝袋の中に入れる方が、暖かくなるのではという仮説を立てました。

その理由はシュラフ内のスペース、特に足先のスペースを埋めた方が保温力が上がると考えているからです、考えてみれば天川村でお話しした方も「封筒型寝袋に毛布を入れて寝る」と言ってました、私は毛布を掛けて寝ていましたので、その時は同じようなもんだろうと思っていましたが、今回の経験からシュラフに毛布を掛けるより入れる方が暖かいのだと思いました。

息子は車で寝るのが気に入ったみたいで、「これから保育園のお休みの前の日は車で寝る~~~」と言っておりますので、その時は掛布団方式ではなく、中に入れるようにして実験したいと思います!

最後にモンベルのファミリバッグ#1で終始8℃前後で寝た感想ですが、足先が冷えたものの、概ね快眠出来ました!(ただし湯たんぽ使用しています)

足先を冷えないようにケアすれば更に快眠できそうです!


でもこのシュラフ、スペック的には快適睡眠温度域-9℃でプラス8℃なら寒いはずないんですけどね~~~(爆)

以上!

<他にもシュラフ(寝袋)関連の記事ありますよ!>
初心者の為の失敗しないキャンプ道具の選び方(シュラフ&ナイトウェア編)(2015/02/18)
冬キャンプで学んだ防寒対策の真実(2015/02/24)
オレ流!シュラフ(寝袋)のたたみ方(2015/03/11)

新型モンベル ファミリーバッグについて聞いてみた(2015/02/27)
モンベル ファミリーバッグ#1、車中泊レポート(2015/03/05)

コールマン、コストコ寝袋(シュラフ)をゲット!(2015/06/15)
寒い時期ではないがコストコ寝袋を使ってみた!(2015/07/05)
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:モンベル  Trackback:0 comment:2 

Comment

登山 好人 URL|http://blog.livedoor.jp/yurukei1125/
#EQxHYSTw Edit  2015.03.08 Sun16:46
お~実体験レポートですね(笑)
それに心強いパートナもご一緒で。
この気温ならまだ大丈夫、いや、寒いと体験しておくのは
いい事ですよね。風邪ひかなかった?
息子さんにしたら楽しい夜だったでしょうね!
ひろ URL
#mQop/nM. Edit  2015.03.10 Tue07:26
寒いと言っても足先だけだったんで親子共々風邪は大丈夫でしたよ、でも山だったら氷点下なんて当たり前ですよね。
どんな装備で寝てるんですか?
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
8位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。