スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

宮の向いキャンプ場はこんなところでした(涙)その1@2015/6/29~30

先日の6月29日~30日の1泊2日で奈良県吉野郡野迫川村(のせがわむら)にある宮の向いキャンプ場に行ってきました。

ここのキャンプ場は以前「マイナーだけど魅力的な関西の穴場キャンプ場13選」で挙げておいたキャンプ場で、7月8月以外の時期はリーズナブルな料金で利用できるので、ソロキャンプに使えるなということで、先日訪れた天川村の洞川キャンプ場同様に前々から気になっておりました。

洞川キャンプ場は一連の記事に書いたように私的には非常に気に入りました。

 ソロで洞川キャンプ場!その1@2015/6/12~13(2015/06/19)
 ソロで洞川キャンプ場!その2@2015/6/12~13(2015/06/23)
 ソロで洞川キャンプ場!その3@2015/6/12~13(2015/06/26)
 ソロで洞川キャンプ場!その4@2015/6/12~13(2015/07/01)

今回お邪魔するキャンプ場はホテルのせ川というホテルが経営するキャンプ場で今回、お邪魔した宮の向いキャンプ場と北今西キャンプ場と2つのキャンプ場が目と鼻の先にあります、予約した時点では「どっちのキャンプ場かな?」とか「川は綺麗なのかな?」「涼しいかな?」「ホテルの風呂はどんなんだろうか?」等々期待に夢を膨らませていたのですが、あんなことになってしまうなんて…

宮の向いキャンプ場宮でのキャンプ日記は4つの記事で構成しますが、最初の2つの記事に関しては流れの都合上、到底受け入れることが出来ない事実を綴った記事が中心となってしまいました。

それではその物語の一部始終をご覧下さい。




実は、今回のキャンプも洞川キャンプ場に行った時と同様、梅雨の時期なので当日になってキャンプに行こうと決断し、初めは天川村の「とあるキャンプ場」に行こうと思い電話をしたのですが、「今日はお休みいただいております」ってことでした、私の中ではもう一つ候補があったのですが、そこは電話受付が12時半からというキャンプ場でしたので「まあ、いっか、先に買い出しを済ませせよう!」」ということで家を出ました。

「もう一つの候補は標高が低く、梅雨の晴れ間である今日は暑いかも知れないな~」などと考えていたら、突然ピッピッと頭に思い浮かんで来たのが標高がそこそこ高い場所に位置する宮の向いキャンプ場でした・・・

今思えば、それがこの出来事の始まりだったのです・・・

洞川キャンプ場同様に以前から目をつけていたキャンプ場だったので私は楽しみだな、どんなキャンプ場だろうかと逸る気持ちを抑えつつ、近所のスーパーで食材の買い出しを済ませ、タブレットで宮の向キャンプ場の窓口であるホテルのせ川の連絡先を調べ電話をしました。

私=今日、キャンプって出来ますか?
ホテル=はい、空いていますよ。
私=じゃあ、予約お願いします。
ホテル=あの~、予約はインターネット経由でお願いします・・・
私=えっ、この電話で予約は無理ですか?
ホテル=はい、予約はインターネット経由になっているんです。
私=すいません、実は今車の中で調べて電話しているので、出来れば(予約を)電話でお願いしたいのですが・・・
ホテル=では、この電話で賜ります・・・
私=ありがとうございます。

私は内心では「電話してるのにインターネット経由って、そんな堅いこと言わんと・・・」と言う思いがありましたが、特に気にすることなくキャンプ場へ車を走らせました。

・・・しかし、この時は今から起こるであろう様々な出来事について知る由もありませんでした。。。
(きゃぁ~~~・・・)←ホラー映画風(*_*;

IMG_8456_b.jpg
IMG_8457_b.jpg

といことで、大阪の堺から3時間くらいで到着しました、堺からの距離はそんなに遠くないのですが、道がクネクネ道で思ったより時間を要してしまいました。
(私が通った道は、まずまずの道をチョイスしていたつもりですが、帰りしなに新しい道を見つけましたので、レビュー記事で紹介します)

到着後すぐにフロントで受付を済ませました、予約時の電話で薄々気付いていましたが、ここの対応はホテルクオリティーと思えるものではありませんでした・・・(涙)

このホテルには2つのキャンプ場があります。

私=ホームページで拝見したんですけどキャンプ場って2つあるんですよね?
ホテル=バンガローはそうですが、テントサイトは1つです。
私=あっ、そうですか。分かりました。
ホテル=お支払いはオートサイト1張り2,200円と入場料320円で2,520円になります。
私=分かりました。

支払いを済ませ、てっきりキャンプ場の説明があると思いきや・・・なぁ~~~んもない(';')

別にキャンプ場の事細かな説明を求めているわけじゃありませんが、ここは目と鼻の先に2つのキャンプ場を運営しているので、どっちのキャンプ場なのか教えてもらわないと分かりません・・・(汗)

まったく~~、と思いながら、事前に調べているのでホテルを出て左右にキャンプ場がある事を知っていましたので、

私=ホテル出てどっちの方のキャンプ場ですか??
ホテル=(煩わしそうなしぐさで)左側です・・・

と言って渡してきたのが、A4のこの紙です。

そして、キャンプ場に関して唯一の説明がありました。
「どこに張ってくれてもいいですよ、共同炊事場のあたりがベストかと思いますよ」

ほんと説明はこれだけです、それもこちらから聞いての話ですから・・・
ここのスタッフさん、失礼ながらホテルクオリティと思ったらダメだなと再認識した瞬間でした・・・

miyanomukai.jpg
宮の向いキャンプ場平面図(印刷用)

私はホテルに限らず民宿や旅館からキャンプ場に至るまで、これまで多くの宿泊施設を利用してきましたが、ここまで対応が行き届いていないホテルは初めてでした・・・

でも、私の心の中は「まあ、ホテルに泊まるわけじゃないからスタッフの対応は関係ない、関係ない・・・」という考えでした。

そして気を取り直してキャンプ場へ向かいました!

IMG_8462_b.jpg

細い橋を渡れば、キャンプ場の入り口です!

IMG_8463_b.jpg

入口には村営、宮の向キャンプ場の看板です。

KIMG0357_b.jpg

お~、ここからサイトに入るのか~、横幅も狭いが、高さは炊事棟の軒が出ていてすごく低く見えます。
私の車は標準ルーフですが、ハイルーフの車やルーフキャリアを付けている車は危ないかも知れませんね。

それはさておき、このキャンプ場は村営のキャンプ場のようですね、来てみて初めて知りました、まあ、この前行った洞川キャンプ場も村営だし、他にも町営とか自治体が経営しているキャンプ場は何度となく利用しているので経営は民間であろうと自治体であろうと関係なしでしょ!と自分に言い聞かせました、理由は無論これまでの経緯があるからです。

IMG_8464_b.jpg

サイトを見ての第一印象は「細長いフリーサイトだな」と言う印象。
えっ、ちょっと待てよ・・・
さっき貰った平面図には区画が書いてあったような・・・
うん、やっぱり区画がありますよ!

地面をよく見ると、私が子供の頃、学校の運動場にラインとして引いていたプラスチック製のテープが転がっていました、バリバリに割れた破片の状態で・・・(汗)
別に客は私一人だからいいけど、全く手入れされていない印象でした・・

でも繁忙期はどのように区間分けしてるんだろうか?まあ、いいか。

KIMG0350_b.jpg

ただ、サイト自体は少し高台にあって、見渡しが利き悪くありません。
そして地面が砂利交じりではありますが、芝生のなかなかいい感じのキャンプサイトで、ロケーション的には「いいね!」って感じです。

IMG_8484_b.jpg
【ランドライト ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★

<こんな記事もあります>
ケルマ(ビジョンピークス) ランドライトを詳しく紹介!

ということで前回のキャンプにに引き続きソロや父子キャンプで私が愛用しているケルマ・ランドライトの設営です。

IMG_8487_b.jpg
【キャンパーズコレクション ワンアクションテーブル ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

日差しや雨対策として念の為、ヘキサタープを持参していますが日差しはそれほどきつくなく、雨の心配もなさそうなので今回はタープなしとなりました。
私は基本車で荷物が多少増えても問題ないので、ソロでもテーブルは2つ設置します、一つはメインテーブル、そしてもう一つは食材や食器類、鍋等を一時的に置いたりするサブテーブルです。

2時頃にキャンプ場に着いて、なんやかんやして、すでに3時です。
「小さなテントといえども、写真を取りながら設営していると時間かかるな~」とか「お腹空いたけど、今ガッツリ食べたら夜は食べられないな~」などぼんやり考えごとをしながら、炊事場に行ってみると・・・

IMG_8493_b.jpg

ぎょっ、え~っっっ~~~~←アニメなら目が飛び出ているところ(@_@)

きゃぁ~~~~←甲高い声でホラー映画風に(*_*;

なんじゃこりゃ~~~←そして松田優作風に(ふるっ)
(文書力が乏しいので、擬音語を駆使して私の驚きを表してみました)

一体なんなんだこの状況は・・・
私の目に飛び込んできたのは物凄い惨劇でした・・・


to be continued・・・
宮の向いキャンプ場はこんなところでした(涙)その2
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:宮の向いキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
11位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。