スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル

Tag:スポンサー広告 

プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その1@2015/7/21~22

【大淀西海岸ムーンビーチキャンプ場に決めた理由】
DSCN0140_b.jpg

海の日の3連休の直後となる7月21日から1泊2日でプールに行ってきました・・・ではなく、松坂牛で有名な三重県の松坂市にほど近い三重県多気郡明和町にある大淀西海岸ムーンビーチキャンプ場に行ってまいりました!

このキャンプ、私にとって初めてのオヤジ&子供のコラボキャンプとなりました、つまりママ抜きのコラボははじめてってことです。

メンバーは子供たちが保育園時代の同級生!私と我が息子のしょ~たとM君とM君パパ、そしてRちゃんのオヤジ×2、小学1年生×3=5人でのキャンプとなりました!

M君一家とは昨年の夏に琵琶湖の青柳浜キャンプ場や秋のハイマート佐仲を含めて2回のキャンプと数回のデイキャンプを共にしており、Rちゃんとはお泊りキャンプは初めてですがデイキャンプは2回ほど共にした仲なのです!

私は男のくせに保育園のパパやママたちと積極的に話をするお調子者・・・ではなく社交的なタイプの男です。
ある日、保育園関係のメンバーで食事をしたんですが、その時にM君パパとキャンプ話をしていて、「またキャンプ一緒に行きたいですね」的な話になり「じゃー、前に行った琵琶湖に行きましょう」となったんですが、その目当ての青柳浜キャンプ場がこの日程が休みになっており、そこで白羽の矢を立てたキャンプ場が一度お世話になったことがあるここだったんです。

M君パパは去年一緒に行った青柳浜キャンプ場を気に入っていました。
青柳浜キャンプ場は9時インの17時アウトなのでゆっくりできる点、そして目の前が湖水浴可能な琵琶湖だという点が気に入っている様子だったので、出来るだけそのような条件のところをチョイスしました。

ここムーンビーチキャンプ場は本来チェックイン14時、チェックアウト13時なんですが、空いている時は融通してくれるし、琵琶湖の様に自然の中での水遊びではありませんが、敷地内にうちの子供のような年代にはぴったりなプールがあるということで、ここをチョイスするのには時間は掛かりませんでした。

まあ、私がここをチョイスした最大の理由は!

子供向けプールがあるってことは・・・
子供たちが勝手に遊んでくれてオヤジは楽を出来るはず!!

ってことですが(爆)



【出発から設営まで】
さて、今回は堺を10時半ごろ出発、ムーンビーチキャンプ場までは2時間半~3時間の道のりを予定していますが、子供たちは待ちきれない様子で「何時間くらいかかる??」とか「何時ごろ着く??」なんていう質問が車内を飛び交っていました。

その質問に対して私達は「1時か1時半ごろには着くよ」と返すと、次に来る質問は大して時間が経っていないのに「今何時??もう着く??」というかわいい質問をされ、その都度「まだ○○時やで~」という感じで答えていました。

DSCN0127_b.jpg

まあ、それでもやはりまだ6歳の子供です、1時間ほど走ると気持ちよくなったのか、こんな状態でした。
かわいすぎます!!

DSCN0129_b.jpg

子供たちが寝て静かになった車内で、オヤジ2人が取った行動は・・・
知恵の輪です・・・

実はこの知恵の輪、100均で購入したのですが私にとっては難しく、まぐれで2回ほど外れたもののまだ克服したと言える状態ではなかったのでキャンプの夜にでもしようかと持ってきたものなんです。

まあ、私は運転しているので出来ませんが、M君パパは見事に嵌っていましたね。
レベルは私と似たり寄ったりでした(笑)

DSCN0139_b.jpg

そんなこんなで大体予定通りの時間に到着、子供たちはプールを見るや否や「プール行っていい??」と逸る気持ちを抑えきれない様子です。

うんうん、良い展開だ!

子供たちに邪魔をされずにタープやテントを設営できるのはオヤジ達にとっても好都合なので、「ええよ~」と2つ返事です!

子供たちを水着に着替えさせ、子供たちは大喜びでプール遊び、テント設営時もそうなんですが、その他の時間もオヤジ達は大幅に楽が出来ます(爆)
思惑通りでホントいい感じです(爆)

そうそう、ちなみにこのプール1日出入り自由で1人500円です。
この日は海の日の3連休明けの平日ということもあり、ほとんどゲストがおらずうちの子供たちと他4~5人くらいで貸し切り状態でしたので、500円はかなりお得感がありました!

DSCN0131_b.jpg
【キャプテンスタッグ オルディナヘキサタープセット ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

元気に遊ぶ子供たちを尻目にオヤジ達はテント&タープの設営なんですが、あまりの暑さにバテバテです・・・
とりあえず暑さを凌ぐ為にタープだけは張りましたが・・・



【素麺多すぎた!?】
IMG_8578_b.jpg

はい、ご察しの通り休憩でございます(汗)
まあ、もう2時半だし昼食の用意をしなければということで、素麺の用意を少しは進めたのですが、アルコールを補給しなければやっていられない状況でした。

このキャンプ場の弱点はズバリ暑さです!!山ではなくて平地だし、過去に来たことがあるので分かってはいましたがそれでもオヤジの体にはきつい暑さです。
やっぱ真夏のキャンプは標高のある山が良いな~とつくづく思いましたね。

IMG_8577_b.jpg

まあ、そうは言ってられないので老体に鞭を打ちつつ、簡単なキッチンを作ります。
いつもの引き出しの横に焚き火テーブル、そしてEPIのアルパインストーブ+ユニのタフ五徳で完成ですが、この日は風が強かったのでウインドスクリーンは必須でしたね。

あっ、風と言っても生ぬるい風ね・・・

DSCN0130_b.jpg
【ユニフレーム fan5DX ★楽天で探す★ ★アマゾンで探す★
レビュー、口コミを見る

さて、素麺ですが一体何輪湯がけばいいのか??
オヤジ分が3輪×2で6輪、子供が1輪×3で3輪、合わせて9輪ですな!

9輪なんで中途半端な鍋では賄えません、久しぶりにユニのFan5の一番デカい鍋の登場です。
この鍋は4L~5Lの水が入るので、素麺9輪くらいなら十分対応可能です。
しかも付属のネットが付いているので、茹で上がったらネットごと持ち上げて水で洗ってそのまま出せる優れものです!

まあ、見栄えは良くないですが。

IMG_8589_b.jpg

あっ、しまった!!イスの色が違う・・・
私が子供の頃は赤なんて女の子の色でしたが、最近の子供は赤色が主役である戦隊もんの影響なのか男の子でも赤色を好む子が多いです、うちの息子も赤色に抵抗がなく、赤い靴を買ったりしていますので、子供同士でややこしいことにならなければいいのですが・・・

DSCN0138_b.jpg
IMG_8586_b.jpg

あ~、良かった。
私の心配はどうやら杞憂に終わったようです、みんな機嫌よくそれぞれ思い思いのイスに座って食べてくれています。

IMG_8579_b.jpg

そうそう、素麺9輪ですが「やってもうた~」的な量になってしまいました。
オヤジが3輪ずつってのが失敗だったかも知れません・・・

IMG_8587_b.jpg

しかも素麺だけだと寂しいので唐揚げを持ってきています、食べきれるかな・・・

と思ったのも束の間、子供たちが食べる食べる、オヤジ達も素麺はつるっと入ってくるので結局完食しました!!
今後の参考にできそうです!

DSCN0171_b.jpg

昼食が終わったら、子供たちの口からは「プールいっていい??」
はいはい、もちろんですとも!!どうぞ遠慮なく遊んでくださいな!!

子供たちはスライダーに夢中で浮き輪に乗って滑る技を習得したようです。
私もやらされましたがコースアウトしてしまうのではと思うほどスピードが出てオヤジ的には危険を感じました!

でも、子供たちはずっ~と、スライダーで遊んでました。

う~ん、暑いのは玉に瑕だがやっぱここをチョイスして良かった~

つづく・・・
プール三昧!ムーンビーチキャンプ場 その2



<こんな記事もあります>
ムーンビーチキャンプ場レビュー
関連記事



えっ、この記事だけで帰るんですか!?ダメよ~ダメダメ♪↓
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)のサイトマップ(目次)を見る

zyouzankei03s.jpg
定山渓温泉 定山渓ビューホテル
テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

Tag:ムーンビーチキャンプ場  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
The Camp Blog(ザ キャンプ ブログ)へようこそ!


大阪在住、アウトドア大好き、キャンプ大好きな管理人のひろです、このブログではキャンプ日記やアウトドア日記、関西のキャンプ場レビュー、キャンプアイテム、簡単なキャンプ料理の紹介をしてまいります、どうか温かい目で見守って下さい。

お気に入りアイテム
アメニティドーム SDE-001
<管理人の評価> スノーピークの入門モデルだが他メーカーでは上級モデルに使われているジュラルミンポールを使用するなど、十分なスペックを備え信頼性が高く多くのキャンパーが評価している。

広い前室は風呂などの為にキャンプ場から離れる際に外に出しておきたくない物を仮置きするのに便利。

我が家では子供のペグ攻撃により2度フライシートが破れたが、2度とも1,200円程度の修理代、高品質も魅力だがポールの破損やテントの破れなどアクシデントがあっても安価で修理可能なこともスノーピークの魅力!
★アマゾンのレビューを見る★
PRIMUS 2243バーナー
<管理人の評価> 私が若い頃にはすでに存在していてずっと憧れだった逸品!持っているだけで満足感を得られる、ド定番ガスストーブ。

基本設計の古さゆえ火力が心配されるが最新式のストーブにも引けを取らない高火力、ルックスからも伝わるタフなボディーも魅力、名機という言葉が最も似合うシングルバーナー。
★アマゾンのレビューを見る★
サブカテゴリー
【ユーザータグを使いカテゴリー分けしています↓】
サイトマップ(目次)はこちら
検索フォーム
アクセスランキング


FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
8位
アクセスランキングを見る>>


↑↑↑
今日もポチってくれるかな~!?
いいとも~~!! ふるっ(^^;
tamorism.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りアイテム
コールマン ノーススターLPガスランタン グリーン
<管理人の評価> グループキャンプをすると、必ず得られる「明る~~~、いいですね~」という言葉。

ミドルサイズのランタンは各社ラインナップされていますが、大光量を誇るランタンは数少なく、かっこよさまで追及すると選択肢はほぼこれ一択!
とにかく明るいサイト作りをしたい場合はコレ!
★アマゾンのレビューを見る★
旅行しようよ!
新富良野プリンスホテル
<管理人の感想>リッチな気分にさせてくれるゲレンデサイドのお宿、スキー、スノボを思う存分楽しめ小さなお子さんはファミリースノーランドで雪遊びを満喫!うちの息子はスノーモービルやスノーチューブのとりこになり「また乗る~」といって何度も乗る始末。

朝夕の食事は連泊しても飽きないビュッフェでテンション上がりまくり!食事の後は「北の国から」のファンにはたまらない見るだけでも楽しいニングルテラス!(写真)記念撮影すればおのずと絵になる写真がとれますよ!
★クチコミ、お客様の声★

ニセコならここ!!
↓↓↓
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ
楽しいアクティビティを堪能!(写真) そして、美しい風景に感動!(写真) ★クチコミ、お客様の声★
QRコード
QR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。